小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
e0021965_153237100.jpg
 前回に続いて特集は「ピアノの弾き語り」。今回は女性編です。

e0021965_15325486.jpg
 いつものとおり、自分が聴きたいものをかけます。意外な(そうでもないかな?)プレイヤーが参加したトラックも用意しておきましょう。

e0021965_15331282.jpg
 そしてゲストは大好きなギタリストのジム・ホール。80歳を超えたいまもクリエイティヴな姿勢は変わりません。「ブルーノート東京」で観たライヴも素晴らしいものでした。

e0021965_15332734.jpg
 インタヴューは短い時間にもかかわらず多岐におよんだため、その一部しか紹介できないのが残念無念。どこかでほかの部分もカヴァーしたいです。放送では面白いエピソードも
聞けます。

 ということで、今回はこんな内容。

Jazz Conversation #132(2012.8.1.放送)
①【23:00:ピアノの弾き語り~女性編~パート1】
②【23:20:Meet The Star(第105回:ジム・ホール)】
③【23:40:ピアノの弾き語り~女性編~パート2】

e0021965_15334060.jpg
 オリンピックも真っ盛りですし、この時間帯は各局で生放送やハイライトなどが放送されているかと思います。オリンピック観戦の合間に、ちょっとでも聴いていただければ嬉しいです。

 それでは水曜日の午後11時、InterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2012-07-30 15:46 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_1146240.jpg
 昨日、観てきました。客席は超満員といえないものの、ほぼ埋まっていていい感じ。大きなホールでのコンサートが少なくなっている中、メルドー人気はたいしたものです。

 新作『オード』と同じトリオによる演奏は繊細かつ内省的。ひところに比べると聴きやすくなったのは、演奏した曲目によるかもしれません。

 なにせオープニングがポール・マッカートニーの「グレイト・デイ」。これは『フレイミング・パイ』に入っていた曲ですね。続いてはビーチ・ボーイズの「フレンズ」。中盤には「アンド・アイ・ラヴ・ハー」が入り、最後のほうでポールの新作「マイ・ヴァレンタイン」まで演奏してくれました。

e0021965_9412094.jpg
 ビル・エヴァンスほど耽溺的ではありませんが、ノリのいいスイング感とはちょっと違うグルーヴが心地よい。そんな感じのメルドー・トリオです。難解なフレーズや構成もあまりなく、10年くらい前までの肩肘張ったところが消え、気持ちのいい時間がすごせました。

 休憩なしで80分ほど。そこで一度引っ込んでアンコールが3回。7時に始まったコンサートが終わったのは9時ちょっとすぎ。ぼくにはちょうどいい長さです。

 同じ演奏時間でも、本編をもっと長くやってアンコールが1曲という構成より、メルドー方式のほうが好印象を与えるかもしれません。何事もほどほどがいいです。ちょっと物足りないところでやめるのが、ぼくには好ましいです。

 物足りないといえば、さっきテレビで観ていたオリンピックの開会式。ブラッド・メルドーも取り上げていたポール・マッカートニーが最後に登場し、「ジ・エンド」と「ヘイ・ジュード」を披露しました。物足りなかったです。でもこれくらいがいいんです。

 さて、今日からはオリンピック三昧になるかしら? 本業以外はテレビを楽しみたいと思っていますが、どうなることやら。

【メンバー】
ブラッド・メルドー(p)
ラリー・グラナディア(b)
ジェフ・バラード(ds)
by jazz_ogawa | 2012-07-28 09:42 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
e0021965_16443535.jpg
 連日暑くなってきました。

 開幕前ですが、オリンピックではサッカーが始まっていますし、これからは楽しい日々がしばらく続きそうです。

 東京は暑いですけど、先月訪れた帯広はどうなんでしょう? そんなことを思いつつ、そのときにiPhoneで写した写真を眺めてみようと思います。

 イヴェントの翌日(6月10日の日曜日)、宿泊した北海道ホテルの近くにあった緑ヶ丘公園と、お昼ごはんを食べに行った六花亭が運営する中札内美術村「北の大地美術館」の写真です。
e0021965_16445559.jpg
e0021965_16451861.jpg
e0021965_16453120.jpg
e0021965_16454599.jpg
e0021965_16455757.jpg
e0021965_16461293.jpg
e0021965_16462697.jpg

by jazz_ogawa | 2012-07-26 16:47 | 平凡な日々 | Trackback | Comments(6)
e0021965_1441455.jpg
 次回は7月最後の「Jazz Conversation」。スポンサーがついて1ヶ月が終了したことになります。オリンピックも控えていますし、サッカーの予選も翌日から始まりますが、とりあえず今度の水曜日は「Jazz Conversation」をお楽しみいただければ、と。

 それで、内容はこんな感じでになります。

Jazz Conversation #131(2012.7.25.放送)
①【23:00:ピアノの弾き語り~男性編~パート1】
②【23:20:マイルス・デイヴィスの真実(第123回:ジョージ・ベンソンを迎えて】
③【23:40:ピアノの弾き語り~男性編~パート2】

e0021965_1442856.jpg
 特集は「男性編」ですから、次週は「女性編」になるんでしょうね、たぶん。涼しい日もありますが、夏ですからクールな響きのパフォーマンスを選んでみました。
by jazz_ogawa | 2012-07-23 15:46 | Inter-FM | Trackback | Comments(6)
e0021965_11165731.jpg
 おとといのことですが、仕事の帰り道、銀座で途中下車して観てきました。

 マイクル・コナリーの原作は読んでなかったんですが、リンカーンの後部座席を事務所代わりにロサンゼルスを舞台に活躍する弁護士という設定がいいです。

e0021965_11171458.jpg
 映画としては小粒ですが、法廷ものは好きなのでなかなか楽しめました。やっぱり裁判は弁護士次第。映画や小説だと、弁護士対検察、もしくは弁護士同士のやりとりが駆け引きも含めて面白いのですが、現実はどうでしょう?

e0021965_11173089.jpg
 リンカーン弁護士の主人公は違法すれすれのこともやりますが、「無罪のひとを有罪にしてはいけない」という倫理観で仕事を引き受けている弁護士です。司法の世界はまったくわかりませんが、法律の壁や限界の中での頭脳戦というのは、医学の世界にも、たとえば『ER』を観ていると感じるのですが、似たところがあるみたいです。

 ところでこれ、シリーズ化されるんでしょうか? ストーリーの広がりやスケール的にはテレビ・ドラマでもいいのでは? と思うのですが。
by jazz_ogawa | 2012-07-21 11:20 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_10445524.jpg
 このところビートルズ関連は小休止。その代わり、ストーンズ関連のものがいろいろ出てきました。

e0021965_10451152.jpg
 まずは『ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ 1981』。

 ストーンズ(ミック、キース、ロン)とマディ・ウォーターズが同じステージに立った歴史的映像がついにリリースされました。

 国内盤は3種類。
【通常盤 DVD】
【初回限定盤 DVD+2CD】
【2,000セット数量限定生産デラックスBOX DVD+2CD+3LP】

 EU盤とUS盤は【通常盤 DVD】と【DVD+1CD】2種類。
 ということは2枚組のCDがついてくるのは国内盤だけです。今回は日本盤とUS盤を購入。同じDVDをたくさん持っていても仕方ないので、いまのところEU盤はパス。そのうち買うかもしれませんが。

 それから9月7日にはLP(EU盤?)が単体で発売されるみたいです。とりあえず予約をしておきました。

3『MOJO MAGAZINE』(AUGUST 2012)
e0021965_10453677.jpg
ブライアン・ジョーンズが表紙カヴァーで、フリーCDは『THE ROOTS OF THE ROLLING STONES』。こんな内容です。
 MOJO presents 15 Stones-approved classics with Elmore James, Jimmy Reed, Bo Diddley, Chuck Berry, Buddy Holly, Muddy Waters and more!

e0021965_10455696.jpg
『ジ・ABC&D・オブ・ブギウギ/ライヴ・イン・パリ』
 国内盤はボーナストラック1曲あり。こちらはUS盤とドイツ盤(EU盤ではありません)を購入。

 2009年に結成されたこのバンドのラインアップはアクセル・ツヴィンゲンベルガー(ピアノ)、ベン・ウォーターズ(ピアノ)、チャーリー・ワッツ(ドラムス)、デイヴ・グリーン(ベース)というもの。4人のイニシャルを取って「ABC&D・オブ・ブギウギ」と名付けられました。

e0021965_1046791.jpg
『The Magic of Boogie Woogie』
 こちらは上のアルバムからベン・ウォーターズが抜けたトリオによるもの。しばらく前に出ていたのですが、見落としていました。あぶない、あぶない。

e0021965_10461811.jpg
『Lon & Derrek Van Eaton/Brother』
 今回手に入れた唯一のビートルズ関連CDです。1972年にアップルから出たアルバムで、記憶に間違いがなければ、当時アメリカでは発売されたものの本国イギリスではリリースされず、CD化は今回が初。いまのところこのCDはUK盤しか出ていないようです。
by jazz_ogawa | 2012-07-19 10:48 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(10)
e0021965_1341197.jpg
 次回の「Jazz Conversation」では、そろそろ本格的な夏到来ということで「ジャズでめぐる四季」をテーマに曲を集めてみました。

e0021965_13413749.jpg
 夏から始まって春まで。果たして春までいけるかどうかはやってみないとわかりません。

e0021965_13415615.jpg
 そして「ミート・ザ・スター」には、しばらく前のことになりますが、「コットン・クラブ」の楽屋でエリック・アレキサンダーのインタヴューをしたときに紹介された3人組ユニット=ジルデコ(Jill Decoy Association)が登場。

e0021965_13421185.jpg
e0021965_1342235.jpg
 ジルデコは、ぼくがインタビューした翌日にエリック・アレキサンダーをゲストに迎えてのレコーディングがあり、楽屋にはその挨拶で来ていたんですね。そのときに「それじゃアルバムが出たらぜひゲスト出演してください」とお願いしておいた話が今回実現した次第です。

e0021965_13423792.jpg
 そのアルバム『Lining』からの曲を聴きながら、3人と楽しい会話をしたいな、と。

 ということで、次回の内容はこんな感じ。

Jazz Conversation #130 (2012.7.18.放送)
①【23:00:ジャズでめぐる四季~パート1】
②【23:20:Meet The Star(第104回:ジルデコ)】
③【23:40:ジャズでめぐる四季~パート2】

 そうそう、今回はコンサート・チケットのプレゼントもあります。

 それでは18日の水曜日、午後11時にInterFMでお耳にかかりましょう。
e0021965_13425410.jpg

by jazz_ogawa | 2012-07-16 13:44 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_10411148.jpg
 昨日の土曜日、午前中は新宿で本業。そのあとは暇だったので、「新宿ピカデリー」でジョニー・デップ主演のこの映画を観てきました。

 チケット売り場は大混雑。しかし理由は、昨日が初日だった『海猿』人気だったようです。『ラム・ダイアリー』は比較的すいていましたね。

 舞台は1960年のプエルトリコ。潰れかかった地元の弱小新聞社にニューヨークからやってきた記者(ジョニー・デップ)が採用されます。時代背景はまさにぼく好み。オープニングでは「ボラーレ」が軽快に歌われます。「いいぞ、いいぞ」という感じ。

 ストーリーは、主人公が巻き込まれたリゾート開発の詐欺話を中心に、カメラマンとの友情、プエルトリコ情勢、さらにはラヴ・ストリーも、と盛り沢山。しかしどれもが中途半端な印象で、起伏に乏しく、最後まで「なんだかなぁ」という思いが拭えませんでした。

 どれかひとつにポイントを絞ったほうが楽しめたかもしれません。やがて大物ジャーナリストになる実在の人物をモデルにした映画ですが、この主役がどうしてジャーナリストとして成功したのか、そのあたりもわかりません。若き日の苦闘物語として描きたかったのかしら? でも、ただ月日が過ぎていくだけの内容でした。

 気になる映画は観ないことには気がすみません。なので無駄な時間をすごしたとは思いませんし、当時のファッションとか自動車とか、ぼくはそういうものを観るのも好きなので、それはそれで楽しめました。

 話は変わりますが、先日DVDで観た『ノルウェーの森』も映画としては「なんだかなぁ」だったんですが、劇中に何度か登場するレコード屋さんに目を見張らされました。

e0021965_1041263.jpg
 時代は1970年前後だと思うのですが、壁に飾ってあるレコードや棚の中にあるレコードが、当時の帯つき、しかも被せ帯のフリートウッド・マックや、直輸入盤と書かれた帯のついたストーンズなど、どこからそんなレコード持ってきたんだろう? というほどマニアックなものばかりで、コレクターなら目が点になる(ぼくがそうでした)アルバムがいろいろ映っていました。このレコード屋さんにタイムマシーンに乗って行きたかったです。しかも店主役が細野晴臣さん! こういう遊び心はいいですね。
by jazz_ogawa | 2012-07-15 10:43 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_8521339.jpg
 先日観てきた『ワン・デイ~23年のラヴストーリー』は女性向けの映画と思いますが、ぼくはこの手のもの、嫌いじゃありません。終盤、辛い部分もありましたが、最後の展開でほっとしました。

 主人公のふたりはどちらも意地っ張り。ぼくにもこういう意地を張るところがあるので共感を覚えます。ですが、映画でそうした姿を見ると「こんなに意地を張らなくてもいいのに」とも思います。自分も意地を張らなければ楽になることもあるかな、なんてね。

 あと気になる映画としてはジョニー・デップの『ラム・ダイアリー』とショーン・ペンの『きっと ここが帰る場所』があります。わりと暇なので、どこかで観たいと思っています。
e0021965_8522863.jpg
e0021965_8523746.jpg

by jazz_ogawa | 2012-07-13 08:52 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_11114753.jpg
 今年も後半になってしまったんですね。わが「Jazz Conversation」はとりあえずスポンサーがつき、いまのところ安泰です。

 スポンサーがついてもこれまで同様、やりたいことをやっていくのがこの番組。ということで、今回は「ラスト・レコーディング」を特集します。

「ラスト・レコーディング」といっても、それから10年後に亡くなるひとだっているでしょう。そういう演奏ではなく、この世を去る直前に録音されたものを集めたいと思います。

e0021965_1112987.jpg
 一番ドラマチックな録音は、クリフォード・ブラウンによるものでしょうか。何しろこの世を去る前日の演奏が残されているのですから。

 ということで、次回はこんな内容でいきます。

Jazz Conversation #129 (2012.7.11.放送)
①【23:00:ラスト・レコーディング~パート1】
②【23:20:マイルス・デイヴィスの真実(第122回:さらなる高みに向けて】
③【23:40:ラスト・レコーディング~パート2】

e0021965_11122637.jpg
 興味のある方は、水曜日の午後11時、InterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2012-07-09 11:13 | Inter-FM | Trackback | Comments(5)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム