小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
e0021965_937575.jpg
 留学中やその後にニューヨークで何度か観ているので、今回が初来日とは直前まで知りませんでした。今年で84歳。ひょっとしたら最初で最後の来日になるのでは? 今後はニューヨークでも観れるかどうかわからないと思い、25日に「ブルーノート東京」で観てきました。

e0021965_9382557.jpg
 生憎の天候でしたが、その前に代官山の「蔦谷書店」まで歩き、そこでDVDの返却と新たに4本を借り、そのままさらに歩いて「ブルーノート東京」まで。

 4本無料のサーヴィスが今月末まで延長されているので、せっせと「蔦谷書店」通いを続けています。

e0021965_9384396.jpg
「蔦谷書店」経由で「ブルーノート東京」まで1時間30分ほどのウォーキング。

e0021965_9385653.jpg
 それでモーズ・アリソンのライヴ。彼は「キャバレー・シンガー」の代表格。これ、日本では馴染みのない言葉かもしれませんが、考えてみれば「ブルーノート東京」もアメリカならキャバレーと呼んでいいスペースです。

 ですからこういう場に相応しいのがモーズ・アリソン。年輪を重ねた渋いパフォーマンスには独特の味わいがありました。歌もピアノも決してお上手じゃないんですが、そこがいいところ。

 ボブ・ドローやベン・シドランは彼から影響を受けています。そのオリジネイターによるステージからは、白人ブルースならではの飄々とした風情が感じられました。

「ブルーノート東京」では80歳を超えたアーティストのブッキングが頻繁に認められます。いずれのひとたちも元気いっぱい。バリバリの現役ぶりを発揮している姿が観られることに感動を覚えます。

 もうすぐジム・ホールもやってきますし、「東京JAZZ 2012」ではオーネット・コールマンの来日が決定しました。ジャズを動かしてきた彼らがいまも元気で活躍し、感動を与えてくれる。モーズ・アリソンのステージもそうでしたし、こういうライヴが体験できる喜びはぼくにとって非常に尊いものです。

 なんてことを考えながら、再び歩きで恵比寿駅まで。「ブルーノート東京」から真っ直ぐの1本道を歩いて20分くらい。素敵なライヴを楽しみ、いつも以上に歩き、観たいDVDも借りることができ(しかも無料!)、いい1日でした。

【メンバー】
Mose Allison(vo,p)
Phil Sparks(b)
Pete Magadini(ds)
by jazz_ogawa | 2012-05-31 09:45 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_15263997.jpg
 久々にぼくのコレクションからブルーノートのオリジナル10インチ盤LPを聴くことにしました。10インチLPをブルーノートが発売していたのは1950年代前半のこと。その後12インチLPに盤のサイズが移行します。それに伴い、10インチ盤LP2枚をカップリングしたり、10インチ盤収録の曲に未発表演奏や別テイクを加えたりして12インチ盤化が図られました。

e0021965_15265633.jpg
 ところが、いくつかの10インチ盤LPは12インチ化されず、そのまま廃盤になってしまったものがあります。それらを次回の「Jazz Conversation」では聴く予定です。

e0021965_15271573.jpg
 60年くらい前にプレスされたレコードですから、ものによってはノイズが目立つものもあるでしょう。それも含めての「LPを聴く」企画ですから、そのノイズまで味わっていただければ嬉しいです。

 耳に馴染んだCDの音とは違うリアリティ。LPで聴く音楽にはそんな味わいもあります。

e0021965_15272714.jpg
 ということで、今度の水曜日はこんなプログラムを予定しています。それでは23時にInterFMでお耳にかかりましょう。

Jazz Conversation #123(2012.5.30.放送)
①【23:00:ブルーノートのオリジナル10インチ盤LPを聴く~パート1】
②【23:20:マイルス・デイヴィスの真実(第119回:新たな試み】
③【23:40:ブルーノートのオリジナル10インチ盤LPを聴く~パート2】

【どうでもいい話】
e0021965_15274159.jpg
 さきほどDVDでラッセル・クロウ主演の『スリー・デイズ』を観ていたら、24分09秒のところでマイ・アパートが写りました。斜め上空からの撮影で、そうやってみると意外と小さい。周りが高層過ぎるんですが、なかなかこじんまり(実際は65階建だったかな?)した感じです。
 どうでもいい話でした。
by jazz_ogawa | 2012-05-28 15:45 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_1352078.jpg
 お越しいただいたみなさん、昨日はありがとうございました。作曲家の佐藤礼央さんとやっている「音楽よもやま話」の第4回目、無事(かどうかはわかりませんが)に終えることができました。

e0021965_13521849.jpg
 昨日はゲストに佐藤さんの友人である作曲家のカンガルー鈴木さんの参加もあり、ふたりでやるよりは3人のほうが楽チンでした。

e0021965_13523783.jpg
 佐藤さんもぼくもマイペースで進行するのがこのイヴェントの特色。ぼくは、今年でビートルズがメジャー・デビューして50年にかこつけ、ビートルズ関連の映像を紹介しながらのよもやま話。

e0021965_13525387.jpg
 はなから全曲が観られるとは思っていませんでしたが、用意していった映像はこんなもの。

★ザ・ビートルズ
1.オール・マイ・ラヴィング
2.ティル・ゼア・ウォズ・ユー
3.シー・ラヴズ・ユー
『エド・サリヴァン・ショウ』より

4.ロックンロール・ミュージック
5.ペーパーバック・ライター
『アンソロジー』より(日本公演)

★ポール・マッカートニー
6.ブルー・ジーン・バップ
7.アイ・ソウ・ハー・スタンディング・ゼア
『ライヴ・アット・ザ・キャヴァン・クラブ』より

★ジョン・レノン
8.イマジン
9.スターティング・オーヴァー
『レノン・レジェンド』より

★ジョージ・ハリソン
10.ワー・ワー
11.マイ・スウィート・ロード
『バングラデシュ・コンサート』より

★リンゴ・スター
12.思い出のフォトグラフ
13.心の友
『リンゴ・スター&ホズ・オールスター・バンド』より

e0021965_13531086.jpg
 これらの中からいくつか選べばいいか、という感じでやってみました。結局、みなさんと観ることができたのはビートルズとジョージだけでしたが(苦笑)。

 さて、このあとは6月9日に帯広、そして6月23日は再び銀座の「le sept」で「ONGAKUゼミナール」を開催します。興味のある方はぜひ。

e0021965_13532635.jpg
06.09. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~ジャズ、ニューヨーク、そして英語』
会場:ジョイ・イングリッシュ・アカデミーB館(帯広市西17条南5丁目11-14) 19:00~21:00
参加費:1500円(ソフトドリンク付き)
申込方法:事前申込が必要です。ジョイA・B館カウンターにて直接、または以下の方法でお名前とクラス(または一般)、電話番号をお知らせください。
電話: 0155-33-0198(当日まで応対可能)
http://www.joyworld.com/adult-news/adult-catc/2012/03/post-692.php

e0021965_1355108.jpg
06.23. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第23回「ジャズの名門グループ」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/38278/、もしくは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。
by jazz_ogawa | 2012-05-27 13:57 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(4)
e0021965_1371873.jpg
 封切の翌日、20日の日曜日に観てきました。

 ティム・バートンとジョニー・デップのコンビですから、観る前から内容の想像はついていましたし、おおむね思ったとおりの作品でした。

 こういう映画、嫌いじゃありません。ときは1972年。そのころのヒット曲がふんだんに出てきて、それも楽しいです。なにせオープニングは「サテンの夜」。1972年のヒット曲ではありませんが、こういう曲を映画館の大スピーカーで聴くと実に胸が躍ります。

e0021965_1373632.jpg
 一番びっくりしたのはアリス・クーパーが40年前とほとんど変わらぬ姿と雰囲気で登場してきたこと。このひと、ジョニー・デップ扮する主人公と同じで不老長寿の吸血鬼じゃないかと思ってしまいました。がちがちにメイクしたジョニー・デップと互角に渡り合えるアリス・クーパーの存在感。たいしたものです。

e0021965_1374714.jpg
 あと、ティム・バートンの映画でいつも感じるのは色彩が豊かで、それが幻想的な雰囲気をかもし出していること。独特ですよね。その映像表現に最適な役者がジョニー・デップなんでしょうね。
by jazz_ogawa | 2012-05-25 13:09 | 映画&DVD | Trackback(1) | Comments(2)
e0021965_92119100.jpg
 現在乗りの乗っているトランペッターがファブリッツィオ・ボッソ。彼のライヴを19日の土曜日に観てきました。

 最後にメンバー紹介をするまでひとことも発せず、黙々と演奏に集中。丁寧にMCをしてくれるアーティストも好きですが、こういう「音楽一途」のひともいいです。

 抜群のテクニックと豊かな表現力。この両方をバランスよくライヴの場で示せるひとは、最後まで飽きさせません。まさしくボッソがこのタイプ。

e0021965_9213979.jpg
 新作の『ニーノ・ロータに捧ぐ』ではロンドン交響楽団との共演が実現。オーケストラ作品なので、カルテットによる今回のライヴではそのアルバムからの曲はやらないのかな? とも思っていました。が、「山猫」や「ゴッド・ファーザー」のテーマがコンボで聴けたのもよかったです。

 あと感心したのは、「ニューオリンズ」でのワー・ワー・ミュートの使い方。最近のプレイヤーはハーモン・ミュートは使っても、手でワー・ワーさせるひとはあまり見かけません。このあたり、きちっと基本も学んでいるんでしょう。

 基本といえば、ボッソの音楽自体が実にジャズの伝統に根ざしています。そこにぼくは惹かれるんでしょうね。紛れもなく現代のモダン・ジャズですが、根底には1960年代あたりのジャズのスタイルが脈々と息づいています。

 現代的な感性全開でいてモダン・ジャズの王道も行く演奏。こういうプレイヤーとそのひとが生み出す音楽。実に小気味よく、なおかつ心地よかったです。 

e0021965_921559.jpg
【メンバー】
Fabrizio Bosso(tp)
Claudio Filippini (p)
Tommaso Scannapieco(b)
Lorenzo Tucci (ds)
by jazz_ogawa | 2012-05-24 09:24 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_10544628.jpg
「マイルス・デイヴィスの真実」と「ミート・ザ・スター」は4月から隔週で放送しています。それで明日は「ミート・ザ・スター」の番。

e0021965_10551383.jpg
 これまでのように毎週放送できないので、ちょっとタイミングが遅れ勝ちです。でも気になるアーティストが来日し、インタヴューが可能ならとにかくさせていただく。その方針に変わりはありません。そういうわけで、4月の初めに来日したイヴァン・リンスが明日のゲストです。

e0021965_10553422.jpg
 現代ブラジル音楽の巨匠の登場。となれば。彼に敬意を表し、1時間すべてをブラジル音楽で。そんな気持ちで明日は放送してみようと思います。

e0021965_10555446.jpg
 なので、内容はこんな感じ。

Jazz Conversation #122(2012.5.23.放送)
①【23:00:ブラジル音楽特集~パート1】
②【23:20:Meet The Star(第100回:イヴァン・リンス)】
③【23:40:ブラジル音楽特集~パート2】

 ブラジル音楽といっても大半はぼくが大好きなボサノヴァ。誰のどんなパフォーマンスが登場するかは、聴いてのお楽しみです。

 それからもうひとつ、素敵なプレゼントも用意されています。フライングになってしまいますが、紹介しておきましょう。早い者勝ちでなく抽選ですから問題はないでしょう。以下に番組からのメッセージをコピーしておきます。

e0021965_1056739.jpg
JAZZ CONVERSATIONでは、お茶の水駅前「ギタープラネット」が主催する『Kazumi Watanabe meets Lowden Guitars』~渡辺香津美が奏でるローデンギターの調べ~のライブイベントに2名さまをご招待します。
日時:6月2日(土) 夜7時開場 7時30分 開演
場所:お茶の水 NARU

参加希望の方はメールにてご応募下さい。 アドレスはjazz@interfm.jp
締め切りは5月27日(日)24時。当選者の発表は招待状の発送を持ってかえさせていただきます。たくさんのご応募、お待ちしています。

 当日はぼくも行きますし、このライヴは6月6日と13日の番組で放送する予定になっています。

 それでは、とりあえず明日(5月23日)の水曜日、23時にInterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2012-05-22 10:59 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_9493665.jpg
 18日の金曜日、渋谷の「さくらホール」で観てきました。

 ここは子供のころの地元で、近くの「さくら幼稚園」に通っていました。そして、「さくらホール」がある「渋谷区文化総合センター大和田」はかつて「大和田小学校」があったところ。「さくら幼稚園」卒業生の大半は「大和田小学校」に進学しました。小学校のとなりは、幼稚園から高校まで一緒だった友人の家でしたし。

 そんなことはどうでもいいんですが、「東京=マニラ・ジャズ・アーツ・フェスティヴァル 2012」、行ってよかったです。これはチャリートの尽力によって実現したコンサート。クリヤマコト、山本剛、野力奏一の各ピアニストが率いるトリオをバックに、フィリッピン出身のシンガーが素晴らしい歌の数々を披露してくれました。

 それにしても実力派揃い。英語の発音もいいし、エンタテインメント性もあり、チャリートを含めて5人のシンガーが登場し2~3曲ずつ聴かせてくれたんですが、各人各様、個性的で楽しめました。

e0021965_949503.jpg
 後半には日野皓正さんも登場。野力さんのトリオをバックに聴かせてくれた「アローン・アローン&アローン」の美しさ。ヤマちゃんの「ミスティ」ともども、とても印象的でした。

e0021965_950166.jpg
 最後はチャリート、モン・デヴィッド(このひと最高です!)、日野さんで「チュニジアの夜」。中盤からスキャット合戦となり、ついには日野さんまでスキャットを披露。

e0021965_9501384.jpg
 そしてアンコールは全員が登場し、「A列車で行こう」を。オープニングとこのアンコールでは青山学院大学ロイヤル・サウンズ・オーケストラも参加。学生オーケストラのレヴェルの高さにも感服。

 このコンサートは素晴らしい文化事業だと思います。チャリートはさぞかしあちこち奔走したんでしょうね。立派なことです。そしてフィリッピン人シンガーの実力の高さ。このことが紹介できたただけでも意義はあったのではないでしょうか。ジャズを通してフィリピンと日本の文化を結ぶ。こういう架け橋的なイヴェントは貴重です。これをきっかっけにもっと交流が盛んになればいいですね。
by jazz_ogawa | 2012-05-21 09:57 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_22573535.jpg
 5月は26日(土)に銀座にあるバー「le sept」で、作曲家の佐藤礼央さんとの「音楽よもやま話」。今回で4回目になります。

 まったく噛み合わない、というか、最近は掛け合いもあんまりしないで、それぞれが勝手に自分が用意した映像について話す、というのが主体になっています。が、これが逆にいいみたいで、ぼくはけっこう心地のよい時間を楽しんでいます。

 個性の違いをぶつけ合うのもいいかもしれませんが、そういうのぼくは得意じゃないですし、たぶん佐藤さんも苦手と思うので、いつの間にかこういうスタイルになってしまいました。

 ちなみにぼくはビートルズ関連の映像を用意して、何か喋るつもりです。

05.26. 『音楽よもやま話 小川隆夫X佐藤礼央 Vol.4』
@Bar le sept銀座 18:00~20:00 チャージ3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。

e0021965_2258198.jpg
 そして6月は、このブログでもコメントをよくいただく浦島さんが主催する英語教室でのイヴェント。初めての土地(帯広)での「ONGAKUゼミナール」です。英語教室の生徒さんが中心の会になりそうなので、ニューヨーク留学や海外ミュージシャンとの交流が話の中心になるのかしら(ま、自慢話ですけどね)。

 近隣にお住まいで興味がある方はぜひご参加を。

06.09. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール~ジャズ、ニューヨーク、そして英語』
会場:ジョイ・イングリッシュ・アカデミーB館(帯広市西17条南5丁目11-14) 19:00~21:00
参加費:1500円(ソフトドリンク付き)
申込方法:事前申込が必要です。ジョイA・B館カウンターにて直接、または以下の方法でお名前とクラス(または一般)、電話番号をお知らせください。
電話: 0155-33-0198(当日まで応対可能)
http://www.joyworld.com/adult-news/adult-catc/2012/03/post-692.php

e0021965_22581660.jpg
 もうひとつ、6月は23日(土)にレギュラーで行なっている「ONGAKUゼミナール」を銀座の「le sept」で。銀座での「ONゼミ」は5ヶ月ぶり。

 今回のテーマは「名門グループ」で行きたいと思います。ジャズの世界に登場した歴史に残る名グループをいろいろ紹介しながら、いつものように思いつくままの2時間か2時間半か。そのときの気分で(これまたいつもと同じですが)、やりたいようにやってみようと思っています。

06.23. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第23回「ジャズの名門グループ」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/38278/、もしくは「le sept」(Tel:03-5537-2388)まで。
by jazz_ogawa | 2012-05-18 23:06 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_14173025.jpg
 まずはニューヨーク土産から。といってもまったくたいしたもんじゃありませんが(笑)。

e0021965_14174779.jpg
 そしてメインは5月から6月にかけて来日するアーティストの中からぼくが気になるひとやグループを選んで紹介したいと思います。

e0021965_1418466.jpg
「マイルスの真実」はいよいよエレクトリックの時代に突入。歩みはのろいですが、ここまで来ました。感慨無量です。

Jazz Conversation #121(2012.5.16.放送)
①【23:00:気になる来日アーティスト~パート1】
②【23:20:マイルス・デイヴィスの真実(第118回:エレクトリック・サウンドの幕開け】
③【23:40:気になる来日アーティスト~パート2】

 というわけで、明日、水曜日の夜は11時にInterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2012-05-15 14:18 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_9553987.jpg
 一昨日の12日に行ってきました。会場はレトロな「日比谷公会堂」。あがたさんにはぴったりのホールです。

e0021965_9555668.jpg
 これまでに深いかかわりをしてきた音楽仲間が一堂に会しての豪華な3時間半。休憩時間なしで、あがたさんはずっと歌いっぱなし。ぼくより年上なのに、たいした体力と集中力と、そして創造性。素晴らしかったです。

e0021965_9561323.jpg
 一般的には「赤色エレジー」くらいしかヒットはありません。しかし、あがたファンにとっての名曲はそれこそ無数にあります。これまでの40年で残してきたそれらの数々をこの夜は最高のメンバーと聴かせてくれました。

e0021965_9562844.jpg
 会場に入ると、入り口ではブラス・バンドのお出迎え。その後、彼らは場内を練り歩き、舞台で演奏してからいよいよコンサートがスタート。

e0021965_9564169.jpg
 過去の名曲に混ざって、発売されたばかりの世界映画主題歌集大全集と銘打った『女と男のいる舗道』からも何曲か。駒沢裕城のスティール・ギターと白井良明のアコースティック・ギターだけを伴奏にした「星に願いを」がとくに印象的でした。白井さんと鈴木茂のギターをバックに歌った「カーニバルの朝」もよかったですね。

 白井さんといえば、昨年、無期限活動休止を宣言したムーンライダーズがこのコンサートで全員顔を揃えていたのもあがた人脈の凄さです。

e0021965_9565538.jpg
 ひと口で40年といっても、その間、常にアルバムをリリースし、時代の興味から取り残されず、コンスタントにライヴ活動をやってこれた裏には並々ならぬ努力やアイディアの発露、そして人々の心を打つ音楽をあがたさんが作れたからでしょう。ファンあっての40年です。これは大変なことだと思います。

e0021965_95772.jpg
 いい時代に登場し、よき仲間に恵まれたこともあるでしょう。でもそんなひとはいくらだっています。そして大半は消えていったか、ひとびとの関心の外に行ってしまいました。満員(たぶん)の「日比谷公会堂」であがたワールドを満喫しながら、そんなことも考えていました。

 そういえばあがたさんとジャズ・ソング集を作る話、その後進展がありませんが、どうなったんでしょうね。まあ、マイペースで着々と実績を残しているひとですから、そのうちその気になったら連絡があるでしょう。

e0021965_957224.jpg
 ともあれ、40周年おめでとうございます。そしてこれはひとつの通過点。これからも素敵な歌を聴かせてくれることでしょう。

e0021965_105758.jpg

by jazz_ogawa | 2012-05-14 10:05 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム