小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
e0021965_10522058.jpg
 この間からブログで紹介してきましたが、いよいよ本日の夕刊に掲載されます。ダブル取材は問題なかったのでしょうか? いまの時点で何にも言われていないので、両方とも無事に掲載されるとは思いますけど。

 ただし昨日の連絡で、天王洲のスタジオで受けた取材は明日(12月1日の夕刊)に変更となりました。せっかく同日の夕刊で2ヶ所登場という面白いことが起こると思ったのですが、これにはちょっと興醒め!

 それで、本日掲載されるのは「ロックタイムズ」というページ。こちらはマイケル・ジャクソンの新作(?)『イモータル』の広告と連動した企画です。この「ロックタイムズ」というのは月に1度の企画だそうです。

e0021965_10523386.jpg
 それから明日の夕刊は年に1度の企画で「AVナビ」というコーナー。毎年ボーナス時期に掲載されるもので、オーディオを買ってもらおうという目的があるんでしょう。

 取材を受けるときに思うのは、「こんなに喋ったらまとめるのが大変だろうなぁ」ということです。何せ普段は取材する側ですから。しかし、どちらも的を射た内容でコンパクトにまとめてくれました。こういうところは同業者として「上手いなぁ」と感じる次第です。

 日本経済新聞。ぼくは購読していませんが、どこかで仕入れなくちゃ。
by jazz_ogawa | 2011-11-30 10:53 | Works | Trackback | Comments(4)
e0021965_11325068.jpg
 こういうものって続くんでしょうか?

 先日、日経新聞の広告ページ用に取材を受けましたが、再度、同じ日の新聞に掲載される別の広告用の取材オファーがInterFM経由で来ました。同日の、しかも同じ夕刊ですから、これってまずいでしょう。

e0021965_1133750.jpg
 そう思い、窓口になってくれたわがディレクター氏を通じて確認してもらいました。てっきり、「それじゃ今回は残念ですけど」みたいな返事が来ると思っていましたが、「部署が違うから是非お願いします」ということで、先週の木曜日にInterFMのスタジオで取材を受けました。

e0021965_11332377.jpg
 こちらは「AVナビ」というオーディオ・ページ用です。オーディオについてはたいしたこだわりもありません。オーディオ装置にお金をかけるならレコードやCDを買っちゃうほうですから。それでもプロデューサー時代は、いかにいい音で録音し、それをCDというメディアで世に紹介するか、そのことを真剣に考え、試行錯誤もしました。

 取材はそんな思い出話と苦労話(つまり自慢話・笑)で終始。

e0021965_11333849.jpg
 それにしても大丈夫でしょうか? どちらも音楽がテーマの広告ページです。あとで問題になってもぼくは知りませんからね。
by jazz_ogawa | 2011-11-28 11:34 | Works | Trackback | Comments(4)
e0021965_952018.jpg
 ようやく冬らしくなってきましたが、日曜の夕方4時から2時間は相変わらず「Jazz Conversation」をよろしくお願いします。

 今回のラインアップはこうです。

Jazz Conversation #097(2011.11.27.放送)
①【16:00:最近の新譜から】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第97回:『E.S.P.』で新時代に突入)】
③【17:00:Meet The Star(第83回:クリスチャン・マクブライド)】
④【17:30:アーティスト特集(第23回:フランク・シナトラ)】

e0021965_953421.jpg
 心残りはクリスチャン・マクブライドのインタヴュー。時間の都合でジェームス・ブラウン談義を割愛しなくてはなりません。

 彼は業界で知られたジェームス・ブラウンの大コレクター。なにしろレコード会社がオリジナル盤のジャケットを借りにくるくらいですから。まるでぼくと同じじゃないですか。

e0021965_954516.jpg
 それでジェームス・ブラウンの話をしていたら、彼も「アポロ・シアター」で行なわれたパブリック・ヴューイングに参加したとか。あれから5年が経つんですね。そのときのブログはこちら

e0021965_955953.jpg
 ということで、今回も盛りだくさんの内容(のつもり)です。明日の午後4時、InterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2011-11-26 09:07 | Inter-FM | Trackback | Comments(0)
e0021965_1240482.jpg
 先日、ブラッド・ピット主演のこの映画を観てきました。面白かったです。メジャー・リーグに起こった奇跡のような実話を脚色したもので、記録映像と映画のオーヴァーラップが自然で、テーマもユニークですし、10年ほど前の話なのでぼくも覚えていた出来事ですし、というわけで、最初から最後まで楽しめました。

 アスレチックス20連勝の裏にこんな話が隠されていたとは知りませんでした。今回もプロデューサーのひとりにブラッド・ピットが名を連ねていましたが、いい映画を作ったものだと思います。彼とコンビを組むおデブちゃんのジョナ・ヒルがこれまたいい味を出していました。

e0021965_1241655.jpg
 メジャー・リーグはヤンキー・スタジアムに何度か行った程度ですが、日本の野球にはまってシーズン中ほとんどテレビにかじりついていた時期もあります。この写真は2003年のヤンキースVSマリナーズ。松井とイチローが出たので観に行きました。

 ま、それはそれとして、この映画というか原作には「The Art of Winning An Unfair Game(不公平なゲームに勝利する技術)」という副題がついています。ヤンキースは一勝するのに140万ドル、いっぽうのアスレチックスは26万ドル(だったかな?)。映画の中で、「アスレチックスはヤンキースのためにスター選手を育てるファームなのか」なんて言葉も出てきます。

e0021965_12411888.jpg
 貧乏球団が勝利を得るための理論=不公平なゲームに勝利する技術。それを実践したのがアスレチックスのGMビリー・ビーン(ブラッド・ピット)とピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)のコンビでした。

 こんな横暴なGM、日本だったら鶴の一声でクビでしょうね。そこは野球に対する文化の違いでしょうか? でもビリー・ビーンの成功にしても「勝てば官軍」的な面もあるとは思いますが。
by jazz_ogawa | 2011-11-24 12:42 | 映画&DVD | Trackback(1) | Comments(6)
e0021965_8525981.jpg
 取材を受けたのは1週間前の14日。日経新聞では月に1回、「ロックタイムズ」という見開きの広告ページを掲載しているそうです。それで、今回ぼくが頼まれたテーマはマイケル・ジャクソン。

e0021965_8531755.jpg
 ジャクソン5がデビューしたときからのファンですから、いろいろと語れます。ニューヨーク留学中はちょうど『スリラー』が大ヒットしていたときですし。MTVでは連日プロモ・ヴィデオが繰り返し流れていました。

 ぼくは、縁あって彼の初来日公演時、「東京ドーム」でのコンサートに関わることができました。残念ながら(?)マイケルは怪我をしなかったため、コンタクトはなかったですが、それでも間近で観たリハーサルや本番には強い印象を覚えました。

e0021965_8533257.jpg
 あの『This Is It』そのままの光景が目の前で展開されていたんですから。マイケルは、常に穏やかな態度でメンバーや関係者に接していました。彼の周りにはいつもお互いのことを思いやる優しい心遣いが溢れていました。幸せな空間といえばいいでしょうか。

 その優しさとプロフェッショナルとして一切の妥協を許さない厳しさとが不思議な調和でひとつになっていました。いまぼくが思い出すのは、そのときのパフォーマンスの素晴らしさよりも、あの場に漂っていた空気です。あんな空間は二度と体験できないでしょう。

 そうそう、肝心なことを忘れていました。掲載は11月30日の夕刊だそうです。
by jazz_ogawa | 2011-11-21 08:55 | Works | Trackback | Comments(4)
e0021965_92715100.jpg
 先月ですが、「ONGAKUゼミナール」の関西・名古屋ツアーを行ないました。そのときにゲスト参加して下さった中村善郎さんをスタジオにお招きしての、トーク+スタジオ・ライヴが明日の「ミート・ザ・スター」です。

e0021965_9273240.jpg
 30分のコーナーなので短いですけど、「ONGAKUゼミナール」のダイジェスト版と思ってください。中村さんには、ジョビンの曲を3曲とオリジナルを1曲を歌ってもらいます。目の前で聴くボサノヴァの生ライヴ。それも中村さんのパフォーマンスですから、最高に贅沢な時間が持てました。それを明日はみなさんにもおすそ分けできればと思います。

 それでは、明日のラインアップを。

e0021965_9274720.jpg
Jazz Conversation #096(2011.11.20.放送)
①【16:00:プレイズ&シングス・ボブ・ディラン】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第96回:久々のスタジオ・レコーディング)】
③【17:00:Meet The Star(第82回:中村善郎)】*スタジオ・ライヴ
④【17:30:レーベル特集(第23回:RCA)】


e0021965_928262.jpg
 最初のコーナーの「ボブ・ディラン」特集も面白いですよ。意外なひとの演奏もいくつか出てきます。ディランは、自作自演のときはあんまりメロディのよさがわからないんですが、他人がカヴァーすると、その素晴らしいメロディメイカーぶりがよくわかります

 そろそろ寒くなってきましたが、明日の午後4時からはInterFMで心地のよいジャズ&ボッサをお楽しみください。
by jazz_ogawa | 2011-11-19 09:30 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_9534637.jpg
 ダイアンのステージを観たのは久しぶりでした。あるときから貫禄が出てきましたが、月曜日(14日)に「ブルーノート東京」で観た彼女は、まるでカーメン・マクレエのように堂々としていました。

 スキャットでバリバリ歌う姿はサラ・ヴォーンを思わせましたし、いまのダイアンがジャズ・シンガーの最高峰に上り詰めていることは間違いありません。

e0021965_954529.jpg
 この夜はギター入りのカルテットを従えてのステージ。スキャットを多用していたこともあり、ダイアンもバンドの一員という感じのパフォーマンスでした。「シンガーと伴奏」のスタイルではなく、彼女もメンバー同様ソロで応じるスタイルはジャズ・ヴォーカルの醍醐味を味わわせてくれました。

e0021965_9541888.jpg
 そして、今回もステージ前にインタヴュー。少女時代のことからブルーノートでメジャー・デビューをして今年で24年。その間のことをダイジェスト的に語ってもらいました。

e0021965_9543084.jpg
 ステージでも歌詞に盛り込んで歌っていましたが、ダイアンにとって1987年の「マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル」出演は、その後の運命を変えるほど大きな出来事だったようです。そんな話も、いずれ「Jazz Conversation」で紹介したいと思っています。
by jazz_ogawa | 2011-11-18 09:55 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_901025.jpg
 1週間ほど前になりますが、11月10日にケニー・ギャレットのライヴを聴いてきました。最近の彼はアグレッシヴなプレイが中心です。この日も、コルトレーンのように激しい演奏に終始。ただし、終盤、ピアノとデュオで演奏した日本の曲のメドレー(1曲だけアリランも入っていましたが)は美しかったです。これまでは「赤とんぼ~アリラン~翼をください」の3曲でしたが、それが6曲に拡大されていました。

 リズム・セクションの3人、Benito Gonzales(p)、Holt Corcoran(b)、Mark Whitfield Jr.(ds)もよかったです。とくにドラムス。名前からすると、お父さんはあのギタリストですね。顔も似ていますし。この若者が非常にうまかったです。

 Benito Gonzalesはマッコイ・タイナー系のピアニストですし、Mark Whitfield Jr.はエルヴィン・ジョーンズ風。まさにアルト・サックスのコルトレーン・カルテットといった感じでした。

e0021965_902195.jpg
 休憩時間にはインタヴュー。今回は日本語でやってみました。本人は「難しいからヤダ」と弱腰でしたが、そこを強引に。途中英語も交えてのインタヴューは、かなりひっちゃかめっちゃかになりました。でもこれはこれで面白いというか、誰もこんなことはやらないでしょうから、内容はともあれ、いいんじゃないでしょうか。と、ここは自画自賛。

e0021965_904186.jpg
 こんなこと、ケニーだからできるんです。彼の優しさに感謝。食事を早くしたかったみたいですが、そこを我慢して先にインタヴューをしてくれました。サンキュー、ケニー。

e0021965_905825.jpg
 このとんでもない脱線インタヴューは後日「Jazz Conversation」で。
by jazz_ogawa | 2011-11-16 09:02 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
e0021965_2314979.jpg
 封切り直後に観てきました。相変わらずの三谷映画といった感じ。ドタバタでナンセンスで、最後はちょっとほろりとさせられます。そこに後味のよさがありました。

 いつものことながら、いろいろな要素がてんこ盛り。それらがうまく絡み合っているところに、三谷監督の脚本と演出のうまさが出ているんでしょうね。これでもかこれでもかというほどのオールスター・キャストも徹底していて、ここまでやれば天晴れというしかありません。

 ぼくには気分転換するのにうってつけの映画でした。内容がどうだとかこうだとかいう必要はありません。名作か? といわれたらちっとも名作とは思えませんし。でも2時間半近く、浮世のいろいろを忘れさせてくれたことで大満足。

 邦画で次に期待しているのは、来年公開される「三丁目の夕日」かな?
by jazz_ogawa | 2011-11-14 23:15 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_1472734.jpg
 前回のブログで紹介したリーサが、明日のゲストです。知的で美人。話も上手で、ぼくが楽しんじゃいました。

 子供のころに家の近くにスウェーデンの家族が住んでいました。ぼくと同じ位の兄弟がいて、彼らとは毎日のように遊んでいました。そんな話まで思わずしてしまったんですけど、彼女はそれに対してもちゃんと耳を傾けてくれます。

e0021965_1475061.jpg
 ハリウッドの映画にも何本か出ていて、2006年に公開されたスティーヴン・セガール主演の『Attack Force』では、彼の次に名前がクレジットされています。

e0021965_148250.jpg
 聞けば、キャリアはシンガーより女優のほうが早いとのこと。最近はシンガーの方に力を入れているそうですが、彼女がまたスクリーンに登場する日に期待したいと思います。

 明日の内容はこうなります。

e0021965_1482542.jpg
Jazz Conversation #095(2011.11.13.放送)
①【16:00:ライヴ・アット・カーネギー・ホール】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第95回:ニュー・クインテットによる初のヨーロッパ・ツアー)】
③【17:00:Meet The Star(第81回:リーサ)】
④【17:30:楽器別特集(第23回:その他の楽器編)】

e0021965_1483947.jpg
 いつになく嬉しそうなぼく。

 それでは明日の午後4時、InterFMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2011-11-12 14:09 | Inter-FM | Trackback | Comments(6)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム