小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
e0021965_938931.jpg
 この間のブログにも書きましたが、1週間ほど前、丸の内「コットン・クラブ」の楽屋で山中千尋さんにインタヴューをさせてもらいました。

e0021965_93913.jpg
 これまでに何度か通りすがりの挨拶程度はしていたのですが、インタヴューをするのは初めて。とにかくチャーミングな女性です。

e0021965_9392487.jpg
 話は大いに盛り上がり、インタヴューが終わったあとの雑談ではオフレコの話も出ました。これは残念ながら紹介できません。変なことじゃないんですけどね。

 というわけで、次回の「Jazz Conversation」はこんな内容になります。

e0021965_9393885.jpg
Jazz Conversation #089(2011.10.2.放送)
①【16:00:最近の新譜から】(9月分)
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第89回:再び新たなサックス奏者を求めて)】
③【17:00:Meet The Star(第76回:山中千尋)】
④【17:30:アーティスト特集(第21回:ウエイン・ショーター)】(9月分)

 そして本日の夜中には、NHK総合で「マイルス・デイヴィス・イン・トーキョー 1973」が放映されます。詳しくはhttp://www.nikkei.co.jp/category/offtime/eiga/music/article.aspx?id=MMGEzw002026092011を。

●番組名:「マイルス・デイビス・イン・トーキョー1973」
●放送日:
  全国 10月1日(土)放送 (総合テレビ)
     午前1時40分~2時40分(※9月30日(金)深夜)
  近畿 10月4日(火)
     午前2時00分~3時00分(※10月3日(月)深夜)
by jazz_ogawa | 2011-09-30 09:43 | Inter-FM | Trackback(1) | Comments(6)
e0021965_10214176.jpg
 日曜日の「NHKアーカイヴス」とその後に生放送でやった「Jazz Conversation」は評判がよかったみたいでほっとしています。

 番組のプロデューサーからはこんなメールをいただきました。

「一部、放送が見られない地域(愛知・三重・岐阜・石川)が生じてしまい、申し訳ありません。視聴者からのリクエストが多ければ、夜間帯でも放送してもらえる可能性があるので、これからもうひとがんばりしてみますが、このあたり台風で放送できなくなった番組の多い地域で、力及ばないときはあしからずご了解くださいませ」

 可能性はありますので、放送実現に期待したいと思います。

 そして昨日がマイルスの命日。

e0021965_10215495.jpg
 ところで、ツイッターでも情報が出回っているようですが、10月1日の午前1:40~2:40、ということは9月30日の深夜ですが、同じくNHKの総合テレビで『マイルス・デイビス・イン・トーキョー1973』が放映されます。

 これは、1973年7月1日にその一部がNHK『世界の音楽』という番組で放送されながら、長らくテープが行方不明になっていた「東京・厚生年金会館」でのライヴです。

 以下にNHKの番宣を貼り付けておきます。

『マイルス・デイビス・イン・トーキョー1973』
総合テレビ 10月1日(土)午前1:40~2:40 (9月30日深夜)
【案内】菊地成孔 小川隆夫

e0021965_1022855.jpg 今回の特別番組では、マイルス・デイビスが1973年に日本で行ったライブ演奏を60分間たっぷりと放送。ジャズの革新を続け、様々なスタイルで自己の音楽の追及を行ってきたマイルスが、エレクトリック楽器を大胆に取り入れ、賛否両論を呼びながらも世界中の聴衆を圧倒していた頃の白熱のライブだ。これは当時、NHKが収録し放送したものの長年マスターテープが行方不明になっていた幻の演奏である。この度アメリカで発見され、デジタルリマスター処理が施され、最高の映像とサウンドで当時の演奏が鮮やかに蘇った。

 この演奏は、マイルスにとって2度目の来日となったこの1973年のツアーのうち、6月20日に行われた東京公演を収録したもの。ツアー開始前日にはNHKのスタジオで4時間ぶっつづけてリハーサルを行うなど、マイルスのこのツアーに対する力の入れようは並ならぬものだった。「エレクトリック時代の最強のマイルス・バンド」と多くのファンが認めながらも、同メンバーで残された録音は少なく、まさにエレクトリック・マイルス絶頂期の貴重な映像といえる。没後20年を偲び、ジャズ・ファンのみならず、すべての音楽ファンに「マイルス・ワールド」を存分に堪能してほしい。番組の案内役は、ミュージシャンの菊地成孔(なるよし)氏と音楽ジャーナリストの小川隆夫氏。

「番組の案内役」などと書かれていますが、実際は冒頭の1分間、ふたりの掛け合いで番組の紹介をするだけです。ですから正味59分、たっぷりとマイルスのライヴが楽しめます。ビデオの予約、忘れないように。
by jazz_ogawa | 2011-09-29 10:24 | Works | Trackback | Comments(13)
e0021965_11395399.jpg
 何度かこのブログで紹介していますが、10月の3連休(8、9、10日)は関西&名古屋で「ONGAKUゼミナール」を開催します。今回のテーマはスペシャル・ゲストにボサノヴァの中村善郎さんをお迎えして「秋に聴くボサノヴァ」。

 前半はいつものようにぼくのトーク。途中で中村さんとの対談をはさみ、後半は中村さんのボサノヴァ・ライヴという構成です。

 ようやく涼しくなってきました。10月初旬は気候もいい感じになっているんじゃないでしょうか。午後、もしくは夕方にボサノヴァで寛ぐひとときを、みなさんと一緒に楽しめればと思います。

 いずれの会場も席に余裕があります。3連休中ですが、近くにお住まいで興味がある方はぜひご来場ください。


「小川隆夫ONGAKUゼミナール~秋に聴くボサノヴァ スペシャル・ゲスト=中村善郎」

10月8日(土)午後5時~7時
神戸元町 「M&M」(078-393-0788)
神戸市中央区栄町通2丁目7-3http://www6.ocn.ne.jp/~kpsikeda/MandM/
チャージ:3,500円(1ドリンクつき)

10月9日(日)午後5時~7時
京都 「バー探偵」(075-708-2619)
京都市左京区田中里ノ内町26http://bartantei.blogspot.com/
チャージ:3,000円(1ドリンクつき)

10月10日(月・祝)午後3時~5時(開場2時半)
名古屋 ミュージックサルーン「アーデン」(052-682-2164)
名古屋市熱田区西野町2丁目90番地(http://www7a.biglobe.ne.jp/~arden/
チャージ:3,000円(1ソフトドリンクつき)

なおすべての問い合わせ・予約はコチラからもしくはコチラから

e0021965_11401890.jpg
e0021965_11403188.jpg


 なお、先日NHK総合TVで放映された「ジャズの帝王 ~マイルス・デイビス没後20年~」ですが、九州・沖縄地方は、9月29日(木)午前2時~3時10分に放送されます。ということは、今晩です。興味のある方はお見逃しのないように。
by jazz_ogawa | 2011-09-28 11:41 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(4)
e0021965_9405079.jpg

 目下、というかデビュー以来ずっと絶好調の山中千尋さんのライヴを丸の内「コットン・クラブ」で聴いてきました。

e0021965_9423938.jpg
 8月に出したアルバム『レミニセンス』の発売記念ということもあり、アルバムからの曲が演奏されました。このアルバム、ぼくの世代には懐かしいヒット曲がいろいろ含まれています。

 震災後のレコーディングということで、今回は多くのひとが楽しめるようにと、よく知られた曲を選んだそうです。ステージでも演奏された「君の友達(ユーヴ・ガット・ア・フレンド)」(これはコルトレーンの「セントラル・パーク・ウエスト」とのメドレー)、「マスカレード」、「クロース・トゥ・ユー」、「キャント・テイク・マイ・アイズ・オフ・オブ・ユー」など、心の温まるメロディと演奏をたくさん聴かせてもらいました。

 彼女をサポートするのは東保光(b)と岡田"Keita"佳大(ds)。3人でちょっとしたコーラスやヴォーカルを披露するパートもあって、ステージはとてもいい雰囲気で進行していきました。

 ぼくはピアノの後ろの席で観させてもらったのですが、山中さんは全身でピアノを弾いていることがよくわかりました。小さな体でパワフルなプレイをする彼女。それが堪能できる席だったのもよかったです。

e0021965_9425233.jpg
 ファースト・セット終了後には「Jazz Conversation」用にインタヴューも受けてくれました。最初はきちんと新作の話なんかしていたんですが、終盤はちょっと脱線しました。このくだり、面白いですが、放送はできるかな?
by jazz_ogawa | 2011-09-27 09:43 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(1)
e0021965_23520100.jpg
 この間からブログで書いていましたが、いよいよ今度の日曜日はマイルス三昧の午後です。まずは13時50分からの『NHKアーカイヴス』。題して「ジャズの帝王 ~マイルス・デイビス没後20年~」。

 ただし、残念な事実が判明しました。ぼくはてっきり全国ネットだと思っていたのですが、10月1日放送予定の『マイルス・デイヴィス・イン・トーキョー1973』ともども、東海3県(愛知、岐阜、三重)と金沢では放送されないとのこと。
 あと、九州・沖縄地方ではこの「NHKアーカイヴス」、9月29日(木)午前2:00からの放送になるそうです。お間違えのないように。

 詳しくは番組のHP(http://www.nhk.or.jp/archives/nhk-archives/)で。

e0021965_2353714.jpg
 内容については番組のPR原稿を最後に貼り付けておきます。ただしどのような形で放送されるのかわかりませんので、ちょっとドキドキですね。

e0021965_235502.jpg
 この番組が15時に終わり、1時間後の16時からは「Jazz Conversation」が始まります。こちらは生放送でお送りする「マイルス・リクエスト大会」。すでにリクエストは受け付けていますのでどんどんご応募ください。放送中の応募も大歓迎。こちらはjazz@interfm.jpまで。

 それで今回の放送はこんな感じでいきます。

Jazz Conversation #088(2011.9.25.放送)
①【17:00:マイルス・リクエスト大会 Part1】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第88回:ジョージ・コールマンの退団)】
③【17:00:マイルス・リクエスト大会 Part2】

 このひとのリクエストもかかります。

e0021965_236580.jpg
 というわけで日曜の午後はマイルス三昧!



『NHKアーカイブス“ジャズの帝王~マイルス・デイビス没後20年~”』
総合テレビ 9月25日(日)後1:50~3:00
※愛知・岐阜・三重・石川は別番組を放送します。また、九州・沖縄地方は9月29日(木)午前2:00~3:10 (28日(水)深夜)に放送予定です。詳しくは各地域の番組表でご確認ください。

20世紀を代表するミュージシャンとして音楽界に君臨し続けたトランペット奏者、マイルス・デイビス。「ジャズの帝王」と呼ばれたマイルスが逝去して、今年の9月28日で20年を迎えます。1940年代のモダンジャズの黎明期から活躍をはじめ、そのリリカルで柔らかなトーンと優れた即興能力で一躍ジャズ界のスターダムに躍り出たマイルス。その後もクール・ジャズ、モードジャズ、エレクトリック・ジャズなど、自身の音楽を追求していく中で、絶えずサウンドの変革を続け、現代に続く様々なムーブメントの先駆者・革新者として、ジャズ界のみならず、あまたの音楽界に革命をもたらし続けました。
今回のNHKアーカイブスでは、没後20年を経ても色あせることのないマイルス・デイビスの音楽と、彼の波乱に満ちた生涯をたどった番組『ETV特集“疾走する帝王~マイルス・デイビス 菊地成孔のジャズ講座”』(初回放送:2007年6月24日 ※45分に編集)と、長らくテープが行方不明になっていたマイルス絶頂期の貴重なライブ『マイルス・ディビス・イン・トーキョー1973』の一部をお送りします。
さらに、マイルスと共演経験のあるサックス奏者、デイブ・リーブマンのニューヨークでのインタビューや、東京JAZZで来日公演を行ったベーシストのマーカス・ミラーらのコメントなども交えながら、時代とともに変貌を遂げ、常に最先端の音楽を追い求めたマイルス・デイビスの真の姿を紹介します。

【ゲスト】 菊地成孔(ジャズミュージシャン) 小川隆夫(音楽ジャーナリスト) 【キャスター】桜井洋子アナウンサー


<関連番組>
『マイルス・デイビス・イン・トーキョー1973』
総合テレビ 10月1日(土)午前1:40~2:40 (9月30日(金)深夜)

1973年7月1日に、その一部がNHK『世界の音楽』という番組で放送されながら、長らくテープが行方不明になっていた、エレクトリック・マイルス最盛期の1973年東京・厚生年金会館での伝説のライブをデジタル・リマスター版で放送!

【案内】菊地成孔 小川隆夫
by jazz_ogawa | 2011-09-23 00:19 | Inter-FM | Trackback | Comments(10)
e0021965_9493557.jpg
 その前にひとつお知らせ。

 今度の日曜にNHK総合1チャンネルで放送される『HNKアーカイヴス』と10月1日の『マイルス・デイヴィス・イン・トーキョー1973』ですが、残念なことに東海3県(愛知、岐阜、三重)と金沢では放送されません。あと、九州・沖縄地方ではこの『NHKアーカイヴス』、9月29日(木)午前2:00からの放送になるそうです。お間違えのないように。

 それでは本題。

 ロマン・ポランスキーが監督した映画ということで、前日の『シャンハイ』から2日続けて有楽町で映画を観てきました。場所は「ヒューマントラストシネマ有楽町」。初めて行く映画館です。日曜の午後の有楽町駅前はかなりの混雑。震災直後の閑散とした雰囲気はすっかり霧散していました。いいことです。

 この映画館、事前のネット販売がなく、上映開始の1時間ほど前にチケットを買いにいったところ、残り3席でした。友人とふたりで一緒に観られる席は最前列の一番はし。そんな席で映画を観たことは一度もないのでこれも体験、ということで購入。

 画面が極端に扁平(かな?)になっているので観ずらかったです。でも映画館で映画を観るのが好きなぼくですから、これも良しと。

 ポランスキーにしてはわかりやすい内容でした。複雑な話や登場人物がたくさん出てくると、ただでさえ理解力の乏しいぼくには、あの席では内容を楽しむことができなかったかもしれません。

 物語は引退したイギリスの元首相がモデル。自叙伝を出版するにあたり、彼はゴーストライターを雇いますが、この人物が執筆途中で不慮の死を遂げます。後任のライターがその死を不審に感じたことからストーリーが展開。

 全体の印象はポランスキーというよりヒッチコック的。だからわかりやすかったのかもしれません。

 この元首相はトニー・ブレアを連想させます。彼が行なった政策の裏にはおおいなる陰謀が隠されていた。それが映画では重要な要素になっています。よくブレア元首相側から訴えられなかったものだと思います。ポランスキーはそんなこと超越しちゃってんるんでしょうね。ある意味、アナーキーなひとですから。

 ほどよいサスペンス・タッチと、どこか実話めいたストーリー。そしてウィットに富んだセリフ。もう一度、今度はいい席でゆっくり観てもいいかな、という気分になれた映画です。肩と首がけっこう凝ってしまいましたから。
by jazz_ogawa | 2011-09-21 09:53 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_1114359.jpg
 封切り前から観たかった映画です。このところ週末はバタバタしていたのでずっと観られず仕舞い。土曜日は午前中が本業で、そのまま有楽町に出やすい場所にいたこともあり、観てきました。

 こういう時代背景や舞台設定は嫌いじゃないです。戦前から1940年代にかけてのロスとか、フィリップ・マーロウや『LAコンフィデンシャル』に通ずる暗黒の部分。それを第2次世界大戦直前の上海に置き換えたような映画です。

 渡辺謙も好きな役者です。ジョン・キューザックは『ハイ・フィデリティ』のころが一番よかったかしら? このふたりが中心になってサスペンス仕立てのストーリーが動いていきます。

e0021965_11145089.jpg
 ただしストーリーはありきたりだし、当時のシャンハイの街並みがいかにも「セット」を作って撮影しましたという感じで、そこがちょっと残念。莫大な予算を使ったと聞いていたので、楽しみにしていたのですが。

 アメリカ人のポール・ソームズ(ジョン・キューザック)と映画の中で重要な役割をする中国人のアンナ(コン・リー)は思いを寄せ合っているのですが、第2次世界大戦が勃発したことで別れ別れになります。映画はそこで終わりますが、ずっとあとになってソームズが上海に戻ってくることをナレーションが教えてくれます。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』のように、歳を取ったふたりが再会。なんていうシーンがあれば、最後にほのぼのとした気分になれたんですが。

e0021965_1115677.jpg
 それでも観たかった映画ですから、観ないで終わったら心残りになります。そういう意味では満足。そもそも映画を映画館で観ることが好きですから。

 好きなことをやったあとの銀座は夕方になっていました。そのまま歩いて家に戻ったんですが、残暑というには暑すぎる。やっぱりおかしいぞ、にっぽん!
by jazz_ogawa | 2011-09-19 11:16 | 映画&DVD | Trackback | Comments(0)
e0021965_9164299.jpg
 モンド・ミュージック。一般の方には聞き慣れないネーミングかもしれません。かくいうぼくもよくわかりません。DJのひとたちはちょっと毛色の違うジャズをこう呼んでいるみたいです。エキゾチックでトロピカルなサウンド。そういうのもこのジャンルに入るみたい。

e0021965_9182155.jpg
 最近はDJをやっていませんが、ひところはその手の曲を流していると、若い人からいい反響をもらっていました。たぶんこんな音楽なんだろうな? そんな感じの曲を明日の冒頭、最初の特集コーナーでは集めてみました。

Jazz Conversation #087(2011.9.18.放送)
①【16:00:エキゾチック・サウンド~モンド・ミュージック】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第87回:1964年の「マイ・ファニー・ヴァレンタイン)】
③【17:00:Meet The Star(第75回:ロン・カーター)】
④【17:30:レーベル特集(第21回:スリー・ブラインド・マイス)】

e0021965_9183470.jpg
「マイルスの真実」では1964年2月のライヴ・レコーディング『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』を紹介。この時期、マイルスはライヴ・レコーディングを立て続けに行なっています。単行本の『マイルス・デイヴィスの真実』にはそのあたりの話がごそっと抜けています。なので、ここ数回と今後の数回は、本に出ていない話ばかりです。

e0021965_9184773.jpg
 ロン・カーターのインタヴューは、すでに一部を「マイルスの真実」で紹介していますが、明日の「ミート・ザ・スター」では現時点での最新作『ロン・カーター・グレイト・ビッグ・バンド』の話が中心になると思います。

e0021965_9193562.jpg
 そしてレーベル紹介は、前回のタクトに続いて日本を代表するジャズ・レーベルのスリー・ブラインド・マイス。これぞ日本のブルーノートです。理由は番組の中で紹介しましょう。

 というわけで、明日の16時から2時間はInterFMの「Jazz Conversation」をお楽しみください。

 それと次の週の25日は、マイルスの命日(28日)にちなんで2時間まるごとマイルス特集。皆勤賞の「マイルスの真実」以外の1時間半は「マイルス・リクエスト大会」です。生放送ですから放送中のリクエストも大歓迎ですし、いまから番組宛に寄せて下さってもOK。メール・アドレスはjazz@interfm.jpです。メッセージと共にリクエストをよろしく!
by jazz_ogawa | 2011-09-17 09:22 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_1020368.jpg
 今月25日(日)にNHK総合1チャンネルで放送される『NHKアーカイヴス』(13:50~15:00)の収録が昨日ありました。

e0021965_1020556.jpg
「アーカイヴス」ですから、過去に放送された番組の掘り起こしですね。ただし過去の番組を単に再放送するのではなく、そこに新たなコメントを加え、より立体的な形にしようというのが、毎週日曜日の午後に放送されている『NHKアーカイヴス』です。ぼくは、元の放送に出演したサックス奏者の菊地成孔さんと一緒にゲストとして呼ばれました。

 タイトルは『ジャズの帝王~マイルス・デイヴィス没後20年』。

e0021965_10211726.jpg
 内容は、2007年に菊地さんがナヴィゲーターとなってマイルスの足跡を辿った番組『ETV特集/疾走する帝王~マイルス・デイヴィス』を45分ほど再放送し、あとは桜井洋子アナウンサーの進行で、ぼくたちふたりがマイルスについて語るというものです。

e0021965_10212888.jpg
 収録場所は勝手知ったる高田馬場「コットン・クラブ」。ひところは毎週のようにジャズ関係者と入り浸っていました。オーナーの茂串さんとは同世代。このところ久しく行っていませんでしたから、ぼくにとっては懐かしい場所であります。

e0021965_10214369.jpg
 菊地さんは頭脳明晰な理論家でもありますから、鋭い指摘に本領を発揮。ぼくは、いつものようにいい加減。うまくかみ合っているかどうかは編集次第でしょう。

e0021965_10215476.jpg
 ついでにもう1本、10月1日に放送される『マイルス・イン・トーキョー 1973』用のオープニング・コメントも収録しました。こちらはふたりの掛け合いで1分程度。

e0021965_13223281.jpg
 そんなことより『マイルス・イン・トーキョー 1973』です。これ、長らく紛失していたテープが最近になって発見されました。コンプリート・ヴァージョンではありませんが、デジタル・リマスターされ、1時間にわたって放送するというもの。25日の番組にも一部登場しますが、10月1日の放送は必見、必エアーチェックです。ぼくもします! こちらは総合1チャンネルで午前1時40分から1時間。

e0021965_10221924.jpg
 てなことをしながら、高田馬場での夜は更けていきました。夜になってももまだ暑い! おかしいぞ、ニッポン。
by jazz_ogawa | 2011-09-16 10:24 | Works | Trackback | Comments(8)
e0021965_9432580.jpg
 ガラガラになるのでは? と不安でしたが、当日飛込みで参加してくれた方も何人かいて、盛況とまではいかなかったですが、そこそこ(といったって10人ちょっとです)の方にいらしていただきました。本当にありがとうございました。「Orchard Bar」ではこのくらいの人数がちょうどいいです。

e0021965_9434377.jpg
 それで、今回のテーマは「60年代黄金のポップス」のパート2。前回が1963年までのヒット曲集でしたから、今回は64年以降のもの。選んだのはこういう曲でした。

1.オー・プリティ・ウーマン/ロイ・オービンソン(1964年)
2.10番街の殺人/ザ・ヴェンチャーズ(1964年)
3.太陽の彼方に/アストロノウツ(1964年)
4.ミスター・ロンリー/ボビー・ヴィントン(1964年)
5.花はどこへ行った/キングストン・トリオ(1964年)
6.夢見る思い/ジリオラ・チンクエッティ(1964年)
7.ネイビー・ブルー/ダイアン・リネイ(1964年)
8.ほほにかかる涙/ボビー・ソロ(1964年)
9.恋はスバヤク/ガス・バッカス(1964年)
10.ロシアより愛を込めて/マット・モンロー(1964年)
11.夢見るシャンソン人形/フランス・ギャル(1965年)
12.アイドルを探せ/シルヴィー・バルタン(1965年)
13.アンチェインド・メロディ/ライチャス・ブラザーズ(1965年)
14.夢のカリフォルニア/ママス&パパス(1965年)
15.花のサンフランシスコ/スコット・マッケンジー(1967年)
16.恋はリズムに乗せて/アンディ・ウィリアムス(1967年)
17.ウインチェスターの鐘/ニュー・ヴォードヴィル・バンド(1967年)
18.恋はフェニックス/グレン・キャンベル(1967年)
19.ラスト・ワルツ/エンベルゲルト・フンパーディンク(1967年)
20.マンチェスターとリヴァプール/ピンキーとフェラス(1969年)
21.雨/ジリオラ・チンクエッティ(1969年)
22.トム・ジョーンズ/ラヴ・ミー・トゥナイト(1969年)

e0021965_94414.jpg
 22曲中10曲が1964年のヒット曲です。好きな曲を選んだからこういう結果になったんですが、それでもこれら10曲は同世代のひとならすべてお馴染みでしょう。ということは、60年代ポップスで一番の収穫期がこの年だったのかもしれません。

 60年代中盤以降はロックやソウル・ミュージックが人気を呼びます。そちらは別の機会に紹介したり、今後紹介しようと思っていますので、今回は割愛しました。

e0021965_9441564.jpg
 ということで、この「60年代音楽シリーズ」、まだまだ続けたいのですが、次回もこのくらいの人数が集まってくれればいいなぁ。
by jazz_ogawa | 2011-09-13 09:45 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム