小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
e0021965_1015047.jpg
 実は大変な間違いをしていました。このブログで何度か告知をしたのですが、それらはいずれも6月21日(土)となっていました。正しくは6月11日(土)です。5月の「ONゼミ」の日にちと混同したようです。申し訳ありません。

 開催まで2週間をきりましたが、いまのところ席にはかなり余裕があります。会場は駒場東大前にある「ORCHARD BAR」。みなさんお誘いあわせの上、ご来場していただけると、主催者もぼくも嬉しいです。

 そして7月は、3月に予定していた鎌倉での「ONGAKUゼミナール」を開きます。こちらはさらに内容充実、ボサノヴァのライヴ演奏とのジョイント・プログラムになるはずです。凄いひとが参加してくれることになりました。このブログをごらんになっている方なら想像はつくと思います。詳細の発表はもう少しお待ちください。

 というわけで、まずは6月11日の「ONGAKUゼミナール」。こちらのテーマは「60年代黄金のポップス」。このイヴェントはテーマが「60年代音楽」です。それで1回目は「ザ・ヒット・パレードの時代」と題し、日本語によるポップスのカヴァーを特集しました。今回はそのオリジナル・ヴァージョンを聴くことになると思います。

 好きな曲がたくさんあるので、いまから選曲をどうしようかと、思いを巡らせています。ぼくの世代にとっては懐かしい曲ばかり。いまでも口ずさめるメロディの連続になるんじゃないかしら。若いひとも、たぶんどこかで聴いたことのある曲がたくさん出てきます。思い出と、ちょっとしたトリヴィアを交えながら、お集まりいただいたみなさんと2時間を楽しめればいいですね。

e0021965_10142431.jpg
 というわけで、申し訳ありませんが、日にちはくれぐれもお間違えのないよう、よろしくお願いします。それから、開始時間も今後は7時になりました。これまでより1時間早いです。その点もお間違えのないように。

06.11. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第11回:60年代黄金のポップス)@駒場東大前Orchard Bar 19:00~21:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから
by jazz_ogawa | 2011-05-30 10:16 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(0)
e0021965_9441643.jpg
 最近、あるひとから「声に元気が出ている」といわれました。自分ではこれまでと同じと思っていますが、どうでしょう? でも、そういわれると嬉しいです。声は健康のバロメーターですから。

 具合の悪いときに収録したテレビ番組では声がまったく出ていませんでしたし、トーク・イヴェントでもひところは後半になると「声が出ていない」と主催者からいわれました。自分では気がつかなくても、そうなんでしょうね。

e0021965_9443129.jpg
 それはそれとして、明日の内容です。

Jazz Conversation #073(2011.5.29.放送)
①【16:00:今月の新譜】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第73回:『ブラックホークのマイルス・デイヴィス』の重要性】
③【17:00:Meet The Star(第61回:フィル・ウッズ)】
④【17:30:アーティスト特集(第17回:ダイアナ・クラール)】

e0021965_944426.jpg
 個人的にはフィル・ウッズに感激しました。彼の来日は震災直後のことです。「キャンセルするならしてもいいですよ」というプロモーーターの呼びかけに対し、「ひとりでも予約が入っているなら行く」といって来日してくれました。メンバーにも「行きたくないなら来なくていいよ」といったそうですが、全員が「行きます」と。ただし、ツアー・マネージャーだけ来なかったそうですけど(苦笑)。

e0021965_9445596.jpg
 今年80歳になる超ヴェテランが「ブルーノート」で元気いっぱいの演奏を聴かせてくれました。その姿にも感激しました。

e0021965_945760.jpg
「引退は考えないんですか?」との質問(考えてみれば失礼千万な質問でした)には、「こんなにいい商売はやめられない。だって1年中旅行して、おいしいものが食べられるんだから」とのことでした。

 この番組には80歳を超えたひとにも何人か出演してもらいました。皆さん、お元気です。そういう姿に触れているからぼくも元気でいられるのかもしれません。
by jazz_ogawa | 2011-05-28 09:46 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_1210127.jpg
 このブログではすべてを紹介していませんが、ちょこまかといろいろなひとにインタヴューをしています。

e0021965_12102062.jpg
 最近面白かったのは、もうおなじみですよね、代官山にある「レザール」、そこで福田重男さんと布川俊樹さんのインタヴュー兼(せっかくなので)ライヴ収録をやりました。

e0021965_12103852.jpg
 布川さんとは、彼の初アルバム『Varis』をぼくがプロデュースしたという間柄です。福田さんには、このところ「レザール」で散々お世話になっています。

e0021965_12105338.jpg
 このふたりが7月に『Childhood's Dream』というデュオ・アルバムを出すので、それについてのお話を聞かせてもらいました。そしてレコーディング以来初のデュオ演奏になるということでしたが、アルバムに収録した「ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン」と、こちらはアルバム未収録の「モナリザ」をぼくのリクエストでボサノヴァにしてやってもらいました。

e0021965_1211445.jpg
 相変わらず出たとこ勝負のいい加減なインタヴューでしたが、ぼくのわがままに付き合ってくれたおふたりには感謝です。アルバム発売時にはあちこちをツアーで回るとのこと。みなさんよろしくお願いします。

 で、ぼくはこれに味をしめて、「レザール」でのライヴ付きインタヴューをシリーズ化したいと思っています。次回のゲストも決めました。これらの模様はそのうち「Jazz Conversation」で紹介することにしましょう。

e0021965_12111716.jpg
 そしてもうひとり、デンマークのシンガー、シーネ・エイ。かなりの美人です。しかもきさくな人柄がいいです。実にチャーミング。

e0021965_12113221.jpg
 聞けばお父さんがギタリストで、その後にお医者さんになったとか。まったく誰かと同じじゃないですか。こうなるとインタヴューはどうでもよくて、そちらでしばし盛り上がりました。

e0021965_1211439.jpg
 それはそれとして、彼女は実力派です。曲も書きます。今回が4枚目の作品で、過去のアルバムも含めて輸入盤店でかなり売れていました。新作『ブルーな予感』では、架空のジャズ・クラブをテーマにした「ダウン・オン・ウエスト・フーシン・ルー」がお勧めです。

e0021965_12115940.jpg
 実に大柄。ぼくより大きいじゃないか! まるでダイアナ・クラールみたいです。
by jazz_ogawa | 2011-05-25 12:17 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_10402140.jpg
 今回のテーマは「こんなときこそ聴いてみたいジャズ」と題し、ぼくの好きな曲を並べてみました。といっても、いつも好きな曲しかかけませんから、テーマは違えど内容は似たようなもの、といったところでしょうか。ご来場のみなさん、本当にありがとうございました。


e0021965_10403783.jpg
 前半と後半でタイプの違う曲を選んでいます。

【パート1:元気が出るジャズを】
1. ホレス・シルヴァー/リベレイテッド・ブラザー
2. ソニー・ロリンズ/ホールド・エム・ジョー
3. ウイントン・ケリー/ビターエンド
4. デューク・ピアソン/スウィート・ハニー・ビー
5. カウント・ベイシー/オー・ロンサム・ミー
6. アル・コーン&ズート・シムズ/ブランディ&ビア
7. ステファン・グラッペリ/スイング・ギターズ
8. エラ・フィッツジェラルド/サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ
9. (DVD)ビリー・ジョエル・ウィズ・トニー・ベネット/ニューヨーク・ステート・オブ・マインド

【パート2:心安らぐジャズを】
10. ハリー・コニック・ジュニア/プロミス・ミー・ユール・リメンバー
11. デヴィッド・サンボーン/エヴリシング・マスト・チェンジ
12. イリノイ・ジャケー/ミス・ジョーンズに会ったかい?
13. ダイアナ・クラール/ホワイ・シュッド・アイ・ケア
14. ケニー・ドリュー/イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ウッズ
15. アン・バートン/トライ・ア・リトル・テンダネス
16. デクスター・ゴードン/ザ・シャドウ・オブ・ユア・スマイル
17. ルイ・アームストロング/星に願いを

e0021965_10405163.jpg
 一番受けたのは、前半最後のビリー・ジョエルとトニー・ベネットのDVD。先月発売された『ライヴ・アット・シェイ・スタジアム』からの1曲です。ぼくはこれが大好きで、何度観ても感動します。その感動が伝わればいいな~と思い、選びました。終わったとたんに拍手喝さいですから、みなさんも同じ気持ちになっていただけたかな、と。

 音楽の力は大きい。改めてそれを実感しているここ数ヶ月です。音楽で世界が変わると信じていたジョン・レノン。そのとおりだと思います。物質至上主義のような世の中にあって、ひとの気持ちを動かせるものは何か。そんなことをずっと考えています。

e0021965_1041584.jpg
 さて、話は変わって6月の「ONGAKUゼミナール」。こちらは以下の要領で開催します。まだほとんどひとは集まっていません。よろしくお願いします。

06.11. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第11回:60年代黄金のポップス)@駒場東大前Orchard Bar 19:00~21:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから
by jazz_ogawa | 2011-05-23 10:45 | ONGAKUゼミナール | Trackback(1) | Comments(4)
e0021965_9442224.jpg
 というのは帝王マイルスのこと。この世を去って20年。そして26日は85回目の誕生日。ということで、あさっての「Jazz Conversation」では午後5時台の1時間をマイルス特集にします。

e0021965_9443917.jpg
 今回はわがレコード棚からオリジナル盤をスタジオに持ち込み、前半を【アコースティック・サイド】、後半を【エレクトリック・サイド】にするつもりです。 それだけでは芸がないので、【エレクトリック・サイド】は全部シングル盤。中にはLP未収録(もちろんCDにも未収録)のヴァージョンもあるのかな?

 で、構成はこんな感じ。

e0021965_9445591.jpg
Jazz Conversation #072(2011.5.22.放送)
①【16:00:超高速チューン】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第72回:「ブラックホーク」のマイルス・デイヴィス)】
③【17:00:マイルス・バースディ特集~アナログ・レコードで聴くアコースティック&エレクトリック・マイルス】(1時間)

e0021965_9451016.jpg
 最初の30分のみマイルス関連ではありませんが、残りの1時間半、マイルス好きの方はじっくりと彼の音楽に浸ってください。といっても、話しすぎてしまうかもしれませんが。それから、巻頭特集でもせっかくですからマイルスの曲をかけようかしら。マイルスにだって超アップ・テンポの演奏がありますからね。
by jazz_ogawa | 2011-05-20 09:45 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_1020436.jpg
 それにしてもニューヨークはダメです。CDを買うのにいいお店がありません。お店の数も減っていますし。マンハッタンで買いやすいのはBest Buyですが、品揃えが悪く、ちょっとマニアックなボックス物なんかは置いていません。

 こうなるとネット・ショッピングが一番、ってことになるんでしょうね。ブラリとCD屋さんに寄って、面白いものがないかを探す楽しみがなくなってしまいました。本屋さんもそうですが、そういうところで時間を潰す楽しみ。こうしたライフスタイルがぼくの前から消えていくのは悲しいです。

 でも、ほしいものは依然として存在します。しかし悲しいかな、焼き直しが大半です。それは、新しいものにあまり興味を覚えないぼくの感性に問題があるのかもしれません。それはそれとして、最近買ったものです。

e0021965_10202056.jpg
 これは、「よくぞやってくれました!」というボックス・セット。ストーンズ・レーベルから出たシングル盤の集大成です。日本版には国内盤のジャケット集もついています。

e0021965_10203530.jpg
『レイラ』もいったい何ヴァージョン持っていることやら。今回は集大成にふさわしいボックスです。こういうのが出ると、手に入れたくなるのは仕方ないですね。

e0021965_10205192.jpg
 かつてのロック少年としては、こちらにも食指が動きました。高校時代に出たキンクスの3種類。すでにCD化されていましたが、ボーナス・トラックの内容が違うので、このデラックス・エディションもゲット。

e0021965_1021445.jpg
 2CD+DVDのS&GはDVDが観たくて買いました。CDのほうはオリジナル・アルバムと既発のライヴを組み合わせたものです。

e0021965_10211868.jpg
 今回はこれが唯一の新作。やっぱりビリー・ジョエルはすごい。2CD+2DVDとヴォリュームたっぷりですが、満喫しました。ポールもゲストで出てきます。ドキュメンタリーDVDではビートルズのシェイ・スタジアム・ライヴのフッテージも登場。

 しかし、最高に感激したのはトニー・ベネットとのデュエットで歌われた「ニューヨーク・ステート・オブ・マインド」。これはCDで聴くより、映像で観たほうが圧倒的に素晴らしいです。涙が出ました。トニー・ベネット、最高!

 なるべくCDは買わないようにしているのですが、やっぱりこういうのが出るとほしくなります。ほしいものを我慢するのは精神上よろしくない。と自分に言い訳をしつつ、ほどほどにしながらほしいものは手に入れるようにしています。
by jazz_ogawa | 2011-05-17 10:39 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(6)
e0021965_8574257.jpg
 先月の12日と25日、代官山のジャズ・バー「レザール」で開催した「Jazz Conversation presents JAZZ AID 2011」、およびその前後に集めた義援金を先日の9日、スタジオで開封し、集計しました。みなさんから寄せていただいたお志は30万4048円。本当にありがとうございました。

e0021965_8581229.jpg
e0021965_8582264.jpg
e0021965_8583449.jpg
 この義援金は、昨日、番組のディレクターが日本赤十字社に届けてきました。

e0021965_8585150.jpg
 びっくりしたのは1万円札の多かったこと。それから1000円札もザクザク。硬貨がほとんどなかったのも、年齢層の高い「レザール」のお客さんゆえと感じ入りました。それこそ「開けてびっくり募金箱」でした。何度もいいますが、本当にどうもありがとうございました。

e0021965_859432.jpg
e0021965_8591690.jpg
 そして、明日の「Jazz Conversation」は最初のコーナーでこのチャリティ・イヴェントのダイジェストを紹介します。思っていた以上に内容が盛りだくさんになったため、ほんのさわりだけみたいな感じで雰囲気を味わっていただけたら、と思います。

 そういうわけで、明日のラインアップはこうなります。

Jazz Conversation #071(2011.5.15.放送)
①【16:00:JAZZ AID 2011】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第71回:フリー・ブローイングの時代に突入)】
③【17:00:Meet The Star(第60回:ロイ・ハーグローヴ)】
④【17:30:レーベル特集(第17回:MPS)】

e0021965_8593598.jpg
 ロイ・ハーグローヴのインタヴューは2月に行なったものですから、少し時間が経ってしまいました。話し方に彼の個性や考えが出ているんじゃないかしら、と思っています。

e0021965_859485.jpg
 ところでこの写真、どことなくセロニアス・モンクに似てると思いません?

 それでは明日の午後4時、Inter FMでお耳にかかりましょう。
by jazz_ogawa | 2011-05-14 09:01 | Inter-FM | Trackback | Comments(6)
e0021965_913581.jpg
 去年から月に一度の開催を目標にやっている「ONGAKUゼミナール」です。5月は銀座で、6月が駒場東大前。

 それで銀座の「ONゼミ」はいよいよ来週の土曜日(21日)となりました。テーマは「こんなときこそ聴いてみたいジャズ」。

 3.11以降、ぼくもそうですが、みなさんの心の中にもさまざまな思いがよぎっていると思います。そして、いまさらながらに音楽の力が大きいことも実感しました。そんなことを考えながらの選曲になるかと思います。

 まだ若干お席がありますので、興味のある方はぜひ!

05.21. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第19回「こんなときこそ聴いてみたいジャズ」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/9061/

 そして初告知ですが、6月の「ONGAKUゼミナール」。

e0021965_9141250.jpg
 こちらは6月11日(土)に駒場東大前の「Orchard Bar」で開催します。今回は「60年代黄金のポップス」と題し、ぼくが実際に聴いて楽しんできた懐かしのポップスを紹介したいと思います。

 久しぶりに聴いてみたい曲や、いまもよく聴いている曲など、このテーマにあてはまる曲はそれこそゴマンとあります。これらの曲がなければ現在のぼくはいないでしょう。当日はそんな思いにも触れつつ、みなさんとお馴染みの曲の数々を聴いていきたいと思います。でも、若いひとには新鮮かもしれませんね。

 そして、今回からスタート時間を1時間早くして、午後7時のスタートになります。常連の方はお間違いのないように、よろしくお願いします。

06.11. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第11回:60年代黄金のポップス)@駒場東大前Orchard Bar 19:00~21:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから

 それでは5月と6月も「ONGAKUゼミナール」をよろしくお願いします。
by jazz_ogawa | 2011-05-12 09:15 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(4)
e0021965_1040650.jpg
 今回もシカゴ経由です。オサマ・ビンラディン暗殺で空港は厳戒態勢かと思いきや、いつもと同じで目立った変化はなかったですね。

e0021965_10402490.jpg
 ニューヨークのラガーディア空港からシカゴのオヘア空港へ。朝の9時出発なので、朝食は搭乗ゲートで。節約と節制を兼ね、前日のお昼ご飯の残り半分です。

e0021965_10432874.jpg
 ここは定刻どおりに離陸。

e0021965_10435114.jpg
 ニューヨークとシカゴは1時間の時差があるので、オヘア着は10時半過ぎ。これは着陸直前の写真。iPhoneのToy Cameraで遊んでみました。

e0021965_1044726.jpg
 こちらは飛行場の写真。Toy Camera効果が出てるでしょ?

e0021965_10494064.jpg
 成田行きの飛行機は出発が12時5分でしたが、航空機延着のため1時間遅れに。これはターミナルにある恐竜の骨格のレプリカ。かなり大きいです。

e0021965_10495721.jpg
 昼食はマックのチキン・ラップ。日本にもあるのかしら? 誘惑に負け、揚げ物を食べてしまいました。

 ぼくの場合、たいてい飛行機は予定どおりに飛びません。案の定、ほぼ2時間遅れでオヘアを出発。機内では2本、映画を観ました。

e0021965_10501043.jpg
『僕が結婚を決めたワケ』と

e0021965_10502345.jpg
『抱きたいカンケイ』です。

 どちらもどうってことのない映画ですが、後者はナタリー・ポートマンの魅力で最後まで楽しんでしまいました。

 成田には1時間半ほど遅れて到着し、これで今回のニューヨーク行きは無事終了。
by jazz_ogawa | 2011-05-10 11:01 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(2)
e0021965_21373556.jpg
 さきほどニューヨークから無事戻ってきました。そのことについては次回のブログで書くとして、ここは明日の「Jazz Conversation」について。

e0021965_21375565.jpg
 ニューヨーク滞在中に最初の30分と最後の30分を、ニューヨークの小川スタジオと横浜のディレクター氏所有のスタジオを結んで収録。

 それで内容はこうなります。

Jazz Conversation #070(2011.5.8.放送)
①【16:00:モカンボ・セッション】from New York
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第70回:『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム』)】
③【17:00:Meet The Star(第59回:TOKU)】
④【17:30:楽器別特集(第17回:ベーシストがリーダーのオーケストラ編)】from New York

e0021965_21381329.jpg
 最初のコーナーは「幻のモカンボ・セッション」と呼ばれている1954年、桜木町「モカンボ」で行なわれたジャム・セッションを紹介します。これは先月、「モダン・ジャズの夜明け イン・ジャパン」という特集をしたときに約束したものです。

 ニューヨークで日本のジャズ・クラブの話をするのもちょっとオツなもんでしょ?

e0021965_21383076.jpg
 TOKUさんは「Meet The Star」2回目の登場。先日行なった「JAZZ AID 2011」にもゲスト参加してくれたTOKUさん。今回は先月発表した『TOKU sings and plays STEVIE WONDER』を携えての出演です。

e0021965_21384475.jpg
 そして最後のコーナーもニューヨークから。ぼくの話はもちろんのことですが、音声の状態がどうか、そこも不安です。でも信頼おけるディレクターのことですから、きっとうまく処理してくれていることでしょう。

 ということで、明日の16時からお時間のあるかたはぜひInter FMを。ぼくはいつもの日常に戻ります。
by jazz_ogawa | 2011-05-07 21:44 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム