小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
e0021965_11412039.jpg
 成田を定刻より少し遅れて17時半ごろに出発。GW初日ですが、出国手続きのラインは短く、混んでいない印象でした。でも飛行機は満席だったんじゃないでしょうか? ただし日本人旅行客とおぼしきひとはそれほど多くない感じ。

e0021965_11421836.jpg
 機内では映画を2本観ました。1本は、『Country Strong』というアルコールに依存している女性カントリー・シンガーの物語。ストーリーはどうってことないですが、劇中に登場する数々の歌がカントリー好きのぼくにはたまらなかったです。いい曲がいっぱい。CD探さなくちゃ。

e0021965_1143315.jpg
 それからもう1本は、ベン・アフレック主演で、ケヴィン・コスナーも脇役で出ていた『The Company Man』。リストラされたエリート・サラリーマンの話で、ぼくはサラリーマンではありませんが、無職になったらどうしようという怖さを改めて感じました。

 離陸直後にこの2本を観たあとはほとんど寝てました。シカゴのオヘア空港に着いたのが現地時間で14時ごろ。

e0021965_1144991.jpg
 ここで乗り継ぎ便を待って、16時に離陸。

e0021965_11451190.jpg
 ニューヨークのラガーディア空港に着いたのが19時。時差があるので2時間のフライトです。アパートには7時半ごろに着いたでしょうか。

e0021965_1147820.jpg
 東京よりこちらの夜は少し涼しい感じ。今宵のエムパイア・ステート・ビルディングは珍しく赤・白・青のライトアップ。ロイヤル・ウエディングを祝してのものでしょうか?

e0021965_11463916.jpg
 夕食は、いつもなら初日恒例のしゃぶしゃぶですが、今日はアパート近くのタイ・レストラン「Khao Sarn II」(637 Second Ave.)で。

e0021965_11475316.jpg
 食べたのは野菜とポークのガーリック・ソース炒め。

e0021965_11503251.jpg
 近くで見つけた事故車。運転には気をつけましょう。

 では、また明日。
by jazz_ogawa | 2011-04-30 11:52 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(4)
e0021965_10435125.jpg
 GWは予定どおりニューヨークに行ってきます。向こうで、日本の評判がどうなっているか気になりますし。

 それで、留守中も「Jazz Conversation」はいつもどおりに放送されます。

 今回のラインアップはこんな感じ。

Jazz Conversation #069(2011.5.1.放送)
①【16:00:今月の新譜】(4月分)
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第69回:ハンク・モブレーがレギュラー・メンバーに)】
③【17:00:quasimode live】
④【17:30:アーティスト特集(第16回:チャーリー・パーカー)】

e0021965_1044256.jpg
「今月の新譜」は、本来なら前回放送する予定だったものですが、先週は「リクエスト大会」だったため1週ずれて今回に。

「マイルス・デイヴィスの真実」はハンク・モブレーのことなので、きっと語りすぎちゃうでしょうね。

e0021965_10441571.jpg
 17時からの30分は、4月22と23日に「渋谷WWW」で行なわれたクオシモードのライヴから2曲を紹介する予定。非常に盛り上がったライヴだったんで、その熱気がラジオを通して伝われば、と思っています。最後には、ライヴ終了後のメンバー・インタヴューも登場します

「チャーリー・パーカー特集」では、サヴォイとダイアルの音源は過去に「マイルスの真実」でさんざんかけているため、その後の演奏を集めてみようと思っています。

 それでは、もう少ししたら成田に向かいます。これからの1週間はニューヨーク滞在時の恒例、「食事ブログ」になります。行く店も同じならな、食べるものも同じですけどね。このブログ、自分の記録用ですからそうなっちゃうんです。
by jazz_ogawa | 2011-04-29 10:45 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_9325030.jpg
 おとといは代官山の「レザール」でチャリティ・イヴェントの2回目を無事に終えることができました。あっと驚くゲストが何人も来てくれて、とにかく大盛況。お越しいただいた方、そして趣旨に賛同して出演していただいたミュージシャンの皆様に心からお礼を申し上げます。

e0021965_93392.jpg
 12日の「パート1」と併せて、この模様は5月15日の「Jazz Conversation」で紹介できればと思っています。とりあえず募金箱は「レザール」で封印し、これはニューヨークから戻って落ち着いたら(まだ募金が増える予定なので)関係者立会いのもと開封します。募金に心よく協力していただいたみなさん、本当にありがとうございました。言葉に出ないほどうれしい気持ちでいっぱいです。

「国が何をしてくれるかではなく、わたしたちが国に何ができるか」

 こう言ったのはケネディだと思いますが、ぼくたちも国に期待するだけでなく、自分でできることを身近な範囲でやっていくことが大切だと思います。それが結果として、日本という国への貢献に繋がるのではないでしょうか。

e0021965_9332117.jpg
 チャリティ・イヴェントは山本剛さんと香川裕史さんに常連のハウス・ドラマー須藤さんのトリオでスタート。

e0021965_9333564.jpg
 5曲目から、ぼくの呼びかけに快く応じてくれたテナー・サックスの岡淳(まこと)さんが参加。20年以上前に主催していた「Now's The Time Workshop」以来の知り合いです。

e0021965_9334696.jpg
 これで休憩と考えていたんですが、大好きなピアニストの大口純一郎さんがいらしてくださったので、ここで2曲ほどベースの香川さんとデュエットを

e0021965_934347.jpg
 声をかけておいたTOKUさんも駆けつけてくれ、その後は再びヤマちゃんを中心にしたクインテットで演奏再開。

e0021965_9341370.jpg
 さらには、オーナーである和恵さんの誘いで菅野邦彦さんまで登場。店に入ったとたん、そのままヤマちゃんのところに行き、持参の特性ピアニカ(?)で演奏に加わってくれました。

e0021965_9342592.jpg
 こうなれば菅野さんのピアノを聴かないわけにいきません。2曲目は全員のリクエストで「ミスティ」を。

「こういうのが一番難しいんだよなぁ」といいながら、極上のタッチで弾き始め、やがてインテンポで菅野さんならではの演奏になりました。終盤はヤマちゃんと交代。

 順番はよく覚えていませんが、菅野さんから見たら若手の岡さんとTOKUさんも交えて「バグス・グルーヴ」も演奏してくれました。

 そのあとはまたヤマちゃん中心のクインテットで1曲やってもらい、それで終わりにしようと思ったのですが、TOKUさんの「これで終わっちゃうの?」のひとことで、さらに1曲。

 ここでひとまずチャリティ・ライヴは終了。しかしこれで帰るようなミュージシャンたちじゃありません。

e0021965_9344071.jpg
「おれ、弾いちゃおうかな」とつぶやきながらピアノに向かったのは菅野さん。その後はヤマちゃんのピアノで菅野さんが「ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ」と「ルート66」を歌い、ピアニカを弾き、とご機嫌でした。あとは、菅野さん、ヤマちゃん、大口さんのほか、居合わせた常連のアマチュア・ピアニスト(全員が玄人はだし)が交代で演奏。

e0021965_9345229.jpg
 こうやって「レザール」の夜は更けていきました。ジャズで気持ちがひとつになり、チャリティも大成功(と勝手に思っています)。みなさんの熱い気持ちが少しでも被災されたかたのお役に立てばと念じつつ、翌日の朝が早いので、心残りではありましたが、途中で帰途に。

 この企画を全面的に支持してくれて、心からの対応とたっぷりのチャリティをしてくれた「レザール」の和恵さんをはじめ、フォトグラファーの内山繁さんなど、今回も大勢の方の温かい心に触れられ、ジャズを通じての絆を誇らしく思い、心が熱くなりました。みなさん、本当にありがとうございました。
by jazz_ogawa | 2011-04-27 09:38 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(7)
e0021965_11235341.jpg
 ひとつはおとといの「ONGAKUゼミナール」@駒場東大前。

 雨にもかかわらず、そして何人かのキャンセルがあったにもかかわらず、急遽参加の方もいらして、ほぼ満員となりました。ありがとうございます。

e0021965_112489.jpg
 今回のテーマは久々のジャズで、先月発売した単行本にちなみ、「60年代を代表するピアノ・トリオ作品を聴く」。総じて1960年代はジャズの黄金時代だったと思います。選曲をしながら、しみじみそう実感しました。それで選んだのはこの13曲。

1.モーニン/ボビー・ティモンズ
2.アイ・ウォント・トゥ・ビー・ラヴド/ホレス・パーラン
3.オン・ステージ/ウイントン・ケリー
4.アイ・アム・イン・ラヴ/レス・マッキャン
5.マイ・ロマンス/ビル・エヴァンス
6.ブルース・イン・ザ・クローゼット/ウォルター・ビショップ・ジュニア
7.キャラヴァン/デューク・エリントン
8.テーマ・フォー・アーニー/マッコイ・タイナー
9.酒とバラの日々/オスカー・ピーターソン
10.ソルフェジオ ハ短調/オイゲン・キケロ
11.シンス・アイ・フェル・フォー・ユー/ラムゼイ・ルイス
12.マトリックス/チック・コリア
13.マイ・バック・ペイジズ/キース・ジャレット

e0021965_11242193.jpg
 これらをいつものように、その場で思いついた話を交えて紹介しました。ということで、取り留めのない話の羅列で2時間と少しをお付き合いいただいたんですが、楽しんでいただけたのなら嬉しいです。

 駒場東大前の「ONゼミ」は6月にも開催します。日にちは未定ですが、開始時間は以後、1時間早めて19時からとすることになりましたので、いままでより参加しやすいかもしれません。なにとぞよろしくお願いします。

 あと、5月21日には銀座のバー「le sept」での「ONゼミ」もあります。そちらはこのようになっています。興味のある方はぜひご参加ください。

e0021965_11243540.jpg
05.21. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第19回「こんなときこそ聴いてみたいジャズ」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/9061/

 そしてもうひとつ。

 昨日は「Jazz Conversation」初の試みとして、まるまる2時間を生放送でやってみました。お聴きいただけたでしょうか? 怖いので、感想は聞きたくありません(でも、ほめ言葉なら大歓迎です)。

e0021965_1124513.jpg
 今回は、1曲丸ごとかけることを原則としたので、これまでのように時間に追われることはありません。でも、やっぱり混乱します。生放送なので失敗は許されない。そういう緊張感がありました。

e0021965_1125392.jpg
 事前から、そして放送中にもいろいろとリクエストがいただけて、こういう番組をやらせてもらっている身としてはとても嬉しかったです。時間の制約と曲の持ち合わせの関係で、リクエストにお応えできなかったリスナーの皆さんには申し訳ありませんでした。

e0021965_11251897.jpg
 しかし終わってみると、緊張感が心地のよい充足感に変わりました。何よりいいのは、2時間の拘束で終わってしまうこと(ちょっとは準備もしましたけど)。結果は大切ですが、終わってしまえばどうしようもできないですし、そこはそこ、潔く忘れてしまいましょう(ぼく以外の関係者はそうもいきませんが、スイマセン)。

e0021965_11253011.jpg
 それで、今晩は代官山の「レザール」でチャリティ・イヴェント。被災された方に義援金をと思っているかたは、お財布をいっぱいにしてかけつけてください。募金箱が大きな口をあけて待っています。

 これが終わるとひと息ついて、29日からニューヨークに行ってきます。向こうでは日本のことがどう思われているのか、とても気になります。
by jazz_ogawa | 2011-04-25 11:29 | Inter-FM | Trackback | Comments(10)
e0021965_9521937.jpg
 どうなるかは終わってのお楽しみ。と言っても、とにかく18時になれば終わっちゃうので、どうなってもあとの祭りです。だんだん図々しくなってきて、生放送でも本来の性格である「どうでもいいや」の気分になっています。おとといの「WHISKY LOVES CLUB JAZZ」もその気分でやっていましたし。

 おとといよりは気分的に楽です。人前で話すわけじゃないですから。今日は、「やりたいようにやればいいや」と思っています。つまり、いつもと同じ。生放送でも収録でも、気持ちに違いはありません。

 ただ、「慣れ」は怖いです。地震にしても津波にしてもそうです。反省を込めて言えば、最近は少し慣れてきました。こういうときにがつんと来ると被害甚大になります。

 人間のいいところは「忘れる」能力があること。それと「適応力」。これは素晴らしい能力ですが、常に「初心忘れるべからず」の気持ちも一方で持っていたほうがいいですね。

 だから募金も個人的なレベルですが、ずっとやっていきます。明日は「レザール」でチャリティ・イヴェントをやります。こういうことも継続していかないと。「忘れ」ちゃいけません。

e0021965_9523189.jpg
 話を戻しますと、今日の「Jazz Conversation」は初の試みとして2時間全部が「生放送」。時間になれば「はい、おしまい」。言い換えるなら「はい、それまでよ」。ですから「あとは野となれ山となれ」の気持ちで居直らないと、収録後に落ち込むかもしれません。

e0021965_9524967.jpg
 2時間のうち1時間半は「リクエスト大会」です。放送中にもメールやファクスでリクエストを寄せていただけると、ぼくも盛り上がれます。リクエストがこなければ、ぼくの好きな曲をかけるだけですけど。

 メール(jazz@interfm.jp)かFAX(03-3474-1761)でよろしく、です。

 それで構成はこうなります。

Jazz Conversation #068(2011.4.24.放送)
①【16:00:生放送 リクエスト大会】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第68回:ソニー・スティットを迎えて)】
③【17:00:生放送 リクエスト大会(1時間)】

e0021965_95355.jpg
 リクエストはぼくのiPodに入っている曲しかかけられません。みなさんの思いとぼくの好みが一致し、なおかつ演奏時間的にも適度なもの、そういう曲がかかることになっています。

 2万曲くらいは入っていますから、ある程度のリクエストには応えられると思います。でもかなり有名なものが落ちていることもありますので、そのあたりがどうなるか、ですね。

 お時間のある方はいまからでも構いません、メール(jazz@interfm.jp)もしくはFAX(03-3474-1761)でリクエストをお寄せください。
by jazz_ogawa | 2011-04-24 09:54 | Inter-FM | Trackback | Comments(4)
e0021965_11171218.jpg
 急遽決まったInter FMの仕事だったんですが、けっこう楽しめました。

e0021965_11172881.jpg
 昨日の「渋谷WWW」でのクオシモードによるライヴ。

e0021965_11174412.jpg
 その事前告知番組という形で7時から、会場のロビーで1時間の生放送をやってきました。

e0021965_1118220.jpg
 アシスタントはモデルで女優でもある福田明子さん。どんな内容の放送になるのか、その場に行くまでわからなかったんですが、ぶっつけ本番のほうが気持ちは楽ですね。

e0021965_1118138.jpg
 段取りが事前に決まっていると、それまでの間に「ああだ、こうだ」と考えてしまうので、そういうことをしない分、楽です。生放送ですから、始まってしまえば、あとは時間になればおしまい。これ、ぼくに合っています。

e0021965_11182417.jpg
 ぼくのモットーは「お気楽」「いい加減」ですから、やってしまえば、あとは忘れるだけ。番組が終わって、ペリエを飲みながら観たクオシモードのライヴ。一仕事を終えたあとの充足感に浸りながら、いい気分で週末の夜が過ごせました。

e0021965_11183668.jpg
 お酒が飲めるなら、スポンサー提供の「響」か「ザ・マッカラン」で乾杯といきたいところです。スタッフはそうしていたみたいですが。とりあえず、関係者のみなさん、お疲れさまでした。

 このライヴ、5月1日の「Jazz Conversation」で一部をOn Airします。お楽しみに。

 それで、今日は駒場東大前の「ONGAKUゼミナール」。暇をもてあましている方は、まだ席に余裕がありますので、ぜひ!
by jazz_ogawa | 2011-04-23 11:19 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_9444149.jpg
 っていう表現が正しいかどうかわかりませんが、ぼくにしてはちょっと忙しい4日間になりそうです。

【その1:金曜日は19時から1時間の生放送】
e0021965_945369.jpg
 すでに告知しているとおり、22日(金)の19時~20時、「WHISKY LOVES CLUB JAZZ」という公開生放送の特番に出演します。

 そして、リスナーの皆様に素敵なプレゼントがあります。サントリーウイスキー 響 & ペリエのギフトセットと、quasimodeのサイン入りスタイルブックを、セットで10名様にプレゼント。

 twitterもしくはメールで、WHISKYとCLUB JAZZにまつわるつぶやきやメッセージとともにご応募ください。

twitter → #interfm をつけてつぶやいてください。
or
MAIL → whisky@interfm.jp

 当選者は特番の最後に発表します。何度送っていただいても構いませんので、どんどんご応募ください。

4/22 Fri. 19:00-20:00 On Air
DJs:小川隆夫、福田明子
渋谷WWWで行なわれる「quasimode Magic Ensemble Tour 2011」ライヴ開演前に、会場から1時間生中継!
特設サイトはこちらです。http://www.interfm.co.jp/whiskylovesclubjazz/

【その2:土曜日は「ONGAKUゼミナール」】
e0021965_9451615.jpg
 こちらは駒場東大前で2ヶ月に一度やっている「ONゼミ」です。 

04.23. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第10回:60年代を代表するピアノ・トリオ作品を聴く」)@駒場東大前Orchard Bar 20:00~22:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから


【その3:日曜の「Jazz Conversation」は2時間全部生放送】
e0021965_9452829.jpg
 番組全体を生放送で行なうのは今回が初めてです。金曜日も生放送をやりますから、その勢いでいければいいですけど。

 それで、番組やこのブログでも告知しましたが、この日はリクエスト大会です。前回の「チン」はなしで、1曲まるまる最後までかけることを原則にしようと思っています。なので、長い曲は厳しいです。

 なにかメッセージを添えて
メール(jazz@interfm.jp)
もしくは
FAX(03-3474-1761)でリクエストをお願いします。


【その4:月曜は「Jazz Conversation presents JAZZ AID」】
e0021965_9454182.jpg
 12日に続いて代官山のジャズ・バー「レザール」で「JAZZ AID」のパート2を開催します。こちらは東日本大震災に被災された方に義援金を送ろうというチャリティ・イヴェントです。居ても立ってもいられないひとは、お小遣いを持って会場に集合、です。

04.25. Jazz Conversation presents JAZZ AID 2011(Part 2)
出演:山本剛、香川裕史 他
会費:5000円(フリー・ドリンク)
会場:代官山「レザール(LEZARD)」 東京都渋谷区猿楽町2-5 2F 03-3496-1374
開場:19:00 開演:20:00

 以上、いろいろありますが、参加できる範囲でよろしく!
by jazz_ogawa | 2011-04-20 09:48 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_9311440.jpg
 4月23日(土)の「ONゼミ」は紹介済みですが、5月21日(土)に銀座の「le sept」で開く「ONゼミ」の告知はこれが初めてになります。本日から予約を開始させていただきます。

e0021965_9313179.jpg
 まずは簡単に4月23日の「ONゼミ」(@駒場東大前「Orchard Bar」)を紹介しておきます。こちらは、この間、発刊した拙著『ピアノ・トリオ決定盤 ベスト100』との連動企画で、この本で触れたアルバムから1960年代の作品を選び、みなさんと一緒に聴こうと思っています。まだあんまり予約が入っていないようなので、お時間のある方はぜひいらしてください。

04.23. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第10回:60年代を代表するピアノ・トリオ作品を聴く」)@駒場東大前Orchard Bar 20:00~22:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから

e0021965_9314374.jpg
 そして、5月は銀座にある「le sept」での「ONGAKUゼミナール」。今回は「こんなときこそ聴いてみたいジャズ」と題し、前半を「心やすらぐジャズ」、後半を「元気が出るジャズ」でいきたいと思います。

 このころの日本がどうなっているかわかりませんが、あんまり落ち込んでばかりもいられません。元気な人は元気でいないと復興の妨げにもなるでしょう。ぼくたちがこれまで以上に活発に動かないと、日本はだめになってしまいます。というわけで、この日はみなさんとジャズを聴きながら明日の英気を養いたいと思います。

05.21. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第19回「こんなときこそ聴いてみたいジャズ」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはhttp://kokucheese.com/event/index/9061/

 なお、今後イヴェントで得たギャラはすべてチャリティにまわしますが、参加されるみなさんはお気遣いなく。主催者からいただくお金は、帰りにコンビニにでも寄って募金箱に入れてきます。
by jazz_ogawa | 2011-04-18 09:34 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(3)
e0021965_991497.jpg
 不安の種は尽きませんが、ようやく暖かい日が続くようになって、それはそれでありがたいことと思っています。寒いと気持ちも落ち込みますから。

 しかし音楽の力ってすごい。先日の「JAZZ AID 2011」では改めてそのことを実感しました。いまの日本は、みんなで力を合わせていかなければ次に進めません。力の合わせ方はさまざまでしょうが、互いにいたわり、やさしくすることで、明日の日本が見えてくるんじゃないでしょうか。そんなことを思いつつ、明日も「Jazz Conversation」は午後4時から始まります。

 冒頭の特集は「モダン・ジャズの夜明け イン・ジャパン」。

e0021965_993667.jpg
 これは小学校の恩師とのやりとりから生まれたアイディアです。ぼくの先生は演歌を熱心に研究されています。そこで、日本の古い歌謡曲のジャズ・ヴァージョンをコピーしてあげようと思い、CDをいろいろ取り出しているうちに、この企画を思い立ちました。戦後のジャズ、つまりビバップのはしりみたいな演奏を、ここではお聴きいただきます。先生も聴いてくれると嬉しいなぁ。

「Meet The Star」のコーナーはクオシモードからリーダーの平戸裕介さんと松岡″matzz″高廣さんがゲスト。

e0021965_994993.jpg
 1月に新作『magic ensemble』を出した彼らは、22日(金)と23日(土)に「渋谷W.W.W.」で発売記念ライヴを行ないます。というか、現在全国ツアーの真っ最中。そのことや、ちょっとわけありなんですが、ウィスキー談義などをしながら新作を聴いていただく30分。

e0021965_910355.jpg
 なお、Inter FMでは22日のライヴを、21時から1時間実況放送します。ぼくも何らかの形で登場するみたいです。

 ということで、明日の放送はこんな内容です。このあと【重要なお知らせ】が書いてありますから、それも読んでね。

Jazz Conversation #067(2011.4.17.放送)
①【16:00:モダン・ジャズの夜明け イン・ジャパン】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第67回:理想のメンバーを求めて)】
③【17:00:Meet The Star(第58回:quasimode)】
④【17:30:レーベル特集(第16回:エマーシー)】


【24日は生放送! リクエスト大会】
e0021965_910181.jpg
 24日の「Jazz Conversation」は、初の試みとして2時間まるまる生放送でやってみようと思います。内容は「リクエスト大会」。「マイルス・デイヴィスの真実」以外のコーナーはすべてみなさんのリクエストで構成します。

 リクエストはメール(jazz@interfm.jp)とFAX(03-3474-1761)で募集中。放送中にもリクエストをどしどしお寄せください。メッセージつきがいいですね。今回はこれまでと違って完奏を原則とします。ただしあんまり長い曲は不採用になる確率大ですから、ご注意を。それでは奮ってリクエストしてください。待っています。

【チャリティ・イヴェント】
e0021965_9103458.jpg
04.25. Jazz Conversation presents JAZZ AID 2011(Part 2)
    出演:山本剛、香川裕史 他
会費:5000円(フリー・ドリンク)
会場:代官山「レザール(LEZARD)」 東京都渋谷区猿楽町2-5 2F 03-3496-1374
開場:19:00 開演:20:00

04.23. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第10回:60年代を代表するピアノ・トリオ作品を聴く」)@駒場東大前Orchard Bar 20:00~22:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから
by jazz_ogawa | 2011-04-16 09:20 | Inter-FM | Trackback | Comments(2)
e0021965_101946.jpg
 本当にみなさんありがとうございました。

e0021965_1012648.jpg
 東日本大震災支援イヴェント「Jazz Conversation presents JAZZ AID 2011 パート1」@代官山「レザール」にお集まりいただいたみなさん、本当にありがとうございました。そして快く出演してくださったtrio'の市原靖さん、福田重男さん、森泰人さん、ゲスト参加してくださった中村善郎さんと大徳俊幸さんには、多くのお客様との気持ちをひとつにする演奏をしていただき、大感謝です。

 とにかく今回はジャズ・ファンとして何かお役に立てないものか? そうして考えたのがこのイヴェントです。Inter FMで「Jazz Conversation」という番組をやらせていただいていることも、気持ちの後押しになりました。

e0021965_1013691.jpg
 イヴェントを一緒に企画してくれ、さらには企画スタートの時点から募金活動をしてくれた「レザール」のオーナー、前岡和恵さんの熱い思いにも感動しました。須藤さん、島田さん、安本さん、内山さん、ゴメスさんなど、名前をあげたらきりがないんですが、とにかくいろいろな方のお力とお知恵を拝借し、昨日の「パート1」をなんとか無事に終えることができました。この場を借りてお礼を申し上げます。

e0021965_102658.jpg
 この模様は、5月に入ったら「Jazz Conversation」の中でドキュメンタリーという形にして放送したいと考えています。また義援金についての報告も番組とブログの中で行なうつもりです。

e0021965_1021834.jpg
 演奏はtrio'でスタート。

e0021965_1023074.jpg
 3曲やったところで、中村さんが参加。その後はtrio'が2曲を演奏してファースト・セットが終了。

e0021965_1024282.jpg
 後半は中村さんのソロから。

e0021965_1041280.jpg
 続いて中村さんと大徳さんのデュオで「イパネマの娘」が。

e0021965_1042583.jpg
 そのまま大徳さんのソロ、そこに市原さんと森さんを加えたトリオ。

e0021965_1043836.jpg
 続いて福田さんにピアノが戻ってtrio'が演奏。最後は「上を向いて歩こう」のジャズ・ヴァージョンとなり、参加者全員が自然発生的に歌い、気持ちがひとつになったところでセカンド・セットも無事終了しました。

e0021965_1044967.jpg
 そのあとはアフターアワーズということで、出演ミュージシャンと常連たちとのセッションがずっと続きました。ジャズで気持ちが繋がり、その気持ちがひとつの形となって、少しでも災害に遭われた方のお役に立てるのならこんなに嬉しいことはありません。お集まりいただいた方々のあたたかいお気持ちに感謝します。

 なお、「パート2」は山本剛さんたちを迎えて25日の月曜に開催します。そちらもぜひよろしく!
by jazz_ogawa | 2011-04-13 10:10 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム