小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
e0021965_235479.jpg
 第1回の「ONGAKUゼミナール」@「駒場Orchard Bar」の開催が2005年2月19日でしたので、丸6年が経過し、7年目に突入したことになります。感慨深いものがあります。昨日そしてこれまで、お忙しい中、足を運んでくださったみなさん、どうもありがとうございました。

e0021965_2352387.jpg
 それで、2009年から始めた「60年代音楽シリーズ」も9回目。今回は大好きなストーンズ特集をやらせてもらいました。

 実は2006年2月18日の「ONゼミ」もストーンズ特集で、今回はそのリニューアル編。というか、あのときはうまくできたイメージが自分の中にあるんで、もう一度「60年代音楽シリーズ」の中できちんとやっておこうと考えました。

e0021965_235367.jpg
 前回は来日記念ということでしたが、今回は彼らの足跡をたどりつつ、ひごろから思っていることを好きに話させてもらいました。曲目も前回とほぼ同じ。でもあのときは何を話したかまったく覚えていないので、あんまり重なる話はしていないと思います。

【Song list】
1.カム・オン
2.アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン(by The Rolling Stones & The Beatles)
3.ノット・フェイド・アウェイ
4.テル・ミー
5.イッツ・オール・オーヴァー・ナウ
6.タイム・イズ・オン・マイ・サイド
7.サティスファクション
8.ゲット・オフ・オブ・マイ・クラウド
9.アズ・ティアーズ・ゴー・バイ
10.ペイント・イット・ブラック
11.レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー
12.ルビー・チューズデイ
13.ジャンピング・ジャック・フラッシュ
14.ストリート・ファイティング・マン
15.シンパシー・フォー・ザ・デヴィル
16.ホンキー・トンク・ウーマン

e0021965_2355144.jpg
 ぼくの中では怒涛のラインアップですね。やっぱりストーンズは凄い! そのことを実感しながらの「ONGAKUゼミナール」でした。でもひとりよがりの話で、その素晴らしさが皆さんに伝わったかどうか?

 っていうか、ぼくが「凄い」って言わなくても、ストーンズの凄さは先刻ご承知ですよね。「お前の話がなければもっとよかった」って? いやぁ、そうなると「ONGAKUゼミナール」じゃなくなっちゃうんで、そこはご勘弁を(エッヘッヘ)。

e0021965_236835.jpg
 それで、次回の「ONゼミ」@駒場は4月に開催予定。テーマは決まっています。3月10日に発売される「ピアノ・トリオ決定盤ベスト100」にちなんで、「60年代を代表するピアノ・トリオ」特集でいきましょう。駒場では久々のジャズ特集になります。懲りずにまた来てくださいね。

 ここで、今後の「ONゼミ」の予定も少々。

e0021965_2362692.jpg
 次の土曜日、3月5日は銀座にあるバー「le sept」で作曲家の佐藤礼央さんと「よもやま話~映画編 Part 3」をやります。

03.05. 『小川隆夫x佐藤礼央 よもやま話~映画編 Part3』@Bar le sept銀座 18:00~20:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・問い合わせはお店まで。(03-5537-2388)

e0021965_2364441.jpg
 それから3月には初めての試みとして、北鎌倉でも19日(土)に「ONゼミ」をやります。16時から2時間くらい、眺めのいい部屋で午後から夕方にかけて、お茶でも飲みながらジャズとボサノヴァの魅力について楽しむ予定です。

03.19. 『土曜の午後はボサノヴァで~ジャズとボサノヴァを楽しむ~』
オフィストヨダ@北鎌倉
16:00~18:00PM 会費3000円(w/1 drink)
 問い合わせ・ご予約はこちらhttp://flowermiki.exblog.jp/まで。
もしくはコチラから



 というわけで、皆様、なにとぞよろしく、です。

【本日のおまけ】
e0021965_23742.jpg
 午前11時ごろ、札の辻の状況です。明日の整形外科外来は混みそうだぁ!
by jazz_ogawa | 2011-02-27 23:43 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(18)
e0021965_9553330.jpg
 ぼくはオーディオ・マニアではありませんが、でも、やっぱり音楽はいい音で聴きたい派です。

 オーディオに凝り始めたらきりがありません。それこそ、行き着くところはオーディオ・ルームの建設になってしまうでしょう。凝り性のぼくですから、それで懲りたりして。なんて駄洒落はぼくに似合いません(なんのこっちゃ???)

 でも、「いい音で聴きたい派」です。素晴らしい音で聴けば人生が変わることだってあるでしょう。これまでに何度かそんなオーディオにも出会いました。でも、所詮ぼくには高嶺の花。見果てぬ夢としておきましょう。

e0021965_9554652.jpg
 そんな思いをいつも抱いているので、次回の「Jazz Conversation」では高音質のCDを用意し、5時台の1時間で特集を組むことにしました。題して「SHM-CD+SACDで聴くジャズの名演」。

 過去に、番組ではSHM-CD+SACD形式の作品を何度かかけています。ですから、通常のCDより音質が格段に向上しているのは体験済みです。それをスタジオでまた味わいたい。そう考え、この特集を組んでみました。

 これまで、この方式のCDはユニバーサルの独壇場でした。しかしオーディオ・マニアの間で話題になったのでしょう。今月はワーナーからも5タイトルが登場しました。

e0021965_956055.jpg
 ということで、前半はユニバーサル系、後半はワーナーから出たアトランティックの5作品を紹介したいと思います。とくにワーナーの5タイトルは、「音承盤」を使います。これ、市販のディスクがプレスされる前に、音質をチェックするために作られたテスト盤です。市販のディスクと音が違うかどうかはわかりませんが、とにかくジェネレーションの若いディスクがあるならそれを優先したい。ぼくのこだわりです。

 ただし、FMの電波はデジタルで飛びませんから、スタジオで聴ける音が忠実にラジオやPCから再生されるわけではありません。それでも、出所が大切。そう考え、ディレクターもリミッターを外してオンエアしようと考えています。

 ディレクターいわく、「お化粧を2枚くらいはがした感じ」だそうです。スッピンに近い音っていうことなんでしょう。果たして、いつもよりいい音で後半の1時間が楽しめるかどうか? 

e0021965_9561631.jpg
 それで27日のラインアップはこんな内容になります。日曜の16時はぜひInter FMにチューニングを合わせてください。

Jazz Conversation #061(2011.2.27.放送)
①【16:00:今月の新譜】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第61回:ロバート・ヘリッジ・シアター・ショウ)】
③【17:00:SHM-CD+SACDで聴くジャズの名演(1時間)】
by jazz_ogawa | 2011-02-25 09:58 | Inter-FM | Trackback | Comments(6)
e0021965_9335875.jpg
 ビッグ・バンドのバディ・リッチです。大物アーティストのひとりではありますが、普段はあんまり紹介されない不遇のスターとでもいいましょうか。15分の番組ですから、細かい紹介はできませんが、それでも彼にスポットライトを当てることができてよかったです。

e0021965_934168.jpg
 数えて7回目の「学べるジャズ」。今回も「ブルーノート東京」で収録させてもらいました。味気のないスタジオでの収録より、断然雰囲気がいいです(と思うんですけど)。

e0021965_9343245.jpg
 この番組はケーブルTVの音楽専門チャンネル、ミュージック・エアで放送されます。詳細は以下のとおりです。

e0021965_934466.jpg
02.23. 「学べるジャズ 第7回:バディ・リッチ」(ミュージック・エア 21:45~22:00)
 ケーブルTVで毎月第4水曜日に放送。再放送は2月27日の10:45から。
http://www.musicair.co.jp/timet/index.php?rm=detail&id=128184
by jazz_ogawa | 2011-02-22 09:35 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_145487.jpg
 以前このブログで紹介しましたが、スポーツ・カーのジャガーから取材を受けました。昨年のことです。これは紙媒体ではなく、iPadおよびiPhoneで閲覧できる同社の広報紙(紙ではないですよね、こういうのは何と呼べばいいんでしょう。広報メディアかな?)用の取材です。

e0021965_1458792.jpg
 昨年末にアップされる予定と聞いていたのですが、遅れに遅れて2月9日にアップされたみたいです。ご覧になりたい方は、iTunes Storeで「Jaguar75 FR」と検索してください。するとiPad用とiPhone用、両方のアプリが出てきます。あとはそのアイコンをクリックすれば、無料でDLできます。

e0021965_14581853.jpg
 こういう取材を受けると、電子書籍の時代になったんだなぁと実感します。でも、アナログ派のぼくとしてはやっぱり印刷されたもののほうがいいですね。だって切り抜きとかができないじゃないですか。資料としてファイルすることもできないし。

e0021965_14583013.jpg
 雑誌の記事や広告なら、そこだけ切り取っておくことができるけど、電子メディアになったらできないでしょ。これって、けっこう不便です。チラシなんかだったらポケットに入れて、お店でそれを出せば済むのにね。

 でも、時代の流れには逆らいません。もうすぐぼくの著書も電子書籍で出ることですし。ただ、いまは過渡期ですから、しばらくしないといろいろな点で落ち着いてこないでしょう。
by jazz_ogawa | 2011-02-21 11:14 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_9451282.jpg
 先日発表されたグラミー賞では日本人が大活躍。それと、わが「Jazz Conversation」でインタヴューしたアーティストも何人か受賞しました。めでたいことです。

e0021965_945326.jpg
 とくにエスペランサの「新人賞」はビッグ・タイトルですからお見事。ジャズ系アーティストで新人賞を取ったひとなんて、過去にひとりもいないんじゃないでしょうか。彼女が昨年発表した『チェンバー・ミュージック・ソサエティ』のライナーノーツを書いたのはぼくですし、発売直後にインタヴューもさせてもらったので、なんだか感慨深いものがあります。

e0021965_9454761.jpg
 あとはラリー・カールトン&タック松本が『テイク・ユア・ピック』で「ベスト・ポップ・インストルメンタル・アルバム賞」を受賞。これも素晴らしい出来事です。

 おふたりにインタヴューができたのも、業界的にいわせてもらうならかなりの快挙です。「Jazz conversation」もたいしたもんだ! なお、このインタヴューの一部はポッドキャストで配信中です。このページの左側にある「Jazz Conversation Potcasting」のバナーをクリックすればOK。

e0021965_946026.jpg
 そしてスタンリー・クラーク・バンドが「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞」を受賞。彼へのインタヴューもしっかりやらさせてもらいました。

 偶然とはいえ、こうやって振り返ってみると、やっぱりひとつひとつの積み重ねって重要だなぁと思います。見方を変えるなら、「Jazz Conversation」には素晴らしいアーティストが協力してくれているってことです。これはアーティストだけでなく、関係各位のみなさんのお陰でもあります。ありがとうございました。

 ただし、いい気になってはいけません。これからも地道な努力を重ねていかねば。というわけで、明日もいつものように「Jazz Conversation」が放送されます。

e0021965_9461669.jpg
Jazz Conversation #060(2011.2.20.放送)
①【16:00:マイ・フェイヴァリットLPs】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第60回:1959年の動き)】
③【17:00:Meet The Star(第53回:平賀マリカ)】
④【17:30:アーティスト特集(第14回:ベニー・グッドマン)】

e0021965_946318.jpg
 巻頭特集では、ぼくのコレクションから何枚かLPを見繕って聴いてみたいと思います。アナログ番長のディレクターはこの日のためにモノラル用とステレオ用のレコード針を用意してくれました。

 こういうこだわり、大好きです。そして「Jazz Conversation」はさまざまなところでこの手のこだわりを大切にしてきましたし、これかも大切にしていきます。ひとりよがり(いや、ふたりよがりですか?)の満足かもしれませんが、これがぼくたちの音楽に対する誠実な思いと良心の表れと思っていただけたら嬉しいです。

e0021965_9464541.jpg
 それで、今週のゲストは平賀マリカさん。

e0021965_9465966.jpg
 16日に発売された『モナ・リサ~トリビュート・トゥ・ナット・キング・コール』を携え、天王洲のスタジオに来てくれました。平賀さんとは久しぶりですが、楽しい会話ができたと思います。

 それでは明日の16時、Inter FMでお会いしましょう。
by jazz_ogawa | 2011-02-19 09:52 | Inter-FM | Trackback | Comments(5)
e0021965_11421782.jpg
 クリント・イーストウッドの息子さんで、ベース奏者です。最近ではお父さんの映画音楽も担当するようになりました。

 アコースティックとエレクトリック・ベースを使い分けてのオリジナルは、どれもいい感じです。4月に新作が出るそうで、そこからも数曲を聴かせてくれました。あと、『硫黄島からの手紙』のメイン・テーマも。

 彼の場合、エレクトリック・ベースが向いているかもしれません。アコースティック・ベースだけでも十分に聴かせるのですが、エレクトリック・ベースのほうが合っているように思いました。

e0021965_11423344.jpg
 サックス(グレアム・ブレヴィンス)とトランペット(グレアム・フラワーズ)をフロントに迎えたクインテットの演奏はまとまりがあって、その上でひとりひとりのプレイもなかなかのものでした。キーボードとピアノを弾いたアンドリュー・マコーマックもよかったです。ちなみにドラマーはマーティン・ケイン。

e0021965_11424893.jpg
 ステージを観る前にインタヴューをさせてもらいました。お父さんのことも聞いています。最初は映画監督になりたかったカイルですが、そちらは断念してミュージシャンに。それでいまは映画音楽も担当しているのですから、結果としてよかったんじゃないでしょうか。この模様はそのうち「Jazz Conversation」で。

 懐かしいひとにも会いました。長いことチック・コリアのマネージャーをやっていたロン・モスです。いまはカイル他のマネジャーだそうです。しばし近況を報告し合い、ラジオのことも話して盛り上がりました。4月に出るカイルの新作も、放送に間に合うよう送ってくれるそうです。
by jazz_ogawa | 2011-02-17 11:43 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
e0021965_1754127.jpg
 東京でも雪が立て続けに降っていますが、雨にも負けず雪にも負けず、建国記念日の11日にこの映画を観てきました。

e0021965_17541911.jpg
 午前中は雪が降っていなかったので有楽町までウォーキング。お昼を食べたころから降ってきたんですが、そのまま映画館に。これはロビーの写真ですが、かなりの混雑です。映画館で映画を観るのは、雪の日の午後の正しい過ごし方ということでしょうか。

 予想通り、内容はいまいちでした。でも、それなりに楽しめたかな。貧乏性なので、家に一日中いることができません。そういうわけで、映画館はなにもすることがないときは、格好の場所になります。

 考えてみたら、朝起きてから夜寝るまで、食事と病気のとき以外で一歩も外に出なかった日って、大学に入って以来ほとんどありません。ニューヨークではだらだらしているので、そういう日もあるとは思いますが。でも東京では本業もありますから、基本的にウィークデイは外に出ますし、休日もかならず一度はどこかに行っています。

 こういう生活を40年以上続けていると、家に落ち着いているほうが不思議な気分になります。原稿もスタバなんかで書いていたほうがはかどりますし、本も家ではほとんど読みません。最近は映画もiPhoneやiPadで観れますから、ますます家にいる時間が少なくなってきました。寝に帰るだけです。

e0021965_17544010.jpg
 映画の話から脱線しましたが、この映画に出てくる主人公はリタイアしたひとたちです。なにせ題名の『RED』とはRetired Extremely Dangerousですから。それで、ぼくはいつリタイアするんでしょう? 定年がないので、自分で決めるか、仕事が来なくなったところで終わりか。となれば、まだしばらくはずるずるとこのまま行くんでしょう。

 元気で、その上に仕事があるっていうのは、一番の幸福かもしれません。そのためにも、さらに体調には気をつけなくては。
by jazz_ogawa | 2011-02-16 17:59 | 映画&DVD | Trackback | Comments(10)
e0021965_0201547.jpg
 今日はヴァレンタイン・デーですが、それとはまったく関係ないことで主催者からお達しがありました。「集まりが悪いのでもう一度ブログで告知してください」とのこと。寒いですし、ぼくのイヴェントですし、集まりが悪いのは仕方ないんですけどね。

 駒場東大前の「Orchard Bar」では、しばらく前から「60年代音楽」を自分なりにまとめてみたくて、音楽のジャンルに関係なく好きなテーマでやらせてもらっています。それで第9回目となる26日(土)はローリング・ストーンズ特集。

e0021965_020284.jpg
 ストーンズの60年代といえば、コンサートをやるたびに暴動が起こっていたような感じで、かなり荒々しかったみたいです。時代の空気もあったんでしょう。そういうことを話しながら、彼らの音楽を紐解いていこうと思います。

 席はたくさん残っていますので、興味ある方はぜひ!

02.26. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第9回:ローリング・ストーンズ」)@駒場東大前Orchard Bar 20:00~22:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
予約・お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから

e0021965_0204293.jpg
 それから翌週の3月5日(土)には銀座のバー「le sept」で、若手作曲家の佐藤礼央さんとの「よもやま話」。今回で3回目になります。こちらはお互いに好きな映画を持ち寄り、それを魚に何か話す趣向です。今回はどんな映画を選びましょうか?

03.05. 『小川隆夫x佐藤礼央 よもやま話~映画編 Part3』@Bar le sept銀座 18:00~20:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・問い合わせはお店まで。(03-5537-2388)

 というわけで、皆様、なにとぞよろしく、です。
by jazz_ogawa | 2011-02-14 00:26 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(11)
e0021965_1165621.jpg
 明日の放送では、7日の月曜日に「Step Corporation 日本橋ショールーム」で収録した【トリビュート・トゥ・ニカ男爵夫人】が冒頭の30分を飾ります。

e0021965_1171857.jpg
 二カ男爵夫人については番組で話をしましたが、ぼくはトミー・フラナガンに紹介され、一度だけ彼女に会ったことがあります。1987年のお正月、ニューヨークの18丁目にあった「ジョアンナ」という大きなジャズ・クラブでのこと。

e0021965_1173613.jpg
 そのいきさつや彼女から聞いたエピソードは『愛しのジャズメン』に書きました。とにかくお元気で、いろいろなミュージシャンとの思い出話をしてくれました。彼女は翌年この世を去ってしまったため、このときが最初で最後の出会いになってしまいましたが。

 それはともかく、明日のラインアップです。

Jazz Conversation #059(2011.2.13.放送)
①【16:00:トリビュート・トゥ・ニカ男爵夫人】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第59回:『カインド・オブ・ブルー』セカンド・セッション)】
③【17:00:Meet The Star(第52回:ハクエイ・キム)】
④【17:30:楽器別特集(第14回:クラリネット編)】

e0021965_1175387.jpg
【マイルス・デイヴィスの真実】は1959年4月22日に行なわれたセカンド・セッションの様子を紹介する予定です。

e0021965_118936.jpg
 そして【Meet The Star】では、先月『トライソニーク』でメジャー・デビューしたピアニストのハクエイ・キムさんが登場。

e0021965_1182197.jpg
 実家がお医者さんなので医学部に入ることを期待されていたようですが、ミュージシャンになってしまったとか。ぼくはミュージシャンになりそこないましたから、羨ましい限りです。

e0021965_1183332.jpg
 でも、そんなこんなでかなり意気投合しました。ルックスもいいですけど、ハートも熱い好青年でした。もちろん演奏もご機嫌。目下超売れっ子のピアニストです。

e0021965_1184638.jpg
 もともとはプログレ・ロック少年だったというので、次回はそちらで盛り上がりましょう。

e0021965_1185939.jpg
 サイン入りのポスター・プレゼントもあります。サイズはB2なのでかなり大きいです。ご希望の方は番組までメールを。

e0021965_1191325.jpg
 そして最後は【楽器別特集:クラリネット編】です。日米のトップ・クラリネット奏者の演奏を聴いていただく予定です。

 それでは13日の日曜日(どうしても13日の金曜日といいたくなってしまいますが)、いつものInter FMで16時にお会いしましょう。
by jazz_ogawa | 2011-02-12 01:21 | Inter-FM | Trackback | Comments(10)
e0021965_100161.jpg
 こういうセッションも実現してしまうところが、日本のジャズ・シーンのすごいところです。ふたりに聴いたら、ライブで競演するのはこのツアーが初めてとか。これまで飛び入りで競演したこともなかったそうです。

e0021965_1002331.jpg
 きっかけは、昨年リー・リトナーが発表した『6ストリング・セオリー』。そこでこのふたり+布袋寅泰の3ギター・バトルが実現したんですね。取り上げたのはジェフ・ベックでお馴染みの「フリーウェイ・ジャム」。これ、たしか『ライヴ・ワイアー』の1曲目じゃなかったかしら。

e0021965_1004022.jpg
 一昨日観たステージのオープニングもこの曲から。なにせこのグループ、「ザ・フリーウェイ・バンド」を名乗っています。その曲をレコーディングしたリズム・セクションが今回は一緒です。つまり、リトナーのグループにマイク・スターンが加わった形のライヴになりました。

 ステージでも、リトナーはマイクのことを「スペシャル・ゲスト」と紹介していました。でも、最初から最後までふたりは丁々発止とやり合います。ほんと、面白かった。プレイの息もぴったりだし、パーソナリティ的にも意気投合していたようです。漫才とまではいきませんが、ライヴ後にやらせてもらったインタヴューでも仲のよさが伝わってきました。

 そのときの話ですが、リトナーがマイクに、「布袋さんが明日(昨日のことです)か明後日(今日のことです)、来るかもしれない」といっていました。「ギターも持ってくるんじゃないかな?」ともいってました。なので、「ブルーノート」で3人の競演が実現した(する)かもしれません。

 リトナーは、マイクに布袋さんの奥さんのことも「美人でシンガーでアクトレス」と説明し、それを聞いたマイクは「奥さんも来るかな」と目を輝かせていました。驚いたのは、リトナーが正確に「今井美樹」と名前を発音していたことです。さすが、日本の芸能界通(?)。

 そういえば、ずいぶん以前、リトナーとあるタレントさんとの実に面白い話があるんですが、これだけは『愛しのジャズメン』にも書けません。心の中にとどめておきます。

e0021965_100563.jpg
 前回のインタヴューで、リトナーの出発点はベンチャーズであることを知りました。そこで、今回はマイクに聞いたら、やっぱりベンチャーズだったそうです。ぼくも同じ。ぼくらの世代は日米を問わず、ベンチャーズだったんですね。「ウォーク・ドント・ラン」なんかを一生懸命にコピーしていたといってました。

 この模様は、そのうち「Jazz Conversation」で紹介できると思います。それにしても布袋さんが飛び入りするんだったら、そのステージも観たかったです。
by jazz_ogawa | 2011-02-10 10:04 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(10)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム