小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
e0021965_1050540.jpg
 土曜日は銀座のバー「le sept」にお集まりいただいたみなさん、本当にありがとうございました。時間はかなり延長しましたが、予定していた全部の曲を聴くことができました。

e0021965_10502140.jpg
 トランペット特集なので、どうしてもマイルスの呪縛から離れることができず、結局いつものような内容の話が続いたかと思います。うんざりの方もいらしたでしょう。でも、マイルスがいなければいまのジャズはなかった、と考えることでお許しください。

 それで、早速ですが次回の「ONGAKUゼミナール」の宣伝を。

e0021965_10503620.jpg
 すでに、このブログで告知済ですが、次回は2月26日に駒場東大前にある「Orchard Bar」で、「60年代音楽シリーズ」の第9回目を行ないます。今回のテーマはローリング・ストーンズ。波乱の60年代を彼らがどう乗り切り、スーパースターの座を築いたか。そのあたりを、音とともに楽しめればいいなと思っています。

 興味のある方はぜひおいでください。

02.26. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第9回:ローリング・ストーンズ」)@駒場東大前Orchard Bar 20:00~22:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
予約・お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから

e0021965_10505030.jpg
 なお、土曜日の「ONGAKUゼミナール」(テーマはジャズ・トランペットあれこれ)では次のような曲を聴きました。

1.ラウンド・アバウト・ミッドナイト/マイルス・デイヴィス~『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』(Sony)
2. モックス・ニックス/アート・ファーマー~『モダン・アート』(UA)
3. マイ・アイディアル/ケニー・ドーハム~『静かなるケニー』(New Jazz)
4. ソルト・ピーナッツ/ディジー・ガレスピー~『グルーヴィン・ハイ』(Savoy)
5. 煙が目にしみる/クリフォード・ブラウン~『ウィズ・ストリングス』(EmArcy)
6. キャンディ/リー・モーガン~『キャンディ』(Blue Note)
7. エイメン/ドナルド・バード~『フュエゴ』(Blue Note)
8. カーニヴァルの朝/フレディ・ハバード~『ボディ・アンド・ソウル』(Impulse)
9. アローン・アローン&アローン/日野皓正~『アローン・アローン&アローン』(Takt)
10. ゼア・ウィル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー/チェット・ベイカー~『チェット・ベイカー・シングス』(Pacific Jazz)
11. セント・ルイス・ブルース/ルイ・アームストロング~~『プレイズ W.C. ハンディ』(Sony)
12. 枯葉/ウイントン・マルサリス~『スタンダード・タイム Vol.1』(Sony)
13. ナッシング・シリアス/ロイ・ハーグローヴ~『ナッシング・シリアス』(Verve)
by jazz_ogawa | 2011-01-31 10:51 | ONGAKUゼミナール | Trackback(2) | Comments(7)
e0021965_1028048.jpg
 明日はいつものとおり、16時から2時間、Inter FMで「Jazz Conversation」が放送されます。その前に【緊急告知】をひとつ。

e0021965_10282071.jpg
【緊急告知】
 来る2月7日(月)、午後1時から、先ごろオープンした「Step Corporation日本橋ショールーム」において、番組の公開収録を行ないます。
 内容は、13日放送の最初のコーナーです。そのときに近くにいる方はぜひお立ち寄りください(たぶんいないと思うけど・苦笑)。
住所:東京都中央区日本橋本町1-4-9共同ビル1階 03-3274-3303

 といっても、ショウルームで番組の一部を収録するというだけの話です。ですから、通りすがりのひとが「何やってんだろう」とショウ・ウィンドウ越しに覗いてくれればいいかな、といった感じですね。

 それから【お知らせ】も。

【お知らせ】
 1月26日からKDDIの携帯電話でもこの番組が聴けるようになりました。いまのところ無料です。携帯電話のRadiko版みたいなものかしら?

 KDDI株式会社が事業展開するインターネット環境下でFMラジオが聴ける「IPサイマル配信サービス(LISMO番組配信サービス)」にInter FMも参加したということです。

 5月までは体験無料キャンペーンが予定されていて、その後はFM全局パック(全国民放FM51局が参加予定)が月額300円、単局契約が同100円、とのことです(すべて現時点では未確定みたいですが)。

 もう携帯でも聴けているみたいなので、どなたかKDDIと契約している方は、試しにちゃんと聴けるかどうか教えて頂けるとありがたいです。

 これで、「Jazz Conversation」も一部のひとに限られますが、全国で聴けるようになりました。Radikoも関東全域で聴けますから、少しずつ聴取可能範囲が広がってきたことになります。

 それで、最後は明日の「Jazz Conversation」です。

 ラインアップはこんな感じ。

e0021965_10284355.jpg
Jazz Conversation #057(2011.1.30.放送)
①【16:00:今月の新譜】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第57回:ビル・エヴァンスの退団と『カインド・オブ・ブルー』序章)】
③【17:00:Meet The Star(第50回:木村充揮)】
④【17:30:外国人アーティストによるライヴ・イン・ジャパン】

e0021965_10285538.jpg
 今週の「Meet The Star」は、現在無期限活動休止中の憂歌団のヴォーカル、木村充揮(あつき)さんがゲストです。たまにはブルース・シンガーもいいかな? ということと、2月5日から公開される映画『毎日かあさん』の主題歌が彼の歌う「ケ・サラ」で、これが実にいい味だったこともあり、ご出演願いました。

e0021965_102971.jpg
 ブルースもジャズと関係が深いわけですし、たまには木村さんのような方のお話を聞くのも楽しいんじゃないでしょうか。放送には音が間に合わないんですが、木村さんは3月と4月に続けてジャズ・アルバムの『ナット・キング・コール編』と『ビリー・ホリデイ編』を出すそうです。こちらもいまから楽しみです。

 今日は夕方から銀座で「ONGAKUゼミナール」。直前キャンセルの穴は果たして埋まっているか?
by jazz_ogawa | 2011-01-29 10:33 | Inter-FM | Trackback | Comments(13)
e0021965_1025339.jpg
 昨日行ってきたのですが、とても面白い聴きものでした。メンバーはジョーイ・バロンとロン・カーター。「このふたりにロン・カーター? どうして?」と思い、来日が決まったときから楽しみにしていました。

 いたずらっ子のふたり(フリゼールとバロン)が校長先生(カーター)にちょっかいを出すような感じ、とでもいえばいいでしょうか。ふたりしてカーターのほうを見ながら、「こんなことやったら、どう反応してくれるかな?」みたいな雰囲気で演奏が進んでいきます。

 ところが、カーター先生はそんなことにわれ関せず。まったくいつものペースというか、何を仕掛けてこようがマイ・ペース。でも、実はしっかりとふたりのプレイを聴いていて、知らんぷりを装いながら、素晴らしいサポートをします。そんなときのフリゼールとバロンの嬉しそうな顔。観ているこちらも、思わず微笑んでしまいました。

 フリゼールのプレイを聴くのは久々です。ジャズのカントリーやフォークの要素を掛け合わせたスタイルは好みです。ぼくは「エコ奏法」と名づけているんですが、音数が少なく、音量も小さめ。こんなギタリストはやっぱりフリゼールだけでしょう。

 このトリオはまるで室内楽のように、落ち着いた響きの中で繊細な音楽を聴かせてくれました。最初に「いたずらっ子」と書きましたが、実際のフリゼールは学者タイプの風情で、見かけから言えばこちらも「校長先生」のようです。枯れてますし、ますます「エコ奏法」に磨きがかかってきました。

 昨日はフリゼール、そして今日は「ブルーノート」でアール・クルー。ギター好きには堪らん週末です。
by jazz_ogawa | 2011-01-28 10:06 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
e0021965_9155884.jpg
 昨日は日韓戦で熱くなりました。今回のアジア・カップはうまい具合で、ほかのスケジュールとかち合わなかったため、日本が出場する試合は全部見れてます。土曜の決勝戦もキックオフが夜中なので、「ONGAKUゼミナール」終了後に余裕で間に合います。

「ONゼミ」といえば、キャンセルが2名出ています。すでに何人かのキャンセルが出て、ウェイティングの方でそこは埋めたようですが、昨日また空席が二つ出たというメールが主催者から届きました。

 こういうイヴェント、キャンセルはつきものですが、ぼくの場合は席数に比してキャンセル率が高いんです。それぞれに事情があるのは仕方ないですが、こういう話を聞くと「またか」とガックリ。

 最初から少し多めに予約を受けたほうがいいのでは? なんて思うのですが、どうなんでしょう? 過去において、ぼくが知る限りでキャンセルがゼロの「ONゼミ」はありませんでしたから、ここ、検討してもいいのでは、です。

e0021965_916966.jpg
 それはそれとして、今日はケーブルTVのミュージック・エアで6回目の「学べるジャズ」がオンエアされます。月に1度の放映なので今日がその日ということをさっきまで忘れていました。ほとんどご覧になった方はいないと思いますが、もしこのチャンネルと契約している方がいたら、そして時間と興味がおありなら、21時45分にチャンネルを合わせてもらえると嬉しいです。

01.26. 「学べるジャズ 第6回:クインシー・ジョーンズ」(ミュージック・エア 21:45~22:00)
 ケーブルTVで毎月第4水曜日に放送。再放送は1月30日の10:45から。
http://www.musicair.co.jp/timet/index.php?rm=detail&id=127171

e0021965_9162554.jpg
「ONゼミ」も、「いってもいい」という方がいらしたら主催者に連絡してみてください。まだ席はあると思います。

01.29. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第18回「トランペットあれこれ」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはコチラから
by jazz_ogawa | 2011-01-26 09:19 | Works | Trackback | Comments(2)
e0021965_10355156.jpg
 話題の映画なので土曜日に観てきました。面白かったです。友人が、以前機内上映で観て、「あまりの早口で何をいっているのかまったくわからなかった」といっていましたが、まさにそのとおり。とくにガール・フレンドとの最初のシーンはまったくチンプンカンプン。

 それにしても頭のいいひとはいるもんだ、と感心する一方、こういうヴァーチャルみたいな起業で考えられないほどの大金が手に入るいまの世の中はどうなんだろう? など、いろいろ考えてしまいました。

 基本的にアナログ人間のぼくとしては、「額に汗することでその対価をもらう」という考えしかありません。そりゃぁ、たまにはアイディアを出すだけていくばくかの報酬を得ることもあります。しかし、それはあくまで「いくばくか」の金額です。

 濡れ手でアワといったものやギャンブルが好きじゃないので、この手のマネーゲームに興味はありません。しかしこういうものがビジネスになる世の中であることは理解しています。こういうことを四六時中考えているひとがたくさんいるんだろうなぁ、とも思いますし。

 それはそれとして、映画は面白かったです。これって、数年前の話ですが、改めてびっくりするのは世の中の進み具合です。ぼくが子供のころの10年分くらいの様変わりが、いまでは1年くらいで起こっているんじゃないでしょうか? なるほど、「時間が経つのが早い」と感じるわけです。これもコンピューターの発達と普及のせいでしょう。

 その功罪は別として、コンピューターがなければ世の中、動きません。でも、それってちょっと怖いですよね。いや、凄く怖いですよね。世界中の機能が一瞬にしてマヒしてしまうことに、常に直面しているんじゃないでしょうか? そういう事態に対する対策がどこまでできているのか、たぶんほとんどできてないでしょうね。とても危うい世界にぼくたちは住んでいるんじゃないでしょうか?

 この映画を観ていて、そんなことを思ってしまいました。それと、やっぱり真面目に働くのが一番、とも。あとは、主演のジェシー・アイゼンバーグが、その風貌からとぼけた雰囲気まで嵐の二宮和也君に似ていることかな。どうでもいいことですけど。
by jazz_ogawa | 2011-01-24 10:42 | 映画&DVD | Trackback | Comments(12)
e0021965_9484533.jpg
 23日放送の「Jazz Conversation」のことですが、「Meet The Star」のゲスト、ピアニストの佐山雅弘さんからプレゼントをいただきました。

 27日(木)に「東京文化会館小ホール」で開かれる佐山雅弘のニュートリオ“Vintage”によるコンサートのご招待です。

 太っ腹の佐山さん。残席わずからしいのですが、番組お聴きの、そしてこのブログをご覧の5組10名様をご招待してくれるそうです。

 来週の木曜日がコンサート当日なので、時間があまりありません。締め切りは今度の月曜日、24日の19時、午後7時です。応募方法は番組までメールにて。アドレスはjazz@interfm.jpです。発表はチケットの発送を持って代えさせていただきます。

e0021965_948573.jpg
佐山雅弘のニュートリオ“Vintage”が本格始動!
佐山雅弘トリオ Vintage 東京文化会館小ホールにてライブ決定!
2011年1月27日(木)開場18:30 開演19:00
佐山雅弘が極上のトリオを結成。佐山雅弘(ピアノ)、井上陽介(ベース)、大坂昌彦(ドラムス)によるトリオ。ジャズ・スタンダードの数々をいまに引き継ぎ、そしてこれからも伝えようと、トリオ名を“Vintage”に。12月には同名のアルバム「Vintage」をリリース。

 以上は、佐山さんのHPに掲載されていた文章です。

e0021965_9491175.jpg
 次回の「Jazz Conversation」でも、佐山さんと一緒にこの新作『Vintage』を楽しみます。ジャズの王道を行く極上のピアノ・トリオ作品ですから、ライヴもきっと素敵なものになるでしょう。

 でも、コンサートもよろしくですけど、「Jazz Conversation」も時間のある方は聞いてくださいね。日曜の午後4時はInter FMの「Jazz Conversation」を!

e0021965_9492320.jpg
Jazz Conversation #056(2011.1.23.放送)
①【16:00:ジャズによるポップス・カヴァー集】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第56回:ジャズ・アット・ザ・プラザ)】
③【17:00:Meet The Star(第49回:佐山雅弘)】
④【17:30:アーティスト特集(第13回:渡辺貞夫)】
by jazz_ogawa | 2011-01-21 09:51 | Inter-FM | Trackback | Comments(10)
e0021965_9381454.jpg
 数日前ですが、時間があったので、歩いていける距離の映画館で観てきました。考えてみたら、六本木のこの映画館は最近行ってなかったです。というか、このところ観たい映画があまりなかったということもありますけど。

 デンゼル・ワシントンは好きな役者さんのひとりなので、彼が出る映画はなるべく観るようにしています。あの笑顔がいいですよね。優しそうで。この映画の彼もいい感じでした。

 ただし内容は実際にあった貨物列車暴走事故をモデルにしているだけあって、最初から最後までハラハラ・ドキドキの連続。結末はわかっていても、危機一髪の出来事がテンコ盛りの作品でした。

 この映画、数年前に観た、やはりデンゼル・ワシントン主演の『サブウェイ123 激突』を思い出させてくれました。あのときはニューヨークの地下鉄が大変なことになりましたが、なんとなくそれと雰囲気が似ています。

e0021965_9382692.jpg
 どちらも、事件解決には無関係の主人公が鉄道の事件に巻き込まれ、たまたまそこにいたため、解決に奔走する話です。監督も同じ。そのトニー・スコットとデンゼル・ワシントンのコンビは相性がいいみたいで、このほかにも何本か一緒に作っています。

『サブウェイ123 激突』を観たときは地下鉄に乗るのが怖くなりましたが、今回はアムトラックに乗るのが怖いなぁ、と。めったに乗らないですけど。

 ちょっとした気の緩みから、映画のようにとんでもない事故は起こります。これは肝に銘じておかないと。
by jazz_ogawa | 2011-01-18 09:39 | 映画&DVD | Trackback | Comments(6)
e0021965_1001114.jpg
 ちょっと気を抜くと、いつ放送されるか忘れてしまうことがあります。覚えていたって、恥ずかしいから聴くわけじゃないですけど。それでも、その時間はなんとなく落ち着かない気分です。

 2年目に入ったので、少しは細かいこともやろうかという気分になってきました。それで、巻頭ではフランスと、地域限定でピアニスト特集を組んでみました。

 とはいっても30分のコーナーですから、実際はほとんど細かいことなどできません。まあ、ここは気持ちが大事ということで。

 それで、明日のラインアップはこんな感じになります。

e0021965_10026100.jpg
Jazz Conversation #055(2011.1.16.放送)
①【16:00:フランス人ピアニストを聴く】
②【16:30:マイルス・デイヴィスの真実(第55回:ポーギーとベス~その2)】
③【17:00:Meet The Star(第48回:ジャック・ルーシェ)】
【寺久保エレナ・テレフォン・インタヴュー】
④【17:30:レーベル特集(第13回:デッカ)】

e0021965_1004149.jpg
 マイルス・デイヴィスの真実では悩んでいることがあります。だんだん1曲の演奏時間が長くなってきたため、それをフルで聴くかどうするかっていうことです。

 まだ、今回の『ポーギーとベス』は短い演奏が中心なのでOKですが、おそらく次回紹介することになる『アット・ザ・プラザ』はどの演奏も10分前後。2曲かけたら、ほとんど話すことができなくなってしまいます。

 まあ、フェイドアウトと完奏を混ぜながらやるしかないですけれど、ぼくとしてはなるべく最後まで聴きたい。それが本音です。ですから、今後はいままで以上に牛歩戦術でいくことになるかもしれません。みなさんも覚悟しておいてください。

e0021965_1005698.jpg
 この番組でも何度か触れた高校生アルト・サックス奏者、寺久保エレナさんのインタヴューは、彼女が住んでいる札幌の実家に電話をかけて行ないます。実は彼女、今晩は東京の「アルフィー」に出ているはずです。

e0021965_1032742.jpg
 レーベル特集はデッカです。三大メジャー・レーベルのひとつですから、カタログはヴァラエティ豊富。ブランズウィックやコーラルといった傍系レーベルもありますから、それらの中から聴きたいものを選ぶことにします。

 というわけで、明日の午後4時はInter FM「Jazz Conversation」。

 ところでRadikoは聴取可能地域が増え、群馬、栃木、茨城でも聴けるそうです。そちらの地域の方もよろしく。
by jazz_ogawa | 2011-01-15 10:08 | Inter-FM | Trackback(1) | Comments(12)
e0021965_179207.jpg
 今年もなんとか毎月「ONゼミ」を開催したく、関係者ががんばってくれています。ぼくはその上にあぐらをかいているだけなので申し訳ない気分でいっぱい。せめてこのブログで宣伝しなくては。

 というわけで、現在決まっている予定を掲載しておきます。すべて、予約可能です←これが今日の一番大切な点です。

e0021965_1793411.jpg
 まずは1月。銀座の「bar le sept」で29日の土曜日に開催します。すでに予約が入っていますが、まだ少し席に空きがあるそうです。テーマは「トランペットあれこれ」

 と書いたら、主催者から「もう満席」との報告がありました。でもきっとキャンセルもありますから。

01.29. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第18回「トランペットあれこれ」) @Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・お問い合わせはコチラから

e0021965_1794592.jpg
 2月は26日(土)に駒場東大前の「Orchard Bar」でシリーズ「60年代音楽」の第9回目。昨年はビートルズをやったので、今年はスートンズから始めましょう。

02.26. Talk Event『小川隆夫ONGAKUゼミナール~60年代音楽』(第9回:ローリング・ストーンズ」)@駒場東大前Orchard Bar 20:00~22:00 チャージ2000 円(w/1 drink)
予約・お問い合わせ:「Orchard Bar」 080-3463-1807
http://blog.livedoor.jp/nobby2jack/archives/cat_50015795.html)、もしくはコチラから

e0021965_1795935.jpg
 そして3月は、昨年2回開催した作曲家佐藤礼央さんとの「よもやま話」。今回はどうなるか。まだなんにも考えていませんけど、これはこれで不思議なムードで面白いです。

03.05. 『小川隆夫x佐藤礼央 よもやま話~映画編 Part3』@Bar le sept銀座 18:00~20:00PM 会費3000円(w/1 drink)
予約・問い合わせはお店まで。(03-5537-2388)

 以上、3月までの予定でした。興味のある方は、予約お願いします。
by jazz_ogawa | 2011-01-12 17:11 | ONGAKUゼミナール | Trackback | Comments(12)
e0021965_855720.jpg
 土曜日は銀座で本業の集まりがあったあと、ちょっと足を伸ばして阿佐ヶ谷まで行ってきました。駅前のビルにある「クラヴィーア」というジャズ・バー。初めて行ったんですが、シンプルな内装で、雰囲気、よかったです。

 ボサノヴァの中村善郎さんが、若手フルート奏者の坂上領さんと共演するというライヴ。このコンビに興味があったので、寄らせてもらいました。

 最近の中村さんはさまざまな楽器の方とデュオでライヴをやることが多いみたいです。ただし、どんな楽器、どんなアーティストとやっても中村さんは中村さん。飄々とした風情で独特の中村節を聴かせてくれます。土曜の夜もそうでした。

 この日のライヴは、坂上さんが一応リーダーなのかしら? 彼が基本的にMCをしながらステージは進んでいきます。マニアックな曲もあれば、お馴染みのボサノヴァ・ナンバーもありで、ヴァラエティに富んだ内容でした。途中では、坂上さんの音楽仲間であるピアニストとヴァイオリン奏者も参加。楽しく、賑やかなセッションが聴けました。

e0021965_8551929.jpg
 ところで、中村さんも映画監督の林海象さんと面識があるとのこと。それなら「バー探偵」で中村さんのライヴも聴いてみたい。あの店の雰囲気は中村さんのボサノヴァにもぴったりだと思います。いつか、ぼくのイヴェントとジョイントができたら、なんていうお話もおとといはしました。

e0021965_8553151.jpg
 中村さんのギターと歌を聴いていると、まだ行ったことのないイパネマやコルコヴァードの丘に思いが飛びます。いつか行ってみたいですよね。それで、街角の名もないバールで地元のひとが歌うボサノヴァやギターが聴けたら最高です。雰囲気抜群でしょうね。でも、治安が悪いからそんなことは夢物語で終わってしまうのかな?
by jazz_ogawa | 2011-01-10 08:56 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム