小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
続けて書かせていただきま..
by めいこ at 21:33
お久しぶりです。 ブロ..
by めいこ at 21:25
名古屋の正ちゃん、今年の..
by jazz_ogawa at 23:41
素晴らしいクリスマスプレ..
by 名古屋の正ちゃん at 15:48
. Double Fa..
by jazz_ogawa at 00:50
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-05-05 Kenny Garrett@Birdland
 驚きました。まるで何かが憑依したかのようにケニー・ギャレットが吹きまくってくれたからです。ここまでやるとは思いませんでした。1曲目はオリジナルのブルースでしたが、10分以上にわたってものすごい勢いでサックスを吹き続けました。コルトレーンのフリー・ジャズよりアグレッシヴな感じでした。『アセンション』より過激なプレイを、ケニーが体を前後にゆすりながら吹きまくる姿を想像してみてください。
e0021965_2194560.jpg 圧倒的なスピード感と、かたときもフレーズをストップさせない集中力。前回は3年くらい前に聴いたと思いますが、あのときはこんな風ではありませんでした。いつからこうなったのか、それとも今回が特別なのか。一心不乱に吹きまくるケニーの姿に驚ろかされると同時に、年を重ねるにつれてアグレッシヴになってきたことにいい意味で凄いなぁと思いました。
 コルトレーンのことを考えていたら、2曲目が「ジャイアント・ステップス」だったんで、ひとりでにやりとしました。これまた凄い勢いで吹きまくります。この間、ケニーはずっと横向きかうしろ向きかで、ステージが始まってから一度も前を向きません。結局最後の演奏まで客席に顔を向けず、常にメンバーに視線を向けていました。

 ワン・ホーンのカルテット編成でしたが、メンバーもよかったです。とくにドラマーが若いのにばねがあって、柔軟かつ強力なドラミングで、ケニーもやっていて気持ちよさそうでした。
 3曲目は、ピアノとのデュエットで「赤とんぼ~アリラン~翼をください~とうりゃんせ」のメドレーでした。それぞれテーマを数回ずつ吹くだけでソロは一切ありません。最初の2曲が超の字が3つも4つもつくほど過激だったので、ソプラノ・サックスに持ち替えて美しいメロディを美しい音色で聴かせてもらえて、これはこれでとても心地がよいものでした。
 ニューヨークのジャズ・クラブで聴く日本と韓国のメロディ。ぼくは悪くないと思います。ケニーがライヴで必ず日本の曲を吹くのは、こよなく日本の文化を愛しているからです。何しろ、自腹を切って東京にある日本語学校に何度か来ているほどなんですから。

 4曲目は、一転してファンク調の曲になりました。ケニーのアルト・サックスはシンセサイザーと繋がっていて、フット・ペダルで音が変調するようになっています。ただし、これはまだ小手先でやっている感じで、形になるにはもう少し時間が必要でしょう。途中でそのシンセサーザーも弾きましたが、ピアノのバックでコードを弾く程度で終わりました。マイルスのような使いかたをするのかな? と思っていたんですが、これは考え過ぎだったようです。
 これでステージは終り、最後のところでメンバー紹介をしたんですが、マイクのヴォリュームが低くて聞き取れません。メンバーの名前が知りたいところです。

 ケニーとは留学時代に知り合いましたから、25年くらいのつき合いになります。15年くらい前にぼくがプロデュースしたレコーディングにも参加してもらいましたし、一時は彼のリーダー作も作る予定で何度か打ち合わせをしたこともありました。これは結局実現しませんでしたが。
 ライヴが終わったところで楽屋を訊ねてみました。いつもなら日本語で話しかけてくるケニーですが、挨拶だけであとは英語です。最近は日本語を話していないようで、忘れてしまったとのことでした。以前ならほとんどが日本語で、難しい話になるときだけ英語に切り替えていた彼です。ちょっともったいない気がしました。
e0021965_2192373.jpg 気になっていたメンバーの名前は、ケニーが紙に書いてくれました(右の写真)。ピアノがBenito Gonzalez、ベースがKris Funn、そしてドラムスがJameri Williamsです。
 聞けば、新作のレコーディングも終わっていて、夏にノンサッチから出るそうです。ボビー・ハッチャーソンやマルグリュー・ミラーが参加しているとのことですから、今回のようなアグレッシヴな演奏ではないかもしれません。それでも、いまから発売がおおいに楽しみです。

e0021965_2174223.jpg 前日(3日)の夜は雨が降ってちょっと寒かったんですが、昨日は朝から暑いくらいで、夜になったらちょうどいい感じになりました。そこで行きも帰りも「バードランド」まで歩いて行きました。
 左の写真は、帰りに42丁目で写したものです。携帯で撮ったため写りは悪いですが、ビルとビルの間ににいい感じでクライスラー・ビルが見えます。左側の低い建物はグランド・セントラルです。
 春のニューヨーク。この時期がぼくは好きですね。
by jazz_ogawa | 2006-05-05 21:13 | NY Mapができるまで | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/3368741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuriko at 2006-05-06 10:44 x
さっそくのレポートすごいです!!臨場感があって、なんかワクワクしちゃいました♪赤とんぼ~メドレーって、これも又なんか素敵です♪携帯でもグラセンの前の光がとっても素敵に写ってます。ありがとうございました。
Commented by forcek at 2006-05-06 10:53 x
小川さんケニー・ギャレットとはそんなに古い間柄だったんですねーマイルスのとこにいる時からですか、しかし彼が日本語学校に通ったことがあるなんてちょっと驚きです(笑)今日は久しぶりに彼のPursuance: The Music of John Coltrane を聴きたくなりました(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-05-06 12:20
yurikoさん、携帯だと夜や暗いところの写真はうまく撮れないことが多いんですが、これはよく撮れたほうだと思います。
Commented by jazz_ogawa at 2006-05-06 12:22
forcekさん、ケニーはマイルス・バンドの中でもとくに親しくしてもらっているひとりです。それにしても、昨日のケニーは本当に凄かったです。あんなケニーは初めて観ました。
<< 2006-05-06 『マンハ... 2006-05-04 本日のお買い物 >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム