THE NOVEMBERS L to R
小林祐介 Vocal & Guitar
吉木諒祐 Drums
高松浩史 Bass
ケンゴマツモト Guitar
3rd EP
『GIFT』

2012/11/7発売
UKDZ-0135、¥1,890(tax in)
DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT inc.,

〈収録曲〉
01. Moiré
02. Harem
03. Reunion with Marr
04. ウトムヌカラ
05. Slogan
06. GIFT

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
naze syokubutsu zukan Ka
グーテン突然意識の波にさらわれて気付いたら打ち上げられた砂浜でワインのデキャンタを抱えながら筑前煮を食べながらダンディズムについて討論していたダンディな奴は討論をしないって結論に至った俺は穏やかじゃないしクズだがハートはあるよ夢もまだビールを買うだけの小銭も残っている今日は晴れていて一人ぼっちで最高な気分なんだ本当にイヤーフォンからはブッチャーズ一人ぼっちで胸がちぎれそうなんだ本当に

ケンゴ
by novembers | 2011-02-26 14:45 | ケンゴマツモト
世界が平和になるといいね
尻は、シリにしてもしりにしてもなんとなく間が抜けているというか、面白いなぁと思ったのが2日前。
それ以来、「尻」という文字が頭の中に鎮座していて、なんとなく気持ちが晴れない。
尻という文字が頭の中で、がしゃんがしゃんと音を立てて積み上げられていく。
尻も積もれば山となる。とはこのことか。
他にも、支離滅裂は、頭の中で勝手に、尻滅裂。と変換されてしまい、とても大変なことだなぁ。と思ったり、シリアスな感じ。というセリフを聞いたときに、尻アス。なるほど。と思ってしまった。
そんな僕は毎日が充実しているし、とても健康でハッピー。

■■■

今日は暖かな一日でしたね。
あれ?もしかして、ドッキリ?と思うくらい暖かかった。
もしかしたら、皆さんの中には、おほほ。今日はとても暖かかったし、明日のコーディネイトは全裸にトレンチコートと行きますか。みたいに思っている人がいるかも知れないが、それは止めておいた方が良い。

何故なら、明日は寒いからである。
四半世紀生きた経験上、この時期に暖かい日があっても、すぐに寒くなる。
だから、まぁ、服装は個人の好みであるから強くは言えないけれど、裸にトレンチコートは風邪を引くと思います。
皆さんも体調を崩さないようにご自愛ください。

■■■

好きな食べ物は何ですか?と聞かれたときに「食パンの耳」と真っ先に答える人がいたら、好きになってしまうかも知れないな。と、ふと思った。
因みに僕はじゃがいもが好きだ。
好きだ。じゃがいもが。

■■■

曲が沢山出来てきた。
次のライブが楽しみ!

では、良い夢を見れるといいですね。

高松
by novembers | 2011-02-25 20:23 | 高松浩史
竹馬に乗って
やはり、前回のあれは長かったな。
でも後悔はしていない。

■■■

日本には、古来より代々伝わる「節分」というヤバイ行事があるが、皆さんは楽しんだだろうか。
鬼は外。福は内。と絶叫しながら大豆をぶちまける。
鬼のお面を被った父親が、ひゃぁぁあ。みたいな感じで、逃げ惑う。
逃げている途中でタンスの角に足の小指をぶつけ、福は内。と絶叫する。
近所の犬が吠える。
猫が欠伸をする。
猿が尻を掻く。
心行くまで大豆をぶちまけた後、歳の数だけ大豆を貪る。
母親は歳をサバ読む。
おじいさんが喉を詰まらせる。

まぁ、ざっとこのような行事であるが、僕は今年はやっていない。
ブログを書くことに夢中だったから。

■■■

代々伝わっている、といえばスカートめくりかな。
小学生というものは不思議なもので、どこで教わったのか、女の子のスカートをめくりたがる。
僕が小学生の時は、スカートめくりは、まぁあるにはあったが、「モロだし」と読んでいた行為の方が流行っていた。
小学生はハーフパンツ、体操着の短パンの着用率が多く、大体がウエストの部分がぐんぐんしたゴムで支えられていて、下向きの力に弱い。
その性質を利用して、後ろからターゲットにそっと忍びより、モロだし!という掛け声とともにハーフパンツの両端を掴み、下げる。
まぁ簡単に説明するとこうなのだけれど、説明しているうちに、くだらないな。と思って、気持ちがなんだかクサクサしてしまって、今日はブログの更新は止めておこうかな。みたいな気持ちになってしまった。
それくらいくだらないのだけれど、一体何が面白いのか、やった方はうひゃひゃひゃ。ひゃーひゃー。と過呼吸になって保健室に運ばれる程笑っていたし、やられた方はまんざらでもない。みたいな顔でこらー。と怒っていた。

あとは、膝かっくんも流行ったなぁ。
これは皆さん御存知だと思うので、説明は割愛させて頂く。
モロだしは低学年の時、膝かっくんは高学年の時かな。
膝かっくんは、相手の膝ががくがくぐにゃぐにゃして、未だに楽しい。
つい先日も、笑いすぎて過呼吸になり、病院へ運ばれた程だ。
まぁ冗談だけど。

精神が小学生だということだろうか。

■■■

先日、小林くんとボウリングへ行った。
かなり久しぶりだったとは言え、全くうだつの上がらない結果に愕然とした。
やはり、一朝一夕では上手くいかない。
定期的に行かないと駄目だな…。

■■■

では、よい夢を見れるといいですね。

高松
by novembers | 2011-02-10 01:49 | 高松浩史
自分の家で溺れるなんて
食器などを洗っているうちに、いつの間にか台所の床が水浸しになっていてびっくりした。
暫く頭が真っ白になって、死ぬんじゃないかと思った。なぜか。
でも僕は大丈夫。
とりあえず床を拭き、原因を探ることにした。
探していると、台所の隣に洗濯機が置いてあるのだが、洗濯機の排水と台所の排水が合流するような仕組みになっているらしく、どちらかが詰まっていて、台所で水を大量に使用すると、洗濯機の排水口から水が溢れてしまうらしい。
それはちょっと生活に支障があるし、困ったちゃんである。
なので不動産管理会社にテル。修理業者に来てもらうことにした。

やってきたのは中々高齢なおじさんで、カエルが、もうダメだ!みたいな感じでごろんと仰向けに寝転がり、その上に赤いぎざぎざの吹き出しに白字で、ぱあん。と書いてあるキャップを被っていた。
全く意味がわからなかった。
状況を説明すると、あぁ?あぁ。と言い、膝をがくがくさせたり、腕をふるふる振っていた。
よく見ると鼻から毛が沢山出ていた。
大丈夫かな?と思ったが、まぁとりあえず直してもらうことにした。
洗濯機の排水口から鉄のチューブみたいな道具を滑り込ませる、という方法で、ぐんぐん奥に進んで行くのだが、押し込むタイミングで、おじさんの、はぁはぁ。という吐息が聞こえてきて辛い。
暫くすると、台所の水を一度、流してみろ、と言うので、言われた通り少し強めに流してみた。
すると、水が溢れるということはなく、おじさんもどや顔を輝かせていた。
ここまでは良かったが、おじさんの帰りがけ、事件が起こった。
帰り支度をしているとき、ジャケットを裏表逆に着てしまったのだった。
しかし、おじさんは、これに気づく素振りを見せない。
少し経って、あっ!やべ!と言うので、それはやばいでしょう。だってジャケット裏表逆だし。と思っていると、作業中の写真撮るの忘れちゃったよ。まぁ適当でいいか。これ撮らないと怒られるんですよ。みたいなことを言うので、そっちかい!と心の中で頭の中で突っ込みを入れた。
おじさんは結局、裏表逆のまま帰って行った。
洗濯機を置く台はおじさんの道具の錆で汚れていた。
汚れは落ちなかった。

■■■

それで直ったかと思ったが、まだ直っていなかった。

引っ越しをしてから初めて、洗濯をしようと洗濯機を回すと、排水の際に、件の排水口から水が溢れてきてしまう。
頭が真っ白になった。
なので、水が溢れそうになったら一時停止ボタンを押し、少し落ち着いたら、再度スタートボタンを押す、という方法、わかりやすく言えば、手動で洗濯機を動かさなくてはならなかった。つきっきりで。
酷いのが脱水行程のときで、洗濯機は、みんな!俺の最大のテンション、見てくれよ!ひゃっはー。みたいな感じでぶるぶるに震え、多分、中では全行程で一番ドラムが速く回っている状態なのだろうけれど、ぶるぶるに震え、俺ってば最高っしょ。みんなハッピーっしょ。みたいな感じでぶるぶるに震えているのだけれど、脱水と同時に排水もされるために、排水口は溢れてしまう。
なので、僕は一時停止ボタンを押す。
そうすると、気が狂ったみたいにぶるぶる震えていた洗濯機は一気に、あぁ、ダメでしたか。すいません。みたいな感じでしゅんとしてしまって、なんだかとても申し訳ない気分になる。
それで、また排水口が落ち着いたらスタートボタンを押すのだけれど、やはりテンションのやり場に困るのだろう。少しの間を置いてまた、最高!ハッピー!みたいな感じでぶるぶる震える。
若干ぎこちない気もしなくもない。
こういうことを何度も繰り返さなくてはならなくて、地獄だな。と思った。
いちいち一時停止とスタートを押さなくてはならない手間もそうであるが、いちいちテンションのやり場に困る洗濯機の立場も。

もう一度不動産管理会社にテル。修理業者に来てもらうことにした。

修理業者の人を待っているとき、僕の中で一抹の不安があった。
またあのおじさんが来たらどうしよう。まだ裏表逆だったらどうしよう。という不安。
インオーン、とベルがなって、胸が高鳴るのを感じつつ、ドアを開けると…

違う人が立っていた。
僕はほっとするのと同時に、その人が若干恐かったので、また別の不安を感じた。
状況を説明し、作業に取り掛かってもらったのだが、先日のおじさんとは違い、手際が良いというか、するすると作業が進んで行った。
これで一回、洗濯機の脱水をしてみてちょんまげ。みたいなことを言われたので、従って洗濯機に水を溜め、脱水をした。
洗濯機は、今日もこのテンションで行くよ!ハッピー!みたいな感じでぶるぶる震えていたのだけれど、やっぱり水は溢れてしまって、僕的にはアンハッピーだったので、すぐに一時停止ボタンを押した。
業者の人は首を傾げながら、原因を探っていたのだけれど、僕は見てしまった。
業者の人の尻が六割くらい出ていたのである。
一体どういうことであろうか。
普通、ズボン、まぁおしゃれに言うとパンツ?って言うの?が下がっても、下着は下がらない。
ところが、この人の尻は丸見えじゃないか!
考えられるのは、下着を着用していない、下着は着用しているが、ミニマムな下着である、くらいだろうか。
僕は水が溢れるとかどうでもよくなってしまって、尻の謎についてばかり考えてしまった。
その点については未だに謎なので、あなたの考察を募集します。

結局、その人の装備では対応出来ず、後日、偉い人が来てくれる、ということになった。

■■■

そして本日、偉い人と出来そうなおじさんがやって来た。
偉い人はすごく若くてナイーブそうな青年。本当に偉い人?
身なりはキチンとしていて、話し方も丁寧だ。
出来そうなおじさんはべらんめぇ口調だが、道具の扱いその他はとても丁寧な感じ。

これまでに二度ほど修理に来て頂いたが、そのどなたも鉄のチューブがぐるぐる巻いてある道具を持っていた。
今回のおじさんも例に漏れず持っていたが、ただ違うのは、今回は電動式機械式のそれであるという点である。
その旨話すと、手動!?それじゃあダメだ。原因がわかった。みたいなことを言って、直ぐ様作業を始めた。
台所の配管を開け、機械式の鉄のチューブをぐんぐん押し込み、スイッチを入れると、かんかんかん。という音と共に、鉄のチューブが回転。
その動きで配管の詰まりなどを除去するようである。
奥に進んで行くと、ここに何かしら詰まりがあるな…。あ!行ったぁ!あ、行ってない…行ったぁ!みたいなことを言うので、終わったのかな、と思い、見ていると。
おじさん「水を流してみて」
偉い人「流してます。あ、溢れてきた」
おじさん「うわぁ!ダメダメ!止めて!」
みたいなやりとりがあり、その際、おじさんが頭をぶつけるなどしていたのであるが、兎に角ダメだったのであろう。
これを何度が繰り返して、結局、改善し、床が水浸しになったりはしないけれど、完全には直りません。ということになった。
何か機械を取り付けるために、また後日やってくるらしい。
ちょっとした騒動だな。僕と洗濯機のためにも、何のストレスもなく洗濯出来る世の中になればいいな。と強く願っている。

■■■

長くなってしまった…。

では、良い夢を。

高松
by novembers | 2011-02-03 20:23 | 高松浩史


excite. MusicMall

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。