タイトル

ア

▼蒼山幸子(Vo&Key)
 Sachiko Aoyama
▼沙田瑞紀(G)
 Mizuki Masuda
▼藤咲佑(Ba)
 Yu Fujisaki
▼澤村小夜子(Dr)
 Sayako Sawamura


ロックロックロック
高校一年生の時、初めて組んだバンドで
なんとなくドラムをやる事になって
初めて叩いた曲が、スピッツの「君が思い出になる前に」。



高校に入るまでは音楽といったら
スピッツ、夏川りみ、それからクイーンとかクラシック系以外 全然聴いてなくて
恥ずかしい話、スピッツ=バンドというのも
バンドを始めてから知ったんだけど、
小学生の頃から車の中でよくベストアルバムを聴いてて
ずっと大好きだったんだ〜。


二年前にロックの細道で 初めて対バンさせてもらえた時は
ライブ見て感動してなんにも言えなくて
打ち上げでも話を聞くだけで精一杯。どきどきだったなあ。


あれから二年たって また対バンすることができて
今回はじんわり じっくりことこと煮込んだスープ。
ほくほくおしゃべりできました。


スピッツのみなさんは いつもそうなのだけど、
リハが終わると 対バンの楽屋に
全員で挨拶に来てくださいます。

お、おかしすぎる。
あんな大御所のバンドさんが自ら•••
こちらはお口ぽかーん状態。
よだれ出た。

しかし私たちも こんなバンドになりたいなと
ひしひし思うのでありました。



打ち上げでは、スピッツの崎山さんと
初対バンの9mmドラマー、かみじょうさんと三人で
ずっとドラムトークしてました。

ドラマーはほんとにドラムの話しかしないの。笑
でも いつまででも話せるのよね。

崎山さんにはちょっとしたアドバイスをいただいて
ふむふむ、やってみようと燃えました。
さすが第一の師匠。

メモリーズ•カスタムのドラム、ため息出ちゃうほど超かっこよかった。
まだ目に焼き付いてる。



初めましてのかみじょうさんは
実はねごとを前々からチェックしてくださっていたようで嬉しかった*
ドラムやバンドにとても熱心で良い方でした。

わたしも9mmは聴いてたけど、ライブをちゃんと見たのは初めて。

お話するとみなさんシャイなのに
ライブでは赤黒い感じで ギターもベースもブンブンだし
ドラムはなんだかサーカスみたいで
まさにエンターテインメント!
素晴らしくって、これまたお口ぽかーんしました。



わーわー!
いろんなうれしいことがあって、
真面目になってしまったけど(>人<;)
ほんとにロックロックこんにちは!に出られて幸せだったのだ。
月まで行っちゃうよー!





さいごに、ロックロックこんにちは!17回記念の 575川柳を。
(5+7+5=17)




オホンッ-_-



「憧れのロックロックが正夢に」






というわけで、澤村 小夜子でした。

明日はラブシャー!
ふるふるふるふる何がふる?


おやすみビーム(*u u)
[PR]
by negoto_ex | 2013-09-01 00:58 | 「澤村小夜子」のねごと