exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
森山直太朗 SPECIAL SITE
TOP LIVE BLOG INTERVIEW My旬RANKING
BLOG
NEW RELEASE
君は五番目の季節 初回限定版
2006/03/01
¥1,500(税込)
UPCH-9226
このCDを購入する
君は五番目の季節 通常版
2006/03/01
¥1,260(税込)
UPCH-5379
このCDを購入する
PV視聴
君は五番目の季節
real 300K 56K
win 300K 56K
LIVE
森山直太朗コンサートツアー2005〜2006君は五番目の季節
GO!
LINK
OFFICIAL WEB SITE
ARTIST DATA
無題
f0081364_241541.jpg

愛読フォー!!



ほげっス♪森山っス!今夜はサッカーの日本VSエクアドル戦をテレビで観た。久しぶりに代表チームの試合を観られたので試合内容云々、無条件にエキサイトしてしまった。さて、この試合の解説者は元日本代表の金田さんだった。興奮すると広島弁(京都弁だっけか?とにかく西の方)が出てたり、親しい選手をあだ名で呼んだりと親近感溢れる解説でお茶の間でもお馴染みである。とりわけサッカー中継をテレビで楽しむ時に重要なのはもちろんその試合のゲーム内容なのだが、実はその試合の解説者が誰であるかで満足度は大きく違ってくる。極端なことを言えばどんなにお粗末な試合だったとしても解説が良ければいいゲームを観た気になれたりするのだ。ここで今最も熱い名解説者をPick up!してみよう。
まずはテレ朝の解説でお馴染みのセルジオ越後。シニカルでいてユーモアたっぷりな解説、アナウンサー泣かせのダジャレも健在だ。たまに興奮するとピッチサイドリポートの堀池巧さんを「堀池!!」と呼び捨てにすることもある。そして忘れてはならないのが松木安太郎だ!熱血ハイテンショントークでアナウンサーのアカデミックな質問に対しても「もうね〜!ここまで来たら気持ちですよ!!大丈夫!加地は若いから!!!」といったパッションで受け答え、時折代表チームに不利な判定が下されたりすると、平気で審判を罵る草野球の監督並の下町解説でもお馴染み。
そして理論派ウンチク解説でその名を博しているのが我らがフローラン・ダバディ−。フランス人なのだがボキャブラリーは松木さんよりも上であることは間違いない。あまりにウンチクがありすぎて生中継に向かないのが玉に瑕(きず)。とはいえインテリジェンスとピュアネスを兼ね備えたトークは必見!心に残る名言は去年のCLバルサvsチェルシー戦での一言「一分一分が幸せですね〜!!」である。
他にも北澤豪のダイナモ解説、木村和司の唸り解説、加茂周のボヤキ解説と挙げたらキリがないのでまた別の機会で触れることにしよう。このように日本には他の国に負けないような名物解説者たちが揃っている。このメンバーで実況W杯を開いても世界相手に互角以上の戦いを見せるだろう。これからW杯も近づき、サッカー中継も増えてくる。視点を少しずらして解説者をチェックしながら観戦するのもひとつお勧めである。
by naotaroblog | 2006-03-31 02:42
<< 無題 無題 >>
Excite Music の連載ブログ
◇ Aqua Timez
◇ ART-SCHOOL
◇ アンジェラ・アキ
◇ 安藤裕子
◇ いきものがかり
◇ AIR
◇ ケイタク
◇ GOING UNDER GROUND
◇ THE BACK HORN New!
◇ Salyu
◇ the ARROWS
◇ ジン
◇ スクービードゥー
◇ スパルタローカルズ
◇ SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇ 椿屋四重奏 New!
◇ TRICERATOPS
◇ BEAT CRUSADERS
◇ PE’Z
◇ POLYSICS
◇ MEN☆SOUL New!
◇ 森山直太朗
◇ Yum!Yum!ORANGE
◇ Rie fu
◇ レミオロメン

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ

おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。