お手入れしないとMOTTAINAI!第四弾

こんにちは、MOTTAINAI事務局スタッフです。

先日、MOTTAINAI Stationで、皮革製品のお手入れ講座&相談会を実施させていただきました。

そこで学んだお手入れ方法を紹介する「お手入れしないとMOTTAINAI!」第四弾の今回は、「アウトドアの秋!」に、ちなんだコチラ。

<お悩み>
アウトドア靴のお手入れ方法がわかりません。

山歩きや山登り、ハイキングなどした後の靴って、すごく汚れてしまいますよね。
使うごとに簡単なお手入れをするだけで長く使うことができますよ!

ということで、お手入れ先生の回答のご紹介です♪

<お手入れ先生の回答>
1)馬毛ブラシで皮革表面のホコリや汚れを落とします。

※紐は外した方がお手入れしやすいです。



2)アウトドアアクティブクリーナーを靴から約20cm離して、汚れた箇所にスプレーしで汚れを落とします。


3)綺麗な布で軽くこすります。
※少しずつ汚れを落とすイメージで2)3)の工程を数回繰り返します。


4)汚れが落ちたら、防水と保革用にアウトドアアクティブレザーワックスを布に取り、靴に塗布してください。

※オイルヌバック(起毛させた革にオイルをしみこませたもの)の場合はブラシにクリームを取り塗布してください。
※皮革によっては色が濃くなる場合があるので、新品時や色の濃くなるのが気になる場合にはアウトドアアクティブバイワックススプレーの方を使うのがオススメです。





Before:こちら

After:こんなに綺麗になりました!新品じゃないですよ!!



【番外編】
靴以外のアウトドアグッズには?(テント・ウェア・バックパックなど)
1)靴と同様に汚れ落としにはアウトドアアクティブクリーナーを使います。
2)防水としてアウトドアアクティブユニバーサルプロテクターを全体にまんべんなくスプレーして完了。
■今回使用した製品■
馬毛ブラシ
アウトドアアクティブクリーナー
アウトドアアクティブレザーワックス
アウトドアアクティブバイワックススプレー
アウトドアアクティブユニバーサルプロテクター(番外編)

■これまでの「お手入れしないとMOTTAINAI!」
第一回
第二回
第三回


吹割の滝に行ってきました!

こんにちは、MOTTAINAIキャンペーン事務局のYです。

夏がようやく終わり、秋に変わろうとしているこの季節。みなさまいかがお過ごしですか?

夏バテしてたらMOTTAINAI!!
ということで、私は、群馬県沼田市にある、「東洋のナイアガラ」こと、吹割の滝に行ってきました!



浸食されたV字形の岩盤を、水が両側面から落ちている珍しい滝。
日本の滝100選の1つで、昭和11年に国の天然記念物に指定されているとのこと。

この「吹割の滝」の名は、凝灰岩、花崗岩の河床上を流れる片品川の清流が、岩質の軟らかい部分を浸食し、多数の割れ目を生じさせたことで、あたかも巨大な岩を吹き割れたように見えるところから付いた名前なんだそうです。

豪快な滝は4・5月の雪解け水を飲み込む新緑の滝。秋は紅葉に生える滝と、四季折々の表情を見せるそうです。

またこの滝には伝説があり、昔から吹割の滝の滝壺は竜宮に通じていると言われています。
村の祝儀など振る舞い事には、竜宮からお膳やお椀を貸してもらう習慣があったそうです。

手紙を書いて滝壺に投げ込むと、翌朝、頼んだ数のお膳やお椀が岩の上に置いてあり、返すときはお礼の手紙を添えて元の岩の上に置くと、いつの間にか見えなくなり竜宮に返されていたと言い伝えられています。

しかしある時、数を間違え、一組だけ返し忘れてしまったところ、それ以来いくら丁寧に頼んでも貸してもらえなくなったのだそうです。

数を間違えるとはなんてMOTTAINAI。

世の中の厳しさを知った、夏の終わりの出来事でした。
みなさんも是非この滝の表情を見に行ってみてくださいね♪




長野県飯綱高原に行ってきました

MOTTAINAIキャンペーンスタッフFです。

長野県飯綱高原に行ってきました。
長野県といえば、アルプスなどの山々、そして有名な軽井沢などもあり避暑地的なイメージがありますが、ご存じの通り、夏の長野駅周辺はそこそこ暑いです。

しかし、長野駅から車で30~40分ほどで到着した飯綱高原はさすがに涼しく快適です。暑いな、と思い、少々ドライブがてらに山に向かえば、自然豊かで快適な場所に行ける長野県は本当に魅力的です。

飯綱高原は標高が1000M~1400Mぐらいで、朝夕は夏でも本当に涼しく、過ごしやすいです。自然も豊かでたくさんの樹木に囲まれ、多くの緑に癒されます。



さて。MOTTAINAIキャンペーンは、ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんが提唱したキャンペーンで、マータイさんの故郷であるアフリカのケニアで植樹をしています。

アフリカというだけで暑い国と思われますが、ケニアの首都であるナイロビは標高1600Mで、実は想像するよりずっと快適です。

そう、長野県飯綱高原よりも標高が高いのです。マータイさんが生まれた場所であるニエリはナイロビから北へ120キロほど離れた場所にあり、5000M級のケニア山に向かいますので、ナイロビよりさらに標高が高い町になり、さらに快適さが増します。

みなさんがケニアに行くことがあれば、是非、体感してみてください。
たぶん「結構、過ごしやすいね」というと思いますよ。



< 前のページ 次のページ >

CALENDAR

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT ラボスタッフBlog.

MOTTAINAI Labのスタッフブログ。

   ~MOTTAINAI三箇条~

   1)"モッタイナイ"は
     "ケチ"ではない

   2)"モッタイナイ"は
     "人とモノ"への愛情

   3)"モッタイナイ"は
     "クリエイティブ

ラボスタッフProfile


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額

カテゴリ

Lab日記

MOTTAINAIフリーマーケット

シブヤ大学

MOTTAINAIプロダクツ

MOTTAINAI倭

コレってMOTTAINAI?

ガーデニング日記

otodama

無題ドキュメント