MOTTAINAI SOUND vol.2 耳をすまして / 文:守時タツミ

こんにちは。

だんだん寒くなってきましたね。
ぼくは花粉症ではありませんが、どうやら寒暖差アレルギーというものらしいです。
昼夜の寒暖差がある時、鼻水でたり、くしゃみでたりです… :(
みなさんも気をつけてくださいね。

今秋は、MOTTAINAI SOUND vol.2を作ってました。2011年にvol.1をリリースした後、「耳をすまして」というライブイベントを主催してきました。ライブ会場で自然のいろんな音を流し、その中で静かにピアノを演奏するというスタイルで、MOTTAINAI SOUNDをライブで再現したものです。2年間イベントを行う中、各地のいろんな音を録音し、そこで見たもの、感じたものを、またひとつずつ作品にしてきました。それらの曲をアルバムにして、今回リリースとなりました。

ライブイベントの流れもあったので、今回はピアノにこだわりました。レコーディングは、いいアコースティックピアノとホール探しからはじまりました。結果、横浜美術館の地下にあるホールのピアノが気に入り、そこで録音することになりました。エンジニアとまったく2人きりのレコーディング。弾く人と録る人だけ、こんなスタイルは始めてかも。no stressだけど、ずいぶん体力使いました。

a0083222_18232114.jpg

(横浜美術館)

当初は、ピアノをメインにシンプルに仕上げようと思ってました。が、少しずつ気持ちは変わっていき、箏やジャンベや、いろんな楽器を演奏してもらい、ずいぶん奥行きのあるアルバムに仕上がったと思います。

a0083222_1824123.jpg

(percussion : Leo Komazawa)

11/16発売です。竹橋のMOTTAINAI shop、Amazon、TSUTAYAなど全国のCDショップで発売します。

a0083222_18231950.jpg

(MOTTAINAI SOUND vol.2 耳をすまして)


ゆっくり聴いてみてください。

P.S.
12/10、代官山TSUTAYAでリリースイベントを1時間ほどやります。
また、詳細わかり次第、お知らせします。



----------------------------------
スタッフより追記:
MOTTAINAIのECショップでも11/16~発売開始です。
只今、予約受付中です。(詳しくはコチラ
   by mottainai-lab | 2013-11-15 18:31 | 守時タツミ | Comments(0)   

日本のすばらしい童話を聴かなきゃモッタイナイ / 文:守時タツミ

こんにちは、守時です。

ずいぶんご無沙汰しています。
昨年は、1年通じて「耳をすまして」というチャリティイベントを
開催してきました。MOTTAINAI soundやおとえほんの作品をもとに、
東京と福島でピアノの演奏やおとえほんの読み聴かせをしていました。

仮説住宅、保育園におじゃましたり、ホールで
ピアノを弾いたりしながら、いろんな方と触れあっていました。

a0083222_12242019.jpg


a0083222_12334132.jpg


a0083222_12241019.jpg



そんな中、東京のイベントで、鶴田真由さんをゲストに迎え、
宮沢賢治の「どんぐりと山猫」をおとえほんの作品として発表しました。

a0083222_12251348.jpg


彼女の朗読と、そのストーリーにあったサントラを書き下ろし、
名作童話を音楽を使った形で楽しんでもらいました。

作品はしばらくそのままでしたが、イベントに来られなかった方にも
是非聴いていただこうということで、今回CDとなりました。

■ Amazon page
■ 試聴ページ


日本にはすばらしい童話もたくさんあります。

ぼく自身も子どもの頃いろんな童話を読みましたが、
今となってはどの話もうるおぼえ。
読み直してみて、改めてそのすばらしさに気づきます。

今の世代の子どもたちは、どのくらい読んでるのでしょうか。
こういうすばらしい作品に触れないのは、ほんとにもったいないことだと思います。

文学作品も、音楽を使って、またわかりやすく
みなさんにお届けられればと思ってます。

まだいろんな童話を読んでない子どもたちも、
何年も童話に触れていない大人の方も、
原作とはまた一味違った形でぜひ鑑賞してみてもらえればと思ってます。
   by mottainai-lab | 2013-04-19 12:37 | 守時タツミ | Comments(0)   

【レポート】守時タツミさんのチャリティーイベントに行ってきました

こんにちは。スタッフの井上です。
MOTTAINAI Lab.研究員の守時タツミさんが、
東日本大震災の被災地への支援として、チャリティイベントを開催されました。
とってもステキだったので、レポートさせて頂きます。

a0083222_153379.jpg



1月18日、代官山で開催されたチャリティーイベント。
立ち見が出るほどの盛況でした。
a0083222_158246.jpg



先ずは、守時さんのピアノの演奏からスタートです。
MOTTAINAIサウンド」と、守時さんの「おとえほん
から数曲披露してくださいました。

a0083222_1593189.jpg


初めてライブで聴く、MOTTAINAIサウンドに感動。
WEB上で聴く時もいつも癒されますが、ライブはまた格別です!!
瞳を閉じると、本当に「その場所」に居るような錯覚になります。

a0083222_15211529.jpg


守時さんが、2011年8月福島を訪れた時に作曲したというこの曲
特にじーんと来てしまいました。

a0083222_15364898.jpg


MOTTAINAIサウンドのページで試聴する事ができます。
ぜひお聴きになってみてください。


第2部は、守時さんとスペシャルゲストの鶴田真由さんのコラボレーション。
おとえほんで共演している二人の世界を実際に披露してくださいました。
守時さんがこの日の為に選んだ絵本「どんぐりと山猫」(宮沢賢治作)を鶴田さんが朗読。絵本のストーリーにに合わせて守時さんが作曲し、曲を演奏します。



朗読と音楽のスバラシすぎるコラボレーションで、
物語の中にぐいぐい引き込まれてしまいます。

a0083222_1557766.jpg



物語の中にまだ居るような余韻の中、チャリティイベントは盛況の内に終わりました。守時さん、鶴田さん、素敵な時間をありがとうございました。

守時さんは、これからもこのようなイベントを企画していくそうなので、機会があればぜひ一度行ってみてください♪

--- information ----

■ MOTTAINAIサウンド はこちらら
a0083222_15364898.jpg


■ CD【MOTTAINAIサウンド】発売中
a0083222_16264934.jpg

   by mottainai-lab | 2012-01-24 16:30 | 守時タツミ | Comments(0)   

ワンガリ・マータイさん / 文:守時タツミ

MOTTAINAIキャンペーンの提唱者、ワンガリ・マータイさんが亡くなられました。
謹んでお悔やみを申し上げます。
ぼくは4年程前から、MOTTAINAI キャンペーンに参加させていただいています。
以前、日本に来られた時お会いしましたが、オシャレな洋服を身にまとい、
明るいオーラを発しておられました。

エネルギーに満ち溢れる人で負の要素を感じさせない人、そんな印象でした。
いままでに大変な苦労をされて、
それを乗り越えてきた人がもっている強さでもあるんでしょうね。
提唱者とはこうあるべきなのかなと感じました。

ぼくにとって、「もったいない」ってことばは、
正直そんなに新鮮なことばではありませんでした。
小さいころから、そのあたりに厳しい家庭だったので、
当たり前の感覚で身についていました。

でも、その普通の感覚が普通でなくなっているのかなとも思います。
いい意味で普通でいたい。言い方変えれば、
ちゃんとバランス感覚の取れた状態でいたいと思う。

最近、車を買うタイミングでした。
1台1台長く大事に乗るタイプなので、
次を買うのがきっと最後のガソリン車かなと思ってました。

そんな時に、以前から一 度乗りたいと思ってた車に出会いました。
物欲はあまりありませんが、久しぶりに悩みました。
でも、買わないことにしましたよ、マータイさん。
いまは必ずしも必要 じゃないかもね。

自転車で移動します。。。:)

a0083222_19141768.jpg

2008年 マータイさんの来日時に。
(撮影:熊切大輔)
   by mottainai-lab | 2011-09-30 19:15 | 守時タツミ | Comments(0)   

までいライフ/文:守時タツミ

a0083222_14432696.jpg


福島に行ってきました。飯野、飯舘、南相馬、相馬。被災地、仮設住宅、避難区域、いろんな場所を案内していただきました。今となっては原発の問題の方が多く報道されていますが、改めて、地震、津波の規模の大きさに驚かされました。
瓦礫の撤去も進んできている南相馬では、海岸線から陸に向かって数km、本当に根こそぎすべて持っていかれたようです。何も残っていませんでした。 残ってるのは家の基礎だけ。あとはものすごい量の瓦礫の山でした。近くに行くと、ぬいぐるみ、電子ジャー、ランドセル、ジャージ... 無数の生活品も目に入ります。そのひとつひとつが震災前は大事に使われていたもの、それが今では重機によって泥にまみれてひとかたまりにされています。生活のすべてを剥ぎ取られてしまったようです。

a0083222_14433133.jpg


飯舘村はご存知の通り、避難区域。もちろん誰も住んでいません。村にいた6000人が全員退避しています。8人だけはそのまま残って生活しているよ うですが。テレビの影響ですっかり放射能汚染のイメージになってしまいましたが、そんな言葉とは裏腹にすばらしい自然でした。藁葺き屋根の家、大自然がそ のまま残された景観です。こんな場所が目に見えない放射線によって、誰も住めなくなっているのが、どうしてもピンと来ません。

a0083222_14434340.jpg


ここの村の人たちは、「までいライフ」ということばのもとに暮らしていました。「までい」という言葉はこの地方の方言で、「手間隙を惜しまず」「丁 寧に」「心をこめて」そんな意味。飯舘村は何年も前から、風土を再認識して人間本来の楽しい生活をしていこうという提案をしていました。そんな「までいラ イフ」の生活をしていた村民が、いきなり寝耳に水、退避させられ狭い仮設住宅での生活をしいられていました。仮設住宅に移られた方と話しましたが、憤りと 同時に何ともやるせない気持ちになりました。

a0083222_14435181.jpg


避難されてる人達には何の罪もないわけで、ほんとうに申し訳なく思いますが、こんなことになってしまったのは人間のおごりからきたのかなとも思いま す。ぼくらは自然の中で「生かされてる」わけですが、もうそんなことを忘れてしまったのかな。自然の恩恵のもとに生活していたのが、あるのが当たり前にな り、やがてもっと欲しくなり、しまいには自分たちで制御できないような物を扱ってまで...
電車や飛行機に乗っていると時々こわくなる時があります。最速のスピードを追求するのもいいんですが、あまりにもいきすぎた開発になってしまってないのか な?本当にリニアモーターカーで、大阪まで1時間で行けちゃっていいんだろうか?1時間で行けるようになれば次は30分で行けるように開発が始まるでしょ う。「バベルの塔」を思い出します。
原発について論じなければいけないこともありますが、別の観点で「つつましさ」ということばについても考えたいです。自然の中で生かされてること、暮らさせてもらってること、謙虚にもう一度思い出してみたいもんです。
8月、9月は、福島でチャリティイベントもあり、行かれる方も多いかと思います。飯舘村は避難区域ですが、立ち入り禁止ではありません。もし時間あれば、 是非一度足を運んでいただきたい。こんな自然の美しいところで、ぼくら人間が何をしてしまったのか。その場を見て感じて、それからもう一度考えてみるのも いいのでは。

a0083222_14452624.jpg


全く人のいなくなった飯舘村、生き物たちだけ置いてきぼり。ヘッドフォンで聞いてみてください。聞こえる音全てが命の音です。 
こちらから聴いてみてください⇒♪♫
   by mottainai-lab | 2011-08-17 14:46 | 守時タツミ | Comments(0)   

チャリティースライドショー&ライブ「SLOW MOTION」

<Labスタッフより>
a0083222_16501416.jpg

MOTTAINAI SOUNDでお馴染みのミュージシャン守時タツミさんが、6/24(金)にチャリティースライドショー&ライブ「SLOW MOTION」というイベントを開催されたので、MOTTAINAIスタッフも遊びに行ってきました。

このイベントは水中カメラマン中村卓哉さんとミュージシャン守時タツミさんのコラボイベント。写真と音楽で日本を元気にする!という企画でした。

水中カメラマン中村卓哉さんの海中スライドショー。
ミュージシャン守時タツミさんの癒しのピアノ旋律。
2つの世界が包み込む癒しの空間の中で、至福のひと時を過ごすことができました。

a0083222_16502939.jpg


a0083222_16504296.jpg

   by mottainai-lab | 2011-06-29 16:51 | 守時タツミ | Comments(0)   

日本の昔話を忘れたら、MOTTAINAI / 文・守時タツミ

年をかさねていくその時々で、
見えてくるものもかわってきます。

2010年、ぼくは48歳。
以前輝いて見えていたものが今ではくすんでみえたり、
逆にこの年になってはじめて、輝いて見えるものに気づいたり。

そんな中で、いま大事に感じていること、
次の世代に伝えたいこと、
忘れてしまうなんてMOTTAINAI日本の優れた昔話を1枚の
「おとえほん」という『聴く絵本』にまとめました。

あたたかい音楽につつまれて、世の中が平和になり、
子どもたちが感受性ゆたかに育ってほしいと切に思います。
そんな思いを込めて、1話1話大切につくりました。

おとえほんを通して、日本の昔話にふれることで、子どもたちが、
ゆたかな心を育みながら大きくなってくれると信じています。


-------


「おとえほん」とは?

a0083222_10291058.jpg


守時さんのプロデュースした心地いい音楽と
女優の南果歩さんのナレーションによる
『聴く絵本』。

おなじみの「日本昔話」から11話を収録。
リラックスしながら、「音の昔話の世界」を楽しめます。

おとえほん>>>



***ラボスタッフより***
守時さんの「MOTTAINAI sound」も
ぜひ聞いてくださいね。!
   by mottainai-lab | 2010-06-09 10:29 | 守時タツミ | Comments(0)   

photo theater ~海中散歩~/文:守時タツミ

最近、こんなアプリを作りました。
海中カメラマンで、環境問題も言及することも多い写真家とセッションしました。


a0083222_1525473.jpg


photo theater」シリーズはiPhone/iPod touchを通じて日本のクリエイターの作品を世界中に届けたい、そんな想いから生まれました。

寝る前の5分間、仕事の合間の5分間、ちょっとした空き時間に訪れることができる「世界で一番身近な劇場」をコンセプトに、音楽家・守時タツミがプロデューサーを務め、自らが作曲した音楽と、各方面で活躍する写真家の写真をアプリケーション内で楽しめる内容となっています。

今回リリースとなる『photo theater ~海中散歩~』は「photo theater」シリーズの第一弾作品という位置づけであり、今後定期的に写真家が入れ替わる形で第二弾・第三弾作品をリリース予定です。
   by mottainai-lab | 2009-12-07 15:26 | 守時タツミ | Comments(0)   

豊かさ /文:守時タツミ

a0083222_134533.jpg

先月、仕事でロンドンに行った帰り、2,3日余裕ができたので、スロベニアに行ってきました。
イタリアの東隣で、首都リュブリャーナには日本人が20人ほどしか住んでいないような国です。
そんな国に妹が仕事で行って早12,3年。
子供も大きくなったようなので、たまには、行ってやろうと思い、ロンドンから飛行機で2時間。
英語もほとんど通じない国に行ってきました。
だんなさんは舞台役者で、ホントに太陽のように明るい人。そんなだんなさんと2人のわんぱくなちびっ子と楽しく暮らしてました。

リュブリャーナの街は、半日プラプラすれば一通り見れる、そんな大きさですが、車で1,2時間走れば、絵に書いたような地中海の海岸や、鳥の音しか聞こえないような静かな湖に行くこともできます。
アルプス山脈も目の前にで~んと横たわってます。
プラズマテレビやiPODや携帯が普及してるわけでもなく、子供たちがテレビゲームで遊んでるわけでもありません。
でも、この国のこどもたちの笑顔が素敵だったのがとても印象に残ってます。
日本は世界でも有数の豊かな国。
でも何が本当に必要で、何が不必要なのか、ときどき考えてみるのもいいかもですね。

a0083222_134345.jpg


******************************************
<Labスタッフからのお知らせ>
守時タツミさんがスロベニアで出会った子どもたちの声や、街の写真が『MOTTAINAI SOUND』で、見ること&聴く事が出来ます。
ぜひ一度ご覧になってみてください♪

******************************************
   by mottainai-lab | 2008-04-09 13:07 | 守時タツミ | Comments(4)   

限られた時間/文:守時タツミ

11月16日、高校2年の時の今日、2人の友達を亡くしました。
1人は当時のバンド仲間のKくん、もう1人はバイク好きだったNくん。

深夜、Kくんの家で3人音楽談義をしてましたが、おなかがすいたので、
Nくんのバイクで、近くのドーナツ屋さんに行きました。

コーヒーを飲んでしばらくした後、Nくんが、
“ちょっとバイク乗ってこようと思うんだけど、どっちか後ろに乗る?”
バイク好きだった僕は、“じゃあ、おれが行くよ”と言いました。

ですが、席を立ち上がって、ずいぶん眠いなぁって気付き、
“やっぱ、おれ、眠いからここで待ってるわ”と言って、
結局Kくんがバイクの後ろに乗って、ドーナツ屋を後にしました。

しばらくボ〜と外をながめながらコーヒー飲むこと30〜40分、
タクシーの運転手さんが店に入ってきました。
その先で起こったバイクの事故について、店員さんと話はじめました。
え!?

運転手に状況を詳しく聞くと、ぼくの友達2人に間違いありません。
すぐ、店を出て、走って現場に行った時、すでに救急車が来て、
2人の頭をぐるぐる巻きにされた白い布切れが真っ赤に染まってました。
たぶんカーブを曲がりきれず、即死とのこと……。

あみだくじのような人生の分岐点での現実をしばらくは理解できませんでした。

お葬式のとき、Kくんのおかあさんにいろいろ話をされました。
ぼくが悪いわけではありませんが、納得できない現実に、
いろんな恨みつらみを言われました。

そして、最後に涙しながら言われたのは、
“息子の分までがんばって生きてください。おねがいします”

ぼくも来月45才。人生半ば過ぎたところで、いろんなことを思います。
みんな限られた時間の中で、何かをしなければいけないわけで、
決してもったいない時間の使い方をしてはいけないと思います。

1日1日、大事にしないとね。
   by mottainai-lab | 2007-11-19 13:23 | 守時タツミ | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile