野菜保存の新常識!目からうろこの冷凍術/文:島本美由紀

みなさん、こんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。

東京では梅雨が明け、
毎日暑い日が続いていますが、
天候不順も続いているので、野菜の高騰も続いています。

価格変動のある野菜は、
スーパーで安い時にまとめ買いをして、冷凍しておきましょう!
賞味期限も1か月延ばすことができて、すぐに使えるから便利。

さらに、今までは茹でて冷凍していた野菜も、
生のまま冷凍してオッケーなんですよ。
そんなベジ冷凍の新常識を交えながら、
今回は野菜の冷凍術をご紹介します。


・今までNGだったきゅうりも、塩もみ冷凍ならOK!
きゅうりは輪切りにして塩もみし、水分を絞ってから使いやすい量ごとラップで包んで冷凍用保存袋に。自然解凍して水分を絞り、酢のものにしたり、混ぜごはんに加えたり。すぐに使え、コリコリとした食感がやみつきになります。保存は冷凍で1か月。




・キャベツの冷凍もおススメ!アレンジ自由自在。
キャベツは一口大のざく切りにして冷凍用保存袋に。使いたい分だけ袋から取り出して、凍ったまま炒め物や煮物、スープにポン!味が染みやすくなって、火が通るのもあっという間。保存は冷凍で1か月。長持ちするので丸ごと買いしても最後まで使い切れます。




・青菜(小松菜・ほうれん草)は、生のまま冷凍が新常識!
小松菜やほうれん草などの青菜の冷凍は、生のままでOK!洗って水けを拭きとり、ザクザクと切って冷凍用保存袋に入れたら、使いたい分量だけ取り出せるので便利です。小松菜なら凍ったまま炒め物やスープに加えるだけ。ほうれん草はアクがあるので、ザルに入れたら熱湯をかけてさっと水にさらして絞ればおひたしに。保存は冷凍でどちらも1か月です。



その他、人参、ピーマン、長ネギ、大根、トマトなど、ほとんどの野菜が、生のまま冷凍して凍ったまま調理が可能ですよ。



今回は特別に、冷凍小松菜を使って、チャンプルレシピを紹介します!


小松菜のチャンプル

材料(2人分)
豚バラ肉        100g
木綿豆腐        1/2丁
冷凍小松菜(ざく切り) 1/2束分
人参(細切り)     1/4本分
にんにく(薄切り)   1/2片分
ごま油         大さじ1
ナンプラー       大さじ1/2
顆粒だしの素      小さじ1/4
こしょう・鰹節     各適量

作り方
①豚肉は3㎝幅に切る。豆腐はキッチンペーパーで包んだら耐熱皿に乗せ、電子レンジで1分加熱する。
②フライパンにごま油とにんにくを入れ熱し、香りが出たら豚肉と人参を加え炒める。豚肉に焼き色がついたら豆腐を手で大きく崩しながら入れ、冷凍小松菜を加えひと混ぜし、ナンプラーと顆粒だしの素、こしょうで味を調える。
③器に盛り、鰹節をかける。



詳しくは、私の著書
「もっと野菜を!生のままベジ冷凍」(小学館)
に書いてありますので、ぜひ書店でお求めを。

Amazonはコチラ>>
楽天ブックスはコチラ>>

ぜひこの機会にベジ冷凍をマスターして、
野菜高騰を乗り切りましょう!
   # by mottainai-lab | 2015-07-27 16:00 | 島本美由紀 | Trackback | Comments(0)  

「美しい棚田」/文:ルー大柴

リトルビット・ビフォーになりますが、連載している「月刊アクアライフ」の取材で、神奈川県にある、のどかな棚田に、東海大学教養学部のステューデントトゥギャザービジットしました。

国道からわずか800mですが、そこには都会の喧騒をフォゲットさせるビューティフルビュー(風景)がありました。



地域の高齢化により、耕作を続けられない田んぼを、メニーピープルジョイン(参加)して保全活動を行い、今の景観をメイクしたそうです。

18名のステューデントトゥギャザーで、どんな生き物がいるか泥んこになりながら、沢や田んぼにネット(網)をインフィールドエンジョイ



ホトケドジョウ、タイコウチ、アカハライモリ、シュレーゲルアオガエルなどをゲット、ケースに入れて観察、その後リリースしました。

ウォームピープルによって守られている、ナイスな棚田のビュー、またビジットしたいです。


   # by mottainai-lab | 2015-07-27 11:00 | ルー大柴 | Trackback | Comments(0)  

安藤美冬のMOTTAINAIブログ vol.33



こんにちは、安藤美冬です。5月よりBS-TBSで放送の新番組「焼肉女子会」にレギュラー出演しています。映画コメンテーターのLilicoさんを司会に、ブロガーのはあちゅう、美容家の長谷川朋美ちゃん、モデルのステファニーさんと一緒に繰り広げるトーク番組です(次回は6月27日放送予定)。こうしてテレビや雑誌などにたびたび出させていただくのですが、毎回頭を悩ませていたのが衣装でした。同じ服を何度も着るわけにはいかないものの、出演が決まるたびに買うのはMOTTAINAI。かといって、懇意にしている洋服のブランドさんに毎回衣装を借りに行く手間も惜しい...。

こうしてメディアに出る出ないに関わらず、オフィス服や普段着、結婚式の二次会やパーティーなどTPOに合わせたワードローブに頭を抱える女性たちは多いと思います。そんな私たちに、格好のサービスが最近誕生しています。それは、「洋服のレンタルサービス」です。

月額わずか数千円で、洋服が借り放題。しかも、クリーニング不要と聞いたら、飛びついてしまいませんか?私はもともとミニマムでシンプルな暮らしを信条としているため、数年前からマイルールとして「年間で着る洋服は30着、靴は6足」と決めています。洋服はまめにクリーニングに出したり、修復をしながら大切に使い続けることでMOTTAINAIの精神を実践中なのです。そのため、以前からパーティードレスを中心としたレンタルドレスショップ(店舗)は頻繁に利用していたのですが、「レンタル一着1万円以上」の値段がずっとひっかかっていました。ドレスを1回借りるだけで1万円以上だなんて、よっぽど買ったほうがいい…そう考えて、レンタルではなく購入を選択する女性も多かったと思います。

今では「洋服 レンタル」などと検索をすれば、複数のサービスがネットで一目瞭然です。人気のサービスは、登録から実際に利用できるまでに半年以上待たなくてはいけないとか。それだけ人気の洋服のレンタルサービスを、近々冒頭のレギュラー出演中のテレビ番組「焼肉女子会」にて取材させてもらうことになりました!地球環境にもお財布にも女性にも優しいサービスを取材させてもらうのが今からワクワク&ドキドキです。
   # by mottainai-lab | 2015-07-03 11:00 | 安藤美冬 | Trackback | Comments(0)  

安藤美冬のMOTTAINAIブログ vol.32



今回はフィリピンのセブ島より原稿をお届けします!

この半年間で3回目の滞在となるセブ島。2014年12月、2015年4月、そして6月と立て続けに訪れている理由は二つあります。ひとつは、日本でも近年じわじわと認知度&人気が上がってきている「英語留学」(フィリピンの公用語は英語であり、世界で三番目に英語が話されている国なのです)。そしてその英語留学の体験記を、東洋経済新報社より出版するための「取材」です。

朝6時頃に起床して、語学学校「QQ ENGLISH」にて8時から17時まで50分×8コマの授業(マンツーマンレッスン6コマ、グループレッスン2コマ)を受けて、夕方からはスパ、レストラン、カフェ、観光地などを取材。セブ島の炎天下、へとへとになるまで頑張っています。

先日、近所で開かれているオーガニックマーケットに行ってきました。もともとフィリピンはバナナやマンゴーなどフルーツから「奇跡の食物」と呼ばれる野菜モリンガまで、豊富な農産物がありますが、近年世界的に高まっている健康意識から、セブ島でもここ数年、こうしたオーガニックマーケットが開かれるようになりました。フルーツ、野菜、焼きたてのマフィンやパンなどがブースごとにところせましと並べられていましたが、特に気に入ったのが写真のココナッツオイルです。

女優ミランダ・カーが美容のために愛飲していることから、いまやアメリカや日本でも大ブームとなっているココナッツオイル。スプーンですくってそのまま飲んでも良し、ハーブティーやパスタ、ヨーグルトなどに混ぜても良し、肌に塗っても良しと、何かと使えるココナッツオイル。日本では2000円~3000円程度のものが平均的ですが、ここは物価の安いフィリピン。130ペソ(約350円)程度でオーガニックなココナッツオイルが手に入るのです! 私ももちろん購入。最近はまっているのは、2回のシャンプーの合間にココナッツオイルを髪の毛のすみずみまで浸透させて、ヘアパックのように使用すること。ドライヤーで乾かしたあと、ツヤツヤ&すべりの良い髪になるので本当におすすめです!ココナッツオイル一本で、美容も健康も癒しもかなえられて一石三鳥なのです。
   # by mottainai-lab | 2015-06-26 11:00 | 安藤美冬 | Trackback | Comments(0)  

安藤美冬のMOTTAINAIブログ vol.31



こんにちは、安藤美冬です。ただいま私は、空の上にいます。タイ国際航空にてバンコクに向かう機内の中で、この原稿を書いています。今回の出張の最終目的地は、ブータン。1970年にGNH(幸福度指数)というものを独自に打ち出したことで知られる国です。今回は旅行代理店である株式会社PINKさんとのコラボ企画で実現し、数名の参加者と一緒にバンコクで一泊、ブータンで3泊を過ごしてきます。この旅については次の更新にて報告いたしますね。

さて、皆様は先月のゴールデンウィークをいかがお過ごしでしたか? 私はアメリカのセドナで連休を過ごしたのち、ゴールデンウィーク明け早々5月11日、12日の一泊二日を新潟で過ごしてきました。3年に一度開催されるアートイベント「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」という現代アートイベントが、今年7月26日~9月13日まで開催されます。2000年にスタートして今年で6回目を迎える本イベントは、新潟県十日町市を中心とした越後妻有地域という農村地帯×現代美術による地方創生の成功例として、最近は各方面から注目されています。私はオイシックス高島社長にお声がけいただき、元陸上選手の為末大さん、ジャーナリストの津田大介さんらと一緒にこの大地の芸術祭のオフィシャルサポーターとして、本イベントとこの地域にひとりでも多くの人に足を運んでもらうべく、広報活動のお手伝いをさせてもらっています。その広報活動の一環として1泊二日で行ったのが、「メディアツアー」です。テレビ、雑誌、ウェブなど複数の媒体社をお招きし、総合ディレクター北川フラム氏の講演からアート鑑賞、温泉、里山散策など様々なアクティビティを行いました。

「世界で最も有人の多い豪雪地帯」として知られるこの辺りは、冬場になると3メートル以上もの積雪があり、暮らすには大変厳しい場所である一方で、全国から観光客を集める美しい棚田の田園風景に代表される豊富な土壌と水に恵まれ、魚沼産コシヒカリ、日本酒や山菜など全国に誇るものがいっぱいあります。この写真は、アート作品のひとつであり、古民家を改装した「うぶすなの家」にて、地元の集落の女性たちの手でつくられた山菜を中心とした家庭料理です。お米も、山菜も、野菜もすべて自分たちで育てたり、辺りに自生しているものばかり。採れたての新鮮なままいただく「地産地消」の原点を垣間見た気がします。深夜でも煌々と明かりが灯り、少しでも賞味期限を延ばすために大量の添加物が投じられているコンビニ食品と違って、一粒一粒のお米の味が優しくて、濃厚で、平らげたあとの満足感が全然違いました。地元で採れたてのものをシンプルにいただく暮らしは、大量生産・大量消費・大量破棄を前提とするコンビニ食品の反対側にあって、MOTTAINAIの精神に通じるものがあるな~としみじみ感じました。

これらの料理はアートイベント会期中に「うぶすなの家」にて食べることができます。ぜひ、足を運んでみてください。
   # by mottainai-lab | 2015-06-19 11:00 | 安藤美冬 | Trackback | Comments(0)  

CALENDAR

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile