Woman.excite

日々のできごと

日々のできごとは、ツイッターでもつぶやいています。
クリックしてご覧ください → こちら


# by mori-mado | 2017-08-31 23:03 | ごあいさつ | Comments(0)

がんQ&A

もはや誰も話題にしなくなったプレミアムフライデーは、「がんQ&A」の日。
テレ玉の情報番組「マチコミ」のスタジオへ。
最後の夏仕様で、ヘアはアップスタイルにしてもらいました♡

a0231828_22463809.png



花咲徳栄高校 甲子園優勝!の余韻が残るテレビ埼玉です。
情報番組「マチコミ」の放送が始まりました。
担当する「がんQ&A」は17時30分頃〜、
今日は、がんの診断・治療で内視鏡がどのような役割を担っているかをテーマにお伝えします。

a0231828_22480137.png

テレ玉は地デジ3ch. 県内はもちろん、CATVなどがあれば関東全域で視聴いただけます。
ぜひ、ご覧ください。

# by mori-mado | 2017-08-25 16:34 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

東京マラソン、再び。

2017年のマラソンシーズンは、
趣味のファンランが高じて、様々なレースにチャレンジ。

2月、エントリー10回目にして当選した「東京マラソン2017」を走りました。
5時間25分。
“トイレ大混雑問題”がなければ5時間切りを目指せた…と悔しい思いがありつつも、
23年ぶり2回目の42.195キロをそれなりにがんばって走れたことに、じわじわと達成感。
ゴール後に見えた“人生の景色”は意外と変わりませんでしたが、
いただいた完走メダルをしみじみ眺めて、ふわっと良い気分を味わいました。

4月、毎年恒例となった「第7回 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」に出場。
2時間15分。
出場3回目にしてコースの特徴もつかめてきたので、それなりに満足いく走りができ、
「本気を出して2時間切りを目指そう」という野望が浮かびました。
a0231828_22095915.jpg

チームで走る、新たな楽しさも知りました。
3月には、東京マラソンの練習会を一緒にがんばったメンバーでリレーハーフマラソンに出場。
冷たい雨の中、3人とも東京マラソン完走後のハイテンションで、たすきリレー。
結果“1周足りませんでした”というオチでしたが、仲間と走る楽しさを味わいました。

5月には、毎年「ぎふ清流」を一緒に走る友人ファミリーと、リレーハーフマラソン出場。
約1.5キロずつを3回、アップダウンのあるお台場コースをそれなりにスピード上げて走りました。
速いメンバーから刺激を受けながら、シーズン最後の力を出し切りました。


記録は本当に大したことない趣味のランニングですが、
季節を感じたり、頭を整理したり、身体を緩めたり・・・
私の生活の一部として定着しました。


で、、、本題。

「東京マラソン2018」に、、、なんと、、、当選しました!

ONE TOKYOプレミアムメンバーの先行エントリーでしたが、それでも9倍以上!!
「マジっすか?!」という気持ちとか、「運の使い方、間違ってる!」という気持ちとか、
「昨年はけっこう練習したよなぁ・・・。あれをまたやるのか・・・」という不安な気持ちとか、、、
いろいろ、いろいろあったものの、

来年2月25日、再び東京42.195キロを走ることにしました!!!

がんばれ、わたし(*'▽')
がんばります。

# by mori-mado | 2017-08-22 23:36 | RUN、RUN、RUN♪ | Comments(0)

がんと生きる

日本イーライリリー株式会社が主催する

「第7回 リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」の授賞式が開かれ、

取材してきました。

がんと診断された人、その家族、友人が対象で、

「がんと生きる、わたしの物語。」をテーマに、絵画、写真、絵手紙を募るコンテストです。


a0231828_18091700.jpg
(SNSで使用できる写真が限られているため、開会前の会場のようす)


受賞された方の作品からはそれぞれの“がんと生きる”思いが伝わってきます。

野生の鹿がまっすぐに、ただただ優しい眼差しを向ける写真を撮影された方は、

肺がんを治療された67歳の男性。

息苦しい中でもカメラを持って歩き回り、

この鹿との出会いが、抗がん剤の副作用やその後の日々を癒してくれたと言います。

「ウインクしているわたしのおっぱい」という絵手紙を書いた女性は52歳。

乳房を摘出したあとの横一直線の傷を見るのが辛かったけれど、

「左のおっぱいはウィンクしてるんだ」と思うと気持ちが楽になった、と。

「わたしの左のおっぱいは先に神様のもとへ行きました。

次に会うときは“あなたが居なくてもわたしは生き抜いた”と笑顔で伝えたい」

という言葉からは、がんと生きる力強さと、

「落ち込んだりクヨクヨするのが面倒なくらい、めんどくさがり」と本人が話す通り、

前だけを見て元気に進むパワーが感じられます。

他にも、乳がんのお母さんに見てもらいたいという思いで撮影した北海道の風景や、


一緒に出かけた靴屋さんで

「もう歩くこともないから、新しい靴はいらんから」

と落ち込まれていた大腸がんのお母様が最近元気になり、

「靴を買いに行こう」と言っている。

その、“いま歩くことができるしあわせ”を絵手紙にした、という作品など、

受賞作品にはたくさんの“生きる”が溢れていました。


病気でも、健康でも、大切なのは“どう生きるか”だということをつくづく感じます。


自分のいのちと向き合うとき、たいせつなひとのいのちと向き合うとき、

それが不安や悲しみや苦しみだけの日々になるか、

生きがいを持ったその人らしい日々となるかで、本人や周りの人生は大きく変わります。


とはいえ、がんはやはり大変な病気でもあり、

何度もがん治療している私の父を間近で見ていても、そう思います。

家族の心もざわつく病気です。

こうした作品を見ることで、多くの人が、多くの人の“がんと生きる思い”を共有し、

それを支えていける社会になれたら、と、

受賞者の作品とメッセージを通して強く思いました。

-----

「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」の作品が掲載されています。

ホームページ → こちら

facebookページ → こちら


(主催:日本イーライリリー株式会社)


# by mori-mado | 2017-07-10 18:05 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

6月21日は「世界ALSデー」

今日、6月21日は「世界ALSデー」です。

「アイスバケツチャレンジ」を覚えていますか?
タレントや著名人のチャレンジが連日報じられ、
氷水を頭からかぶる動画がFacebookのタイムラインにあふれたのは、
「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」という、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病の
研究支援を求め寄付を募るキャンペーンでした。

あれから2年後の昨年、私はある衝撃と出会いました。
自らがALS患者であり、広告のプランニングディレクターである藤田ヒロさんが、
動けないことの残酷さを体験してほしいと、
動かない自分をモデルに“静物画”を描いてもらうイベントを開催。
ブームで認知度が上がったように見えたALSの、実際には上がっていない現状に対する、
再びのチャレンジでした。

2005年前後、10年以上前になりますが、
このALSを医療キャスターとして長期に追いかけ、
番組で在宅中心の療養生活を何家族も取材させてもらいました。

何年もかけて徐々に身体が動かなくなる中、
瞬き、あるいは口にストローをくわえてパソコンを動かし、
専用の文字盤への目の動きでコミュニケーションをはかるという患者さんの日常からは、
驚きとともに、知的なものは健常のまま全身が動かなくなる病気の、
とても言葉では表現できない苦しさが伝わってきました。

進行性の病気であるALSの患者さんは、発症から数年で呼吸困難となり、
人工呼吸器をつけて生きていくことへの選択を、本人と家族が迫られます。
同時に24時間365日、
多い時で1日50回の、人の手による「痰の吸引」を強いる生活のスタートとなります。
取材中には、介護に疲弊した母親が
息子の人工呼吸器の電源を抜いて死なせた悲しいニュースも飛び込んできました。

病気そのものだけでなく、生きるための環境を整えることも困難なALS。
人工呼吸器という“命の選択”は日々揺れ、どちらと決められない苦しく厳しい選択で、
何人もの患者さんが、“ALSと生きる”ことを、
様々なコミュニケーション方法で具体的に語ってくれました。

私たち番組の役割と責任は、患者さんと家族の壮絶ともいえる日常を伝えるとともに、
その改善を阻んでいる“壁”に迫ることでもありました。

治療技術が進まないのはなぜ?
入院先がないのはなぜ?
訪問介護のヘルパーさんが痰を吸引できないのはなぜ?
尊厳死の倫理は誰が決めるもの?
社会参加のために必要な支援体制は?

取材から見えてきた壁は、法律、医療界の職域争い、医療財政の限界、シビアな製薬ビジネス…。
取材中に超えられた壁もあれば、十年以上たっても変わらず立ちはだかる壁もあります。

あれから、
「ALS」について再びの取材機会なく現在に至っていますが、
「世界ALSデー」にこうして書くことは、病気について知ってもらいたいという願いと、
自分自身への問いかけでもあります。

健康や医療は“ブーム”ではない。
難病に限らず、すべての情報発信が“生きる”につながるという思いで日々向き合いたい。
私はそう思っています。たとえ微弱な発信力でも。

ということで、本日は「世界ALSデー」。





# by mori-mado | 2017-06-21 17:58 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

「刑務所医療のかかえる課題」

メディア向けのセミナーで「刑務所医療のかかえる課題」と
「薬物依存症女性の子育て支援プログラム」について取材してきました。
まったく初めての分野。

刑務所内(医療刑務所ではなく一般の刑務所)の医療は、
医師と患者という信頼関係よりも、
刑務所職員と受刑者という関係の上に成り立っているケースが多い、
という点が問題の根本だそうで、
「受刑者は健康な状態で社会に戻る権利がある」という点が見過ごされがち、とのこと。

「詐病」であるかどうかの判断が難しいという課題はあるものの、
受刑者の高齢化により持病を持ったケースも少なくないし、
適切な医療が受けられないことでがんが進行し転移したケースもあるそうで、
一層の改善が求められています。
また、服役中は公的健康保険が停止されるため自由診療になるそうで、
外部の医療機関を受診できない理由のひとつに、
医療費を調達できないというのもあるそうです。
(※外部の医療機関に入院する場合はその期間刑を停止し、治療するそうです)

刑務所というと殺人犯などの極端な例をイメージしてしまい、
そこにおける医療のことを考えたこともありませんでした。
しかし、ほとんどの人は刑期を終えて社会へ復帰するわけだから、
確かに「法務」の問題ではなく「医療」の問題として捉えなければいけないのかもしれない。
初めて、そのような問題意識を持ちました。


「薬物依存症女性の子育て支援プログラム」についての講演では、
薬物を始めとする依存症は、 DV被害、性暴力、虐待を経験しているケースが非常に多く
「ドラッグを撲滅するには、虐待を撲滅させる必要がある」
と、ダルク女性ハウスの上岡代表。

虐待から逃れるために十代で家を出た少女が最初に“ドラッグ”と出会うのは、
“痛みを止めるくすり”として、というのが多いそうです。

親との関係が自らにないため「子どもとどう生きていいかわからない」という女性たちが
薬物を再使用しないために
(再使用の75%が“子どもの問題がうまくいかない”を理由に挙げている)、
看護師、児童福祉の専門家、スクールソーシャルワーカーなどもダルクスタッフに加わって、
母と子をサポート。

「母子分離より、統合を支援することが母親の回復につながる。
そのために子どもの権利と安全を守るプログラムを行う」とのことでした。

また依存症には精神疾患や発達障害が重なっているケースも多く、
長期間にわたる横断的な支援が必要だとも話していました。

特別な世界のことではなく、これも私たちが暮らす社会の一つの側面。
マイナスの連鎖を止めるために、
縁がないと思っている私たちも、知り、考え、
できることは行動しなければならないと思いました。

(主催:ファイザー)

# by mori-mado | 2017-06-07 20:08 | 医療キャスターのおしごと | Comments(0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
ご縁ある皆様、昨年はありがとうございました。

かつて番組でお世話になった“師匠”の「継続は力なり」というメッセージを胸に
1年1年を積み重ねてまいりました。
2017年も、また1年動きつづけられるよう心身を整え、
いい情報といい声をお届けできるよう努力してまいります。

a0231828_18562782.jpg

プライベートでは2月に東京マラソンに初挑戦。
大学4年のときに走ったホノルル以来、人生2度目のフルマラソン参戦です。


穏やかなしあわせが皆様のもとに訪れる2017年でありますように。
本年も私と「森まどかのメロメロ*メロンパン日和」を
何卒よろしくお願い申し上げます。
せっかくいろんなお仕事をさせていただいているので、
出演後記などお仕事の話題から趣味の話題まで、、、もうちょっと更新するようにします。


フリーアナウンサー・医療ジャーナリスト
森 まどか

# by mori-mado | 2017-01-03 18:58 | ごあいさつ | Comments(1)

12月9日

12月9日、誕生日。
何年振りかわからないけれど久しぶりに誕生日が休日でしたが、
酷い風邪を長引かせた病み上がりなので、無理をせず。

午後から始動し、スカイツリーからTokyoに沈む夕陽を眺め、
麹町の老舗フレンチ「ラ シャンス」で美味しい時間を楽しみ、お祝いしてもらいました♡


a0231828_12100569.jpg



a0231828_12110637.jpg

シャンパン、白からの、、、ボトルで赤。
病み上がりにしては飲み過ぎました。
お料理もワインも美味しいんだもの(=酔っ払い?)


誕生日とともに、夫婦の記念日でもあるので、共に、おめでとう。
穏やかな日常にしあわせを感じることが、しあわせです。


a0231828_12110741.jpg

両親に、家族に、ありがとう。
公私ともに、ご縁つながりでご一緒してくださる皆様に、感謝。

また“新しい1歳”の幕開けです♡

# by mori-mado | 2016-12-09 23:16 | morimado的日常 | Comments(0)

天空451.2mから

東京夕景。

a0231828_11523204.jpg



スカイツリーの展望台から、夕陽を眺めています。


a0231828_11523397.jpg

451.2mから見るTokyoは、本当に隙間なく建物が建っていました。

遠くに都庁、東京ドームをはさんで、手前に浅草、左に国技館も見えます。
あ! これって、上から「東京マラソン」のコースの下見?!
こんなに広い範囲を走るのかぁ、、、と絶句。



a0231828_11523332.jpg


思い立って、スカイツリーへ。
なかなかexcitingなひとときでした♡



----------

そうそう、こんなステッカーもいただきました♡
ありがとう。

a0231828_15090756.jpg




# by mori-mado | 2016-12-09 17:39 | 東京夕景コレクション | Comments(0)

マトカ

姉から届いたクロネコさんの中に、1冊の本が一緒に入っていました。
片桐はいりさんが北欧での日々を綴った、「わたしのマトカ」。


実はわたしの名前は戸籍では「まとか」と表記されていて、
それを「まどか」と読ませています。

字画が良くないことを気にした母の、
「万葉の時代に濁点なんてなかったのだからいいのよ…」
という奇策(←とても我が母らしい発想…笑)で
「と」を「ど」と読ませる名前なのですが、

正式な場でそんなことが通用するはずなく、
パスポートには「MA“TO”KA」と書かれています。トホホ。

このややこしい名前がずっとずっといやで、
名字も変わったんだし「ど」に変更できないかと思ったことも…


a0231828_11351473.jpg



でも、今朝、本に添えられた
「マトカはフィンランド語で“旅”という意味。人生よい旅を!」
という姉からのメッセージを見て、初めて、この名前を素敵だと思いました。


マトカ。

母がつけてくれた名前の通り、
その意味を新たに見つけてくれた姉に感謝しつつ、

これからもこの名前とともに
わたしの人生を旅していきたいと改めて思った、誕生日の朝♡


なーんだ、いい名前じゃん♪ 笑
しかし、この本を見つけてくれるとは、さすが読書家な姉です。

# by mori-mado | 2016-12-09 11:28 | morimado的日常 | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム