Woman.excite

闘病記⑤

5章 「フォアグラ療法」


最初に痛み出したときからずっと診てもらっていた病院の内科病棟に入院。
ここは療養環境抜群の個室中心の病院である。
病室にパソコンをつなぎ、インターネットやeメールは何の不自由もない。

ある程度は仕事をするつもりでいたが、
極端な栄養状態の悪さと体重減による体力消耗で、とても何かをする気にはなれない。
ただベッドの上でボーっと過ごす。生きている最低限の状態ともいってよい。


病室に入るとまもなく、鎖骨の下からカテーテルをいれ、
そこから毎日24時間、
3,000
キロカロリー近くの輸液と脂肪乳剤を入れ続ける治療が始まった。

点滴の紐がついている以外はまったくの自由だ。


しかし、


痛みは必ずやってきた。夕方や夜に突然。

痛さに麻痺しているのか、痛み止めを求めるタイミングがわからない。

ナースコールを押すか、押さないか、痛みと葛藤しながらも迷う。
「これくらいなら大丈夫なのでは…。このまま治まってくれるのでは…」
やり過ごそうとすると、今度は我慢できない方向へと激しく揺れたりもする。


いつでもSOSを出せる環境になったというのに、
逆によけいな気ばかりを遣い、ベッドの上でうずくまって12時間を過ごす。

回診にみえたドクターに「どうですか?」と聞かれても、何ひとつ良い返事をできない自分が悲しい。

入院したところで、患者は患者で辛いのだ。


一方、13,000キロカロリーの威力は大きかった。
体重は日に日に増えていく。
「太るのなんて簡単なんだな」と変なところで感心する自分がいる。

しかし、なぜ痛みはなくならないのだろう…


入院2週間。
ほとんど食べものを口にしていないのに、体重は9キロ増え、目標の50キロを突破した。
明らかに顔は丸くなり、背中に肉がついた。
「これがフォアグラ療法か…」
この期に及んでなお、気持ちは複雑だった。

太ることは仕方ない。

仕方ないとあきらめる反面、テレビの仕事に復帰できるだろうかという不安が増大する。

そして何より、ここまで固い決意で体重を増やしたというのに、
食後、といっても食パン1枚の半分や豆腐しか食べていないのに、
激しい痛みが起きることに、疑問と苛立ちを覚えていた。


「太ったって治んないじゃん!

先の見えない長い長いトンネル。
暗闇の中で、痛みと体重のバランスは全くつり合っていない。
こんなに苦しいことはない。この治療に期待して臨んだだけになおさらだった。

ずっと抑えてきたものが、弾けた。

こらえきれない涙が次から次へと溢れ、
見回りに来た新人ナースの前で声を上げて泣きじゃくっていた。

「なんで、痛くなくならないの?こんなに太ったのに…、なんで…」

ただ漫然と体重を増やされているだけの治療に、徐々に失望していった。


それでも、

3,000キロカロリーを入れるだけの毎日は、あっという間に過ぎていく。
ただ太らされているだけではないかという疑問は拭い去れない。

3週間といわれた入院期間を超え、体重も“順調に”増えた。


「果たして、内臓脂肪は増えているのだろうか」


主治医はじっくり慎重派だったため、もうしばらく様子を見ていたいようだったが、
せっかちの私には耐え切れず、治療の効果を測定してほしいとお願いした。


CT
画像は残酷にいまの私を写し出す。

「皮下脂肪は増えているのですが、内臓脂肪はほとんど変化がありません」

それが一大決心をして臨んだ治療の成果だった。

「私は、どうなっちゃうんだろう…」


入院4週間が過ぎ、結局はまた振り出しに戻ったことになる。
もう、落ち込んだり泣いたりしている場合ではなかった。


数日後、
検査画像をもって、セカンドオピニオンを受けている外科医を訪ねる。

「内科的治療を1ヶ月やって効果がなかったということは、
これは手術の適応症例ということになります」

話は早かった。
その気になれば3日後に転院、1週間後に手術できるという。

今度は、迷っている余裕はなかった。
「手術さえすれば痛みから解放される」
それは長くつづいたトンネルの中でようやく見えた光のようで、
リスクを考えるほどの冷静さは完全に失っていた。


by mori-mado | 2011-08-31 14:25 | SMA症候群 闘病記 | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム