momokomotion official blog

日本人。サンフランシスコのアートスクールで遊んだあと、 ミレニアムを祝うために来たタイランドに結局ずっと住んでしまう。 バンコク発エレクトロパンクバンドfutonのオリジナルメンバー。 エイベックストラックスからもアルバム『give me more』が発売された。 2007年にソロ活動開始。『punk in a coma』をインディーリリース。 2008年からは10年以上ぶりの日本で初の国内活動を行う予定。 日本に行きたい理由は日本語が一番上手だと気がついたから。



RELEASE INFORMATION 元FUTONの日本人モモコのソロ プロジェクトmomokomotion (モモコモーション)のデビュー アルバム「パンク・イン・ア・コマ」が バンコクに続き日本に参上! バンコク音楽シーンの中心的 存在のmomkomotionが 送る、タイ人以上にバンコクを 強烈に感じさせる、なのに日本も 感じる、英語、日本語の 叙情的な詩が光るナイスな ロックアルバムの登場です。 momokomotionなりの 桜の歌や、ニルバーナの オール・アポロジーズのカバー収録!


momokomotion
【 Punk In A Coma 】
「通常盤」

1. TOY

2. Ask For The Moon

3. Punk In A Coma

4.Sakura Saku

5.All Apologies

6.Follow Me

7. So Crazy

8 Saturday night

9. Beautiful World

10.Skull

All songs written
by momokomotion
Except all apologies
by Kurt Cobain
「豪華盤日本仕様」
豪華版はアートブックの形をとっており、奈良美智のイラストをもとにしたタイ の現代アーティスト、ウィットの紙工作アートワークを収録!立体の人形を作る ことが出来ます。

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
深夜に。
深夜にライブをやることになりました。
私の出演はたぶん夜中3時とかでしょうか。
大人っぽくていいですね。
バンコクのクラブは1時とか2時には終わるんで、こんな夜中のパーティーは初めて?かも。
そういえばロンドンのクラブではこんな時間にやったことありましたっけ。

そういえばのそういえば。
野宮さんのリサイタル用に作った曲とかアレンジものがいっぱいあるんですけど、もうアルバムができるんじゃないかってくらいこれ、けっこう時間かけて気持ちもこめて、つくったものなんですけど、リリースがないんです。
だからこの世にデータとしては存在しないんですよー。いくら検索してもでないってなんか逆にすがすがしいですね。

あの夜集まった人だけの音楽。
洋服でいえばオートクチュールですね。凄い贅沢なかんじがしてきました。
野宮さんもあの夜、電飾付きのドレスとかあの夜かぎりの服を着ていましたが、
音楽だから写真にものこらないのですよ。

だからもったいないので:ー)夜中にライブで歌おうっと。



b0155290_1452286.jpg

by emm_momoko | 2009-09-29 14:07
もう秋です。
ひさびさにブログを書くことにしました。
もう何ヶ月も書いてなかったんですが。
こうしてブログで見ると、本当に自分の気まぐれさがわかりますねー。

私、どうもあんまりブログが得意じゃないみたいです。
記念写真をとったりするのもあまり得意じゃないみたい。
んー、ブログってこういうのでもいいのかなあ。まいっか。

ところで、来週いよいよ野宮真貴さんのリサイタル「Beautiful People」があります。
モモコモーションはリサイタル用に新曲を2曲と、野宮さんのアルバム曲の新アレンジ1曲、ピチカートファイブの曲の新アレンジ2曲、カバー曲1曲、そしてマッシュアップ曲を作りました。

7曲、、、って、もうアルバムができちゃいそうなくらいですが、
でもこれはライブなので一日で終わってしまうんですよ。
曲に合わせて、野宮さんの曲づつ着替えていく衣装の魅せ方がとても素敵です。

公演では音楽監督の菊地成孔さんとともにバンドとしてモモコモーションも出演します。

ぜひぜひ見にきてくださいね。

b0155290_11364354.jpg


野宮真貴リサイタルvol.3『Beautiful People』

恵比寿ガーデンプレイス15周年記念
毎年恒例の「野宮真貴リサイタル」が、今年は恵比寿ザ・ガーデンホールに会場を移し、第3回目を迎えます。
演劇でもない、コンサートでもない、ポストクラブ時代に野宮真貴が見つけた全く新しい舞台表現を支えるのは、主演の野宮真貴はじめ、演出家、音楽監督、衣装、振付といった才能たち。今回の内容は、野宮真貴の原点回帰というべき、女と音楽とファッションのクロニクル。ペブバーン、バルドー、そして、「ブレードランナー」のレイチェルまで歴史を着こなし、時代を輝かせたフィーメールアイコンたちを、音楽とともに野宮真貴が着替え、歌いあげていきます。


主演・衣装プラン:野宮真貴

演出・構成・美術:林巻子(ロマンチカ)
音楽監督:キクチモモコ(菊地成孔+momoko motion)
衣装:丸山敬太(ケイタマルヤマ トウキョウ パリス)
振付:横町慶子(ロマンチカ)

http://gardenplace.jp/event/beautifulpeople.html
by emm_momoko | 2009-09-19 12:26