momokomotion official blog

日本人。サンフランシスコのアートスクールで遊んだあと、 ミレニアムを祝うために来たタイランドに結局ずっと住んでしまう。 バンコク発エレクトロパンクバンドfutonのオリジナルメンバー。 エイベックストラックスからもアルバム『give me more』が発売された。 2007年にソロ活動開始。『punk in a coma』をインディーリリース。 2008年からは10年以上ぶりの日本で初の国内活動を行う予定。 日本に行きたい理由は日本語が一番上手だと気がついたから。



RELEASE INFORMATION 元FUTONの日本人モモコのソロ プロジェクトmomokomotion (モモコモーション)のデビュー アルバム「パンク・イン・ア・コマ」が バンコクに続き日本に参上! バンコク音楽シーンの中心的 存在のmomkomotionが 送る、タイ人以上にバンコクを 強烈に感じさせる、なのに日本も 感じる、英語、日本語の 叙情的な詩が光るナイスな ロックアルバムの登場です。 momokomotionなりの 桜の歌や、ニルバーナの オール・アポロジーズのカバー収録!


momokomotion
【 Punk In A Coma 】
「通常盤」

1. TOY

2. Ask For The Moon

3. Punk In A Coma

4.Sakura Saku

5.All Apologies

6.Follow Me

7. So Crazy

8 Saturday night

9. Beautiful World

10.Skull

All songs written
by momokomotion
Except all apologies
by Kurt Cobain
「豪華盤日本仕様」
豪華版はアートブックの形をとっており、奈良美智のイラストをもとにしたタイ の現代アーティスト、ウィットの紙工作アートワークを収録!立体の人形を作る ことが出来ます。

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
あけましておめでとうございます。
あはっぴーにゅーいやー。
おそくなりましたが。
ああ日本のお正月って最高!空気に化学変化が起こったみたいになりますね。
今年モモコモーションの密かな目標は日々、俳句を書く事す。
やっぱりここは日本だしね!日本語勉強しなきゃ。
実は私の祖母がずっと俳句を作っていて憧れてたのです。


白菜の白まぶしくて目ほそめる夜


みなさま今年もよろしくね。

b0155290_1029093.jpg



ところで私が履いているこの靴はPringParisという私の大親友による靴ブランド。
プリンちゃんはパリ在住のタイ人。
コチラがウエブサイト。Momokomotionの曲が流れます。
www.pringparis.com


靴はこちら。かわいいでしょー!

b0155290_1049552.jpg

by emm_momoko | 2009-01-20 10:32
森リョータさん写真展
b0155290_9544283.jpg
b0155290_9555674.jpg


ミュージシャンをずっと撮り続けてる写真家、森リョータさんの写真展「撮ラ撮ラ撮ラ」に行ってきました。

Underworld、CSS、The ting tings、coldplayなどなど今をときめくロックスターのかっこいい写真がいっぱい。
国内海外ともほとんどの野外フェスに参加して写真を撮っているロック写真家さんです。

ライブでの決定的瞬間がすごく良く撮れててすごいですねーと言ったら、2時間のライブで3000回はシャッターを切るんだそうです。

あとはインタビューやフェスで撮った写真も。どれも写真を撮る本人がすごくよく動き回ったんだろうなあとそのフットワークの軽さに感心しちゃいました。
音楽やが好きって言う気持ち、でなんとかすばらしい一瞬を切り取りたいっていう愛が感じられる写真ばかりでした。

実は彼、futonのときからずっとライブで写真を撮ってくれている女性カメラマンのいずみさんのボーイフレンドさんです。
このブログのトップページ写真もいずみさんが撮ってくれたものなんですよ。
いずみさんは今度モモコモーション写真も入った展覧会やります!と言ってました。
カメラマンとしてピンク色の服を着てライブに参加する!とまで。女の子カメラマンだとやはりステージ袖でどつかれたり、邪見にされる事も多くて大変らしいけど、これでどうどうと写真がとれるかも?よろしく〜。
by emm_momoko | 2009-01-09 10:00
大晦日のニューイヤーワールドロックフェス
b0155290_1131326.jpg


2008年の大晦日、内田裕也プリゼンツニューイヤーワールドロックフェスに出演しました。

サポートメンバーはモトコンポお二人(DR,USUIとChihoちゃん)、東京ピンサロックスのドラマー、玲子ちゃん。

b0155290_1115185.jpg


実際に出てみると、ライブというよりもテレビの収録という感じでした。撮影のためか照明を落とされた客席は真っ暗闇でまるで宇宙を目の前にしてるような不思議な感じ。みんなで超緊張しての演奏でした。ほんとお疲れさまでした!!

今回のこのロックフェス、なんと今年36回目だそうです。
私は出演するまで知らなかったのですが、このフェスは毎年テレビでも放送されていて、音楽ファンのひとなら好きか嫌いかは問わずにみんな一度は見た事があるらしいです。友達に言ったら、みんな「え?あの番組に出るの?」という感じだったのでびっくりしました。

内田裕也さんという方はほんとにビートルズが出てきたくらいのときに日本にロックを紹介したひとなんだとか。

モモコモーションは今年、春くらいにタイのパタヤビーチにあるクラブでライブをしたことがあります。
その会場というのがタイのロックレジェンドであるラムモリソンというギタリストの方のクラブでした。
彼もロックの歴史と同じくらいの年齢で、昔はベトナム戦争があったころにタイにいた米軍人を相手に演奏して人気ものだったらしいです。
その日もエルビスプレスリーとかピンクフロイドとか古いロックを演奏していて、見にきてる熱狂的なお客さんたちはみんなお年を召された白人の旅行者の方たち。
そう、彼は昔からずっとタイに来る外国人を相手に何十年もカバー曲を演奏しつづけているんですよ。

内田さんはラムモリソンのように米軍のために演奏というのとはちょっと違って、カバー曲などもやりつつ、日本に音楽やバンドを紹介していくっていう活動も多くされていたそうです。

アジア人ってもともとはアメリカやイギリスの音楽をカバーすることからロックをはじめたんだなあという当たり前のことを改めて胸にきざみました。

現在は普通に日本にもタイにもアジアの何処の人もロックバンドをやってて、洋楽も邦楽も普通に分け隔てなく聞いているというこの状況もすごく不思議なものに思えてきます。

私はそんな歴史のなかでどういう音楽をつくっていけるのかなあ、、、と考えさせられるところがありますねえ。

んー。例えば今はイギリス人やアメリカ人でも日本料理を作るシェフなんかもいるわけですが、それって日本人がやるよりもすごく大変なことだと思うんですね。
「こんなのはお寿司じゃない」とか言われるだろうし。
いくら好きでも、知識やもともとある環境とかにすごい差があるわけで、同じ土俵でできるかといわれても似て非なるものしかできない。
日本人がやるロックはカリフォルニアロールみたいなものなのかしら。
ちなみにカリフォルニアロールはアボガドが入ったアメリカ風の巻き寿司で、私はアメリカで学生をしてる頃、安くて美味しくて大好きなたべものだったんですよ。
コカコーラを飲みながらだと最高においしいです。

この日のライブはほんとに短い時間の15分セット。
セットリストは考えに考えて、
1. Punk in a coma
2. Sakura Saku
3. 幽霊バタフライ
4. Follow Me
の4曲。

楽屋では内田裕也さんの御姿も拝見しましたが、沢山人がいるし私もバタバタしていてお話をする事も出来ませんでしたが、この人が日本のロックレジェンドなんだなー!と感慨深く感じておりました。

出演者のなかには私も大好きなシーナ&ザロケッツが出演していて、「レモンティー」や「ユーメイドリーム」なんかのヒット曲も演奏していてうれしかったです。
演奏はほんとに古いロックンロールスタイルで、結構イマドキのロンドンとかニューヨークのバンドなんかの音に通じるものもあって超新鮮でした。


この日のライブの模様が放送されます。
1月11日深夜0:45から3時間 フジテレビにて。

お楽しみに〜。
by emm_momoko | 2009-01-06 11:05