9回裏の逆転(長文です、途中で1回疲れます)

今、山下達郎のクリスマスソングのカバー曲を聴きながら
久しぶりにミッドナイト作業しています。
2012年冬付近、半年程お休みがありましたので、正確には
ずっと走り続けてきたわけではありませんのでこそっとblogにだけ
記載します。

おかげ様で今月の初旬、HAPPYPANがまるっと13周したお礼と
14年目もよろしくお願いしますの気持ちで今日は書きます。

d0240469_00020221.jpg
山下達郎の曲を聴くと(なぜか呼び捨てで)大学の時のクリスマスを思い出します。
もう、はっきり言って可哀想な悲惨なクリスマスだったと思います。当時アラウンド1999年。
でも今となっては、悩みの一つにも入らない。

「自分だけのもやっとした問題」なんて、数年もすると蒸発するんですね、すると思いたい。

いや、数年というスパンではなくて、きっとどこかで何かの量単位で「はい、もうよし!!」
「はい、もうその件に関して飽きた(!)」と、自分の中の何かの細胞が、
「もうよかろう、十分悩んだ、十分検証した、」と決着をつけさせてくれるのかもしれない。
世間から見て「あはは」というぐらいの状況でも、外から見た条件は
素敵になんかなっていなくても、自分の細胞が自分の精神をかなり上回って、もういいよ、と
決着をつけさせてくれる。自分を助けてくれる。
だから身体は大事にしないとね(そういうオチかい!)


なりたくて、なりたくて、なりたくて、スタートさせてもらった今の仕事。

新卒で入社した会社にすごくお世話になったのに、結局「いいとこどり」をしてしまった引け目が、
いや、石の上にも3年も座っておくことが出来なかった自分へのコンプレックスやその当時の
お客様に対する申し訳ない気持ち。そして、冒頭の1999年頃の私が、
ずっと私の胸の中に居座っていて、旗振り役をスタートしました。

ですが、走り続けることができるのは、リアルに「今」お会いしている方たちのおかげだ。
思い出や自分の初心を超えて、今、目の前にいらっしゃる方が私を突き動かす。そんな時間を
ずっと体感させていただいています。

HAPPYPANという小さなブランドを一生懸命に支えてくれる秘書的な役割のスタッフ東に深く感謝します。
醜い自分を差し出さなくても、心を読まれ、意思疎通ができる人種の女性です。
そして、スタッフSはじめ、現在関わっているスタッフ、今まで関わってくれたスタッフの一生懸命さ全てに感謝します。
一緒に過ごした時間(過ごしている時間)が、プラスに働くといいな、と願っています。

五島で教室をしている道端さんご夫妻にも、師範クラスでがんばってくれたメンバーにも、
今現在会場をお借りしているオーナーさんや、佐世保クラスでいつも雑用係のまりこさんや小楠さん、
沖縄クラスを支えてくれるメンバーや、快く引き受けてくれる講演会スタッフ、
私を指導してくれたフリーアナウンサーの森田みきさんや、
暮らしレシピなどでご尽力いただいている中島さんはじめ多くの講師の方、
そして何より、教室に足を運んでくださる生徒さんあっての今月の13周年です。

この13年。
今の私だったら、上手く関係を保てる、そう思う方は公私ともにいらっしゃいます。
一言で言うと、まだまだプロとしては半人前の私だったと思います(今もまだまだ過ぎてお恥ずかしい)

生徒さんとの数々の思い出や、生徒さんや関係者に頂いた励まし、
一緒に話をした時間。経験をさせてもらったご縁ある仕事の数々。
研修させてもらった時間など。まだまだ書き足りないですが、
他にも自分が気がついていない力、人も必ずある(いらっしゃる)と思っています。
おかげさまでありがとうございます。

話が長くなってすみません・・・

9回裏の逆転、って言葉を、18歳の時、マジックで書いた紙を
机から振り返ったら見える壁に貼っていたのです。笑えるでしょう!
今思うとなぞの「9回裏の逆転」です。別に野球が好きだったわけではないです。
でも、きっと常に「負けて」いた気分だったんでしょうね(笑)
ごめんね、18歳の由美子。40の私には響かない言葉だな。

今だったらなんと書くかな~。

「泣くな、おめくな、さあ、楽しめ。」かな(笑)


勝手に好き勝手つぶやいているblogですが
哀しみが一瞬忘れられますように。
明日は晴れますように。

教室も同じ気持ちでお待ちしております

d0240469_01173184.jpg









by yumikomiyamiya | 2017-11-27 00:43 | パン教室

宮下由美子


by 宮下由美子 (みやしたゆみこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31