黙祷

朝から広島の中継を見ながら黙祷。
こんなに朝早い、一日のスタートの時間に
投下されていたなんて。
(火も使う、慌ただしい時間だ。)

長崎ケーブルメディアさんが
すごいな、と思うのは、8月のこの時期だけでは
なくて年中、戦争の悲惨さをフィルムで流していることだ。
この企画を知った時から
長崎ケーブルメディアさんの格は
私の中でかなり上がった。

昭和20年、1945年の出来事。
8月6日広島、8月9日長崎
終戦日8月15日。たったの70数年前の出来事。
広島だけでも14万~15万、長崎では7万以上の方が
亡くなり、亡くなっただけではなく、今もなお
苦しんでいる方が多数いらっしゃる。
東京大空襲や沖縄戦でも、
その話はしたくない、という先輩もいらっしゃることだろう。
青春がなくなった、健康がなくなった、
家族が亡くなった、生活がなくなった。
希望がなくなった。何もかもなくなった。
そんなことが、この地でたったの70数年前に起きたのだ。

私にできることは、
せめて、この時期だけは
あの日を想像して
暮らしたい。


開業したての頃、
8月9日のレッスンの時に
黙祷の時間に黙祷せずに
授業を進めたことがある。
どうしようかなと迷う時間があったのにだ。
今思うと恥、である。

昨日から
DVDをいくつか借りてきて
映画三昧。
平和すぎる。

「海賊とよばれた男」も観た。

d0240469_22302067.jpg
こちら東京駅の天井。

東京大空襲では10万人の方の命が奪われた。
10万人だ。1万人でも想像できないのに、10万人だ。
今の自分は、恵まれすぎている。
感謝しかない。
多くの日本人の犠牲者の方々に、黙祷の数日間だ。
























by yumikomiyamiya | 2017-08-06 22:46 | あなたへ 

宮下由美子


by 宮下由美子 (みやしたゆみこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31