子供の頃から、海老がものすごく好きで、


三つ子の魂百までとはよく言ったもので、


あんなに積極的に摂取してきたのに、大人になっても飽きずに、今も大好きだ。










そんな私に前菜からメインまですべてを海老にする、


海老尽くしコースをやってくれるということで、


お店の常連さんと共に「東京チャイニーズ 一凛」さんにて海老ディナーを敢行。


ちなみに、オール海老というオーダーをもらったのは、


さすがに「一凛」さんも初めて、とのこと(笑)。


f0232060_11333297.jpg


































本当に1品目の前菜からガッツリ海老スタートで、


まずは、ボタン海老の紹興酒漬け。


いわゆる「酔っ払い海老」だが、海老も甘くて、こっちが酔ってしまいそうな絶品!


f0232060_11374633.jpg






























ここから怒涛の海老料理が次々と出てきて、


車海老、川海老、白海老、桜えび、えび餃子にえびワンタンと、


甲殻機動隊垂涎の海老コースだった。


f0232060_11404757.jpg























f0232060_11411919.jpg























f0232060_1141418.jpg























f0232060_11423685.jpg























f0232060_11425613.jpg























f0232060_11432023.jpg

































メインディッシュは、伊勢海老


なんとフカヒレの姿煮が同居してて(笑)、


どちらもピンで立てるほどの大物なのに、すごいユニット料理になってた。


f0232060_114523.jpg


































今回、どの海老料理も驚きや発見が多く、とても美味しかったのだが、


中でも、目の前で生の「酔っ払い海老」作りを見れたのが貴重だった。


活きた海老をそのまま紹興酒に入れて、文字通り酔っぱらわせるのだが、


これを目の前で見れるとは思わなかったので、感慨深げ。


f0232060_11492892.jpg























f0232060_11495173.jpg























f0232060_115172.jpg























f0232060_11513042.jpg































ふと、瓶の中で海老が狂ったように跳ねる様子を見て、


「ああ、お酒飲んだ時は気を付けよう」など、反省してみたり・・・。


こんなに暴れたりはしないけど(笑)。








■「東京チャイニーズ 一凛」
http://www.whaves.co.jp/ichirin/








■今日のカメ

■「一凛」
f0232060_11333297.jpg有楽町線「新富町駅」から徒歩2分ほど。路地裏にあります。

本日は半個室にて、海老尽くしの特別コースです。







■お酒①
f0232060_11574158.jpg福島県喜多の華酒造の貴醸酒で乾杯。

日本酒なのですが、紹興酒を甘くしたような、甘めの白ワインを飲んでるようなそんなお酒です。







■1品目
f0232060_11374633.jpgボタン海老の紹興酒漬け。いわゆる「酔っ払い海老」。

甘いボタン海老に紹興酒が染み込んでて、絶品でした。






■「酔っ払い海老」作り①
f0232060_11492892.jpg前菜のボタン海老の酔っ払い海老ではなく、今度は車海老を使って、酔っ払い海老を作ります。

大きなガラス瓶の中に、紹興酒が入ってます。







■「酔っ払い海老」作り②
f0232060_11495173.jpgまだ生きている活きの良い車海老です。










■「酔っ払い海老」作り③
f0232060_115172.jpg写真だと分かりにくいのですが、10分以上、瓶の中で海老が大暴れしています。









■「酔っ払い海老」作り④
f0232060_1231791.jpgしばらくすると、泡が出てきて、静かになりました。









■土鍋、登場!
f0232060_124378.jpgアツアツに熱した土鍋の中に、先ほどの酔っ払い海老をいれます。









■赤くなった!
f0232060_125379.jpg蓋をしてしばらくすると、いい香りと共に、紹興酒漬けの車海老料理が完成。









■2品目
f0232060_1263995.jpg先ほどの酔っ払い車海老は、特製ソースとパクチーでさっぱりといただきます。









■3品目
f0232060_11404757.jpg白エビのから揚げ。

ほんのり塩が効いてて、お酒に合う味。








■4品目
f0232060_11411919.jpg川エビのから揚げ。










■5品目
f0232060_1295067.jpg車海老を丸ごと1匹使った贅沢なエビ餃子。










■6品目
f0232060_114523.jpg伊勢海老とフカヒレの姿煮。初めて食べる組み合わせですが、こんなコンパクトな皿の中に大物女優級が2人もw。

伊勢海老も、フカヒレも、すごく美味しかったです。





■お酒②
f0232060_12124877.jpg「華の貴婦人」というお酒。甘めの紹興酒っぽい感じ。飲みやすくて美味しい。









■7品目
f0232060_12145745.jpg車海老の四川風炒め。少し辛め。










■8品目
f0232060_1215502.jpg桜えびと、たけのこと、スナップエンドウの塩炒め。春の食材を集めた一品。









■9品目
f0232060_12165723.jpg〆は、海老ワンタンがたっぷり入ったわんたん麺。










■10品目
f0232060_12173524.jpgデザートは杏仁豆腐。さすがに、デザートは海老じゃなかったですw。








東中野にある美味しいカジュアルビストロ、


「Bistro trois trois ビストロ トワトワ」でランチ。


f0232060_122938.jpg

































「トワトワ」のランチは、コースのみだが、


通常の「前菜+メイン+デザート」のコースに、


もっと食べたい時には、前菜やメインをメニューからさらに追加できるのが特徴。








前回は時間がなくて、残念ながら通常コースしか食べれなかったので、


今回は、「前菜+メイン+デザート」に、さらに前菜1皿、メイン1皿を足してみた。


f0232060_126124.jpg























f0232060_126331.jpg























f0232060_1273112.jpg























f0232060_128561.jpg























f0232060_1282921.jpg























f0232060_1285072.jpg
































こんな美味しい料理をランチからガッツリ食べさせてもらえるなんて、幸せ。


特に、パクチーを効かせた鶏もも肉のロースト、絶品だったなあ。







■「ビストロ トワトワ」
https://www.facebook.com/bistro.tr33/









■今日のカメ

■「ビストロ トワトワ」
f0232060_122938.jpgJR東中野駅東口から徒歩1分ほど。駅からすぐのところにあります。









■店内の様子
f0232060_132970.jpgカウンターとテーブル。席数はかなり少ないです。










■前菜①
f0232060_126124.jpg自家製のお肉のパテ。濃厚で美味しいパテです。










■前菜②
f0232060_135063.jpgフォアグラとカカオのガトー。これは通常価格に+500円。ランチからこんな美味しいフォアグラ食べれて幸せ。カカオとの相性バッチリ。

ちなみに、「前菜1皿+メイン1皿+デザート」が通常コースで1980円。さらに前菜追加が+800円、メイン追加が+1200円。




■バケット
f0232060_136363.jpg小麦の味がしっかりしているバケット。










■メイン①
f0232060_1371547.jpg今回のお気に入り、鶏もも肉のパクチーソース。

パクチーが強すぎず弱すぎずで、ちょうどいいアクセントになっていて、見た目よりもさっぱりしています。鶏も柔らかくて、このお料理すごく好みでした。





■メイン②
f0232060_1391775.jpgもう1つメインを追加。岩中豚のグリル。ソースはバルサミコ。柔らかくて、ジューシー。これもとても美味しく出来てます。








■デザート
f0232060_1285072.jpgイチゴのコンポートとバニラのアイスです。甘さ控えめで、デザートも美味しい。








ご招待いただき、キャピタル東急内にある高級中華「星ヶ岡」へ。



f0232060_23132999.jpg























f0232060_23135514.jpg























f0232060_23142050.jpg






































この「星ヶ岡」の特徴は、


普段は、普通にホテル内の高級中国料理店として営業しているが、


土日限定で、オーダー式の高級中華バイキングをやっている。








そして、この「高級」という部分が本当にすごくて、


いわゆる高級中華食材料理もすべてオーダー可能。









通常のアラカルト価格8400円となっているフカヒレの姿煮も、



f0232060_23185968.jpg

































普段なかなか食べられないつばめの巣のスープも、


f0232060_2320338.jpg
































アワビのクリーム煮だって、


f0232060_23203662.jpg






























伊勢海老のチリソースだって、


f0232060_23215748.jpg

































北京ダックだって、


f0232060_11419.jpg


































その他、普通のエビチリも、牛肉のオイスター炒めも、チャーハンも、麻婆豆腐も、


高級中華がなんでもオーダー出来てしまう!!


f0232060_23232464.jpg























f0232060_2323528.jpg























f0232060_23242296.jpg























f0232060_23244782.jpg























f0232060_232519100.jpg























f0232060_23254462.jpg
































気になるオーダーバイキングのお値段は、


大人12,000円


中華は1皿で量があって、普段なかなか色んな皿を頼むことができないし、


ましてや、高級食材を使った中華はめちゃくちゃお値段するので、


それがこの値段で好きなものを好きなだけ食べれると思えば、


相当、コストパフォーマンスはいいと思う。







■「星ヶ岡」
https://www.capitolhoteltokyu.com/ja/restaurant/hoshigaoka/









■今日のカメ

■「星ヶ岡」
f0232060_23132999.jpg南北線、銀座線「溜池山王駅」直結のキャピタル東急2階にあります。









■店内の様子
f0232060_23142050.jpgシックで上品なテーブル席。ゆっくり食事が出来ます。個室もあります。









■テーブルセット
f0232060_0472341.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■紹興酒
f0232060_048560.jpg5年ものの紹興酒ストレート。最近、中華食べるときはすっかり紹興酒になりました。








■1品目
f0232060_0491727.jpg通常のグランドメニューの中から好きなものをオーダーできます。2時間制で大人12,000円。

まずは、前菜で白菜の甘酢漬け。中華料理の箸休めにもピッタリ。






■2品目
f0232060_051084.jpg蒸し鶏の葱ソース。

鶏もとても柔らかく、葱ソースもめちゃくちゃ美味しく出来ていて、絶品。







■3品目
f0232060_23185968.jpgフカヒレの姿煮。通常価格8400円の料理もオーダー可能。ただし、フカヒレは1人につき、1回まで。

これもめちゃくちゃ美味しく出来てました。







■4品目
f0232060_0542127.jpg車海老のチリソース。海老がプリプリ。










■5品目
f0232060_055822.jpg牛肉のオイスターソース炒め。










■6品目
f0232060_23244782.jpgカニ爪揚げ。甘いカニ身がいっぱい詰まっています。









■7品目
f0232060_23203662.jpgアワビのクリーム煮。










■8品目
f0232060_057299.jpg特製シュウマイ。かなり大きくて、しっかりした食べ応えで、シュウマイというより肉まんのような感じ。








■9品目
f0232060_2320338.jpg蟹の卵入りのつばめの巣のスープ。通常価格3600円の高級スープ。

つばめの巣自体には味がなくて、食感を楽しむ感じ。蟹の卵のコクはありますが、口当たりはまろやかで、意外とさっぱりと食べれる味。





■10品目
f0232060_103193.jpg海老の卵白炒め。










■11品目
f0232060_11419.jpg北京ダック。包まれた状態でやってきます。










■12品目
f0232060_125827.jpg鶏肉とカシューナッツの炒め。










■13品目
f0232060_134330.jpg酸辣湯。酸っぱすぎず、辛すぎず、ちょうどいい味。









■14品目
f0232060_23215748.jpg伊勢海老のチリソース炒め。










■15品目
f0232060_1571.jpg麻婆豆腐。










■16品目
f0232060_15343.jpg卵とネギのシンプルな炒飯。麻婆豆腐用。










■17品目
f0232060_162712.jpg杏仁豆腐。
# by meshi-quest | 2017-04-26 08:07









毎月変わるコースが楽しみで、


コースが切り替わる度にお邪魔している裏原ビストロ「kiki キキ」。


ランチもディナーも同じコースなので、


時間がある時に好きな時に来てコースが楽しめるのが個人的にはありがたい。


f0232060_13435693.jpg


































4月は、初鰹、桜、ゴールデンオレンジ、タケノコなど、


春の旬の食材をふんだんに使った、春らしい華やかなコース。


個人的には、前菜で最初に出来てきた「湯葉ティラミス」と、


魚料理の「江戸前穴子と筍のパイ包み焼き」が美味しかったなあ。


f0232060_1347787.jpg























f0232060_13472963.jpg























f0232060_13475077.jpg






















f0232060_13482361.jpg























f0232060_1349071.jpg























f0232060_13492691.jpg























f0232060_1357478.jpg























f0232060_13495156.jpg























f0232060_13501321.jpg



























また次の5月のコースも超絶楽しみ。





■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/








■今日のカメ

■「kiki」
f0232060_13435693.jpg副都心線「明治神宮前駅」から徒歩1分ほど。JR原宿駅からも歩けます。大通りから1本中に入った路地裏にあります。








■ドリンク
f0232060_1347787.jpgお気に入りのいつものドリンク。「マルコポーロ&ローズ&梅」(700円)。

マリアージュフレール「マルコポーロ」と、ローズの香りが華やかで、すごく好き。






■1品目
f0232060_13472963.jpg最初の前菜は「湯葉のティラミス」。










■アップ
f0232060_13475077.jpgあずき、湯葉、コーヒーと、すべて豆で作られていて、甘くないティラミスという感じ。めちゃくちゃ美味しい!








■2品目
f0232060_13482361.jpg「初鰹のフリット 桜と鰹節とトマト水のスープ仕立て」です。

トマトを抽出した透明なエキスにカツオ出汁が入った優しいスープの中に、脂が乗ってるカツオと、菜の花っぽい野菜のニョッキが入っています。





■3品目
f0232060_1349071.jpg「江戸前穴子と筍のパイ包み焼き」です。穴子と筍の相性が良く、これも美味しいパイ包み焼きでした。

周りの緑のソースは、「あこがれ」という煎茶を使ったソース。ほのかにお茶の香り。





■4品目
f0232060_1357478.jpg「ミモレットとゴールデンオレンジと高原レタスのサラダ」です。

小さいのにすごく甘い旬のゴールデンオレンジと、そのまま丸かじりするかのうような高原レタスの上に、これでもか!というほどミモレットが掛かっています。サッパリしてて、美味しいサラダ。




■5品目
f0232060_1404498.jpg「黒毛和牛”静岡そだち”ステーキ 牛コンソメと昆布のソース」です。

付け合わせは、赤ワインで炊いたご飯。全体的にさっぱりと和風なステーキですが、赤ワイン御飯を牛肉と一緒に食べると、一気に洋風に。





■6品目
f0232060_13501321.jpgグラニースミスという青りんごとジンのジュレのサッパリとしたデザート。

もう1つ「メロンどうふ」という初めて食べる不思議なデザートがあったのですが、そちらは美味しすぎて、写真撮る前に食べちゃいました・・・。あるある。








久しぶりに、西荻の大人気肉汁うどん「豚や」でランチ。


f0232060_16551234.jpg


































ここのうどんは、唯一無二というか、食べた瞬間に違いが分かる。


讃岐でもないし、京都でもないし、どこのうどんとも違う。


f0232060_16575566.jpg

































豚肉の量、麺の量、具の多さもさることながら、


何と言っても一番の特徴は、うどんが驚くほど硬いこと(笑)。


この硬さは、食べてもらわないとうまく伝えられないのだが、ホントに硬い。


私は硬いうどんの方が好きなので、すごく好みではあるが、


こんな私でもこのうどんの硬さには、最初驚いたw。



f0232060_172263.jpg























f0232060_1722630.jpg























f0232060_1724469.jpg
































でも、このうどん、噛めば噛むほど味が出て、


食べれば食べるほどハマっていく。


すごく美味しいんだけど、かなり量があって、いつも完食しきれないのが悔しい。






■「豚肉汁うどん 豚や」
http://butaya.p-kit.com/










■今日のカメ

■「豚や」
f0232060_16551234.jpgJR西荻窪駅から徒歩20分ほど。西荻窪と上井草の間くらい。駅からはかなり歩きます。

立地は決して良いとは言えないのですが、人気店で、いつ来ても長蛇の列。






■豚肉汁うどんスペシャル
f0232060_172263.jpgいわゆる全部乗せ。

スープは黒の関東風と、白の関西風がありますが、「豚や」らしさはやっぱり黒。







■豚汁、アップ
f0232060_1724469.jpg豚バラ肉、ネギ、卵、油揚げがたっぷり乗っています。すごいボリュームです。

濃いめの醤油スープに、豚バラの脂と、油揚げと、ネギがすごく合います。






■うどん、アップ
f0232060_1722630.jpgうどんも無限増殖しているかのようなボリューム(笑)。

硬いですが、それがまたいい。とてもうどんの本来の味を感じて、美味しいです。
# by meshi-quest | 2017-04-24 08:06 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン