新宿歌舞伎町の風林会館近く。


新宿を知っている人であれば、


いま脳内に、ネオンがギラギラした一大風俗街の映像が流れたはずだ。










新宿に会社を構えるとある社長さんからのおすすめで、


この風俗街にめちゃくちゃ美味しい焼鳥屋さんがあるという


かなり難易度の高いメシクエストをいただき、冒険してきた。









入口もだいぶ迷って、途中、間違っていかがわしいお店に入りかけながらも、


路地裏の、さらに路地裏にようやく見つけて、たどり着いた焼鳥「道しるべ」。


結論から言うと、かつて新宿で食べたどの焼鳥よりも一番美味しく、


色んな意味で感動したので、そのメシクエ話をしたいと思う。


f0232060_1414944.jpg























f0232060_14143050.jpg

































店内は、1階と2階があって、正直かなり狭く、


1階は立ち飲みは当たり前、入れない人が外で皿持って食べてたり、


2階の座敷は身を縮めないと座れないくらいだったが、


スタッフさんがめちゃくちゃ気を遣ってくれて、親切だったのと、


新宿歌舞伎町の路地裏というこの雰囲気が、不思議と嫌にさせなかった。


f0232060_1418351.jpg























f0232060_14182810.jpg























f0232060_1419017.jpg























f0232060_1427973.jpg


































2階の座敷の一番端に通していただき、座る。


1階と2階はかなり急で狭い階段1つで繋がっているため、


店員さんも料理の注文聞きや料理のお運びがしにくい仕様になっており、


それを改善する画期的なシステムが搭載されていた。










ファッファファ~ン!(ドラえもんの秘密道具のノリで)


「しる電話」!


このパイプに向かって注文を話すと、1階に聞こえるよ!


f0232060_14221040.jpg























f0232060_1422286.jpg































そして、もう1つ、ファッファファ~ン!!


「しるベーター」!!


紐を使って上げ下げできるようになってて、料理が1階から運ばれて来るよ!


2階の不要な食器もこれで戻してね。


f0232060_14241229.jpg























f0232060_14244746.jpg



































と、まあ、こんな感じだ。


この時点でもかなりテンションが上がり、


ロトのつるぎを見つけたに匹敵するくらいの興奮だったが、


焼鳥がめちゃくちゃ美味しくて、サイドメニューもめちゃくちゃ美味しくて、感激。


歌舞伎町のど真ん中でこんな美味しい焼鳥をいただけるとはなあ・・・。


f0232060_1430688.jpg























f0232060_14303049.jpg























f0232060_14305426.jpg























f0232060_14315881.jpg























f0232060_14321883.jpg























f0232060_14324021.jpg























f0232060_1433039.jpg































久しぶりに、かなりの経験値が溜まる、素晴らしいメシクエストとなった。


またぜひお邪魔して、絶品焼鳥で胃を癒しつつ、経験値を貯めたいと思う。






■「道しるべ」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13101685/








■今日のカメ

■「道しるべ」
f0232060_1414944.jpgJR新宿駅から徒歩7分ほど。風林会館近くの思い出横丁の中にあります。かなり迷う上、入るのに勇気がいる場所。赤ちょうちんが目印。








■入口
f0232060_14143050.jpgこの従業員通用口っぽいところが入口です。










■1階の様子
f0232060_1427973.jpg1階はカウンターと立ち飲み。めちゃくちゃ混んでて、外にも人がいました。









■2階の様子
f0232060_1418351.jpg2階は、4卓だけ座敷があり、靴を脱いで上がります。正直めちゃくちゃ狭いですw。









■「しる電話」
f0232060_1422286.jpg1階への注文はこの「しる電話」というパイプを使って行いますが、ここにたどり着くのも狭いので一苦労で(笑)、電話のそばに座っている人が代わりに注文をしてあげるという互助会制度が生まれてました。みなさん大人w。






■「しるベーター」
f0232060_14244746.jpg1階と2階を繋ぐ手動の食器上げ下げ機。これも近くに座った人が取って、バケツリレー方式でw。

すごくいい意味で、いいお客さんと協力で成り立っている感じのお店です。






■テーブルセット
f0232060_14182810.jpgテーブルセットはこんな感じ。グラスを4つくらい乗せたらいっぱいになりそうなテーブルがすべて。あとは、工夫と努力で乗り切るw。








■お通し
f0232060_1444509.jpg自家製のポテトサラダ。癒される優しい味。










■焼鳥①
f0232060_1430688.jpg大将のおまかせにして、ストップと言うまで出してもらうことに。

まずは、山梨の極み鶏のささみ。柔らかく、すごく美味しい。かなり大きいのに、これで180円という安さ。





■焼鳥②
f0232060_14303049.jpgせせり。これもすごくジューシー。










■1品目
f0232060_14305426.jpgトウモロコシの天ぷら。生のトウモロコシを切って揚げているので、甘くて、すごく美味しい。









■焼鳥③
f0232060_1450183.jpgこれもかなりジューシー。










■2品目
f0232060_14505092.jpgキャベツのアンチョビガーリック炒め。鉄板に美味しい。濃厚で酒が進む味。









■3品目
f0232060_14321883.jpg出汁巻き玉子。優しい出汁が効いてます。出来立てアツアツ。









■焼鳥④
f0232060_14315881.jpgつくねのたれ。肉汁たっぷりのいいつくねでした。










■焼鳥⑤
f0232060_1453715.jpgイベリコ豚の牛タン。わさびがすごく合う。










■4品目
f0232060_14324021.jpg大きな椎茸フライ。特製のタルタルソースがたっぷりかかってます。うまい!









■焼鳥⑥
f0232060_1455273.jpg外ももの中落ち。柔らかくて、すごく脂が乗ってます。









■焼鳥⑦
f0232060_1433039.jpg極み鶏の手羽中。これもかなりジューシー。










■5品目
f0232060_1457316.jpg鶏の白湯スープ。ネギがたっぷり入ってます。
# by meshi-quest | 2017-05-29 08:08 | 新宿








沖縄は「沖縄そば」でも分かるようにめちゃくちゃ麺文化だが、


意外と、いわゆる普通の「ラーメン」と呼ばれる麺は少ない。


朝から晩まで、どこもかしこも「沖縄そば」だ。









元々の麺文化に、さらに「沖縄そば」以外の珍しさもあってか、


沖縄にラーメンブームが来ているようで、続々と名店が誕生している。


その中でも人気の、横浜のラーメン博物館にも出店をしているという


「琉球新麺 通堂 (とんどう)」に行ってみた。


f0232060_13373365.jpg























f0232060_1338314.jpg
































那覇近辺では有名な人気ラーメン店のようで、


沖縄のスタッフから「いつ行っても混んでる」と聞いていたが、


平日の普通の昼過ぎで、ゆうに30分待ち。


しかも、もちろん地元の方もいたが、話し声を聞いてると、その大半が中国系。


どうやら、中国観光客に日本ラーメンブームが来ているようだ。


f0232060_13405640.jpg
































待つ人は、ウェイティングの紙に名前を書き残すのだが、


日本人の店員さんが何度も「チンさんー、チンさん、いらっしゃいますか?」と聞き、


その度に、たくさんいるであろう『チンさん』がワサッと集まっては、


自分の『チン』でないことを確かめて解散していく様は、ちょっと滑稽だった。











待つこと約30分、ようやく入れて、カウンターに着席。


サービスで自由に食べれるピり辛もやしを食べながら、ラーメンを待つ。


ピり辛いと聞いていたが、たいぶ辛い。


f0232060_13451825.jpg























f0232060_1345445.jpg































ラーメンは、「おとこ味」「おんな味」の2種で、


「おとこ味」はこってり豚骨、「おんな味」はさっぱり塩になっている。


当然、ジェンダー気にせず、濃厚民族は「おとこ味」を選ぶ。


f0232060_1347361.jpg























f0232060_13475624.jpg



































もう慣れたが、量多めを「メンズセット」とか、


デザートつけると「レディースセット」とか、


食にメンズも、レディースもないので、何とかならないかな、もう慣れたけど。









さて、「おとこ味」の全部入り登場。


なかなか臭みがあって、濃さもあって、好きな風味の豚骨ラーメン。


「一蘭」や「じゃんがら」のぼんしゃんらーめんに近い感じ。


f0232060_13511678.jpg























f0232060_1352641.jpg






























よく言えば、みんなが大好きな優等生の豚骨、


もっと言うと、特徴が薄いというか、


どこかほかでも食べれそうな気がしてしまうので、


また絶対ここに来て並びたいと思うかというと、ちと考えてしまう。


東京はラーメン激戦区なもんで、


どこもかしこもラーメンのクオリティーも高く、悲しいかな舌が肥えてしまう。












ちなみに、これが別の方の頼んだ「おんな味」


薄すぎず、濃すぎず、これはこれでとても美味しい塩だった。


f0232060_1355258.jpg























f0232060_13552377.jpg
































別のテーブルが頼んでいたチャーハンのビジュアルが良く、


思わず追加でチャーハンを頼んでしまったのだが、


かなり胡椒が強くて、見た目は好みだが、味がイマイチ好みではなかった。


実際若い男性スタッフさんが力強く中華鍋振りながら、男飯を作っていて、


このチャーハンが「おとこ味」と言われると、納得なのだが。


f0232060_13574185.jpg































■「琉球新麺 通堂 (とんどう)」
http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyushinmen_tondo.html







# by meshi-quest | 2017-05-28 08:06 | 沖縄








那覇の繁華街にほど近いところにある


古民家カフェ「茶ぁーやー」で昼ごはん。


f0232060_1352810.jpg
































ああ、この感じ。


沖縄に来た!という感じがする。


いいなあ、沖縄の古民家は。


棚に三線が飾られてたり、沖縄独特の飾り付けがあったり、


東京のそれとは、やっぱりちょっと違う。


f0232060_1365197.jpg























f0232060_137125.jpg

































せっかく出張で沖縄に来てるので、沖縄らしい昼ご飯を。


豚肉をトロトロに煮込んだラフテー定食


暑いから、ちょっと甘めの濃い味くらいがちょうど良く、ご飯が進む。


f0232060_1393428.jpg























f0232060_13105282.jpg























f0232060_13111256.jpg























f0232060_13113330.jpg

































そして、この日、念願だったあの飲み物を飲めることに。


ぶくぶく茶、見参!!!



f0232060_1313341.jpg




































最初の感想としては、思った以上にぶくぶくしてて驚いたw。


カプチーノとかのそれとは違って、かなり固めで、一向に壊れる気配のない泡。


中は、沖縄名物の「さんぴん茶」で、その上に米粉を泡立てたものが乗っている。


見た目に反し、全く甘くなくて、生ぬるいさんぴん茶と泡の謎のドリンク(笑)。


f0232060_13163181.jpg


































何事も経験なので、ぶくぶく茶が飲めたことは最高に感激なのだが、


美味しいか美味しくないかで言うと、あまり美味しいものではなく、


以後は、普通に泡無しのさんぴん茶を頼むことだろう。


過ぎたるは及ばざるがごとし、とはよく言ったものだ。










そういえば、ぶくぶく茶ならぬ、ぶくぶくコーヒーというのがあるらしく、


カプチーノじゃん?と言われればそれまでだが、


ぶくぶく茶よりは相性良いような気がするので、


こちらはまた別途機会があれば飲んでみようと思う。








■「古民家カフェ 茶ぁーやー」
http://www.localplace.jp/t100143077/








# by meshi-quest | 2017-05-27 08:06 | 沖縄








沖縄出張でございます。


沖縄は3月にもう海開きがされているくらいで、


待ちゆく人は皆半袖、室内にはクーラーが入り、夏全開。


さすが、南国。










毎回、現地の有志スタッフが集まって、


沖縄の美味しいお店に連れて行ってくれるのが、


出張の密かな楽しみになりつつある今日この頃。


出張初日の夕食は、「しまぶた屋」というスチームダイニングへ。


f0232060_1231841.jpg
























f0232060_12314749.jpg




































真っ先に目を引き、驚いたのが、


テーブルに設置されている巨大なせいろ


持ってきたものではなく、各テーブルに設置されてて、


すでにホッカホカに蒸されている。


f0232060_12333291.jpg


































ここに生野菜や生肉をどんどんぶち込んで、


蒸しては食べ、食べては蒸しを繰り返す仕組み。


さすが沖縄、すごく大胆(笑)。


東京でこんなお店見たことないが、


『」スチームダイニング』と言うだけのことはある。


f0232060_1235256.jpg























f0232060_1236369.jpg

































サイドメニューも蒸し料理が豊富で、せいろを使ったものがたくさん。


蒸し料理って、意外と幅広い。


「蒸し」に特化した面白いダイニングだった。


f0232060_12373798.jpg























f0232060_12375589.jpg























f0232060_123820100.jpg























f0232060_12383952.jpg























f0232060_12385919.jpg
































■「スチームダイニング しまぶた屋」
https://r.gnavi.co.jp/f316201/








■今日のカメ

■「しまぶた屋」
f0232060_1231841.jpg那覇の観光地、国際通りから徒歩1分くらいのところにあります。









■店内の様子
f0232060_12314749.jpg南国のお祭りのような派手で賑やかな装飾の店内。テーブル、カウンター、席数はそこそこあります。









■巨大なせいろ
f0232060_12333291.jpg各テーブルに1つづつ設置されている巨大なせいろ。4人分くらいあります。ホカホカに蒸されていて、準備万端なご様子。








■蒸し物
f0232060_1235256.jpg野菜、あぐー豚、つくねなど。単品でも追加注文可能。









■蒸してみた。
f0232060_1236369.jpgせいろの中に、野菜や肉を入れて蓋をして、しばらくすると、蒸し上がります。

鍋はよくあっても、せいろをみんなでつつくのは新しいw。






■サイドメニュー①
f0232060_12373798.jpg名物の「蒸しじーまみー豆腐」。

沖縄名物のピーナッツで作られた豆腐。通常は冷たいのですが、ここでは蒸して温めてあります。濃厚でトロトロ。






■サイドメニュー②
f0232060_12375589.jpgあぐー豚のもち米焼売(580円)。モチモチしています。









■サイドメニュー③
f0232060_123820100.jpg「しまくるー」という琉球在来豚アグーの血統を75%以上も受け継いだ豚肉を使った蒸し餃子(780円)。








■サイドメニュー④
f0232060_12524644.jpg「ありんくりんポテトフライ」(580円)。

紅芋、タロイモ、じゃがいもなど、色んな芋を使ったポテトです。







■サイドメニュー⑤
f0232060_12383952.jpg県産車海老のガーリック蒸し(880円)。かなりガーリックが効いてます。

意外と知られてないですが、沖縄は国内有数の車海老の生産地です。






■サイドメニュー⑥
f0232060_1257346.jpg「しまくるー」と海老の水餃子。










■サイドメニュー⑦
f0232060_1258164.jpg黒麻婆豆腐。真っ黒w。でも味はちゃんと麻婆豆腐です。









■サイドメニュー⑧
f0232060_12385919.jpgチャーシューおこわ。厚切りチャーシューがドカンと乗ったボリューミーなおこわです。
# by meshi-quest | 2017-05-26 08:06 | 沖縄








西荻窪にある大好きなフレンチビストロ「organ」で夕食。


f0232060_1194538.jpg

































アラカルトを自由に選んで、自分だけの贅沢コースを作る。


食べたいものを色々と選んでたら、


普通のコースよりも豪華で量が多くなっちゃった(笑)。


今日は、紺野シェフが特別にメニューにないサラダも作ってくれたので、


すごく幸せで、贅沢なお一人様ディナーになった。


f0232060_1111152.jpg























f0232060_11113587.jpg























f0232060_11115732.jpg























f0232060_11122129.jpg























f0232060_11124177.jpg























f0232060_11136100.jpg























f0232060_11132636.jpg
































■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html








■今日のカメ

■「オルガン」
f0232060_1194538.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩5分ほど。大きなバス通りを五日市通りに向かって歩いて行った道沿いにあります。








■白ワイン
f0232060_1111152.jpg今日は珍しく赤ではなく、白を飲む。そんな気分。私が好きな酸味少なめ、少し甘めのワイン。









■1品目
f0232060_11161917.jpg「蟹と根セロリ、アボカド、ズッキーニのカネロニ」です。かわいらしいズッキーニロールの中に、クリーミーなソースであえられた蟹、根セロリ、アボカドが入っています。美味しい前菜。







■2品目
f0232060_11115732.jpg紺野シェフが作ってくれたメニューにない特製サラダ。

特製ドレッシングがかかったリーフサラダの下に、トロトロのチーズ、フルーツなどが隠されています。





■3品目
f0232060_11122129.jpg「白子のムニエル 白アスパラのヴルテ」です。

白子と白アスパラで真っ白で美しい一品。白子の甘みと、白アスパラの甘みを感じる美味しい温製。







■4品目
f0232060_11213770.jpgここで赤ワインに切り替え。ついでに、大好きなウォッシュチーズ、エポワスも。









■5品目
f0232060_11222914.jpg「オルガン」名物の「炙り鯖とじゃがいもの一皿」。私が大好きな料理。

色々と食べたいので、特別にお一人様用のハーフサイズ。






■6品目
f0232060_11253249.jpg今日のメインは、「山形産三元豚のロースト 塩麹風味」です。

一人用に小さなココットで、軽く燻製。







■アップ
f0232060_11136100.jpgいい香り。厚切りでボリュームもあります。脂も甘くて美味しい。









■付け合わせ
f0232060_1128518.jpg付け合わせはこんな感じ。

柔らかく煮込んだ豆、キャベツ、マッシュルームなど。







■7品目
f0232060_11292517.jpg「季節のフルーツとパイナップルとバジルのソルベ ジャスミンのスープ」です。

食後にピッタリのめちゃくちゃ香りが良くて、サッパリしているデザート。バジルとジャスミンの香りが素晴らしい。
# by meshi-quest | 2017-05-25 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン