Excite ブログ
第12回 四国独立リーグ篇
↓宇和島「鯛そうめん」
錦糸卵、椎茸、ネギが彩りを添える鯛そうめん。1人前1500円の3人前だがボリューム満点。身をほぐして出汁をかけてワシワシと喰い進みました(「丸水」)
f0039307_1423326.jpg

↓八幡浜「伊予チャンポン」。昭和23年に中国人コックが八幡浜に伝えたローカル麺。今ではこの地に数十軒のチャンポン店があるという。長崎よりあっさりして濁りのない少ない汁が特徴(「丸山」)
f0039307_14245014.jpg

↓須崎「鍋焼きラーメン」
これまたローカルに熱く煮えたぎる麺。カレー味、雑炊入り、とどんどんグレードアップ。写真は雑炊入り。(「まゆみの店」)
f0039307_1425559.jpg

↓宇和島「ふくめん」
千切りコンニャクを、刻んだミカンの皮、ネギ、紅白の白身魚ソボロで色鮮やかに覆面した技巧派麺。お祝いの席で出されることが多いそうな。1人前650円(「丸水」)。
f0039307_14261616.jpg

↓鬼北「キジ肉ふどん」
愛媛県の山間部にある鬼北町の名物はキジ。道の駅で食べました。
f0039307_1427675.jpg

↓土佐「たらいうどん」
本来は夏、宮川内谷川の渓谷で涼みながら食べる雅やかな麺。この日は寒い小部屋で、もうもうと湯気を上げながらわれ先に箸をのばしました。1人前520円(「新見屋」)
f0039307_14273016.jpg

徳島「徳島茶色系ラーメン」
子供たちにプレゼントを配り終え、ラーメン・ライスでひと休みするサンタたち。駐車場にはたくさんのトナカイが繋がれて、ラーメンの汁を飲んでいました(「巽屋」)
f0039307_1428544.jpg

高知「カツオのお茶づけラーメン」
高級ホテルの最上階でクリスマス・イブを楽しむカップルは何を見たのか……。ホテル日航高知には大変お世話になりました。
f0039307_14282144.jpg

鳴門「鳴門手打ちうどん」
刻んだ油揚げと鳴門名物竹輪が載るうどん。お隣の讃岐と違い、まったく腰のないふにゃふにゃ麺が郷愁をそそります。1人前300円。(「あそこ食堂」)。
f0039307_14284686.jpg

小松島「小松島白色系ラーメン」
徳島市から南へ30分下った港町ではこれまた独自のラーメンが発展していました。すき焼き風の徳島ラーメンと違い、あっさりした白いスープが特徴(「岡本中華」)。
f0039307_1429678.jpg

# by shiina_report | 2007-07-17 14:31 | Comments(869)

北関東 爆走篇②
↓下仁田「糸コンニャク、シラタキ」3色のシラタキサラダ、コンニャクソーメン、椎茸との煮物。そしてメインイベンターのすき焼き(「常盤館」)
f0039307_16375981.jpg

f0039307_16384758.jpg

↓水沢「水沢うどん」伊香保温泉の手前、水沢観音の門前に現れた一大うどん地帯。まずは基本のざるうどんを(「谷屋」)
f0039307_16414876.jpg

↓佐野「耳うどん」と「大根そば」元々は正月に食べる料理が耳うどん。餅の代わりにうどんの生地を入れた雑煮でした。大根そばは、刺身のツマを大量に食べたような気分になりました(「野村屋支店」)
f0039307_16435616.jpg

↓佐野「青竹手打ちラーメン」青竹打ちの縮れ麺、澄んだスープが特徴の佐野ラーメン。中国広東省から伝わった製法という(「叶屋」)
f0039307_16453822.jpg

↓桐生「ひも川うどん」具だくさんで楽しいひも川うどんの正体はきしめんの親分でした(「川野屋本店」)
f0039307_1648119.jpg

# by shiina_report | 2007-06-12 16:48 | Comments(40250)

新潟 爆走篇①
↓新潟「へぎそば」 布海苔という海草をつなぎに使ったへぎそば。ツルリとした表面が美しい(「小嶋屋」)
f0039307_18165270.jpg

↓新潟「あっさりラーメン」 新潟のラーメンは煮干風味の醤油味が特徴。透き通ったスープがうまい(上・「三吉屋」、下・「天龍」)
f0039307_18195398.jpg

f0039307_18201919.jpg

↓新潟「イタリアン」 焼きソバにトマトソースをかけ、赤くない紅ショウガを散らしたファストフード。何故だか新潟のソウルフードと言われるイタリアンを座り食う(「みかづき」)
f0039307_18221376.jpg

f0039307_18262497.jpg

↓新潟「バスセンター立ち食いコーナー」 実は隠れた人気店という立ち食いそばの店。限りなく黄色いカレーが郷愁をそそる。地べたに座って食べました。
f0039307_18241934.jpg

f0039307_18243656.jpg

# by shiina_report | 2007-05-24 18:26 | Comments(1394)

麺のフォトレポート 広島×博多 豚骨死闘編(代打アオキ青年)
↓広島 強火でパリッと焼き上げる広島風お好み焼き(お好み村内「八昌」)
f0039307_15155038.jpg

↓博多 24時間年中無休で豚骨を煮込んで、せっせと白濁させてます(「元祖長浜屋」)
f0039307_15171232.jpg

↓広島「激辛つけ麺」 最近盛り上がっているという、つけ麺。カラ~イけどウマ~イ。野菜も豊富で意外にヘルシー(「かず」)
f0039307_1519537.jpg

↓広島「小鳥系ラーメン」 つばめ、うぐいすなど何故か小鳥の名前が多い広島のラーメン店。トンコツ醤油で懐かしい味わい(「すずめ」)
f0039307_15211821.jpg

↓広島「広島風お好み焼き」 中華ソバをパリパリに焼いて生地、具材と合体させる。この断面は誰が見ても麺でしょう!(「八昌」)
f0039307_1524476.jpg

↓久留米「地獄ラーメン」 溶岩で作った石玉が熱せられてグツグツ煮え立つ。まさに地獄(「大瀧ラーメン」)。
f0039307_15255130.jpg

↓久留米「支那うどんとやきめし」 家庭風のやさしい味でとてもうまい(「沖食堂」)
f0039307_15274118.jpg

↓博多「個室ラーメン」 席ごとに仕切りがある異様な店内で出てきた器も変わってました。外国人にも好評という〈重箱どんぶり〉(「一蘭」)
f0039307_15313280.jpg
↓これが自慢の〈味集中システム〉! 女性でも気楽に替え玉できます……!?(「一蘭」)
f0039307_15315025.jpg

↓博多「中洲の屋台街」 中洲の屋台は深夜まで盛り上がる。ラーメン、おでん、天ぷらなどが味わえる。
f0039307_1533172.jpg

↓博多「博多トンコツラーメン」市内でも屈指の濃度と評判のトンコツスープ。こってりが好きな人に人気(「秀ちゃんラーメン」)
f0039307_1535114.jpg

↓博多「長浜ラーメン」長浜は濃厚、固麺、替玉が特徴(「元祖長浜屋」)
f0039307_1536475.jpg

# by shiina_report | 2007-03-23 15:36 | Comments(1053)

麺のフォトレポート 東京編(サトーの代打でアオキ青年)
↓「小田巻蒸し」 
うどんが底に入った茶碗蒸し。うどんがくるまっている形が芋環に似ている事からこの名がついたとか。江戸末期から伝わる伝統食でもあります(「神田まつや」)
f0039307_16362310.jpg

↓「一本饂飩」
池波正太郎「鬼平犯科帳」に登場することで知られる江戸の奇麺。茹で上げるのに50分かかる大作(「高田屋」)
f0039307_16401119.jpg

↓「気合い入り大盛ラーメン」
六玉の麺が入ってい富士山状態。「どんぶりの都合でこれ以上いれられないのよ」とご主人は残念がった。
f0039307_16415756.jpg

f0039307_16421128.jpg

↓「武蔵野うどん」
関東ローム層の上にヒソカに跋扈する地麺の雄。肉汁で食する平うち麺。大盛当然。(「小島屋」)。
f0039307_16502067.jpg

↓「無化調ラーメン」
近頃都に流行るもの、化学調味料を使わないラーメンもそのひとつ。(「大喜」)
f0039307_1646254.jpg

↓「もりそば」
小田巻蒸しと同じ「まつや」で。池波正太郎曰く「ここの店構えも、蕎麦も、むかしの東京をしのばせるのにじゅうぶんなのだ。」
f0039307_1648116.jpg

# by shiina_report | 2007-02-23 16:50 | Comments(13)

サトーの麺フォトレポート 神奈川、静岡、山梨編
f0039307_13491673.jpg

↑「焼き茶そば」静岡名物玉露入りの焼きそば。和風ダレにつけて喰う。パリパリ感がナイスです(「ゆとり庵)」)。
f0039307_1351222.jpg

↑「おかべ焼きそば」まだ5軒でしか出していない地焼きそば界の新鋭は玉露入り茶そばだ(「ゆとり庵)」)。
f0039307_1354051.jpg

↑「サンマーメン」単なるあんかけもやしそばに見えて横浜で食べると一味ちがうぞ(「清風楼」)
f0039307_1355263.jpg

↑「豚骨醤油ラーメン」ラーメン界を席巻する横浜発祥の濃厚スープに瞠目せよ(「吉村家」)。
f0039307_13565284.jpg

↑「汁なしネギソバ」干労麺と書きます。汁もあります。旨いのなんの、そのうえ上品(「海南飯店」)。
f0039307_13582258.jpg

↑「ほうとう」武田信玄ゆかりの麺は翌日食べるのが味が染みておいしい由(「小作」)。
f0039307_13593058.jpg

↑「吉田うどん」富士吉田で生まれ、成長しつづける地うどんの雄。馬肉とキャベツが欠かせないアイテム。
f0039307_141015.jpg

↑「富士宮やきそば」ラードで焼くのが富士宮ふう。「若林たばこ店」は煙草屋のかたわらソバを焼き始めて35年、いまや有名店。
# by shiina_report | 2007-01-23 14:04 | Comments(284)

サトーの麺フォトレポート「愛知・伊勢」編
f0039307_14562119.jpg

↑これが名古屋が生んだ台湾ラーメンだ。胃袋にグッとくる(「味仙」)
f0039307_150542.jpg

↑「伊勢うどん」の命名者永六輔氏が通った「ちとせ」で。肉伊勢うどん、玉子入伊勢うどん、鳥なんばん伊勢うどんなどいろいろある。
f0039307_154982.jpg

↑味噌煮込みうどん。熱い(ツユ)、固い(麺)、高い(値段)、旨い(味)の4拍子揃った名選手。
f0039307_1584270.jpg

↑抹茶小倉スパ。〈食の魔都〉を代表するアヤシイ喫茶店「マウンテン」の誇る四番バッター。
f0039307_15104251.jpg

↑冷やしラーメン。名古屋人の心の故郷「寿がきや」の名物。マヨネーズは欠かせんがね!
f0039307_15125228.jpg

↑鉄板スパ。名古屋の喫茶店の定番。麺の下は卵と玉葱(「喫茶ユキ」)
f0039307_1514543.jpg

↑あんかけスパ。名古屋のメジャー食物のひとつ(発祥の店「ヨコイ」)
# by shiina_report | 2006-12-28 15:17 | Comments(1619)

サトーの写真でレポートする「麺甲」 第6回 飛騨高山・北陸ブロックです
f0039307_1615484.jpg

↑相客に「立ちって食え」(富山弁)と言われた大門素麺。この長さ!
f0039307_16252515.jpg

↑富山ブラックラーメン 北陸を席巻しつつある富山ラーメンの雄。しょっぱい。メンマすらしょっぱい(「大喜本店」)
f0039307_16283532.jpg

↑氷見うどん 日本三大うどんのひとつ、を名乗る。三大にさぬきは入るとして、あとひとつは?
(「あけぼの庵」)
f0039307_1630211.jpg

↑岩もずく この能登名産は、黒くたくましく、喉ごしがゴツイ。旨い。体によさそうです(近江町市場)
f0039307_16342725.jpg

↑おろしそば からいはうまい! 大根・辛味大根のおろし汁をぶっかけて頂く。眼が覚めます。(「新保屋」)
f0039307_16361054.jpg

↑うそば うどんと蕎麦を貼り合わせてみました。うどんと蕎麦の味が同時にします。(「ワカサ商事」の半生麺)
# by shiina_report | 2006-11-22 16:41 | Comments(3)

東北大会・前編
I「さて、東北です。いろんな県を回りましたね~」
K「福島→宮城→岩手→青森→秋田→山形ですか」
I「私は、東北の麺と聞くと、王ジャパンをすぐさま思い出してしまうようになりました」
S「WBCの準決勝、決勝の最中でしたからね、取材が」
椎名「ああ、オレは本気で悩んだよ。このまま君たちと会津若松で会わずして、東京に帰って野球を観ようか、と。あるいは、君たちに何かがあって、現れなかったりして」
I「でも、現れましたね、大会委員長は」
椎名「ま、東北の麺力も知りたかったからな」
K「で、まず行ったのは宿場町・大内宿にある高遠そばの三澤屋」
f0039307_1823264.jpg

S「雪が残ってましたね」
I「これを書いている今は梅雨直前、サッカーのワールドカップの一週間前だから、時のたつのは早い」
K「ていうか、君が原稿書くのが遅いんでしょ」
椎名「ネギでそばを食ったのは、印象的でしたなあ。意外と食えたので、自分を誉めてやりたいと思いました」
S「で、そこで呼んだタクシーがおかしかった」
K「そうそう、白河までって言ったら、すみません、燃料が十分ありませんって。親切(笑)に別のタクシー呼んでくれた」
I「とら食堂は、畑の真ん中に堂々と建つ店でした。看板の表示が見にくくて、閉口してけど」
椎名「古き良き、昭和30年代のラーメンを思い出しましたね。これは好感のもてるラーメンです」
f0039307_18406.jpg

I「そして、仙台へ移動……」
K「椎名さん、冷やし中華の発祥の地『龍亭』で食べた元祖・冷やし中華はいかがでしたか?」
椎名「麺がおいしかったね。ただ、時間が遅かったせいか、お客さんもいなくて、外は雪がちらついていたし、何だか冷やし中華を食べるには寒々とした気がしたよ」
S「気温的には、鍋焼きうどんを食うべき環境でしたよね。でも、あの環境でも『うまい』と感じるのだから、たいしたものだと私も思いました」
椎名「ただなあ、冷やし中華に関しては季節限定というハンディもあるからなあ。これ、春の選抜には出場できないでしょ?」
f0039307_1854752.jpg

I「さて、その晩、仙台で食べた『うーめん』がけっこうイケテましたよね」
K「ホントは、白石市のご自慢の麺だけど、時間がなかったので、仙台駅の駅ビルの地下にある『みやぎ乃』という居酒屋ですましちゃったけどね」
椎名「いや、うまかったよ。シンプルだけど、懐が深い麺だった。冷たいのも、温かいのも、よかったね。今度、時間があったら、白石でぜひ食べてみたい」

I「翌朝は、盛岡へ移動。新幹線、乗りまくりの旅ですね。で、朝からわんこそば。老舗といわれる『東家』へ」
椎名「これはまあ、エンターテイメント性の高い、チームですよね。はいよ、じゃんじゃん、まだまだ、だもんね。味わう余裕もありませんでした。多勢で行くと楽しいでしょ、こういうところは。プロレスラーとか関取と一緒に来てみたいなあ。おりゃあ、じゃんじゃん持って来い、なんて反撃できるだろうなあ」
K「ちなみに、わんこそば全日本選手権の最高記録は559杯です」
S「さらに、ちなみに、普通の大人の男で、50~60杯だそうです」
f0039307_1871939.jpg

椎名「盛岡は、このわんこそばとじゃじゃ麺、冷麺を合わせた三大麺のある激戦区だよな。もう何度、オレは盛岡で冷麺を食べたんだろう。駅前のぴょんぴょん舎、盛楼閣は行ったことがあるので、今回はちがう店を楽しみにしてたぞ」
K「というわけで、『三千里』に行きましたが、BGMががんがんかかっている焼肉屋さんでしたね」
椎名「でも、冷麺はうまかった。さすが、盛岡冷麺の水準の高さを改めて知ったね」

I「そして、麺がし団は八戸へ。JR東日本から表彰状をもらってもいいくらい、今回は、新幹線を乗りまくってます」
S「まずは、『浜ちゃんラーメン』(店名)のホヤラーメンです」
椎名「君たちは、エライ。おれ、ホヤが好きでね、東京はなんてホヤに対して冷たいのだろうと常日頃、思っているんだよ」
K「椎名さん、ここはホヤづくしです。ホヤの串焼き、ホヤの唐揚げ、ホヤの黒コショウマヨネーズ焼き、ホヤの酢の物、そしてホヤのラーメン。いやというほど、3年間分でも5年分でも、ホヤを堪能していください」
椎名「よーし、受けてたとうではないか」
I「ということで、ホヤをいろいろ食しましたが……」
椎名「いやあ、やっぱり、東北で食べるホヤはうまい」
f0039307_1883030.jpg

(次回は東北・後編)


●今回、出場した店
「三澤屋」
南会津郡下郷町大字大内字山本26-1 TEL 0241-68-2927 
「とら食堂」
白河市大字双石滝ノ尻26. TEL 0248-22-3426
「龍亭」
仙台市青葉区錦町一丁目2-11 TEL 022-221-6377
「みやぎ乃」
仙台市青葉区中央1 丁目1-1 エスパルB1 TEL 022-267-4087
「東屋」
盛岡市中ノ橋通一丁目8-3 TEL019-622-2252
「三千里」
盛岡市大通3-7-5 TEL 019-622-5354
「浜ちゃん」 
青森県八戸市六日町10~三日町25
八戸屋台村「みろく横丁」 TEL 090-9635-1128
# by shiina_report | 2006-06-05 18:10 | Comments(1342)

爆裂「麺がし団」、激戦区のさぬきへ
f0039307_18285451.jpg

f0039307_18275812.jpg

I「第二回目にして、早くも強豪麺ブロックに行ってきましたね」
椎名「なんと言っても、栄えある麺の甲子園第一回大会の優勝麺だからな。チカラを入れてもしょうがないが、チカラが入るなあ」
K「一軒目は意表をついた店にしましたが……」
椎名「確かに。牛丼屋のような看板に、体育館のような店内、あれっ!? なんか、キミたちまちがえてるんじゃないのと一瞬思った」
S「僕たちが行ったのは、『いきいきうどんレインボー店』ですが、ああしたセルフうどん屋系は高松じゃあ、ポップなんですよ」
K「早い夕方という時間のせいなんだろうけれど男がひとり、うどんをすすっていただけでしたね」
I「ざるに入れて、うどんを温めるのもセルフだから、ここまでセルフかと、私は正直、面食いました」
K「そりゃ、うどんだから、麺食うだろう」
椎名「……?」
S「……」
I「ああいうセルフ系って、自分の欲望を制御するのがむずかしいですよね。おおっ!イカ天、おおっ!コロッケ、おおっ!アジフライ、おおっ!キツネ、おおっ!卵なんて、逆上してばんばんう丼にのっけてしまう。どれも、百円前後で安いし、よけい欲望のコントロールがむずかしい」
椎名「ホテルのビュッフェ現象ですな、それは。気をつけないと、食いきれないほど、お皿にとっちゃう」
K「サトーも激情して、3つ、4つ、フライを取ってたな」
S「われわれがうどんをすすっていると、女子高生の二人連れが入ってきて、慣れた手つきでマイうどんを作ってましたね」
I「しかも、欲望をセーブしてトッピングを少なめに買っていたのには、さすがロコ(地元っ子) だと、思いました」

f0039307_1812890.jpg

 
          *

f0039307_1829305.jpg

K「翌朝、7時半起きで行ったのが、有名店の『山越うどん』。9時に着いたけど、すでに何人もがうどんをすすっていましたね」
I「ここでも、私は逆上してしまいました。寒くて、空腹で、一食目だったこもあり、温かいうどんがするすると五臓六腑に浸み込むようでした。ゲソ天とキツネをトッピングし、おまけにおかわりまでしてしまいました」K「椎名さんも、仕事を忘れて? けっこう本気で食っていましたね」
椎名「『釜上げ卵山かけうどん』通称『かまたまやま』。腹が減っていることを差し引いても、うまかったよ」
S「ええ、後姿がおいしそうでした」
K「以前、ラーメンの連載をしていたから、身にしみてわかるのだけれど、こういう食の取材って、一日に五、六食食うわけじゃない。だから、どこかで本気でくっちゃうとつらいよね。でも、本気にさせるほどうまいとも言えるけど」
f0039307_18144145.jpg




f0039307_18295582.jpg

I「次に行ったのが、山小屋風の『やまうち』。湯を薪で沸かしている台所に陽が指していて、フォトジェニックでいい雰囲気の店でした」
サトー「おばさんたちがうどんを踏んで伸ばしているのも、いい感じで、我を忘れて写真を撮らせてもらいましたよ」
K「年齢問わず、サトーは女性だとカット数が多いなあ」
椎名「ここは、ひやあつ・ひやひや・あつあつ・あつひやと、麺と出汁の熱・冷を選べるからいいね。こういう組み合わせがあることは、この店ではじめて知ったな。Sはそばを注文していたけど、どうだった?」
S「はっきり言って、うどんっぽかったです」
f0039307_1817222.jpg





I「最後に行ったのが、池上製麺所」
K「そう、別名、瑠美ちゃんの店。瑠美子というおばさんがやっている店ね」
椎名「なんだか、別名とだいぶちがった雰囲気の店だったなあ」
S「戸口は開けっ放し。店の脇にテントが張り出していて、使い古された事務机やベンチが置いてある。そこで食べるわけだけど、味本位主義もここまで来ると迫力がある」
K「うどんひと玉七十円、卵三十円はヒジョーに良心的だよね。ああした椅子や机。丼は自分で洗う。ダシ汁が入っている容器も業務用っぽい……そうした徹底したコストカットの結果、うまいけど安いという良い循環を作っているのだろうね」
椎名「夕方四時の開店と同時に、三々五々、お客がどこからともなく集まってきたよね。寒風の中、背中を丸めてうどん四玉を食っていた青年は、ヨロコビに満ちた顔をしていたなあ」
I「実は私、さぬきは初体験で、Kから麺は噛まずに飲み込めと言われまして、この喉越しの快感というのも、四十八年間の人生を生きてきて、初めて味わった快感でした。ありがとうK」



●今回、出場した店
「いきいきうどんレインボー店」
高松市多肥下町930 TEL087-868-0755
「山越うどん」
綾歌郡綾川町羽床上602-2 TEL087-878-0420
「やまうち」
仲多度郡仲南町十郷大口1010 TEL0877-77-2916 
「谷川米穀店」
仲多度郡まんのう町川東1490 TEL0877-84-2409
「中野うどん学校」
仲多度郡琴平町796 TEL0877-75-0001 
「池上製麺所」
高松市鶴市町1009 TEL087-882-3263
などなど
# by shiina_report | 2006-04-03 18:35 | Comments(1656)

<椎名誠プロフィール>
1944年東京生まれ。東京写真大学中退。流通業界誌「ストアーズレポート」編集長を経て、現在は作家、「本の雑誌」編集長、映画監督など幅広い分野で活躍。著書は『さらば国分寺書店のオババ』『哀愁の町に霧が降るのだ』『新橋烏森口青春篇』『アド・バード』『武装島田倉庫』『岳物語』『犬の系譜』『黄金時代』『ぱいかじ南海作戦』など多数。紀行エッセイに『波のむこうのかくれ島』『風のかなたのひみつ島』などがある。近作の『全日本食えばわかる図鑑』には第一回≪全日本麺の甲子園大会≫の模様を収録。ブンダンでも随一の麺好き作家として知られ、世界中どこでも「一日一麺」を実践する、敬虔な地麺教信者でヌードリストである。

以前の記事

最新のコメント
Awesome work..
by buypapers at 01:59
Organization..
by RonaldMox at 19:39
im hot and h..
by uncle porn at 20:19
im hot and h..
by toilet at 03:15
Great recipe..
by Gina R Bridges at 19:28
Thanks......
by Hidden Water Pools at 05:13
Thanks........
by Hidden Water Pools at 05:08
42d2hzmy kan..
by Aquargegag at 11:05
yoo5la2p fre..
by subsclochugs at 07:20
0hettakr lyf..
by Pipseequisem at 04:37
yhkpybm5 far..
by Wappreopssow at 16:32
I have knowl..
by Intaxynaiff at 12:13
le7v15c1 cel..
by Kiptpoub at 08:36
thanks for s..
by airmax 90 at 13:19
good articles
by airmax 97 at 13:18
generic viag..
by loneskiomm at 05:13
t4g7n63o kim..
by Camontomo at 01:13
payday loan ..
by Djgtyuukedcc at 10:52
3717 http://..
by zryjkpjip at 11:19
http://still..
by adummaMumrw at 21:22

最新のトラックバック
halloween cake
from Toplist23.de
123
from essaypapers.fa..
123
from writepaper.date
ultra Import..
from dairypromote.net
jacket men s..
from www.cobauroi.com
Ayyandeals.com
from ayyandeals.com
http://laram..
from laramedia.org
Www.Stevensp..
from Www.Stevenspas..
please click..
from caribbeanmigra..
http://mobil..
from mobileseller.in
Tvfc.de
from Tvfc.de
http://www.g..
from www.gayrayong...
Tshirt hoard..
from tshirtdelight...
http://Cineu..
from Cineupdatz.com
Www.Ya.Lt
from Www.ya.lt
clique em me..
from cavallinoaccom..
olhar para e..
from bluestrike.net
http://www.c..
from www.clearskyre..
http://www.h..
from www.hoymix.com
http://usome..
from usomedia.mt.my..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム