アセンション・デイ(1)

みなさん、こんにちわ。

人間に共時性や運命があるのと同じように、地球や他の惑星にも共時性や引き寄せは働いているようです。
先日UFOが福島や東京に出現したのも偶然ではない、ということなりましょうか。

 地球の胎動とマヤ神話

マヤカレンダーやマヤの予言と巨大地震や津波、洪水などとの関連性について研究しているのですが、新たに不思議な共時性と謎を発見したのでご紹介したいと思います。

◆運命のアセンションデイ・・・「2011年6月2日」

キリストのアセンションと地球人とのつながりにおいて、マヤカレンダーの特別な日がアセンションに重なって示されています。

3月9日、シカ周期の始まりの日キリスト教カレンダーをみると「灰の水曜日」でした。深く罪を悔い改める者がその印に頭に灰を被ったことにより、その名前がつけられたそうです。
大地の祝日「ジャガー・8」をむかえた時は3・11の巨大地震と大津波により、原子炉と日本の大地は大きく揺さぶられ、冥界の王は悔い改めと浄化の意を強く表わしました。

そして「イースター」もまた古代マヤ暦では祝日でした。
イエスが十字架にかけられ、3日後に復活した日が「イースター(復活祭)」です。
2011年4月24日、マヤのパワーアニマルである運命を象徴する記念日とキリストの復活祭イースターとが重なっていました。
イースターと重なったマヤの祝日

しかしそれだけではありません。
まだ他にも別の不思議な共時性が働いていたのです。

イースターは「春分の後の最初の満月の日の次の日曜日」と決定されており、その39日後はキリスト昇天祭(アセンションデイ)とされています。
2011年におけるアセンションデイの日は「6月2日」です。
 イースター関連の日

マヤカレンダーからみてみます。
イースターと重なった日は「コーン・8(運命の動物記念日)」という祝日でした。
マヤ暦では2月22日より年の守護者は「道」となっていて、「道(Eb)マリナリ」というサインの性質を2011年という1年の上に主張しはじめています。
そして6月2日は「道・8」で「人生の祝日」という記念すべき祝日です。
見返りを求めず、壊れやすい儚さと強いパッションの挟間にたって働く「人の道」のなかで「良い道」を見つけ、邪魔ものや障害を取り除くことを助けるエネルギーが天から下ろされることを祝う日です。

「エブ(E')」は「天の梯子」ともいわれるサインです。
キリストは天の梯子を昇りアセンションを果たしますが、マヤのケツァルコアトルは天の梯子を降りてきて地上の人間に「よい道」を示します。


6月2日につながる不思議な共時性について、実はそれだけではありませんでした!



不思議な謎の第六惑星について二つの論説があります。
その記事を翻訳しながら読み進めてみると、驚くことにそこにも「6月2日」というキーワードが示されていたのです!

翻訳したものを文章にまとめているため次回に続きます! お楽しみに。
--------★

■  [PR]