皆さん、こんばんは(^_^)

秋分も過ぎましたが・・暑いw(;゚∀゚)
そんな9月ラストですが皆様お元気でしょうか?

ところで皆様・・・

JAPAN POP CULTURE「もしもしにっぽんフェス」ってご存知ですか?
私も詳しくは知らなかったのですが、内容について読んでみると以外に面白い!
日本の文化を世界の人に知ってもらうため、あるいは海外の人にもっと日本を好きになってもらうための今ドキのイベント。

主催者のページより
「もしもしにっぽんとは、日本のポップカルチャーを海外に向けて発信し、海外の方にもっと日本を好きになってもらうため、「ファッション・音楽・アニメ・フード」などを新たな切り口で創り提供していくプロジェクト。また、これにより日本に興味をもった海外の方が来日した際、「旅行・観光・趣味・仕事」などの受け皿となる様々なサービスも構築。複数のメディアとの連携やイベントを多数開催することで、日本国内外問わず、新しい形で日本のポップカルチャーを発信していく。」

ウェブサイト「もしもしにっぽんフェス2014」

タイトル:もしもしにっぽんFESTIVAL 2014
会場:東京体育館
開催日時:2014年9月28日(日) 開場 12:00 開演 12:20

何とも未来の外交をたくましく応援する文化的近代イベントですが、ここに今回初めて占い館発祥とも言われる最古・原宿の占い館「塔里木(タリム)」の参加が決定致しました!(ノ∇≦*)

そしてさらに、弓玉の出演が急遽決定!!(ちょっと年齢ギャップは感じる私ですが・・苦笑)

私ではなくても出演される方は他にもいらしたわけですが、なぜ私?と私さえ疑問を感じましたが(^_^;A
でも、考えてみれば原宿には私も10代から遊びに訪れていたわけで、表参道ロックンロールから竹の子族まで、あるいは仕事の帰りに表参道でデート♪なんて、日常的でしたし・・(笑)
旅行代理店で仕事をしてる時だって、外国人に「どこか楽しいおススメな所は?」と聞かれれば「原宿ー!」と答えていたものです☆


YouTube動画:http://youtu.be/PLtlwT_UT3Q

こんな中年の私ですが、英語も占いも活かせてさらに塔里木と日本文化の宣伝役を仰せつかれるなら、この際なのでめちゃおたくっちゃおうか!!と!(笑)

衣装も髪型も結構こりますよ!私!
10代20代そしてきゃりーぱみゅぱみゅに負けないように(*'ω'*)

9月28日「死・13」土星食の日、お時間のある方はぜひジャパンポップカルチャーを体感しに、また占い館タリムのブースで私に会いに(。´-ω・)、是非ぜひいらしてくださいね☆お待ちしております!
(私も「死」、一緒に出演する先生も「死」なのですぅ! Σ(oдО;|||))



日経ウーマンオンライン「マヤ暦で占う10月の運勢」は10月7日掲載予定で走り込んで原稿書いてます!

リンク:日経ウーマンオンライン マヤ占い

今の日本は、世界に向けて「信頼回復」と「日本の文化や歴史」を正しく知ってもらうために動く時だと思います。いろんなことがありますが、若者の文化は大人が思う以上に影響力もあって根強いです!世界の外交をも動かすのでは?と思わせるおたくポップカルチャーだと思います。

政治家がどうだの、アジア外交がどうだの批判しあって抗議しあう前に、日本の今を生きる「若者」「原宿」「アニメや漫画」などの現代ポップカルチャーを中年は見てみるべきだと思いますよ♪
政府外交が動くのと同じかそれ以上早いスピードで、若者カルチャーが日本を世界に広めて信頼をつなげてくれるのかもしれませんから!


というわけで、宣伝ばかりになりましたが、明後日頑張ってきます!
写真も一緒に撮れますので、ぜひ塔里木ブースへお立寄りくださいませ〜〜〜.:゚+(*^ヮ^qP)

■  [PR]

秋分☆2014

皆様、こんにちわ(^_^)
今日は9月23日「秋分」でございます!
マヤ暦だけでなく地球意識にとっても神々が集う天と地のつながりの場においても、陰陽においても色々な意味で春分・秋分は大切な意味を持っていますね。
ちなみにツイッターにはちょっと書いたのですが
「秋分は、太陽が北寄りに位置しているのか南寄りに位置しているのかを示す「視赤緯」の値が「0度」になる。実際には微妙な差で23日11時59分6で+0°2’で、24日になると12時3分2で−0°21’になり、プラス(陽の気)からマイナス(陰の気)、あるいは天界13神オシュラーフンから冥界9神ボロンティクの影響に変わる。ここから春分まではずっとマイナス」なのです。

マヤの世界観で重要な役割をもつ「ククルカン」ですが、今日は秋分なので「マヤ・アステカの神々(新紀元社)」から引用しながら、さらにククルカンは今年に対してどんな働きと影響をもっているのかも合わせて少し紹介してみようと思います。

「空飛ぶ羽根毛をもつ蛇」「ククルカン」「ケツァールコアトル」「グクマツ」は皆同じマヤ・アステカの神さまのなまえです。
上の画像はケツァールコアトル(ククルカン)がピラミッドの頂上に立っている様子です♪


ククルカンは風の神であるとともに、学問やさまざまな文化を人々に伝えた神であり、さらに人間にトウモロコシの栽培を教えた農耕の神でもあるとされる。一説ではククルカンは人々に残酷な「生け贄の儀式」をやめるように諭し、そのことが暗黒神テスカトリポカとの争いの原因にもなったという。まさに善神中の善神という感のあるククルカンであるが、ときとしてハリケーンをもたらし、人々を苦しめることもあったようだ。

ユカタン半島にチチェン・イッツァという大都市国家を建設したイッツァ族は、ククルカンをその部族の守護神にしていたとされ、チチェン・イッツァーの都市遺構の中心部には、その端正な容姿が魅力の「ククルカンピラミッド(エル・カスティーヨ)」が建てられている。

ククルカンピラミッドの四方には基壇上にある神殿に登るための石の階段がつけられている。その階段の数はそれぞれ91段あり、合計で364段、これに頂上の基壇を加えると、マヤ暦の「太陽暦」で1年の日数になるよう設計されている。またその北の階段の欄干部分には蛇の彫刻が施されており、毎年、春分と秋分の日の午後、太陽の光によってその欄干が、あたかも光の蛇が降臨するかのように光り輝くという、極めて精密な造りになっている。

今年、春分に光の蛇ククルカンを降臨させたトレセーナの守護ナーカルは「道」。
世界が従来あるべき道(タオ)へ戻るようにそのナーカルの種を蒔かれたのでしょう。そして陰に転じる秋分のククルカンを降臨させる守護ナーカルは「ジャガー」!
ジャガーのトレセーナの守護神は風の神、そう!ククルカン(ケツァールコアトル)なのです。
そういう意味ある偶然によって暦はなりたち、守護神は時の中央に座して人類の道を開いては閉じて行く。
そんな壮大な物語が人類全体にも一人一人の個人の上にも降り注がれていく「秋分2014」なのでございます☆

2012年にククルカン神殿から解き放たれた光の柱ライフセーバーのパワーは、すでに別次元の意味を人間の心の中にあるいは無意識の中に降り注がれています。

ことし、何が変わりましたか?
今、何か感じていますか?

それは能動的なものや意思から生まれでる主張などのようなものではなく、自然に流れる風のように、運命に頼らない受動的なものの可能性が高いです。

何をすべきか?ですって?

特別な何かを真似する必要などありません。

ただあるがままに「あなたらしさの道」を大切に思うこと。
そこに光の蛇ククルカンは降臨されるはずですから(^_^)♪



■  [PR]

ジャガー周期に地震!

皆さん、こんばんわ★

昨日16日から「ジャガー」のトレセーナ周期に入りました。
途端に昨日は茨城県南部を震源とする関東エリアで震度4〜5弱という地震がありましたね。ほんとビックリ致しました!ところがまた今度はグアムの北西40キロの地点で17日、マグニチュード(M)7.1の地震が発生したとロイターが報道しています!
ソース:ロイター
「ジャガー」の守護神は、邪悪なものや不浄を清めるための働きをもつ浄化と大地の女神。
「香」のトレセーナにも関わりがありますので、地震はまさに「ジャガー神・トラソルテオトル参上!!」という強烈なインパクトを私たちに与えた感じ?w

と同時に23日の秋分を控えていますので、ククルカン降臨のお告げ的前兆とでも申しましょうか。
あと何日続くのやら。。(;゚∀゚)

確かに今年の9月から10月はマヤ暦の不思議なパワーと動きも多く、土星食、月食、日食と天空に出現する非日常的現象も多く、普段よりことさら神秘現象や共時性的事象、あるいは彗星や天変地異の引き寄せや徴候、異星人とのコンタクトなんかもありそうですよね

今日は彗星話題をひとつ、ふたつ。

「ロゼッタの彗星」こと「67P/チュリュモフ-ゲラシメンコ彗星」をご存知でしょうか?

欧州宇宙機関(ESA)が2004年3月に打ち上げた彗星探査機ロゼッタが、この彗星に接近していて既に地球と月とのあいだの半分ほどまで到達しているそうです。
そして来年2015年8月13日あたり(マヤ暦「ヘビ・7」)に近日点を通過します。マヤ暦では「嵐」のトレセーナですから、嵐の守護神トラロクと光のぶつかり合いには注意したいものです。
ちなみにそのチュリュモフ-ゲラシメンコ彗星、結構大きい!
こんなもんが地球へぶつかったら(ぶつかりませんが)、間違いなくヤバいです。(笑)


ちなみに調べていたら「290P/ジャガー周期彗星」と呼ばれる彗星があるようなのです。
また・・オレ様?

1998年に発見され、15.2年の周期で戻ってくるみたいで、1999年に近日点を通過して以来再び今年の3月12日に回帰したのだそう。
次回の近日点通過は2029年なので、随分と先になりますが(;゚∀゚)
ジャガー周期彗星が2013年末から2014年3月にかけてそばに来てたのね〜♪などと思いを馳せながらマヤ暦調べたら、3月12日って「死・8」で何と私のマヤ暦ナーカルバースデーじゃない!!Σ(゜∀゜ノ)ノ
ジャガー周期彗星さん、私に会いに来てくれてありがと❤
と喜んだわけでした!(笑)

昨日から始まった「ジャガー周期」★

さあ、いったい何があなたの無意識から立ち昇って、あなたに不思議な問いかけや前兆を突きつけるのでしょうか?!

光の蛇ククルカンの降臨、楽しみにしていてくださいね(^_^)♪





■  [PR]