みなさん、こんばんわ。

歳をとってきたせいか、最近涙もろくて仕方がありません。
涙はみなさんもご存知のように「浄化」なのですが、テレビやネット、SNSや本、何かにつけてアクセスした先の相手の波動や心もちが伝わってしまい、やっぱり涙がでてしまいます。

涙腺が緩むにも「時」があるのなかぁ。

浄化にしてはちょっと行き過ぎでしょ?と思いながら毎日泣いております(笑)

現代の文明が次のステージへ入っていること、どの業界分野においても暗中模索してきたこの3〜4年がそろそろ次なるステージというか始まりに向かって、新しい形を与える光を取り入れ、動きが出てきているのだと、日々実感しています。

みなさんは「トマス・アクィナス」という中世の神学者で哲学者をご存知でしょうか。

ヨーロッパ中世神学の大著といわれる『神学大全』を著したひとです。

このたび2013年に全巻日本語への翻訳が完成したそうです。
全45巻にもわたる膨大なラテン語の学術書の翻訳に挑戦し、半世紀を費やして日本語への完訳を達成したという記事を読んで、この2日間感動しておりました。

第1巻の刊行から53年という長い時を経て最終巻が刊行されたのが2012年。
翻訳作業は、研究者たちの予想を大きく裏切り、数々の困難に直面したそうです。

トマス・アクィナス 『神学大全』 (講談社選書メチエ)

稲垣 良典/講談社

undefined

そして2013年3月、新しい法王が誕生したばかりのヴァチカン法王庁図書館に全巻が受領され、また
ローマ法王庁図書館へ贈呈されました。

素晴らしいですね。
本当に大変な作業だったと思います。



森永エンゼル財団が運営するエンゼルカレッジに、贈呈式の模様や基調講演なども掲載されているので、興味のある方はぜひご覧いただくと良いかと思います☆
http://angel-zaidan.org/contents/thomas_aquinas/
現代への挑戦の書「神学大全」


気になることはすべてノートにとっていたのですが、その中で1つ私がこれから歩んでいく道に光を与えてくださった気づきがあったので、ご紹介したいと思います。

キリスト教神学という世界に生きた中世の神学者であり哲学者であるトマスは、プラトンやアウグスティヌスでなくアリストテレスの思想に洗礼を施したということ。
そしてインドや東洋側がイディアや瞑想などを大切にしていたのに対し、西ヨーロッパの文明の出発点となる自然科学誕生へむかって、切断面が生まれるであろうことを、信仰と神の理性によって感じ取っていたのではないか?
すごい預言者なのではないかと勝手に思ってしまうのです。

あぁ何と下手くそな説明しかできないのでしょう(p_q、)w

うまく表現できないのですが、私には衝撃的なことなのです。

マヤでいうなら、死のグループと生のグループに分かれていた体系や概念は、実は切断面によって生まれたということ。
それは古代マヤ族の信仰と神の真理によって王やシャーマンに託され、それがピラミッドや遺跡に記され、文明として未来に託されたということと同じような気がするのです。

まだ消化しきれていません。だから説明もちゃんとできませんね(; ^ω^)

きっと私だけでなく、他のみなさんにも何か発見があるのかもしれません。
全巻読むのは無理でしょうけれど、「宇宙は神が創られたものであり、神は理性をもっている。そしてその理性は人間も共有している」という大事な根本思想を、感じ取ってみてほしいと思います。

戦後70年が経過し、今日本は過去の歴史を再び振り返り、日本を見直してもう一度取り戻そうとしているように思います。そしてこのタイミングで「現代への挑戦の書」ともいわれる「神学大全」全巻が日本語に訳され、キリスト教徒にかかわらず西洋の思想哲学や背景、その経緯も法も価値観をも読み知ることができる、ということの意味は、大きいのではないかと思います。
なぜなら、東洋の本質は既に神の国である日本にあるから。でしょう。

日本人の魂や心はそれらを既に察していて知っているので、西洋という思想や世界観から自国をみれば、もっと違う視点で見ることができるはずなのです。

西洋と東洋といいますが、実は同じ地球を住まいとしている人間です。
有限と無限はもしかしたら過去と未来のようなもので、実は1でつながっているかもしれないのですから!




■  [PR]
みなさん、こんばんわ☆

春爛漫( ´ ▽ ` )ノ
桜前線が日本中を駆け抜けているようですね。 
FBやツイッター、ブログを拝見すると桜の写真がたーくさんアップされているようです!
まるで春の花の妖精たちが楽しそうに宴を開いているみたい💖(。≧ω≦人≧ω≦。)

マヤ・ハアブ暦では4月2日のきょう「0 POP」になりました。

5日のワイエブ月も終わり新しい太陽の1年が始まります。
POP という呼び名以外にも古典的名前「K’anjalab」があります。

2015年4月2日は「13.0.2.5.12 4Eb」とマヤ暦では書きます。

こちらがその「K’anjalab(K’an-Jal-bu)」の月を表す美しいグリフだそうです( ´ ▽ ` )ノ

マヤ遺跡研究学者のDavid Stuartによると、この「Jal」はグリフの右側にある渦のサインのことで、「織り上げる」というような意味があるそうです。
そして骸骨の顔の部位は「K’an」で黄色という意味をもつのだとか。

「黄色い世界を織り上げる♪」みたいで、春の始まりのイメージにはふさわしいのかなぁ〜なんて思います☆

「Happy ancient Maya New Year!!」
「古代マヤ暦の新年、おめでとうございます!」


ちなみにハアブ暦は365日で太陽年と同じ。
しかしうるう年がありません。なので4年に1日ずつずれていきます。

20のデイサインとともに動く「ツォルキン暦」と「ハアブ暦」が同じ組み合わせになるのは、365と260の最小公倍数となる「18980日」である52年後なのです。

マヤ暦では「52年」をとっても大切な節目の年としています。第二の誕生、人が完全に達した証で長老になる時ともいわれています。
ですので「今日」のハアブ暦とマヤツォルキン暦の組み合わせは、今から52年前だったのですよ〜☆


そして「4Eb 道・4」が年の守護者(イヤーベアラー)として、POP月の最初の日に着座したわけですね(^_^)
とっても嬉しい日なのです!


なので、今日は春の女神にご挨拶をするため、お花見に行ってきました〜☆
綺麗でした(*´∀`*)

可愛いですよね〜サクラ🌸って♪

ゴジラも喜んでいましたよ〜〜☆



さて、最後のイベント告知になりますが・・
4月4日(土)はお茶の水のYMCAアジア青少年センターにて「第1回 おなやみ相談フェスティバル」が開催されまーす!

出演される方も講演会をされる方も、みなさんその道のスペシャリストばっかりで驚きます。
楽しみですね(*^-^)! 

みなさんとてもリーズナブルな価格で相談を受けてくださいますよ〜〜!

私もパンフがなんとか間に合いました!
こんな感じ♪
当日はマヤ暦カレンダー2015「じゃぐゎーる」もございます!

入場料も1千円と格安ですので、幸運のヒントを探しにまた、春の元素を元気にさせるため、皆様のご来場是非是非お待ちしております(ノ∇≦*)!

時間:11〜18時
会場: YMCAアジア青少年センター 9階国際ホール(セミナーは3階会議室)
入場:¥1,000- (小人、学生は入場無料)

☆現地までは、駅は3駅が使えます。
一番近いのはJR水道橋。徒歩約6~7分。次は地下鉄神保町の駅。徒歩8~10分ほど。
JR御茶ノ水の駅は、アプリなどの地図で見ると近いように見えますが、坂道などあるため、意外と時間がかかります。12分~15分を見ておいたほうが無難です。
水道橋から来られることをおすすめします!


■  [PR]
やっと春到来〜
桜も少しずつ開花していますね。
ですが、マヤ暦では今日から「ハアブ暦」の「伝統的不吉なワイエブ5日間」なのです。
このワイエブ月はたった「5日」しかありません。


28日の今日「シカ12」から始まり「サル3」の4月1日までが「ワイエブ」です。
そして4月2日に新年「0・POP」がやってきます。
西暦でいう元旦と同じですね。
12Manik' シカ12 → 
0Wayeb' ワイエブ0 →
マヤでは1からでなく0から始まります。


古代マヤの時代、数を計算するときの基本は「20進法」でした。(今もそうみたい♪)
20で位があがります。そして400、8000という単位で数がうごきます。

マヤのシステムでは下から上へ向かって20倍に増えていくのですが、読むときは上から読むので、理解するのに少し時間がかかります。
でもその計算方式をつかうと、実は途方もなく長い時間を簡単に記することができます。
マヤの石碑には西暦にすると3000年以上も先のことが書かれていたりします。

なぜ20なのかというと諸説はありますが、両手両足の合計が20だからという説もあります。
マヤ暦占いの基本となるデイサインも20個からなっていますね。


1個のサインについて13パターンあるので、それが20個あるので、13×20で260。
これがマヤツォルキン暦です。

もう一方で、20個のサインが1通り巡って1サイクルなので、20日が1ヶ月。という考え方を取り入れているのが「ハアブ暦」です。
このハアブ暦は太陽暦に基づいているので、365日(閏日はない)にするには20×18=360、次の20日経過してしまうと380日になってしまいますので、「月」がちゃんと着座するのは18ヶ月。
それでは5日足りません。

そこで調整するため、「ワイエブ」という5日しかない「月」を入れたようです。

この「ワイエブ(wayeb)」360日が経過した年の最後にやってきます。


新年がやってくる前の伝統的不吉な5日間ともいわれ、古代マヤの人々はそれぞれ家で静まり、火を消し、断食をして新しい年の神様がやってきて新年の太陽を昇らせてくれるよう祈っていたそうです。


マヤでも「年神様」がいて毎年、1年間を担いで見守る「担当のサイン」があります。
その担当サインは20個のサインのうち4個しかありません。

「風」「シカ」「道」「香」です。

そしてワイエブはその交代劇を見せてくれる時なのです☆

28日は「シカ12」ですが、2月21日には既に「シカ」から「道」にイヤーベアラーが交代しましたね。
でもハアブ暦もあわせて時をよむなら、3月28日「シカ12」をもって「シカ」のお役目は終わるのだと思います。

年神様が不在となる5日間は人間が不手際をおこすといけないから、静かに厳かに過ごす。

そして5日間が終わった4月2日「0・POP」でようやく「道4」になり、「道」のお役目が始まる。
というのが神話的には正解のような気がします。

なので今日から4月1日まで、年神様がちょっと不在(;゚∀゚)でおりません!!


風邪をひいたり具合が悪くなったりと、調子がすぐれない人は大事をとってくださいね。
また年を守る神がいないと悪い邪気もしたい放題になったりするかもしれません。

あまり調子にのらず、悪行を働かず、食べ過ぎ飲み過ぎには注意して、質素に年神様をお迎えできるよう整えてくださいね(^_^)


4月2日のハアブ暦始まりは「道」で、道の守護神は癒しを与える虹の女神。
桜が満開となるなか「道」の神様は地上に降りてこられ、きっと大喜びされることでしょう。

ハアブ暦の新年が明けてすぐ「4月4日」ジャガー6の日に開催される「第1回 お悩みフェスティバル」是非お時間のある方は、春の散歩がてらお越しくださいね!

私も当日はスペシャルプライスで「マヤ暦曼陀羅出生チャート」を作成鑑定いたします♪

お待ちしておりますね!

「道」年となる今年1年に、素敵な虹の架け橋をかけたいあなたへ、当日はたくさんのスペシャリストが来場しています。大切な気づきや出会いがあるかもしれませんよ☆

かの有名な「酒井日香」さんも、超人気ブロガーで大人気講師の「かさこ」さんも、生きテクの「オキタリュウイチ」さんもいらっしゃいます!

会場☆ 「YMCAアジア青少年センター9F・3F」
時間 11〜18時
入場料 ¥1,000(講演聴講チケット1枚つき)



ワイエブ、瞑想しながら静かに素敵にお過ごしくださいませ〜☆


■  [PR]