GENERAL HEAD MOUNTAIN GENERAL HEAD MOUNTAIN

猿真似ドライブ。
本日は、少しだけ早起き。
別にこれと言って用事がある訳ではなく、少しだけ早起き。って言っても、午後二時ぐらいなんだけど。
基本、夜にしか曲作りをしない僕の事。つまりは単純に、昼間は暇、暇、ど暇。
天気は良好、快晴とまではいかないが、まあ良好。
そして僕は、「うーん、何かしてみるか」と曖昧な答え、いざ出発、切り裂け世界の昼下がり。

出発したまでは良かったが、やはり何も見つからなければ決められない。
優柔不断の極み、助けてB型の人々。
「嗚呼、こうなったら海だ。夏前だが、ここは南国宮崎だ、なめんな」と、いつもより強めにアクセルを踏む。
おっと、目の前には乗った経験の少ない有料道路を発見。無論、直進あるのみ。
「どこまで行けるのだろう」と、高鳴る鼓動はまぎれもなく男の浪漫。
「うおおお」と声が出たのかまでは覚えていないが、きっと僕は南国便りの風になっていたと思う。
そんな事もあり快調なドライブ、しかしトラブル発生。目の前に見えるのは高速道路らしきの入り口、「鹿児島、熊本」、間違いない高速道路だ。
きっと、ルフィーなら間違いなく乗っただろう。だって、海賊だし何か強いし伸びるし底抜けに明るいし友達多いしおまけに麦藁帽子をかぶってるし。
「せめて麦藁帽子だけでもあれば」なんて思ったのかは覚えていないが、進路を変更、さよなら、グランドラインとかお宝とか名声とか色々。

そんなこんなでバイパスを激走し、無事、海に到着。
嗚呼、何て海は広いな、大きいななのだ。しかし、宇宙からすれば、水溜りにもならないのだろう、怖い、怖すぎる、何で無の状態が爆発するんだ、もう嫌だ、怖い、怖すぎる。
まあ、しかし、車から降りないのはなんだかもったいないなと思い、一応、外に出て深呼吸。
「うーん、風が冷たい。むしろ、寒いね」
滞在時間、5分弱、何だか眠いし帰宅。

しかし、帰り道に軽い事件が発生。
宮崎市内にて、野生の猿に遭遇。
年甲斐もなく「えー、猿だ!ぎゃー、さるさるさるさる!!」と、上半期のベストテンションを記録し、また少しだけ眠くなって、気が付けば世界は夕暮れ時。
何ともまあ、ロマンチックだ馬鹿野朗。


本日の反省。
「ワンピース」をいかにも読んでます風に書いたが、正直な話、9巻までしかしっかりとは読んでいない。
誠に申し訳御座いませんでしたが、機会があれば、海賊王には人並みになってみたいなとは思っている。
長澤まさみさん似のコックと、上戸彩さん似の踊り子と、新垣結衣さん似の航海士、急募。
性別、年齢はその日の気分で決めようと思う。

パラノイラーの皆様。
海賊、はじめてみませんか?
by sekennosukima | 2009-05-19 02:22
<< 用件は手短にの巻。 とある別荘にて。 >>