二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
I'm gonna miss you...
沢山のコメントに驚いています!!

みなさんの色んな気持ちが良く分かります。

そして、みんなの優しさが身に染みますわ!

ありがとう!

**********************

サンフランシスコ滞在中はミッシェルの家に宿泊させてもらった。
ミッシェルは事前にお母さんに僕のことを話していなかったのか、お母さんが始めて日本人の僕に会った時、とても驚いた様子だった。

「Oh my!!!」
両手を上げ、映画などでよく観るいかにもアメリカ人らしい表情で驚いた。
「ミッシェル、この人はあなたのボーイフレンドなの?」
ミッシェルは笑っているだけで、お母さんの肝心な質問にははっきりとは答えなかった。
「まぁ~遠いところから来てくれたのだから・・・」と言って、取り合えず家の中に僕を招き入れてくれた。

ミッシェルはちょっと複雑な家庭環境でお母さんと二人暮らしだった。
お父さんには会ったことが無いと言っていた。

リビングと二部屋の小さなアパート。
そこがミッシェルの住んでいる家だった。
始めは戸惑っていたお母さんだったけれど、数日で仲良くなった。
とても面倒見が良くて、色々僕の世話を焼いてくれたのだ。

アメリカ人の家に暮らすのは当然初めてだった。
語学留学のホームステイみたいなものか。
殆ど英語が喋れなかった僕は滞在数日でノイローゼみたいになった。
ミッシェルやミッシェルのお母さん、ミッシェルの友達の話す言葉が全く聞き取れず、被害妄想というのか、みんなで僕の悪口を言っているのではないかと思った。
酷い孤独感と自己嫌悪。

滞在数日はミッシェルとうまくコミュニケーションが取れずほとほと精神的に疲れた。
何より日本語が喋れないのも苦痛だった。
英語を喋るのが億劫になったので、夜になるとリビングで一人お酒を呑む量が増えた。
ミッシェルのお母さんに「あんた!呑み過ぎだ!」と言って怒られた。

ミッシェルはミュージシャンの友達が多くて、沢山の地元ミュージシャンが僕に会いに来てくれた。
幾度と無く彼等のパーティーにも呼ばれた。
パーティーと言っても会場は誰かの家なんだけど。
そんなあるパーティーでメタリカのカークを紹介された。
カークは優しげでとても友好的な人だった。
髪が黒いせいか親近感が沸いた。
僕の語学力のせいであまり多くは話せ無かったのが残念だった。
その頃、メタリカの”KILL’M ALL”のアルバムが出たばかりで、そのアルバムを大音量で流していた。
「このアルバムはどう思う?」
そんなことをカークに聞かれたと思うけれど、気の利いた返事が出来ずに「グレート」としか言えなかった。
そんな僕を見て彼は微笑んで親指を立てながら”Cool!”と言っていた。
僕は”Cool!”の意味が分からず、僕の返事の内容が「冷たかったのか?」と思って焦った。

その時に、特に親しくなったのは後にVicious RumorのギターリストになったMark McGeeだった。
彼とはしばらく文通をやっていて彼はデモテープなど頻繁に送ってくれた。
今でもクリスマスやハロウイーンの時期にはカードを送ってくれる。
とても優しい人だ。

パーティーに来ている人はみんな既にメタリカの曲をよく知っていて、全員が大合唱していた。
スラッシュメタルのスピードチューンを全員が合唱するのだ。
その様は見ていて圧巻だった。
みんなビール、ラム、バーボンをガンガン呑んでステレオに向かって頭を激しく振っている。
異様な空間だった。

「Hey! Minoru! You want some?」

誰かが僕にマリファナを勧めてきた。
日本では考えられない光景だ。
みんな目は虚ろになり完全にトンデいた。

僕が返事に窮しているとミッシェルが血相を変えて飛んで来た。
「この人は日本人よ!何考えてんのあんた!!」

ミッシェルの一喝でそのラリっている奴は”Hey!Minoru! Welcome to America!”と言って大笑いしながらどっかへ消えた。

ミッシェルは僕の腕を取ってもう帰ろうと言った。
僕もその方が良さそうだと思った。
帰りの車の中でミッシェルが聞いてきた。
「あなたマリファナとかやらないわよね?」

僕は「Never!」と言って、逮捕される格好をした。

その格好を見て「ええっ!!日本ではマリファナで逮捕されるの?嘘でしょ??」と言って驚いた。

「ここでは高校生ならみんな一度は経験するわ。」ミッシェルは言った。

「アメリカのロックミュージシャンからの誘惑が多いから気をつけてね!マリファナの次はコケインその次はヘロインで・・・そして死んでいくのよ・・そんな風になった人知っているから・・・絶対に手を出さないでね・・・こんなことで死んで欲しくないから・・・私を悲しませないでね・・絶対よ!約束だからね!」
ミッシェルのゆっくりと話す言葉はすべて理解できた。
僕を見つめるミッシェルの目が真剣だった。

サンフランシスコで約3週間過ごした。
気がついたら英語がかなり聞き取れて、理解出きるようになっていた。
サフランシスコ最後の日に、お母さんとミッシェルを日本料理店へ招待した。
お母さんは目を丸くしながら恐る恐る色々挑戦して食べていたけれど、ミッシェルは日本食はまったくダメだった。
海老の天ぷらを唯一食べていた。
日本酒は美味しいと言って飲んではいたけれど・・・。

日本へ帰る日の朝、お母さんに「色々ありがとう」とお礼を言った。

「あなたは私の息子よ!」と言って目に涙を一杯ためて抱きついて言った。
“ I’m gonna miss you…”

“ I’m gonna miss you too”
何も考えないで自然に僕の口から出た言葉だった。

気がつけば、英語がやっと僕の中に入ってきた・・・。
by loudness_ex | 2009-02-23 17:25
おいおい・・・あららら・・・
X.Y.Z.-Aのリハーサルから帰ってきて、ここ見たら大変なことになってるがな!

タッカンがブログでヴォーカル急募って?

そりゃ大変やがな、急いで履歴書送らないと♪

・・・って冗談を言っている雰囲気でもさなさそう・・・

さっきマネージャーと電話で話ししたのだけど・・・

二 「・・・あ、そう言えば今日さぁ、ブログやらメールでファンの人からLOUDNESSのヴォーカル辞めるんですか?って言うのが沢山着てるけど。」

マネ 「はぁ?ま、まじですか?どう言うことですか?」

二 「俺も自分のブログ見てこれにはびっくりだよ!いやね、ファンの人が言うには、タッカンがヴォーカル急募してるって・・・何やってるの?」

マネ 「高崎さんのブログ見てないので、僕は何も知らないなぁ・・・ちょっ確認しておきますが・・」

二 「ファンの人心配してるよ・・・僕も心配してるよ・・・」

マネ 「いや、実はですね・・・最近、高崎さんがソロでスラッシュメタルバンドやりたいみたいなこと言っていて「誰かヴォーカルおらんか?」って聞いてましたから、それじゃないですか?」

二 「ホ~ォ」

マ 「なんか札幌でライブやりたいとか、やるとか言っていたと思いますけど・・・それのメンバー募集じゃないですか?」


と言うことでしたけど・・・。
by loudness_ex | 2009-02-20 20:28
SEX! BEER! and R&R!!!(これベッドミドラー主演の映画の有名な台詞ね!BeerがDrugだけど)
沢山のメッセージありがとう!
すべて読ませていただいていますよ!
すべてのメッセージが僕の活動の励みになります。

ありがとう!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


f0158769_1154832.jpg


茶々丸は家事と言うものが全く出来ない男だった。(笑)
「卵焼きってどうやって作んねん?」と言う茶々丸の衝撃的発言がいまだに忘れられない。
僕も掃除もしないグータラ男だけど、そんな僕が茶々の面倒を見ると言う前代未聞の事態となった。

ある日、何を思ったか茶々丸と二人で女の子をナンパしに行こうという話しになった。
(血気盛んな若者とは言え、考えることは他に無かったのか?)
僕はずっと付き合っていた女性がいたし、その上バンド一筋に生きてきたので、20そこそこの若い男性がするような遊びの経験が殆ど皆無だったのだ。

取りあえず茶々丸と渋谷へ繰り出した。

二 「なぁー声かけるときなんて言うたらええねん?」
茶 「そんなもんお前「茶―でも行かへんか?」でええんちゃうんか?」
二 「アホ!お前、ここ東京やぞ。「茶―行かへんか?」はあかんやろ!」
茶 「おぉ、そうやな忘れとったな。まぁー何でもええわ、にぃーやん先に声かけて来いや」
二 「まじかいな・・」

僕は人生で初めて街中で知らない女性に声をかけた。

二 「あ、あの・・・す、すいません・・」
女 (鬱陶しそうに振り返る)
二 「あ、あの暇ならお茶でも行きませんか?」
女 (ちらっと振り返ったけれど、明らかに見下して無視・・・・)
二 (玉砕・・・深く傷ついた・・・俺はナンパなんか無理・・・)

一部始終を見ていた茶々丸は爆笑・・・

二 「やっぱり標準語で行かなあかんで・・」
茶 「そうやな、ほな俺標準語で行ってみよか」
二 「お前、東京でて来たばっかりやんけ・・・そりゃ無謀やで」

今度は、あろうことか茶々丸は標準語を武器にチャレンジした。
(がんばれ茶々丸!!)

んがぁ~しかし・・・茶々丸も玉砕・・・。

茶 「『こんど田舎から出てきた時ね』って言われたやんけボケ!!!」
二 爆笑!

茶々丸との共同生活は楽しかった。

僕はそんな茶々丸を部屋に残してLOUDNESSの“WORLD TOUR IN JAPAN SEX UP!”の全国ツアーに出かけたのである。

ちなみに、LOUDNESSの大々的な全国ツアーも“WORLD TOUR IN JAPAN SEX UP!”で3回目になっていて、長いツアーの生活にも随分と慣れた。

全国各地ではライブ終了後には決まって打ち上げがあった。
要するに宴会。
各地のイヴェンターさんが御当地の美味しい郷土料理屋さんで宴を開いてくれた。
全国の有名な美味しいものはだいたい食べたと思う。
全国の有名な美味しいお酒もだいたい呑んだと思う。
僕はこの時期が一番お酒を呑んだかもしれない・・・。
今から思えばまったくのアホである・・。
ヴォーカリストがツアー中に酒を呑むほどの愚行は無い。
まぁーこれも若かったので致し方あるまい。
とは言うものの、体が若かったのだ、深酒をしても一晩寝れば回復していた。
二日酔いも殆ど無かったし。

それにしても血気盛んな若者バンドである。
食べる量も半端ではなかった。(笑)
呑む量も記録的であった。(笑)

豪快と言えば、大阪でふぐで有名な高級フグ料亭で食べた時、普通フグと言えば一切れ一切れ味わうものだけれど、ひぐっつあんは大皿に盛ってあるフグをすべて豪快にさらってすべて一気に鍋に放り込んでいたな・・・。

兎にも角にも、LOUDNESSの打ち上げの豪快さ&底なしさが業界で有名になった。
あるイヴェンターさんが僕に打ち明けた。
「LOUDNESSの呑む喰う量は日本のバンド界では群を抜いている。唯一打ち上げでLOUDNESSに迫るのはチャッカーズだけれど、LOUDNESSに比べると可愛いものですよ。チェッカーズにこのことを言ったらライバル意識燃やしていましたよ。」
それを聞いたひぐっつあんが「アホか!チェッカーズなんかに負ける訳無いやんけ!」と言い放った。
当時の業界内ではLOUDNESSとチェッカーズが打ち上げの豪快さでは横綱級であったそうな・・。

結局、ライブ後のあまりの飲み食いが過ぎて打ち上げ代が深刻な事態となり、事務所が悲鳴を上げた。
ある日社長が叫んだ 「お前ら呑み過ぎじゃ~~!もう打ち上げは無しじゃ~~~!!」
そしてついに打ち上げ禁止令が出てしまったのだ・・・。
お陰で、僕はアルコール中毒にならずにすんだかもしれない。(笑)

まさにLOUDNESSはSEX! BEER! R&R!!であった。

1983年12月、やっと長いツアーから開放されて久しぶりのオフに入った。
僕は当時付き合っていたミッシェルに会いに単身渡米した。
サンフランシスコではパールハーバーの特別番組が盛んにテレビで流れていた時期だった・・・・。
久しぶりに会うミッシェルは一際綺麗になっていた。
ミッシェルの金髪が輝き、ブルーの瞳は何もかも吸い込んでしまうような美しさだった。
サンフランシスコでは沢山の地元メタル/スラッシャーミュージシャンの歓待を受けた。

冬のサンフランシスコはとても美しくてロマンチックだった。

f0158769_11545937.jpg

by loudness_ex | 2009-02-18 11:58
サウンドチェックの写真を少しだけ
あまり時間が無かったので多くは撮れませんでした。

f0158769_1374350.jpg

二井原サウンドチェックやってます。

f0158769_1382411.jpg

照明がj綺麗でしたね!

f0158769_139278.jpg

ほれ、もう一丁!

f0158769_1395148.jpg

ちょっと映りが悪いですが、アンパン君です。
今回、重圧の中大健闘してくれたアンパン君。
僕と並ぶと見上げるような巨体だけれど、とても礼儀正しい熱血漢で好青年!
でも、モンゴルの遊牧民戦士っぽいよね?(笑

このライブは録画されていたので、恐らく近い将来DVDとしてリリースされると思います。
今日、そのライブ音源を聞きましたが、涙声になっているところがあって、それを聞くとぐっと胸が熱くなってしもうた・・・でもちょっと音外れてるけど・・泣いているのだから仕方あるまい・・。

今日から新譜のヴォーカルメロディの追い込みをやっております。

それと平行して歌詞のスケッチも始めないと。

創作の神よ!!歌詞で何かインスピレーションを!!!

がんばります!
by loudness_ex | 2009-02-16 13:19
みんなありがとうね・・・・
昨日のライブ、沢山の声援本当にありがとう!

僕にとっても忘れられない夜になりました。

リハーサルの時から、ひぐっつあんの写真がスクリーンに出るたびに涙がこぼれて来ました。

リハーサルの模様の写真を少し撮りましたので後でアップします。

ほんま、ありがとう!

二井原 実(LOUDNESS)
by loudness_ex | 2009-02-15 09:22
いよいよ明日はライブだ・・・
明日は渋谷でライブだ。

LOUDNESSは現渋谷CCLEMONこと旧渋谷公会堂で何度もライブをやった。

渋谷公会堂ライブのヴィデオも撮ったしね・・・。

僕にとっても、バンドにとっても色んな思い出が一杯ある会場だ。

まさか「樋口宗孝追悼ライブ」をここでやるなんて夢にも思わなかった。

僕がLOUDNESSで歌う時は、いつもひぐっつあんがドラムを叩いていた。

緊急事態で孝三先生とアンパン君がピンチヒッターと言うことがあったけれど・・・。

明日は、お陰さまで沢山のお客さんが来てくれそうだ。

きっとひぐっつあんも会場のどこかで観ていることだろう。

いや、一緒に演奏しているに違いない。

LOUDNESSらしい物凄い音圧の派手なステージになるよ!

ただ、最近僕は涙腺が弱い。

歳のせいかもしれないけれど・・・。

最後まで気丈に歌えるか、ちょっぴり不安だ・・・。

昨日までリハーサルやらなんたらで忙しかったせいもあって気が紛れていたけれど。

今日は久しぶりのオフ日で、明日のことをウツラウツラ考えていると急に感情がこみ上げてきましたわ・・・。(涙

どうかライブに来る皆さん、僕と一緒に歌ってください。

バンドは持てる力を最大限発揮して、最後まで燃え尽きたいと思います。

みんなで最高のライブにしましょう!!

ほな、今日は早めに寝ますわ。

気合い入りまくり、二井原より。
by loudness_ex | 2009-02-13 18:23
LOUDNESS 新譜レコーディング始まる!
・・・・リハーサルやレコーディングに忙殺されて、原稿を書く時間が無くて・・・

・・・と苦しい言い訳を・・・

・・・更新が遅れております・・・ごめんなさい!

・・・その代わりと言っては何ですが、LOUDNESSの近影をアップ!

・・・むしろ、この方が普通のブログっぽいよね♪

二人仲良く!

f0158769_167844.jpg


ひぐっつあんのドラムもしっかりセットされております!!
ドラマーはいませんが、ひぐっつあんの過去に録音された膨大なドラムデータを駆使して、ひぐっつあんのラウドドラムを蘇らせて新曲が誕生するのだ!!!
最新テクノロジー恐るべし!!

f0158769_1675422.jpg


曲を作りながらのレコーディング!
ベースもタッカンがデモ段階で一応軽く弾いております。

f0158769_1684024.jpg


マー君はこの日スタジオには不在でした。
タッカンが一人で作曲するためにスタジオに缶詰状態!

格好良い曲がもはや5曲ほど完成しておりました。

これから、歌詞や歌メロを考えます。

他の写真も諸々アップしました。

続きはこちらへGO!!
by loudness_ex | 2009-02-04 16:12
excite. MusicMall

ブログトップ | ログイン
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。