二井原実 二井原実 Infomation

二井原実

■2008年5月9日-10日の
ソロライヴを収録した、
2枚組みCDがついに完成!

『MINORU NIIHARA LIVE!
"R&R GYPSY SHOW"@KAGURAZAKA DIMENSION (2008.05.09-10)』

通信販売&ライブ会場限定販売商品です。
定価¥3,000

CDの試聴、購入サイトへの
入り口はこちら
http://www.blasty.jp/niihara_cd/

〈収録曲〉
-DISC 1-
1.THIS LONELY HEART
2.FEVER
3.SOLDIER OF FORTUNE
4.THE NIGHT BEAST
5.SHUT UP AND BUY
6.DREAMS OF DUST
7.IN MY DREAMS
8.Tagawa Hiroaki Gtr solo
9.ASHES TO GLORY
10.1000 EYES
11.I'LL NEVER HIDE MY LOVE AGAIN
12.YOU CAN DO IT

-DISC2-
1.FAR AWAY
2.Funky Sueyoshi Dr solo ~
3.LET IT GO
4.Terasawa Koichi Bass solo ~ LET'S GET TOGETHER
5.STRIKE OF THE SWORD
6.ESPER
7.ROCK'N ROLL GYPSY
8.DREAM FANTASY
9.SO LONELY
10.TAKE ME HOME

Produced by Minoru Niihara

二井原実

二井原実
「Ashes to Glory」

¥3,000 (Tax in)
TKCA-72985
【徳間ジャパン】

この作品を買う Official site Music mall
LIVE-LOUD-ALIVE
なるべく更新を頻繁に出来るように、少し字数を減らしました。

これで多少は更新しやすくなるか?

ほな、よろしく!

*************************

LOUDNESSのアトランティックとの契約オファーはそれまであまり関心を示さなかった一般メディアにも大きなインパクトを与えたようだった。
今まではLOUDNESSには見向きもしなかった一般メディアからの取材も増え始めた。
でも、それはまだまだLOUDNESS狂騒曲の序章にしかすぎなかった。

「二井原、英語何とかしろよ、分かったな」
当時の事務所社長のNさんが電話口で僕に言ったあの言葉が忘れられない。

(えっ、そんなん・・何とかしろよって・・・)
どうすれば良いのか分からず途方に暮れた。
英語と言う課題は大き過ぎた、実際自分がやっていけるのかどうか分からなかった。
ミッシェルとの文通ぐらいしか英語に接することも無く、気持ちは焦るばかりだった。

そんな不安な気持ちを感じながらも、ヨーロッパから帰国して数日、1983年9月24日から全国ツアーが始まった。
全国ツアーはモヤモヤとした不安な気持ちを忘れさせてくれた。
熱狂的なファンの歓声が僕に勇気と力を与えてくれた。
改めて、ファンの人達の存在の有難さを身に染みた。

「LOUDNESSが遠くへ行ってしまうのが寂しいです」
「日本を捨てないでください」
「手の届かない存在になってしまうのが怖いです」
切実な気持ちを綴るファンレターが多くなった。
ファンの人がとても愛おしく感じた。

『僕達は君達から離れることは無い。
僕達はずっと君達と一緒だ。』
僕はそう叫びたかった。
と同時に、(こんなに応援してくれるファンの人達の為にも僕は英語なんかで不安になっている場合じゃない)と思った。
沢山の人の夢と共に僕はいる。
僕自身の為にも、ファンの人の為にもこの英語の壁は乗り越えなければならないと思った。
もしファンの人がいなければ、僕は尻尾を巻いて逃げ出していたかもしれない。

“WORLD TOUR IN JAPAN SEX UP!”と題されたツアーは東京は中野サンプラザが皮切りだった。
この日のライブはLOUDNESSにとって始めてのライブレコーディングされた。
そして一回り大きくなったLOUDNESSは全国を駆け巡った。
アメリカ、ヨーロッパのツアーでLOUDNESSは明らかに成長したと思う。

どんな機会でも良い、日本を飛び出して何かやると言うのは大事なことだ。
金銭的には大変だけれど・・・
世界の異文化を体験すると言うことは特に精神的な部分で大きな刺激を受ける。
大きな成長と言っても良いかもしれない。
僕達の人生経験においても22~23歳でそう言うチャンスに恵まれたのは幸運だった。

このツアーでの11月2日の東京渋谷公会堂ライブでは初のライブヴィデオがシューティングされた。
後にそのライブアルバムやヴィデオは”LIVE-LOUD-ALIVE”と題された。
ヘビーメタル/ハードロックと言うジャンルにもかかわらずライブアルバム、ヴィデオはチャートインを果たしてヘビーメタル/ハードロックシーンにおいて前代未聞のセールスを記録した。

「ニーやんか?」
LOUDNESSツアーの合間のある休日に電話口から懐かしい声が聞こえた。
仏教大学時代に一緒にバンドやっていた藤村幸宏こと「茶々丸」からだった。
「おぉ!!懐かしいな!どないしてんねん!大学卒業して就職したんか?」
「おぉそうやけどな・・・」
「チャチャも就職したんか、早いモンやなぁ・・・」
「ニーやんと付き合うてたI さんも無事卒業したで」
「ほんまか・・懐かしいな」
「ニーやんも頑張ってんな、こっちでもえらい人気やで!」
「ほんまにお蔭さんで目茶忙しいわ」
「それはそうとな、東京ってどうや?俺、やっぱ音楽したいねん」
「会社辞めるつもりなんか?」
「おぉ、就職したけどな、なんか音楽やるべきやと思ってな・・・」
「まじか、ほんなら出て来いや」
「ええか?ほな行くわ」

程なくして、茶々丸は仕事を辞めてギターと少しの荷物を持って僕のアパートに来た。
6畳一間のアパートで茶々丸との共同生活が始まった・・・。
髪が短くなっていた茶々丸は不安気ではあったけれど吹っ切れた感じだった。
by loudness_ex | 2009-01-24 12:30
excite. MusicMall

ブログトップ | ログイン
誕生日おめでとうございま..
by ロック小僧 at 22:45
お誕生日おめでとうござい..
by さちを at 21:25
Happy Birthd..
by こまちゃん at 20:49
お誕生日おめでとうございます
by いなほ at 20:42
にぃちゃん、お誕生日おめ..
by はんぞう at 19:45
お誕生日おめでとうござい..
by ねこ at 18:47
お誕生日おめでとうござい..
by てるZ at 18:40
二井原さん、お誕生日おめ..
by 高知&大阪ではタイガース男 at 16:28
こんにちは。 誕生日おめ..
by PROGRESS 佐藤 at 15:23
お誕生日おめでとうござい..
by 1007 at 14:52
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。