ホーム | ブログトップ | サイトマップ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
動画を見たい
by 城山荘 at 15:52
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 15:33
また、やるんですかね?
by ブッフォン at 11:47
本当にお疲れ様でした。 ..
by デルピエロ at 19:01
レオナルドさん、お疲れ様..
by paola77 at 17:45
ダ・ビンチさん、ジャッポ..
by toni at 16:08
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 21:16
いいです
by mesou at 16:21
九州は雨ですが、気をつけ..
by MAX at 11:28
ダ・ヴィンチさん、忍者な..
by happymango at 11:58
もしかしたら・・・と思っ..
by sunflower2000t at 11:07
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:35
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:34
ガソリンスタンドで、ダ・..
by paola77 at 18:04
家の近所で「ダ・ヴィンチ..
by david_2980 at 13:24
最新のトラックバック
SCIENCE・ART
from カミケン 広告とかメディアア..
ダビンチの旅日記
from ねこブログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
画伊土のレオナルド映像記録その(3)
帝釈天とレオナルド・ダ・ヴィンチ

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee50855.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-06-13 21:29 | 映像記録
画伊土のレオナルド映像記録その(2)
レオナルド・ダ・ヴィンチが選んだ珍味

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee50854.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-06-13 21:27 | 映像記録
画伊土のレオナルド映像記録その(1)
車輪の付いた鉄の箱と初対面
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee50853.flv

# by leonardo-da-vinci | 2007-06-13 21:25 | 映像記録
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(6)
500年以上前の作品と対峙する

e0124180_1825281.jpg

Oggi il cielo e’ limpido.
Mi e’ giunta la notizia che al museo nazionale di Ueno, a Tokyo, e’ in corso un’esposizione di alcune delle mie opere. Cosi’ ho deciso di andarci.
In questo museo e’ possibile ammirare l’arte e scoprire la storia del Giappone.
Ho capito che la storia di questo lontano paese e’ fatta di armature e di statue di un personaggio chiamato “Buddah”.
Io nella mia vita non ho certo lasciato molte opere tra pitture e sculture, e non pensavo certo di potere vedere alcune delle mie creazioni, piu’ di cinquecento anni dopo averle completate, in un luogo a dieci mila chilometri di distanza. Per di piu’ a questa esposizione mi hanno detto essere venuti piu’ di cinquecento mila visitatori, e questo fatto mi ha molto meravigliato.
In passato ho affermato che un artista se non e’ polivalente e non riesce a fare di tutto non potra’ mai ricevere in pieno i favori del pubblico.
Che la gente di oggi mi stia concedendo proprio cio’?
Chissa’ cosa pensano delle mie opere. Mi piacerebbe chiederglielo.

今日は蒼天が広がっている。
東京の上野という所にあるジャッポーネの国立博物館で、
私の作品を集めた展覧会をやっているというので、
訪ねてみた。
このムゼオでは、日出ずる国の足跡をつぶさに見ることができる。
あまりに無防備に見える甲冑や「仏像」という名の彫刻などが、
祖国とはまったく違う経緯をたどってきた、この国の歴史を物語る。
絵画や彫刻などの芸術作品に関して、
私はあまり多くの作品を残していない。
そのため、こうして創作意欲に満ちていた500年以上前の作品を、
はるか1万kmも離れた国で見ることになるとは、夢にも思わなかった。
しかも、この展覧会には、すでに50万人以上もの人々が訪れたというのだから、
またまた驚きである。
私はかつて「画家は、万能でなければ賞賛に値しない」と言ったことがある。
果たして私は、この時代の人々に万能と認められたのであろうか。
そして、私の作品は、この時代の人々の目にどのように映ったのだろうか。
ぜひ、知りたいものである。
# by leonardo-da-vinci | 2007-06-12 18:56 | 旅日記
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(5)
ジャッポーネのイタリアから

e0124180_20252149.jpg

La mattina era brutto tempo, ma il pomeriggio e’ uscito il sole.
Finalmente e’ arrivato il giorno della partenza.
Tra tutti i posti che mi ha consigliato la mia guida , io ne ho scelto uno chiamato “Shiodome” a Tokyo come punto di partenza. Sono rimasto colpito da quel luogo quando l’ho visitato. Li c’e’ un intero quartiere costruito in stile italiano. Tanto di cappello all’ospitalita’ di questo paese verso le altre culture.
Mentre, emozionato, mi preparavo per la partenza sono stato intervistato da un inviato della stazione radio “Inter FM”.
Per qualche motivo questo mio viaggio sta attirando l’attenzione di molta gente qui in Giappone.
La cosa che mi ha sorpreso di piu’ e’ il fatto che mi hanno spiegato che la mia voce e’ stata trasformata in delle onde invisibili che venivano ricevute da degli apparecchi chiamati “radio” e poteva essere ascoltata anche in posti molto lontani.
Questo principio mi ha colpito a tal punto che non mi ricordo cosa ho risposto alle domande.
Questo oggetto misterioso e lo strano fenomeno che lo fa funzionare sono un gran bel pensiero per la mia mente sempre in cerca di novita’.
In ogni caso, il viaggio pieno di aspettative e curiosita’ e’ iniziato.


天気の悪かった朝から一転、午後からは太陽が顔を出した。
いよいよ旅立ちの日を迎えた。
画伊土(ガイド)氏が薦めてくれたいくつかの場所の中から、
私がスタート地点に選んだのは、東京の汐留にある「イタリア街」という場所である。
私はその場所を訪れ、驚愕した。
そこには、祖国イタリアを模して築かれたという街並みがあったのだ。
とにかく、この国の異文化に対する寛容さにはまさに脱帽である。
そうした驚きの気持ちを抱えながら出発の準備をしている中、
成り行きで「インターFM」という放送局からインタビューを受けることになった。
どうやら私の旅が、ジャッポーネの人々から大きな注目を集めているらしい。
さらに驚いたのは、こうして話している私の声が電気の波に変換され、
大気中を進み、それぞれの家庭にある「ラジオ」という機器に届くのだという。
その原理が気になり、肝心のインタビューで何と答えたのか、まるで覚えていない。
摩訶不思議な物体や事象の洪水に、真理を追究する私の脳は、休むいとまがない。
ともあれ、好奇心の灯がともる期待に満ちた旅がはじまった。
# by leonardo-da-vinci | 2007-06-11 20:26 | 旅日記
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(4)
晩餐会への招待



Appena sono arrivato in Giappone mi e’ stato subito consegnato l’invito per una festa. Il mittente era il propietario della scatola di metallo che verra’ usata per il mio viaggio.

Ho partecipato alla festa per dimostrargli la mia gratitudine.
La cosa che ho subito notato e’ stato l’abbigliamento degli altri ospiti: molto diverso dal mio.
Per di piu’, ultimamente tra gli uomini del Giappone sembra riscontrare successo un particolare stile nel vestirsi chiamato “Choiwaru”.
Ho avuto modo di osservare molti particolari di un certo interesse di questo stile vestiario che potrebbero essermi di ispirazione per dei futuri lavori.
Ho anche realizzato che ci sono stati grandi cambiamenti nello stile degli abiti rispetto al mio tempo, il ‘500.

Ho anche notato che nel salone della cena i miei passi provocavano una certa sorpresa tra gli altri ospiti.

Sui tavoli erano disposte molte pietanze italiane.
Sara’ stato per la nostalgia, per la felicita’ del momento, per il profumo, fatto sta che anche la mia mano si e’ allungata sul cibo.
Buono.
In Giappone ho davvero ritrovato i sapori di casa.

Ho gia’ fatto molte scoperte interessanti qui in Giappone, e da domani nel mio viaggio ne faro’ senza dubbio molte altre.

Tutte le aspettative e l’emozione per questo viaggio unite al buon umore della festa sono proprio lo spirito giusto per iniziare i preparativi per la partenza domani.



ジャッポーネに到着してまもなく、
私のもとに晩餐会の招待状が届いた。
差出人は、この旅のために鉄の箱を与えてくれたパトロンからだった。

私は一言、感謝の意を伝えたく、その晩餐会に出席した。
まず、そこで気付いたことは、私と他の客人との身なりの違いである。
しかも、最近ジャッポーネの男性の間では、
「ちょいワル」と名付けられた新たな装いが支持を得ているという。
この日も、私の創作意欲を刺激する興味深い風貌を
数多く目にすることができた。
500年という歳月は、装いまでも大きく変化させるのだと、
改めて時の流れを実感した。

そして、晩餐のサローネに歩を進めた私は、大いに歓喜した。
なんと、テーブルには所狭しと祖国イタリアの料理が並べられていたのだ。
懐かしさと嬉しさ、そして芳しい香りに、私の手も自然と料理に伸びる。
美味しい。
まさか、このジャッポーネで故郷の味にめぐり逢えるとは。

ジャッポーネには、多岐にわたる発見がある。
きっと、明日からの旅でも無数の発見と出逢うことだろう。
そのことを考えると、いまから胸が高鳴る。

この旅への期待で膨らむ心と、
晩餐会によっていささか膨らみを増した腹部に幸せを感じながら、
今宵は明日の旅立ちに備えることにしよう。

# by leonardo-da-vinci | 2007-06-11 00:02 | 旅日記
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(3)
驚嘆の出発式


e0124180_205827.jpg


La sera precedente la mia partenza c’e’ stato un piccolo banchetto.

Come prima cosa abbiamo brindato al Giappone con un liquore fatto con il riso, bevanda forte ma dal sapore piacevole.

Poi e’ stato servito del pesce crudo chiamato “Sashimi” tagliato e disposto ordinatamente sul tavolo. Somiglia al carpaccio che si mangia da noi in Italia, ma senza olio d’oliva. Si mangia invece intingendolo in un liquido scuro e salato chiamato “salsa di soia” al quale e’ viene mescolato una pasta verde chiamata “Wasabi”.
Osservando quello che facevano gli altri invitati, ne ho mangiato allo stesso modo una fetta anche io.

Uno strano pizzicore mi e’ salito fino al naso.
Avevo messo troppo Wasabi.
Ha un sapore piccante molto forte, ma completamente diverso da quello del peperoncino.

La cosa che piu’ mi ha sorpreso di questo banchetto e’ un utensile chiamato “Hashi”.
Si tratta di una coppia bacchette di legno che vengono usate come prolungamento delle dita della mano per prendere il cibo al momento del pasto.
Per usarle c’e’ bisogno di molta manualita’ e molto esercizio.
Al giorno d’oggi in Giappone sono molte le attivita’ che richiedono un rapido utilizzo delle dita. La gente di qua ha ormai aquisito nel tempo una grande manualita’ grazie all’uso quotidiano di queste bacchette, e quindi tutte queste altre operazioni che richiederebbero un lungo allenamento risultano invece molto semplici.


出発を3日後に控え、ささやかな宴が開かれた。

まず、グラスにジャッポーネを代表する酒「ライスワイン」が注がれる。
大地のチカラを閉じこめたかのような味が、口の中に広がる。

そして、テーブルには「刺身」という生魚がテーブルに並ぶ。
祖国のカルパッチョに似ているがオリーブオイルはかかっていない。
なんでも、醤油という黒くてしょっぱい液体と、
ワサビという緑のペーストを混ぜ合わせたものを付けて食するらしい。
早速、見よう見まねでひと切れ口に入れてみた。

鼻の奥底を刺激する強烈な痛み。
ワサビを入れすぎてしまったようである。
ぺペロンチーノとはまた違った強烈な刺激に、
しばし涙を流したのである。

また、宴の席でとりわけ感心したのは「箸」。
2本の筆のような棒を使い、手先を起用に動かすことは、
前頭葉を鍛錬することにつながるのではないか。
その事実に、私は驚嘆した。
ジャッポーネでは、昨今脳を鍛えることがブームであるという話を聞いたが、
はるか昔からこのようにトレーニングしているとは。
ジャッポーネの人々は、やはり勤勉な民族なのだと確信した瞬間であった。
# by leonardo-da-vinci | 2007-06-08 20:07 | 旅日記
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(2)
東京タワーで鳥になる


e0124180_14412475.jpg


In questo mio viaggio saro’ accompagnato da un’altra persona.
Quando ho detto a questo amico, profondo conoscitore del Giappone, che desideravo avere una visione dall’alto di questa zona, mi ha portato in una torre di ferro chiamata Tokyo Tower.

E’ una costruzione formata da quattro grosse gambe di acciaio disposte in cerchio che salgono verso il cielo e si uniscono in cima all’altezza di 333 metri.
Le dimensioni imponenti e la perfetta geometria sono il risultato di un’avanzata metodologia costruttiva che ha sorpreso persino me.

Poi, per la prima volta sono entrato in una piccola stanza chiamata “Ascensore” che e’ salita fino all’altezza di 250 metri portandomi in un particolare terrazzo panoramico.
Anche se si trova ad un’altezza pari a cinque volte quella della Torre di Pisa, non fa timore. Si tratta invece di un posto fresco e rilassante.

Mi sentivo proprio come gli uccellini che mi volavano davanti. E mentre pensavo questo mi sono reso conto dell’enorme metropoli che si estendeva sotto di me.


今回のジャッポーネの旅には、
世話役として同行してくれるこの国生まれの仲間がいる。
彼に、「高い所から、ぜひ都市を見渡したい」と熱望したところ、
「東京タワー」という鉄で出来た塔に案内された。

鉄骨を巧みに組み合わせた4本の脚が、
ゆるやかな弧を描きながら天空に向かい、
333メートルというとてつもなく高い場所で、1点で収束している。
その壮大なスケールと幾何学を巧みに取り入れた建築手法に、
さすがの私も度肝を抜かれた。

また、私ははじめて「エレベーター」なる小さな部屋に乗って、
地上250メートルにある特別展望台という場所に立った。
ピサの斜塔の5倍もあるという高所にも関わらず、それほど恐怖を感じない。
これだけ高い場所になると、かえって爽快な気持ちになることを知った。

いま目の前を通り過ぎていった小鳥たちも、
きっと私と同じような心地よさを感じて飛んでいるに違いない。
そんなことを思いながら、眼下に広がる大都市を長い時間眺めていた。
# by leonardo-da-vinci | 2007-06-06 19:20 | 旅日記
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(1)
旅立ちのとき


e0124180_2045327.jpg


Il mio nome e’ Leonardo da Vinci.
Per la storia sono ho vissuto fino al 1519, ma questo non e’ importante.
Oggi, nell’anno 2007, iniziero’ un viaggio nel Paese del sol levante, conosciuto anche come Giappone.

Il mezzo di questo mio viaggio sara’ una grande scatola di metallo con le ruote, che viene dalla mia terra natale, l’Italia, e che si chiama Fiat Grande Punto 1.4 Dualogic.
E’ stata una grande sorpresa per me scoprire che questa Grande Punto ha la forza di ben 77 cavalli.
Somiglia ad una carrozza che si muove senza i cavalli che la tirano
Mi sono chiesto: dei semplici uomini hanno davvero potuto costruire tutto questo?

Da adesso utilizzero’ questa Grande Punto per fare il mio viaggio.
Ogni viaggio e’ pieno di avventure, esperienze e riflessioni fatte durante il percorso.
E per far si he io possa dipingere il mio percorso e’ stato messo un pennello sopra la mia Grande Punto. Con questo pennello I miei pensieri verranno impressi sulle strade del Giappone.
Poi, alla fine di ogni tappa ci sara’ una bella sorpresa per tutti.
Quale’?
Seguitemi e lo capirete.

Adesso inizia il viaggio!


私の名は、レオナルド・ダ・ヴィンチ。
歴史の上では、1519年に天寿を全うしたことになっているが、
そんなことはどうでもよい。
とにかく、2007年のこの時、
訳あって日出ずる国「ジャッポーネ」を旅することになったのだ。

しかも、旅の脚は、私の祖国イタリアからやってきた
「フィアット グランデ プント 1.4 Dualogic 」という車輪の付いた鉄の箱である。
しかも、このグランデ プントには、
77頭の馬に匹敵するチカラがあるというのだから驚きである。
馬が引かずに走る馬車。
人類は、なんと素晴らしい発明をしたことか。

私は、これからこの「グランデ プント 1.4 Dualogic」に乗って、旅に出る。
旅とは、探求と思索、そして見聞の軌跡でもある。
だからこそ、私はその軌跡を描くために、このグランデ プントに筆を握らせた。
この筆は、私の思いをこのジャッポーネに刻むための大切なツールなのである。
そして、ひとつの旅が終わるとき、諸君はきっと驚嘆するであろう。
なぜって?
それは、その時になればわかるはずである。

さぁ、旅をはじめるとしよう。
# by leonardo-da-vinci | 2007-06-01 19:24 | 旅日記
プロフィール

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年4月15日~1519年5月2日)

2007年のジャッポーネ(日本)に、突然来日したイタリア・ルネッサンスを
代表する天才レオナルド・ダ・ヴィンチ。
彼が本業の画家としてだけではなく、多岐にわたって並外れた才能を発揮した
真の天才であるということは、いまさら言うまでもありません。

そんな彼が残したノートには、科学、工学、医学、天文学、流体力学、幾何学、
音楽など、幅広い分野に関するおびただしい量のアイデアが、芸術的なスケッチ
とともに記されています。しかも、鏡に写したように左右を反転した暗号めいた
文字で書かれていることも、天才のなせる技といえるでしょう。

好奇心と才能と情熱にあふれる、レオナルド・ダ・ヴィンチ。
彼は、このジャッポーネでどんな刺激を得るのでしょうか?
21世紀に舞い降りたレオナルド・ダ・ヴィンチの、
新たなるチャレンジに乞うご期待!


※ちなみに、レオナルド・ダ・ヴィンチとは「ヴィンチ村のレオナルド」という意味です。
※本キャンペーンのレオナルド・ダ・ヴィンチは、プロのドライバーが扮しています。

# by leonardo-da-vinci | 2007-06-01 19:00