ホーム | ブログトップ | サイトマップ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
動画を見たい
by 城山荘 at 15:52
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 15:33
また、やるんですかね?
by ブッフォン at 11:47
本当にお疲れ様でした。 ..
by デルピエロ at 19:01
レオナルドさん、お疲れ様..
by paola77 at 17:45
ダ・ビンチさん、ジャッポ..
by toni at 16:08
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 21:16
いいです
by mesou at 16:21
九州は雨ですが、気をつけ..
by MAX at 11:28
ダ・ヴィンチさん、忍者な..
by happymango at 11:58
もしかしたら・・・と思っ..
by sunflower2000t at 11:07
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:35
画伊土(ガイド)です。 ..
by leonardo-da-vinci at 12:34
ガソリンスタンドで、ダ・..
by paola77 at 18:04
家の近所で「ダ・ヴィンチ..
by david_2980 at 13:24
最新のトラックバック
SCIENCE・ART
from カミケン 広告とかメディアア..
ダビンチの旅日記
from ねこブログ
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
レオナルドさんからの贈り物
画伊土(ガイド)です。
約1ヶ月の間、応援していただき、本当にありがとうございました。
みなさんからいただいた温かなコメントや近隣情報、
そして何より美味しい情報に、心から感謝しています。

おかげさまで、3つの巨大なアートを描くという
レオナルドさんの壮大な旅も、無事に終えることができました。

そうそう、実は帰国の途に着くレオナルドさんから
「この旅で描いた作品を、しばらくジャッポーネに残しておきたい」
という伝言がありました。
そのため、今回描いた3つの作品は、
レオナルドさんの「アトリエ」で引き続き展示することになりました。
きっと、この旅で大好きになったジャッポーネのみなさんへの、
プレゼントなのでしょうね。

ふとレオナルドさんを思い出したとき、そして芸術に触れたいときなどには、
1ヶ月間の思い出がたっぷり詰まったこのアトリエに、ぜひ遊びに来てください。
http://www.sciencexart.jp/

それでは、いつかどこかで逢う日まで。
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-10 15:40
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(18)
チャオ!ジャッポーネ

e0124180_1312784.jpg

Oggi piove.
Per un periodo di quasi un mese ho composto le mie grandi opere usando come tela il Giappone e, dopo questa mia terza e ultima composizione intitolata “La mia Italia”, depongo il pennello.
Tornando indietro con i ricordi, sono passate cinque settimane da quando ho visto per la prima volta questa scatola di ferro con il grande pennello posto sopra.
Lo scopo principale di questa avventura non e’ stato quello di dipingere delle opere, ma bensi’ visitare luoghi diversi, incontrare culture diverse, conoscere persone diverse, assaggiare cibi diversi, e poter poi ricordarsi tutto questo.
E’ stato un viaggio lungo 3600 chilometri, ma ricco di soddisfazioni e magnifiche esperienze.
Sotto la pioggia, con il vento, con il caldo, non mi sono scoraggiato nemmeno una volta, e il mio pennello e’ diventato il prolungamento delle mie gambe. Anche per le vie dissestate e le ripide strade di montagna, non mi sono mai lamentato e ho sempre tirato avanti tenendo duro.
Infine vorrei approfittare di questo spazio per ringraziare sentitamente tutti quelli che hanno visitato questo sito, tutti quelli che hanno lasciato un commento sul mio diario di viaggio, tutti quelli che hanno inviato i loro contributi di supporto, tutti quelli che sono corsi in strada con le bandiere in mano per supportarmi, tutti quelli che mi hanno fatto conoscere il buon cibo e la cultura del Giappone, tutti quelli che mi hanno mandato delle cartoline per posta, la mia guida, che mi ha accompagnato per tutto il tempo, ventiquattro ore su ventiquattro, e tutti quelli che hanno seguito questo mio viaggio.
Grazie davvero a tutti quanti.
La mia esperienza artistica qui in Giappone e’ giunta al termine, ma spero che questo esperimento di fondere scienza e arte abbia emozionato almeno un po’ la gente.
Per realizzare questo sogno, ed innalzarne sempre piu’ il livello, io continuero’ il mio studio di ricerca sulla fusione tra scienza e arte.
Gia’ sento crescere dentro di me il desiderio di proseguire questo percorso.
Ma prima di questo c’e’ un’ultima cosa che mi rimane da fare. Ed e’ andare insieme alla mia guida a Tenjin, per assaporare ancora una volta il “Tonkotsu Ramen” e ritrovare i colori della bandiera italiana.


今日は雨
ジャッポーネをキャンバスに、
約1ヶ月という月日を掛けて描いてきた巨大アートの創作も、
この第3作品目の「祖国イタリア」を最後に
一先ず筆を置くこととなった。

振り返れば、東京の汐留で「ダ・ヴィンチ号」と名付けられた
大きな筆を持つ、この鉄の箱とはじめて会ってからの5週間。
アートを描くという本来の目的はもとより、
さまざまな場所を訪れ、さまざまな文化に触れ、さまざまな人と出逢い、
さまざまな食を口にし、そしてさまざまな思い出を手にしてきた。
合計3600kmという長旅ではあったが、
実に快適で、実に有意義な経験をしたと、心から感じている。
しかも、このダ・ヴィンチ号は、雨の日も風の日も、そして猛暑の日でも、
一度も機嫌を損ねることなく、私の足となり筆となってくれた。
もちろん、足場の悪い路面や急勾配の山道でも、
文句ひとつ言わずに走破してくれたことに、心から感謝している。

また、本サイトを観てくれた諸君、私の旅日記にコメントをくれた諸君、
私の目撃情報を投稿してくれた諸君、
応援フラッグを手に沿道に駆け付けてくれた諸君、
応援の手紙をしたためてくれた諸君、
ジャッポーネの美味しい食や文化を教えてくれた方々、
この旅の間、24時間ともに過ごしてくれた画伊土(ガイド)氏、
そして私の旅を見守ってくれたすべての人々に、
この場を借りて感謝の意を伝えたい。
本当にありがとう。

ジャッポーネでの創作活動は、一旦終わることになるが、
サイエンス(技術)とアート(芸術)の融合によって、
人々の心を動かすこと。
そして、毎日をもっと楽しく、もっと豊かにすること。
その理想をより高いレベルで実現するために、
私はこれからもサイエンスとアートを追求し続けていく。

すでに、私の中には、次なる創作意欲が芽生えている。

しかし、その前にやるべきことがある。
画伊土氏、天神へ行こうじゃないか。
あの、祖国イタリアの国旗を彷彿とさせる
「とんこつラーメン」を食するために。
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-09 14:00 | 旅日記
画伊土のレオナルド映像記録その(30)
板についてきました

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee58734.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-09 10:49 | 映像記録
画伊土のレオナルド映像記録その(29)
ラーメンが止まらない

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee58733.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-09 10:48 | 映像記録
画伊土のレオナルド映像記録その(28)
いつのまにか

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee57995.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-07 21:37 | 映像記録
画伊土のレオナルド映像記録その(27)
大きいです!

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee57994.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-07 21:36 | 映像記録
画伊土のレオナルド映像記録その(26)
ホッとして

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee57742.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-06 21:44 | 映像記録
画伊土のレオナルド映像記録その(25)
まさか迷子に?

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee57741.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-06 21:43 | 映像記録
レオナルド・ダ・ヴィンチの旅日記(17)
干上がる海

e0124180_14554333.jpg

Oggi piove.
Dipingendo la mia opera, in un luogo chiamato “Omuta” nella regione di Fukuoka, ho potuto assistere ad un misterioso evento terrestre. Li l’acqua del mare si ritira in un attimo, e rimane solamente un’ampia distesa di sabbia e fango. Si tratta della marea piu’ bassa di tutto il Giappone: il livello del mare scende infatti di quasi sei metri.
E quando la marea si e’ ritirata completamente, sul fondo fangoso chiamato “Hikata”, si vedono i curiosi organismi che lo abitano, i “Mutsugoro”.
Questi Mutsugoro sono una specie di pesci, ma si muovono nel fango usando le pinne pettorali per spiccare dei balzi con tutto il corpo.
Mi ha piuttosto colpito il fatto che in questa regione sia diffusa l’abitudine di mangiare questi curiosi pesci.
Per catturare i Mutsugoro, i pescatori scivolano su di un mezzo primitivo che viene spinto in avanti con un piede nel fango. Questa tavola con la punta ricurva e’ fatta da una tavola di legno di cedro prima bagnata e poi essiccata sul fuoco.
Non avrei mai pensato che nel XXI secolo venissero ancora usati strumenti cosi’ primitivi, ma nonostante questo, per muoversi nel fango sembra essere ancora il metodo piu’ pratico.
L’esperienza e la manualita’ di cui dispone questa gente, mi sono serviti da ispirazione.
Cambiando discorso, la mia guida ha subito detto: “Andiamo a mangiare i Mutsugoro”, e una volta condottomi alla piu’ vicina taverna ne ha ordinati alcuni cotti alla griglia. Sembrava proprio che gli piacessero molto. Io in principio non ero molto convinto, ma poi un boccone dietro l’altro mi sono reso conto di averne mangiata una porzione intera. Devo ancora ringraziare la mia guida per avermi fatto scoprire un altro buon sapore. La sua grande capacita’ di sapersi adattare alle situazioni piu’ diverse, ha sicuramente arricchito questo mio viaggio.
Gli sono davvero grato per avermi accompagnato.

今日は雨。
アート創作中、福岡県大牟田市という場所で「地球の神秘」が見ることができた。
そこでは、海水が見る見る退き、目の前には砂と泥が堆積した大地が広がっていったのである。
ここ有明海の干満の差はジャッポーネ最大であり、約6メートルにもおよぶのだという。
そして、完全に潮が引いたときに現れるこの「干潟」と呼ばれる大地には、
ムツゴロウという奇妙な生物が生息しているのだ。
このムツゴロウは姿こそ魚だが、干潟では胸びれを器用に使って這ったり、
全身を使って飛び跳ねたりして移動する。

しかも、驚いたことにこの地では、
この奇妙な魚を食する習慣があるのだという。
そして、ムツゴロウを捕らえる際、漁師たちは「潟スキー」という
原始的な乗り物に乗り、ドロに突っ込んだ片足を蹴るようにして漁をするのだ。
その構造は、水に浸けた杉の一枚板を、火であぶり形を整えただけのものである。
この21世紀において、ここまで原始的な器具があるとは。
それにしても、ドロの上を進むためには、どの程度のRが適しているのであろうか。
経験と勘で最適な形状をつくりだす匠の技に、心から感動を覚えた。

話は変わるが、画伊土氏は「ムツゴロウを食べてみましょう」と
私の手を引き、近くの食堂で蒲焼きという調理を施した
ムツゴロウを注文し、美味しそうに食したのだ。
私ははじめ、その姿から食する気になれなかったが、
ひと口ふた口と、口に運ぶうちに、気が付くと一人前を美味しく平らげていた。
これも、画伊土氏のお蔭である。
彼の順応性の高さと大らかさが、私の旅を豊かにしてくれているのだ。
私は、改めて彼の存在に感謝したのだった。
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-06 19:10 | 旅日記
画伊土のレオナルド映像記録その(24)
うさぎと子供とレオナルドさんと

http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48104807/48104807peevee57540.flv
# by leonardo-da-vinci | 2007-07-06 00:09 | 映像記録