LAST ALLIANCE MATSUMURA BLOG 願イ型紋白蝶ガ宙ヲ舞ウ
LAST ALLIANCE MATSUMURA BLOG 願イ型紋白蝶ガ宙ヲ舞ウ
2002年結成。ANZAI(Vo,Gt)、MATSUMURA(Vo,Ba)、shingo(Gt)、HIROSHI(Dr)の4人から成るスピリチュアルロックバンド。
ツインボーカルという独特なバンド編成もさることながら、エモコア・メロコアの中に異質なまでのポピュラリティを見出したメロディ、叙情的でメッセージ性の強い歌詞で卓越したアーティスト性を放つ。インディーズレーベルより5枚のシングルと3枚のアルバムをリリース。昨年11月にリリースしたシングル「Signal 004」に引き続き、今年4月にはシングル「Always in My Heart」をリリースし、オリコン初登場30位を記録。また、2年連続COUNTDOWN JAPANにも出演。全国各地数々のライブハウスを熱狂させている。




RELEASE INFORMATION
LAST ALLIANCE
New Album
【 the sum 】 [ザ サム]

VPCC-81595
定価¥2,520
(税抜価格¥2,400)
One-Coin LABEL/VAP
08.6.25 (wed) available…
onsa review
どんな変化も無条件で愛せる、俺にとってonsaはそんなバンドだ。頂いたサンプルを落ち着いた時間にゆっくりと丁寧に聴かせて貰った。相変わらずonsaのロマンティックは止まらない。ただ、何かがいつもと違う。甘ったるいだけのpopsに唾を吐くような“憂い”と“焦躁感”が優しさに満ちたonsaの音を強靭なものへと性質変化させていた。今までになかったコーラスワークや表現力を増したタカボーの歌声もアルバムの精度を段違いに上げている。8曲目を聴き終わる頃、ふと昔聴いていた高野寛のCUEというアルバムが脳裏をよぎった。そして9曲目の歌い出しに鳥肌が立つ。。。まさかのベステンダンクにガン上がりです!一々俺の琴線を揺さぶりやがる。思えば俺はmizuiro sorairoからずっとこんなアルバムを待っていた。もうemoだの何だのなんてとっくに凌駕している。極限まで歩み寄ったとんでもないpopsがここにはある。最高のアルバムをarigato!

f0194277_15224898.jpg

# by emm_last | 2008-11-13 15:22
Yellow Moon
『昨日の京都は最高過ぎたな』

色で言えばオレンジ色のようなほんのりした気分で一刀旅団は川崎を目指し高速道路を上る。iPod相棒から流すのはAKEBOSHIのYellow Moon。ピッタリジャストフィットで危うく泣きそうになる。やっぱ陽水井上は天才だな。清水から始まった一ヶ月間に渡る野郎七人の出っ放しの旅も一旦終了。the sum ツアー、イベント含めると約50本弱。不思議なもんでツアー序盤はその先に転がってる山のようなスケジュールに目を覆いたくなる。途中何度か帰りたくなる始末。でも折り返し地点に差し掛かるとなんだか寂しい気持ちが芽生える。身勝手極まりないね。ツアーの本数を聞いて同世代の友人からは『ずいぶん頑張るね~』と苦笑い混じりの応援を頂く。でも当の本人らはこのツアーに幸せ以外の何も感じてないんですがね。あと半分でツアーが終わってしまう。寂しいな。そう思えば自ずと今後の各所も必死こけるわな。失敗も成功もあったけどどこも楽しかった。この感謝は次のライブのお客さんにお返しするとしよう。とりあえず前半戦、ドライバー兼、ローディー兼、テック兼、マネージャー兼、その他雑務、手伝ってくれたLAST ALLIANCE BEAUTY STAFF モイさん、あんがとね。後半はてめぇの事はてめぇでやります。ごめんなさいね。あ~月並みですが家のベッドが楽しみです。


f0194277_15213122.jpg

# by emm_last | 2008-11-13 15:21
アナザーアイズ
最近高橋歩さんの自伝?写真集?何だろう、ジャンルはわかんないがとにかくその人の人となりが書かれた本を何冊か買って読んでいる。歪んだ俺にはちょっとピースフルすぎるけど最近珍しくストレートな人だなぁと憧れる。ツアー前の充電期間に友人とふらっと入った下北の飲み屋。壁一面に異国の老若男女のドでかいポートレートが何枚も飾られてる。雰囲気の良い店だなぁなんて思ってたらオーナーがその高橋歩さんだった。ちょっとしたライブスペースもあったから機会があったらアコースティックのライブでもやってみたい。特訓は必須ですがね。写真家って本当に尊敬する。なんか俺みたいな一般人とは見えてる景色が全然違う。同じものを見てもきっと違う姿、形なんだろう。一日で良いからそんな感性持ってみたい。

f0194277_15191172.jpg

# by emm_last | 2008-11-13 15:19
感謝満足雨霰
高知のライブ打ち上げ後、千鳥ながらレンタチャリ三号車のペダルを漕ぐ。はりまや橋を通過し、土佐の風を立ち漕ぎで浴びるホテルまでの帰路。気分的には『もう、なんも言えねぇっ!』のあれと同じ高まり。欝陶しいようですが、滅多にないことですが、大変恐縮ではありますが、自分自身に満足しかないライブだったから。ツアーに出るとライブを通じていろんな事を学ぶ。それは当たり前すぎる感謝からだったり、感傷的な苛立ちからだったり、、、ラジバンダリ。。。とりあえず高知のライブは大変勉強になりました。胸の中は感謝と挑戦が入り乱れてたな。その後のライブへの意識とか姿勢とか、飛躍的に良くなった気がする。ありがと高知。ライブ中ずっと頭を過ぎってたのは、俺が愛して愛して止まない小谷さんの弾き語りでのMC。迷った時の道標みたいになってる言葉。詳しくはもったいないので教えられませんがね。Sでスマセン。ポマードも落とさず布団へ直行。ゴワゴワの枕に意識が溶ける。フィードバックはいつかVHSで見たWARPED TOURのバッドレリジョン。低いBPMの曲で狂ったように金髪の小僧らが宙を舞う。理想っつうか憧れ。そりゃあオレンジでダイブが起こりゃあ笑みもこぼれます。でも贅沢品は金じゃ買えないわな。今の俺らは何もかもが恵まれすぎてる。だからブレちゃいけないね。シングルの部屋を、とにかく感謝と満足が埋め尽くした夜でした。

f0194277_1511068.jpg

# by emm_last | 2008-11-13 15:13
仕方ない
ツアー北陸シリーズはドルチェ、チェリーコークス、そしてレディオッツと一緒にライブさせて頂いた。ご存知の方も多いと思うが俺がバンドを始めたのは大学4年くらい。楽器触ったのも二十歳を余裕で越えたあたりだ。だからコピーなんてほとんどせずにいきなりウンコみたいなオリジナル曲でバンドを始めた。でも卒業前に一度だけコピーでライブをやったことがある。曲はバッドレリジョン、Face to face、MXPX、GIGANTORとか、、、後は忘れた。とにかく3コードでできるクソ簡単なメロディックを選んだ。そんな中に日本のバンドも二つあった。一つはコークヘッドヒップスターズ。そしてもう一つがレディオッツのボーカル、yoshiya君在籍時のSOBUTだ。1stはまさに名盤中の名盤。キッキンは少なく見積もって二万回は聴いた最強の曲。だから今回ご一緒させて頂いて本当に嬉しかった。すれ違う度に『お疲れ様ですっ!』って言ってた気がする。かなり欝陶しいが仕方ない。ファンなんだから仕方ない。ツアー初日横浜、ライブの後、yoshiya君からありがたい言葉を頂いた。『まっちゃん歌いいよねぇ~、耳にすっと入ってくるよ。ラスアラ良いバンドになったね』と言ってもらえた。。。感無量。ダセーと思われてもいいです。ショボイと言われようがFUCKです。


だって、ファンなんだから仕方ない。


f0194277_1575423.jpg

# by emm_last | 2008-11-13 15:09