Excite
「行列のできる」店に異論反論!

前日、前々日と、小説新潮連載版の最終取材となる
突発的東京麺食い編を終えた椎名さんは
ぶ然とした表情を浮かべていた。

「二日間、東京の店をはしごしてさ。
行列のできる店に何軒か行ったんだ」
「どのラーメン屋ですか?」
「やっぱりそう思うよな。実際、行列のできる店は
ほとんどラーメン屋なんだけど、なぜだかわかるか?」
「そういえば、なんでラーメン屋だけなのかなあ」
「その前にひとつ断っておくと、
東京は地方に比べると、圧倒的に店の数が多い。
だから、東京と地方では行列の意味が違う。
店の少ない地方で行列ができる店っていうのは、
その土地の味のストライクゾーンのど真ん中をいっている。
ヨソ者は違和感を覚える場合もあるけれど、
何か光るモノがあることは確かだよ」

「なるほど。それで、東京の行列のできる店はどうでした?」
「どこもたいしたことない」
「えっ!?」
「行列ができるかどうかは、あるかなきかの差。
特別うまいわけじゃないよ。
だって、東京は50m、100m歩けば他にもラーメン屋があるんだから。
その店だけ圧倒的にうまかったら、近くの店はやってけないって」
「そりゃそうですね。じゃあ、どうして行列ができるんだろう……」
「結局、行列は実際の味じゃなくて、情報によって生まれるんだ。
だからラーメン屋に行列ができるのさ。
「行列のできる」ってマスコミが紹介するのはラーメン屋だけだろう。
行列のできるソバ屋、行列のできるパスタ屋、
行列のできるうどん屋……聞いたことあるか?」
「ありません」
「「行列のできる店=おいしい」ってのは、つまり共同幻想だよ。
客はみんな自分の舌で判断してないと思う。群衆心理と言ってもいい。
東京の人は行列そのものが好きなんだ。
ひょっとすると、並んでいる間に
アドレナリンを高めているのかもしれない(笑)」
「確かに行列のできる店に行くときって
エネルギーがいる感じはありますね。“よし、行くぞ”みたいな(笑)」

「それと、もうひとつ気に入らないのは
なかに気持ちの驕っている店があること。
“食わせてやってる”って意識が
その店のスープと同じ、いや、それ以上に濃いんだ。
2年近くかけて全国の店を回った俺が言うんだから間違いない。
でも、可笑しいのはまた行列を作る客が
店のそういう態度をありがたがってるんだなあ。
自虐的なヨロコビですよ、これは」
「じゃあ、行列のできる店はSで、客はMなんですね(笑)」
「簡単に言うとね、東京のラーメン屋の行列は“間抜け”なのさ。
それは海外の事情を見ればよくわかる。
俺は何度も見たことがあるけれど、
外国で食い物を求めて行列ができるのは
食料が欠乏していたり、店が少なかったりするときだけ。
これだけ食い物も店も豊富なのに
わざわざ行列を作ってる国なんてないよ。
「並んで食う」という発想自体がそもそも貧しいんだ。
食い物屋に並ぶという考え方でいくと
これほど能天気で間抜けな風景はない。まったく田舎者だよ」

さて、問題の多かった東京編のあとはいよいよ決勝戦。
メタボリックシンドロームなどどく吹く風、
自らの舌だけをたよりに、2年近く全国の麺々を食い倒した結果
はたして栄冠はどの麺の頭上に輝くのか。
決勝戦のヒートアップは必至。ますます目が離せません!

(レポート:海仁
# by makotoshiina | 2007-07-06 15:49 | Comments(102)

椎名さんの原稿 第14回北海道ジグザク横断 北北海道篇がアップされました
上の「小説新潮」連載版をクリックしてください。
# by makotoshiina | 2007-06-12 17:24 | Comments(762)

各地のレポート 北関東 爆走篇② がアップされました。
上の先割スプーンをクリックしてください。
# by makotoshiina | 2007-06-12 17:06 | Comments(890)

椎名さんの原稿「第13回 南北海道篇」がアップされました。
右上の「小説新潮」連載(カニの絵のマーク)をクリックしてください。
# by makotoshiina | 2007-05-27 10:12 | Comments(1750)

各地のレポート 新潟 爆走篇①がアップされました。
上の先割スプーンをクリックしてください。
# by makotoshiina | 2007-05-24 18:40 | Comments(1135)

勝山「八助」のそば一気食い

『自遊人』に連載しているお祭りの取材で
福井市に向かった椎名さん。
「昼めしはゼッタイそばだぞ」と
まっしぐらに行った店が勝山市の「八助」だった。

f0035410_956162.jpg

f0035410_1025645.jpg「そんなにおいしい店なんですか?」
「ああ、前に勝山に来たときは
毎日通ったくらいだよ」
「福井といえば、確か辛味大根を使った
辛味そばが有名ですね」
「そう。でも、福井ではおろしそばといって、
ぶっかけで食うのがご当地流。
そもそも辛味そば好きの俺だけど、
なかでもここは相当いいセン行ってる。
元は粉屋だったというだけあって、
そば自体がとってもうまい。
麺甲にエントリーした店のなかでも
かなりハイレベルだな」
といって、たのんだメニューはなんと3品。


まずは「おろしそば」430円。

f0035410_1005393.jpg

続いて「ざるそば」600円。

f0035410_1015193.jpg

最後に「やまかけそば」600円。

f0035410_1022034.jpg

「そばがうまい」というだけあって、
あっという間に軽々と平らげた椎名さんだった。

店内も老舗の粉屋らしい風情のある造りでした。
f0035410_1033293.jpg



f0035410_104207.jpgf0035410_1043936.jpg

















「手打ちそば 八助」
福井県勝山市栄町1-1-8
電話0779-88-0516
定休日:毎週木曜日

(レポート:海仁
# by makotoshiina | 2007-05-15 09:26 | Comments(127)

伊江島「ままハウス」のアツアツ沖縄そば

f0035410_9431677.jpg『つり丸』で連載中の怪しい雑魚釣り隊の面々と
沖縄の伊江島を訪れた椎名さん。
伊江島に来た理由は
隊員である沖縄居酒屋「海森」ご主人
名嘉元さんの出身地のため。
関東が主な舞台の雑魚釣り隊としては
めったにないスペシャル企画だ。

伊江島でももちろんキャンプをしたけれど、
沖縄に来たら1日1度は
沖縄そばを食べなければ気が済まない椎名さん。
昼食は島でいちばんおいしいと評判の「ままハウス」へ。

出てきた「沖縄そば(大)」はボリュームたっぷりでも1杯500円なり。
f0035410_9361857.jpg

「椎名さん、沖縄そばはいわゆる“そば”じゃないんですね」
「麺の材料は、小麦粉とかん水。だから実はラーメンに近いんだ。
そば粉は使ってないから、日本そばとは別物。
でも、昔から「沖縄そば」で通っているために
「そば」を名乗っていいというお墨付きがあるらしい」

f0035410_937217.jpg「ただし、少し前に小説新潮の取材で
沖縄を回ったときに初めて知ったんだけど
沖縄そばといっても実は色々あるんだよ」
「どういうふうにですか?」
「基本材料はどこも一緒なのに、
麺やダシの感じが島によって違う。
八重山諸島、宮古島、久米島、大東島、
それから本島でも、地域によって
微妙に変わるほど多様なものなんだ」
「椎名さんはどこのそばがお好きです?」
「俺は宮古そば。麺が細いくて
イキオイよく食べられるところがいいな。
それと、材料の他に
沖縄そばの共通点がもうひとつあって
俺はどうしてもそれが気に入らない。
どうにかならないのかと
いつもニガニガしく思ってるんだけど」


f0035410_9551470.jpg「なんですか? いったい」
「なぜかどこもスープがぬるいんだ。
暑いせいかもしれないんだけど、
ぬるい麺だけはなんとかしてほしい。そう思わないか?」
「確かに、暑いところで熱い麺を食うのがうまいですよね」
「そこへ行くと、ここのそばはいいぞ。
珍しくスープがアツアツで。
この前の取材で回った店と比べてもかなりイケる。
ままハウスの沖縄そばはとても貴重。
思わぬダークホースを発見ってとこだな」

珍しくアチチな沖縄そばに大満足の椎名さん。
帰り際の記念撮影にもこころよく応じていました。
さて、どちらが「まま」なんでしょうね。

(レポート:海仁
# by makotoshiina | 2007-04-27 10:02 | Comments(1100)

椎名さんの原稿「第12回 四国独立リーグ 胃袋破りの旅」がアップされました。
上の「小説新潮」連載(カニの絵)をクリックしてください。
# by makotoshiina | 2007-04-13 16:11 | Comments(786)

早くしてくれええ!!!
麺甲の取材から戻ったばかりにもかかわらず
またまたラーメン屋に入った椎名さんは、
空きっ腹をまぎらわすかのように熱く語り始めた。

「1年以上、毎月麺甲の取材をするうちに
また気がついたことがあるんだけど」
「うまい店の見つけ方の続きですね」
「麺甲では下調べをしてから取材に行くんだけど、
すると、たいていの資料や情報には
タレとかダシとか麺なんかのウンチクが書いてある。
ラーメンなら加水率、ソバならつなぎといった具合にさ。
そういう記事を読むたびに、よくわかるなあと感心する一方で
靴の上から足を掻いているというか、
実は違うんじゃないか、という思いがずっとあったんだ」
f0035410_18341071.jpg
↑湯島天神下「大喜」の「無化調ラーメン」(イメージ)

「もっと大事なことがおありだと?」
「だって、普通そこまで考えないだろ。
要はうまいかうまくないか。となると、
イキオイがすごく重要なんじゃないか。
注文したら、サッと出てきて、ガッと食えるっていう」
「麺は早く出してほしいですよね。ホント……」
「そこに触れている情報がほとんどないんだよ。
ラーメンが国民食になったのも、
結局、ファーストフードという点が大きいと思う。
注文して5分10分で出てくる
これほどうまい料理って、実は世界的にも珍しい。
イタリアのパスタはそんなに早くできないし、
中国のラーメンは、実はスープのバリエーションだから
純粋な麺とは言い難い。ここはラーメン屋だから
ついラーメンの話になっちゃったけど、簡便性というか、速効性というか、
「作ったらすぐ食う」という
食の基本に忠実なところが麺のすごくいいところ。
だから、麺の店って、目の前に厨房のあるところが多い」
f0035410_18343825.jpg
↑永福町の「大勝軒」

「確かにラーメン屋はカウンターが基本ですものね」
「作っている現場が見えることも重要で、
これは過去に高得点を叩き出した店の共通点でもある。
麺甲ももう終盤だから、いろいろ振り返ってみて発見したんだよ」
「なるほど。作る現場を見られれば
早く出せるだけじゃなくて、ごまかしもきかない」
「そう考えて、世界大会が行われると仮定して海外を見渡してみると、
実は麺の強豪はイタリアでも中国でもなくて
東南アジアが一躍のしあがってくるんだろうな。
フーやホーは、屋台で食えて、
ラーメンと同じくらい早くできるし、おまけに安くてうまい。
日本のラーメンは早くてうまいけど高いから、彼らは強敵だぞ。
日本でも「うまい」ばかりじゃなくて
「早い」をもっと追求するべきだ!」

と、椎名さんがますますヒートアップしたところで
やっとラーメンが出てきました……。

(レポート:海仁
# by makotoshiina | 2007-04-06 18:44 | Comments(70)

麺のフォトレポート 広島×博多 豚骨死闘編(代打アオキ青年)がアップされました。
上の先割スプーンをクリックしてください。

****************************

※写真展のお知らせ

「椎名誠 渡辺一枝 二人写真展」が大阪で開催されます。テーマは椎名誠「ONCE UPON A TIME」 渡辺一枝「チベットの空ですよ。」

●会期:2007年4月3日(火)~8日(日) 10:00~20:30 
                          最終日は17:00閉場(入場は30分前まで)
●会場:そごう心斎橋本店14Fギャラリー 【入場無料】

●椎名誠トークショー 4月4日(水) そごう心斎橋本店 そごう劇場 時間:19:00~
              入場料 前売り1000円 当日=1200円  
              [チケット取り扱い]そごう劇場チケット販売カウンター
                          チケットぴあ 電話0570-02-9999
●問い合せ先:そごう劇場 06-6281-3111(大代表)
# by makotoshiina | 2007-03-23 15:40 | Comments(654)

<椎名誠プロフィール>
1944年東京生まれ。東京写真大学中退。流通業界誌「ストアーズレポート」編集長を経て、現在は作家、「本の雑誌」編集長、映画監督など幅広い分野で活躍。著書は『さらば国分寺書店のオババ』『哀愁の町に霧が降るのだ』『新橋烏森口青春篇』『アド・バード』『武装島田倉庫』『岳物語』『犬の系譜』『黄金時代』『ぱいかじ南海作戦』など多数。紀行エッセイに『波のむこうのかくれ島』『風のかなたのひみつ島』などがある。近作の『全日本食えばわかる図鑑』には第一回≪全日本麺の甲子園大会≫の模様を収録。ブンダンでも随一の麺好き作家として知られ、世界中どこでも「一日一麺」を実践する、敬虔な地麺教信者でヌードリストである。

<齋藤海仁(さいとう・かいじん)プロフィール> フリーランスの編集者。椎名さんには「人生の何の役にも立たないウニ・ホヤ・ヒトデを大学院で研究 した男」と言われている。ベトナム、アラスカ、パタゴニア、ニュージーランド、シベリアをはじめ、椎名さんの国内外の取材に同行。「一日一麺」の貴重な証言者。第三次怪しい探検隊である「わしらは怪しい雑魚釣り隊」ではエース釣り師として活躍(雑誌『つり丸』隔号連載中)。1968年横須賀生まれ。

【おことわり】 コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

全日本食える食えば図鑑
[第一回全日本麺の甲子園大会]
の激闘のすべてがここに!

最新のコメント
I am not a v..
by Digit Wall Hook at 15:45
tnx
by بازی اندروید at 21:22
good
by اندروید at 21:20
Nice Article
by KuroGaze at 11:56
I just want ..
by Magiamgia at 19:04
You wrote a ..
by Best Water Purifier at 15:12
You wrote a ..
by pof login at 12:10
Any car info..
by Car Infos at 14:10
Good idea
by dù gấp 2 at 21:49
Good blog, I..
by ô dù cầm tay at 01:16
Good idea
by dù golf at 01:15
them to see ..
by dù gấp 3 at 01:14
công ty sản ..
by dù gấp 2 at 01:13
満足は努力にあり、結果に..
by casandra at 05:16
時には、あなたが間違って..
by shisuka at 05:13
特別な人と友情は創造..
by slavina at 05:11
私たちはいつも私たちが欲..
by kristina at 05:08
正しい人と嘆くことは..
by nanadine at 05:06
彼の感情をコントロールで..
by antonio at 05:03
怒っている人にはおいしい..
by anjany at 05:01

最新のトラックバック
website
from www.moviespot2..
Branding
from Branding
libros elect..
from www.libros-onl..
http://venus..
from http://venuspo..
kd 9
from www.kd-shoes.net
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
electric bic..
from electric bicycle
libros epub
from www.pdfepubgra..
virtual wifi..
from www.ulule.com
james harden..
from www.jamesharde..
libros elect..
from www.pdfepubgra..
ultra boost
from www.adidasultr..
adidas Nmd
from www.adidasnmdc..
adidas yeezy..
from www.yeezysboos..
yeezy shoes
from www.yeezysboos..
new era snap..
from new era snapba..
Hạt Cười.vn
from hatcuoi.vn
pirater un c..
from cmnpiraterunco..
Bolinske Law
from Youtu.be

以前の記事

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム
エキサイト ブログ