エキサイトイズム

タグ:家具 ( 4 ) タグの人気記事

カルテル会長と吉岡徳仁氏へのインタビュー

東京デザイナーズウィーク期間にあわせ、
海外からデザイナーやメーカー関係者が来日していた。
たくさんのインタビューに駆け回った1週間。
その後まとめたインタビューの仕事がじょじょに形になりつつある。
a0116902_20481159.jpg

今日はやっとカルテル会長クラウディオ・ルーティ氏と
吉岡徳仁氏のインタビューがアップされた。
カルテルから吉岡徳仁デザイン「AmiAmi」が登場

ルーティ氏は「室内」誌時代にミラノで初めてインタビューをし、
その後、日経新聞でインタビューをし、今回は3回目。

楽しみにしていたのだけど、
かなりイマイチな
通訳さんだったのが残念だった。
何を質問しても
「私たちはさまざまな可能性にいろいろチャレンジする企業です」という
曖昧な答えしか返ってこない。
その「さまざま」と「いろいろ」を具体的に知りたいのに!

うそ、本当はもすこし具体的に話しているでしょ、とは
インタビュアーとしての長年の直感でわかるのだ。

とはいえ、前回2回はあの抜群のコミュニケーション力と
イタリア語能力のアンドレア・ポンピリオさんが
通訳してくれた(彼はイタリア家具界から絶大な信頼を得ていた)。
どんな質問にも興奮するような、素晴らしい答えが返ってきたのは、
彼の事前の勉強と表現能力の助けもだいぶ入っている。
それと本人の魅力というか人間性も。

それが本当のコミュニケーター(通訳だったり、パーソナリティだったり)だ。
いまやすっかり、有名人になってしまったアンディだけど、
あの感動をくれたことはぜったいに忘れない。

海外の人とのインタビューは通訳の能力に左右されることが多い。
基本的な会話能力や母国語を含めた言葉はもちろん、
周辺状況の理解、聞く人聞かれる人の立場、
事前のその人の勉強が一つ一つの言葉に反映される。

正直、片言の英語で直接話した方がずっと伝わることがある。
ということで、後でルーティさんをつかまえて
なんとかいろいろお話したのでした。
by kitchen-kokoro | 2009-11-11 20:20 | インテリア、家具 | Comments(0)

曲げ木のトーネットのいま

ドイツのトーネット社は
1800年代に曲げ木の技術を開発し(当時はオーストリアだったかと)、
今なお現役で使われているカフェチェアで一躍有名になった。
デザインだけでなく、ノックダウン式のシステムや輸送のしやすさで
世界的なヒット商品になったと言われている。
最近はそんな歴史をここで書いたことがある。

a0116902_15354876.jpg
新作はその名作チェアをリサイズした子供用の椅子。
背がちょっとそっていて、子どもが持たれても安定しているという。
a0116902_15355698.jpg

こちらは新しいダイニングテーブルとチェア。

深澤直人さんがデザインした、超楕円のテーブルも登場した。
ほんと、深澤さんいろんなところでお仕事されてる!
先日、外苑前のアイデックショールームをのぞいたら、
もう展示があった。
詳細はこちらの記事で執筆。
トーネット 100年経っても古くならないテーブル
by kitchen-kokoro | 2009-11-06 11:44 | インテリア、家具 | Comments(0)

IFFT ビジネスアンテナが始まりました

a0116902_9434796.jpg
秋になるとインテリアのさまざまなイベントが開かれる。
そして私にとっても毎年秋は、
取材の大半がキッチンよりも
家具やデザインのジャンルに移る季節。

それこそ「室内」誌の時代には、
秋は先輩方について新作家具展を必死に見て回ったもの。
まだ若く、家具の世界もまったく知らなかった頃には、
華やかな輸入家具のショールームでは
気後れしてしまって、なかなか中に入れなかったなあ…。
(まだTOKYO DESIGNERS SATURDAY のころです)

で、今年も昨年に引き続き、
メサゴ・メッセフランクフルトさんとのお仕事で、
「インテリアライフスタイルIFF」の公式ブログ
IFFT ビジネスアンテナ」を担当、執筆しております。
家具のビジネスはどうなっていくのか? 
IFFTの内容予告も含めた内容で、
月2回のペースで12月の開催まで更新してまいります。
どうぞこちらもよろしくお願いします。


※写真は立川裕大さん提供:今年のIFFTでは宮崎県都城の「ミヤコンジョプロジェクト」から新作が登場します!


インテリアライフスタイル リビング IFFT公式サイト
by kitchen-kokoro | 2009-10-13 16:09 | 見本市 | Comments(0)

秋色のアルフレックス・ショールーム

アルフレックスの新作展示会をのぞいてきた。
東京・恵比寿のショールーム。
新作よりも実は気になるのがこちら。
「パオラ・レンティ」。
a0116902_1874054.jpg
イタリアのグラフィックデザイナーのパオラ・レンティが、
自動車の工業用繊維資材や服地から着想を得て
プロデュースしたブランドで、
ミラノ・サローネでも必ずチェックしてしまう。
プレスキットを入れるバッグがこれまたかわいくって!

2年前にパオラの妹さんが来日したときは、インタビューをさせてもらった。
イタリア、パオラ・レンティが日本本格デビュー

a0116902_1874914.jpg
カラフルな印象のあったパオラの製品も、秋仕様なのかシックな色合いでの展示。
とはいえお値段はかなりお高め。
a0116902_188654.jpg

アルフレックスの扱い商品は全般的にハイエンド狙いだけれど、
最近はちょっとカジュアルなものも登場している。
それが「プリマ」というライン。
a0116902_1875749.jpg
「自然栽培綿」という手つむぎの綿でカバリングした、ふかふかのソファ。
手触りはほんとうにさらさら、気持ちいい。
詳細はこちらでも執筆。

リラックス系ソファが充実、アルフレックス新作

ということで、今日から大阪出張。
リビング&デザインという喜多俊之さんが肝煎りで企画した
新見本市の取材。
が、なんと明日はアントニオ・チッテリオにインタビューしなければならない。
世界のデザイン界で見れば、マドンナやマイケルクラスの大物。
どうなることやら。
by kitchen-kokoro | 2009-09-16 09:04 | インテリア、家具 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

本間美紀の本 

リアルキッチン&インテリア シーズンⅡ(小学館)発売中

リアルキッチン&インテリアⅠ(小学館)

内容はこちらでも紹介しています!

最新の記事

地方のキッチンショールームが..
at 2017-05-23 16:31
包丁の個性
at 2017-05-14 16:55
連休は仕事でしたが。。。。伊..
at 2017-05-08 18:20
おこもり気味です
at 2017-04-19 11:03
取材をして。。。。。
at 2017-04-14 19:45

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム