エキサイトイズム

カテゴリ:家電、設備( 47 )

水栓金具はキッチンツール


 水栓はキッチンツール。その持論を持つ水栓オタの私。
そんな私が13年ぶりに水栓金具をリニューアルしてみました。
だって、毎日さわるし、水が垂れたり、気に入らないと気になることがたくさん。
でもこれは手元で「カチカチ」できるんですよ。
a0116902_19374005.jpg
そのレポートをこちらにて執筆しています!
ちょっとリンクが繋がりにくいですが
一般家庭の事例、から見てみてくださいね。







by kitchen-kokoro | 2017-08-15 19:43 | 家電、設備 | Comments(0)

ドイツキッチンのブランドと過ごす日曜日

ポーゲンポールとミーレとリープヘル。
ドイツブランドのランチイベントに参加してきました。




by kitchen-kokoro | 2017-03-31 17:35 | 家電、設備 | Comments(0)

ブラウンのキッチン家電

ドイツのブラウンというと髭剃りですか?キッチン家電ですか?

ディーター・ラムスのデザイン哲学による
製品群は今なおとてもスタイリッシュです!
a0116902_00541652.jpeg




by kitchen-kokoro | 2016-07-13 15:00 | 家電、設備 | Comments(0)

プロパンガスをブランディングする

プロパンガス屋さんののブランディングってどうするの?
と最初聞いたときは思ったのですが、
エイトデザインの西澤明洋さんが
なんとそれを実現してしまいました。
神奈川のカナエルという会社です。
a0116902_11424998.jpg



でもまず最初に西澤さん達が行ったのが
「プロパンガスの値段をクリアにする
「社内で意識を改革する(何をする会社なのか
ミッションを明確にする)」という
とてもシンプルな2つのことだったそうです。
同社のホームページを見るとシンプルで拍子抜けしてしまう。
そこに行きつくのが大変だった前時代を想像させ、
逆説的にプロパンガス業界の因習の深さを見るのでした。

a0116902_11431811.jpg


たまにブランディングに憧れる企業人の話を聞きますが
トップや一部の人が先走っていて
いくら外部の人を招いても、社内の意識がついていかない。
そんなことも多いのです。

西澤さんと同社のトップ陣はまずそこから逃げなかった。
そんな印象があります。

a0116902_11424939.jpg


エネルギーとか住宅設備とか
ドア(建具類)や窓枠、
床、塗料などの建材はとかく
業者目線、コスト重視の展示になってしまいがちですが
建築家・木下昌大さんが手がけた建築は
まず地域に開くというもの。

a0116902_11424964.jpg


実演できるキッチンは
イベントはもちろん地元の人たちに
場所を貸し出して、自然に人が集まる場所にするそう。
そうすれば認知や信頼も篤くなって行くだろう空間の力です。

ロードサイドでも目立つおしゃれなデザインで、
今後増えてくるニューファミリーを確実にキャッチしそう。

by kitchen-kokoro | 2015-12-17 23:36 | 家電、設備 | Comments(0)

なーんかなつかしいわー ロジェール

CDの整理をしていたら、なつかしーい写真が見つかった。

ロジェールと言えば、一時期、デザインキッチンのある家では
絶大な人気を誇る、オーブン&ガスコンロだった。
カントリーぽいように見えて、意外と骨太。
フランス製だったからか、ロティサリーチキンをぐるぐる回して
焼く、チキン回しが付いていた(中、見えます?)。
a0116902_19540697.jpg

ガスコンロの安全センサー義務化に伴い、
日本では発売中止になってしまいましたが、
まだまだ使っている人も少なくないはず。
a0116902_19531468.jpg
ミーレとロジェールの組み合わせは
一時期は黄金ペアでしたね。

現在、日本でデザインのいい海外製ガスコンロは
ツナシマ商事のアスコとN.tec扱いのガゲナウ。
どちらも業務用扱いで入れることになりますが
結構、いろいろな家庭で入っています。

by kitchen-kokoro | 2015-02-05 19:52 | 家電、設備 | Comments(0)

ドイツ・ケルン リビングキッチン 和田浩一さんとミーレへ

ドイツ・ケルンメッセ。
今年はリビングキッチンが開催されました。
ミーレのブースはキッチン家電内でも最大。
入るのにも登録をして、きちんとアテンドがついて製品を案内されます。
今回はミーレジャパンのチームとキッチンデザイナーの和田浩一さんと一緒でした。

で、新製品のレンジ付きスチームクッカー。
スマホみたいに操作できるのですが
ドイツの食文化をまんま直訳、な
レシピの日本語訳にビジターチームは大興奮。
a0116902_22171393.jpg
ドイツの家庭で過ごす体験もある私には想像がつきますが、
日本人には?な野菜もたくさん。
コールラビは大きなカブのような野菜。サボイキャベツはちりめんキャベツ。
フランクフルトとドイツの間に
ドイツの実家に滞在中、
ケールを、初めて料理してみましたが
ベーコンを混ぜてくったりと煮てしまうのですよ。
a0116902_22325613.jpg

そして白人参もたまたま今回、初めて食べたのです。
豚のフィレ肉のまわりでやいてある、この白いのがそれ。
a0116902_22344368.jpg
他にも面白い食材表記を発見。

a0116902_22172186.jpg
料理用バナナとかあり。
ゆで卵もサイズから半熟などの茹で具合を細かく指定可能。
肉も日本では食べないお肉の種類が直訳でのってておもしろーい!
ところでなにげにすごいのは服といい顔といい、
和田さんの無国籍なインパクト!
なに人か全然わからない。
この感じって、海外では結構大切かも?
a0116902_22184197.jpg
新製品にコメントしたり
国際的な意見交換もしていた和田さん。
ブース内でお客さんにだけ通されるミーレランチも
私は何回目でしょう?
とりあえずケルン地元のケルシュビールで乾杯。
a0116902_22190869.jpg
野菜のゴロゴロとした粒感を楽しむ
グリーンスープにブラウンブレッド。
ヘルシーです(味は濃いけど)。
a0116902_22191846.jpg
シンプルな白いお皿の裏は食器ブランドのカーラとミーレのダブルブランド食器。
これほしい!
a0116902_22193368.jpg
和田さん達のチームはクッキングイブニングに参加して
楽しみながらお勉強をして行くそうです。
a0116902_22182145.jpg

私は一足先に飛び立って今はもう東京。
しばらくドイツでのレポートを
書いていきます!

a0116902_22285421.jpg









by kitchen-kokoro | 2015-01-22 22:30 | 家電、設備 | Comments(0)

リビングキッチン@ケルンにパナソニックが出展とのこと

a0116902_19515829.jpg

by kitchen-kokoro | 2015-01-10 19:51 | 家電、設備 | Comments(0)

ミーレの食器洗い機とパフォーマンス

ミーレの新しい食器洗い機・6000シリーズが発表に。
まずは食器洗い機の中での
チェロの演奏。
a0116902_7164345.jpg
ノック2ドアという機能。
こんこんと2回ノックすれば扉がオートオープン。
これまでオールドアタイプは、ハンドルが必要だったけれど、
これは不要になり、よりすっきりとキッチン空間を見せることが
できるのだという。
a0116902_7165410.jpg
大きな特徴は

で…
a0116902_7165884.jpg

こんなパフォーマーがノックのパフォーマンス。

a0116902_717516.jpg
なんとも…。

ということで新シリーズ。
白のミーレかごはやっぱりかわいいなー。
a0116902_7171646.jpg


インパクトはあったけど、あまりキッチンや食器洗い機に
なじみがない記者には、わかったのかな〜?
by kitchen-kokoro | 2014-08-30 07:20 | 家電、設備 | Comments(0)

ミーレでスチームライフ

先日ミーレの目黒ショールームで
ちょっと面白いイベントがありました。

ミーレはドイツ製の家電ブランド。

a0116902_14322379.jpg

スチームをもっと生活に取り入れようというものです。
たとえばランドリーマシンの新作も
洗い上がりにスチームをかければ
衣類のしわが減って(左)、アイロン掛けがぐっと楽に。
a0116902_14323699.jpg

私なんかは、もうそのまま干しただけでオッケー…!と思ってしまいます。
詳細はこちらで執筆。
ファッショニスタ必携、ドイツのランドリーマシン

a0116902_14313736.jpg

そして私は何度も取材をしていますが
スチームクッカーもミーレの自慢の機器。
30〜100度の蒸気で庫内を満たす
スチーム料理の専用マシン。

深め、浅め、穴あきなど各種のトレイ付きで
湯せんや蒸し野菜、ふるふるのプリンなどができます。

a0116902_14351651.jpg
先日はシンガポールの有名料理人がきて、
スチームを使った料理をご披露。

a0116902_14324918.jpg
この茶碗蒸しが絶品!デリケートな舌触り…。出しの香り。
もともと茶碗蒸しが大好きです。
おかわり!と叫びたい食い意地を隠すのが大変でした。
この適度な弾力。わかりますか?
激しい対流がなく、アツアツの蒸気の満たされた庫内でこそ
できる絹のような質感です。

a0116902_14311870.jpg
蒸しパン風のスチームケーキにはこれまた香ばしいキャラメルソースがかかり、口に含むと塩味がさり気なく効いた塩キャラメル味でした。

それと奥にちらりと見えてますが
柑橘類を丸ごと蒸したスチームフルーツ。
これもおいしい。皮ごと食べます。
ドライフルーツより、個人的には好みです。

今年は回数は多くなくていいから、
おいしいものを食べようと決めています。
(決して高いところではなくて)。
ゆっくりと味わう。
大人数じゃなくてもいいから
ちゃんと話せる人とじっくり時間を過ごす。

ということで先日訪ねた某所の
居酒屋のキッチンとカウンターには
すっかりくつろいでしまいました。

a0116902_14373640.jpg
こちらもふるふるのお豆腐をその場で揚げた揚げ出し豆腐。
外はパリパリと上がっていて、
中から熱々のお豆腐がとろりと溶け出すのです。
舌をやけどしそうな熱さも大好物。

話があちこち飛んでしまってすみません。
by kitchen-kokoro | 2014-03-06 14:39 | 家電、設備 | Comments(0)

セミナー開催(3月12日)「もっと知りたい、ドイツ・ミーレのリアルなお話」

a0116902_2232974.jpg
今年のテーマは、企業側からの視点だけではなく、
ユーザーとしてのファン心理から、
いろんなモノや人や企業のお話を「リアル」に綴りたい。
そんな風に思っています。
高級ブランドの一流商品…的なカタログ的な紋切り型じゃなくて、
ふと、心をよぎるようなエピソード。
そんな背景から、長く愛せるものとの出会いがあるのだと思います。

1月、2月のドイツではそんなお話をできるだけ
集めたいと思いました。
ということで、いろんな会社にお話を聞いて、
心の中は萌え萌えエピソードでいっぱいです!

そんな矢先に、お声の掛かったセミナーが3月12日開催されます。
東京・表参道のミーレギャラリーで
「もっと知りたい、ドイツ・ミーレのリアルなお話」を
開催します。

a0116902_22303568.jpg

ビルトイン家電や掃除機では
世界でもトップクラスのブランド、ドイツのミーレ社。
でもただ高級なだけなく、
本社にはおじいさんの代からミーレに勤めている
3代目社員働いていたり、
ドイツらしい人間味があふれる一面も。

私の2度の本社訪問の体験や
世界の家電ブランドが集まる見本市での
ミーレの位置づけなどから
「教科書的な企業史」とは
ちょっと違った
私が感じたミーレ社の素顔をお伝えします。

ホームステイで体験した
ドイツのミーレ・ユーザーの生活レポートも、
写真を交えて紹介。
大人可愛いインテリアの中のミーレの使いこなしを
お話させていただきます。
まさにリアルキッチン&インテリア、なのです。

お時間は約1時間。2回開催します。
ミーレの家電で焼き上げた
お菓子とお茶付きで
どなたでも参加できるそうです。
ご興味ある方は以下で詳細をご確認ください。
「もっと知りたい、ドイツ・ミーレのリアルなお話」

当日は書店やネットストアでは売り切れとなってしまった本
「リアルキッチン&インテリア」(ミーレの特製キッチンクロス付
き)
の特別販売もいたします。

by kitchen-kokoro | 2013-02-25 22:21 | 家電、設備 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム