エキサイトイズム

DINESEN HOMEでのアットホームなディナー DANISH DESIGN TOUR07

ディネーセンという床材のメーカーはまだ日本では知られていない。
今回のブロガーツアーにはこのメーカーも協賛していたけれど
同社も初めての試みだったという。

なんとディナーは同社の特別な場所へ。
きちんとルートのある人ないと入れないという隠れ家ショールーム。
ストロイエのすぐそば。コペンハーゲンの都心。
a0116902_16461364.jpg
え〜、、、ここなに〜?素敵!
ディネーセン・ホームと言って
床材の雰囲気、空気感を見せるためのモデルハウスだそうです。
でちゃんと使えるキッチンやバスルームもあるんですよ!
そこで今夜のディナーのためのお料理を
ケータリング専門のシェフが準備中。

そのあまりにも美しいキッチンの風景に、、、び、、っく、、、、りです。
a0116902_16460794.jpg
ダイニングは
さっきタルアールからきいた
新色のセブンチェアで装われています。
a0116902_16500999.jpg
幅広の床材に注目です。
ゆったりとした空気を醸し出していると思いません?
a0116902_16455707.jpg
ウェルカムストーリーがあってディナーの始まりです。
a0116902_16454848.jpg
私たちの床材は肌触りが命、
どうぞ裸足になって!
とディネーセンのみなさんはいう。
ヨンティーナは早速素足に、、、。
a0116902_16565663.jpg
ケータリング専門のシェフが
出すたびにお料理の物語とワインのお話をしてくれる。
盛り付けは愛らしい小さな森のよう。
よかったデンマーク風のキバツな盛り付けじゃなくて、、(汗)。
もちろんその食器はロイヤルコペンハーゲン。
a0116902_16570820.jpg
a0116902_16571608.jpg
雪降るような素敵なスイーツは
メレンゲがかかっているんだけど、
もうこれが日本のメレンゲって何なんだ?!って思うほど
ミルキーでサクサクした悶絶のお味なのです。
季節柄、デンマークでもデザートはフレッシュベリーがマスト。
a0116902_17000356.jpg
床材など建築のマテリアルは、実はとてもエモーションなものだ。
だってそこに住む人、置かれる家具、食事、音楽、会話、すべてを包むものなんだから。
と、もうつくづくそんなことを感じた何時間か。

空間の写真が少ないのはですね。。。
そのとき、たった一人アジア系としてこのディナーで
なんとか会話を回して行かなければならない
プレッシャーに、負けそうだったからです(というか負けた)。

ということでまだ地味なブランドなのに、
かなりのインスピレーションをぶつけてくる床材ブランド・ディネーセン。
スタッフの人も素朴、かつセンスが良くて
社風が伝わります。
ここまで寸止め、、、というある意味大胆な
ディネーセンのビジネスショールームは次回に紹介。




by kitchen-kokoro | 2015-09-06 17:04 | DENMARK DESIGN | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

リアルキッチン&インテリア ..
at 2017-11-21 17:05
11月24日 17時〜蔦屋家..
at 2017-11-13 18:49
久々の更新です
at 2017-11-04 17:07
10月12日 14時から 大..
at 2017-10-03 23:18
ドイツキッチンの取材に来てお..
at 2017-09-20 14:17

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム