Woman.excite
栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

心理学をもっと身近な存在にする!「内面育成メソッド心理学協会」代表
私らしい美しさを目指して生き、自分哲学を極めます

開催セミナー情報
・ 【募集】「栫井式★内面育成メソッドを教える講師養成セミナー」
    最新の心理学の知識を統合して学び、全てに生かす!
・【お知らせ】栫井利依は2か月間休業します。7月より活動再開予定です。

上手く書けないんだけど・・・

私はずーっと栫井利恵(かこいりえ)として生きていた。
d0169072_14493459.jpg
結婚が決まり、活動名はそのままカコイリエでいきたかったので、
ちょびっとだけ運気を高めようと栫井利依にした。
(違いわかるかな?最後の1文字が「恵」から「依」に)
d0169072_14500933.jpg
私は栫井利依が大好きなので(笑)、
この名前で呼ばれる方がしっくりくるし、
その自分の方が「私だ」っという感じがあったんですよね。


結婚して2年後、子供を授かると、
ようやく本格的に新姓での私がスタートした感じです。

私の人生は、新しい「遊び」も知りました。
子どもが楽しい事を一緒にする「遊び」です。
一緒に踊りくるうわ、戦隊ものに興味があるなら、
ブックオフを探し回って昔の武器まで手に入れるバカ親です(笑)
d0169072_14501954.jpg

でも、「幸せを満喫しているか?」と問われると、
「ま・ん・き・つって何ですの?」と硬直。わかんない!141.png


正直、子どもと二人だけで1~2日いると苦痛!
疲れ果てて灰になり無表情になるあの瞬間。
あー、嫌だ。
「仕事している方が向いているタイプなのだろうなぁ」って思うのです。

(誤解なきようにしたんだけど、子ども大好きです。キュンキュンします。
 愛おしくって大変です。毎日、求愛行動しています(笑))


でも、「ただ遊ぶ」ってのはつまらないと感じる事が多い。
だってさ、カルタとかベイブレードだって30分やれば私は飽きる。
少しなら楽しいし面白い!子供が喜んでいると嬉しい!
でも、やっぱ感情労働だから疲れるんだよね。


人形つかって戦隊モノごっこなんて始まった時には1~2時間とか付き合うわけで、
いくら演劇科出身の私でも、1時間半で限界。
(かといって、子どもは私と遊ぶのが好きなので離さない)



「今だけよ、そんな時期。だんだん、寄り付かなくなるんだから、味わって楽しんで!」
という言葉でこの時間が面白くなるわけない。
子どもと5時間も6時間も遊んでられません!!!"(-""-)"



だからね、仕事が早く終わっても
子どものお迎えを早めるなんて発想ゼロ。




・・・・



ところが・・・

ところが・・・・・・


4月9日(日)の大阪での楽しい講座
を終えて、
私の脳内が プツっ と休業モード一になったのです。


そうしましたら・・・
なんででしょうか。


やたら、子供が恋しいんですよ。

幸い、保育園が休みの日に、歯科やら小児科やらに幼児教室の補講やら、
やたら予定が入っているから1日遊び相手してないからかもしれませんが、



かわいいんです。
保育園4時に迎えにいきたくなるんです。






なんでしょう。この変容は!
d0169072_14523597.jpg



まだおかしな事があるんです。聞いてください。



それは・・・


ちょっとした事で、
傷つきやすくなっていてびっくりしているんです。




例えば、子供が歯のメンテナンスにいって虫歯がまた見つかったとしますね。
また治療するのだと涙ぽろぽろ浮かべるコドモくんを見て、
一緒に悲しくって、共感通り過ぎて、一体化しちゃって、
歯科の治療が終わったころ、もう心がヨロヨロ。
「私も傷つくから、私、もう歯科の同行できない」とかダンナにLINEする在り様。



誰ですか?これ。

今までの栫井利依はどこへいった?

あの、川崎病で1週間痛い思いをして泣きつづけ「家に帰りたい」と言う子どもに付き添い入院しても、しっかり受け止め、どーんと構えて子供をなだめつづけた私はどこへ?ダンナが○○をした時も、○○になった時も、どーんと構えていた私はどこへ?





ちょっと面白いので、
これはブログに記録しておかなきゃ・・・と書いてみました。




ちなみに・・・(まだ 続くんかい・・・)

くるくるリーディングすると、新姓の方がエネルギー状態最高。
栫井利依は最悪でした(笑)
d0169072_14065438.jpg











【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-04-27 14:07 |  | 栫井流の生き方 | Comments(0)

関西で【親子で輝く 心の育て方】を教えてくれる講師が増えました! 

金子さんのホワイトボードの解説の様子。
空間もあって、読みやすく、キレイ!わかりやすい!
(私の下手イラストなんぞ・・・)
d0169072_12111006.jpg

d0169072_12111414.jpg

こちらは、関西の講師金子さんによる、
【親子で輝く★心の育て方】講座の教え方をレクチャーしている様子。



この講座にご興味がある方は、金子美保さんにメッセージしてみて下さい。


金子さんは、昨年11月に内面育成メソッドを教える講師養成セミナーを受講し、
すぐに体験講座開催!
それも 地元関西だけでなく、東京でも予定している行動派。

応援してくれる人がすでにいる。
自分がその状態になるだけで、あとは環境が呼んでくれる。
これこそ、流れがきているサインですよね(^^♪

金子美保さんのブログ
http://ameblo.jp/miho-ja/

金子美保さんFacebook
https://www.facebook.com/miho.kaneko.3705

d0169072_16362173.png

「親子で輝く★心の育て方」(1.5時間)

■プログラム概要■
親が子をどのように接すると自己肯定感の高い子に育ちやすいか、
特に3歳が臨界期と呼ばれる脳や精神の発達と何か?
科学的にわかっていることを交えながら伝達し、
日常生活ですぐに語りかけが変わっていくシンプルな1点に集中してお伝えする講座です。


・子供の人間性を高めるとは
・EQ理論を子育てに言い換えると?
・心の反応の仕組みとは
・感情は大人と子どもに違いはない!
・3歳までに特に大切な感情への理解
・5歳までに大切な感情への理解
・コンフォートゾーン

【こんな方にお勧め】
・ママさん向け内面育成塾を開催したい。
・情報がいろいろありすぎて困っているママ。
・自信を持って、楽しみながら子育てしたい。
・ママにむけての準備をしたい方。




【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-04-27 12:31 |  |-ご紹介 | Comments(0)

日経新聞によく出てくる社員の副業を認める話。

日経新聞によく出てくる社員の副業を認める話。

「なぜ彼女たちが?」
に、こんな経緯もあるのだなぁと思って、より理解が深まりました。

副業によるリスク分散というより、
自分もっている能力を試したいという事なんですよね。
成長する楽しみ、試すたのしみ、こんな自分もいたんだという発見もある。

「関わる組織」「関わる世界」が増えるほど、
自分というものがよくわかってくるんだと思います。


認定講師 咲良美登里さんのブログ見てみて↓





【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-04-26 21:00 |  |-ご紹介 | Comments(0)

ノンママのカウンセラー。認定講師 友澤 環さんのブログを紹介します

「ノンママ・・・子供がいない人生を選択すること」


  私自身の11年の結婚生活の過程は、
  子供に関するたくさんの感情と共に過ごしてきました。

  それはすべて女性ならではの葛藤です。



認定講師 友澤 環さんのブログです
同じ悩みを持つ方はお読みください。

私もよみながら「お子様は?」と日常会話のように聞いてしまう時がある自分の行動を反省しました。






【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-04-20 23:00 |  |-ご紹介 | Comments(0)

朝からパタパタ

午前中、
お義父さんの病院へのドライバーをやって、
明日ケアマネさんが来るらしいので
それとなーく支援してもらう内容を確認したりパタパタ。  

で、今度はコドモの歯科のため、
バスと電車で半蔵門へ。 

幸い、夕飯は明日分まである。

3日分の夕飯つくりおきサービスのおばさまが、
昨日たんまり作ってくれた。


ありがたしー
(月2回利用) 

d0169072_16555368.jpg




【最新★セミナー一覧はこちら】>>

# by kakoirie | 2017-04-20 16:57 | プライベート | Comments(0)

ブログトップ | ログイン


【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム