エキサイトブログ
 
プロフィール
本名:小杉十郎太
生年月日:1957年12月19日
出身地:神奈川県
出身校:日本大学芸術学部
血液型:B型
小杉十郎太『J's Music Action 55! Go!Go! Birthday』レポート
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
 
GOOD BYE 2009

さてさて、 今年も残すところあと二日、
みなさんにとってどんな一年だったでしょうか。

愚痴を言い出したらきりがないようなご時世ですが、
今年もみなさんの応援に支えられ自分なりに
小杉十郎太を発信してきた一年でした。

来年もアーティストとして、
高さも幅も奥行きも広げていきたいと思います。

今年一年、本当にありがとうございました。

みなさんもよいお年をお迎えください!

GOOD BYE 2009
a0093054_1612584.jpg

by kosugi-jurota | 2009-12-29 16:01
 
イブの夜に #おまけ
『イブの夜に』読んでくださったみなさん、 ありがとうございました。
25日はもっと早くアップするつもりだったのですが、
仕事もあり(言い訳)クリスマスが終わるギリギリになってしまって
自分でもなんだかな~ってな感じですが、 実はオマケがあるのです!
間抜けは承知です。よかったら読んでやってください。



ディレクター:「いただき~ お疲れさん」
      十:「お疲れさまでした~」
ディレクター:「十郎太~ 原作の浜先生がお見えになってるから」
      十:「浜先生?」

SE ロビー ガヤ

  浜:「小杉さん お疲れさまでした」
  十:「あんた…」
  浜:「どうでした? イブの夜は」
  十:「どうって…」
  浜:「子供たち とても喜んでいましたよ」
  十:「実は…袋の中は空だったんだ
     色々考えたんだけど子供たちにどんな夢を
     プレゼントしたらいいのかわからなくて…」
  浜:「でも入っていたじゃないですか」
  十:「あっ」
  浜:「いつもみんなを愛してるMerry Christmas!
     って書かれたガードが」
  十:「とうしてそれを?
  浜:「開けさせてもらいました光の渦の中で ごめんなさいね」
  十:「あんた一体…」
  浜:「さて 打上げ兼忘年会やりませんか」
  十:「いいけど どこで?」
  浜:「フワッと上がったところにいい店が」
  十:「フワッとはいいや
     クリスマスだし渋谷で焼き鳥食おうか」
  浜:「そうですね じゃ 戻りますか お~い クリス~」
  十:「え~!!」

本当におしまい
by kosugi-jurota | 2009-12-27 13:36
 
イブの夜に #3

※ 初めて読む方は第1話から読んでいただけると幸いです

SE スタジオのロビーガヤ

スタッフ「小杉さん」
   十「…」
スタッフ「小杉さん!」
   十「えっ?」
スタッフ「スタジオ入ってきた時から
     ずっとボーッとしてますけど大丈夫ですか?」
   十「そう?」
スタッフ「わかった! 昨日イブだったから飲み過ぎですね」
   十「違うよ ちょっと天… 天ぷら食べ過ぎちゃって」
スタッフ「イブに天ぷらっすか 渋いですね」
   十「まあね 」
スタッフ「そろそろやりますか」

SE ブースのドアを閉める音

ディレクター「それじゃ本番ね よろしく」

十『生命の深淵なのか或いは この世の深淵なのか
  そこには悲しみも憎しみも ましてや怖れなど
  まったくないように感じられた

無数の子供たちはかすかな青い光に包まれ浮遊しながら眠っていた

それにしても 漂うこの柔らかなぬくもりは何なのだろう

何故か母親の胎内にいるような感覚を覚え佇んでいた

ふと気付くと 眠っている子供たちが
私の周りに集まり始めているではないか
いつのまに私は視界を失うほどの子供たちに囲まれていた

突然遥か頭上に光の渦が現れた
そして 私が持っていたDREAMと刺繍された袋は
みるみる膨らみ光の渦に吸い込まれていった

すると光の渦はどんどん大きくなり
やがて雪の結晶のような光となってすべての子供たちに降り注いだのである

私は思った
天国にいる子供たちにもクリスマスがやってきたのだ…


Merry Christmas!


END
by kosugi-jurota | 2009-12-25 23:06
 
イブの夜に #2
※前々回のブログから読んでいただけるとわかりやすいと思われます

浜「もしかして 小杉さん?」
十「ここで約束したでしょ」
浜「どこのオジサンがサンタの格好して立ってるのかと思いましたよ」
十「以前ドンキで買ったのがあってね」
浜「けっこう似合ってるじゃないですか」
十「そうかい」
浜「冗談ですよ ハハハハハ」
十「…」
浜「さてと 25日まであと40分 ちょうどいいな じゃ あれに乗ってください」
十「おっ!? トナカイとソリ」
浜「用意しますって言ったでしょ」
十「本物のソリなんて初めてだな」
浜「さぁ 乗って」
十「よいしょっと…
意外と座り心地いいね」
浜「なんてったってクリスマスバージョンスペシャルオーダーですから」
十「そうなんだ」
浜「シートベルトしっかり締めてくださいね
途中で落ちちゃったりしたら戻ってこられませんから」
十「おもいっきり締める」
浜「それから手綱はありません
クリスがちゃんとお連れしますからご安心を」
十「クリスって?」
浜「このトナカイの名前ですよ
頼んだぞ クリス」
クリス(浜)「まかせてくだせぇ」
十「しゃ しゃべった!?」
浜「ハハハハハ 私ですよ けっこう上手いでしょ? 声優になっちゃおうかな」
十「まったく…」
浜「小杉さん…」
十「何?」
浜「心の準備はいいですか?」
十「…たぶん」
浜「たぶん?」
十「…」
浜「大丈夫ですよ
何も怖れることはありません
それでは目を閉じて…
幼かった頃の小杉さんを思い出してください」
十「…」


浜「いってらっしゃい Merry Christmas!」

♪ サンタが街にやってくる
by kosugi-jurota | 2009-12-24 15:43
 
感謝感激!

僕の52才の誕生日に
たくさんの方々からプレゼントやカードをいただき
小杉十郎太 感謝感激!

本当にありがとうございました
53才を目指してガンバリます!

P.S イブの夜に…
行ってきます
by kosugi-jurota | 2009-12-20 12:47
 
イブの夜に
※十郎太 → 十
浜 → 浜

SE クリスマスセールに湧く街の喧騒

浜「小杉十太郎さ〜ん 」
十「…」
浜「やっと見つけた〜」
十「…」
浜「いや〜 小杉さんが若い頃の写真しかなかったもんで
探すのに苦労しました〜」
十「人違いですよ 僕は十太郎じゃなくて十郎太ですから」
浜「えっ!? ちょっと資料を… あっ! 本当だ 」
十「…」
浜「そんなに怒らないで ゴメンネ 十郎太」
十「オマエは誰じゃ〜!」
浜「お答えいたしましょう 私 天国出版『人生 どの辺?』編集部の
  浜 五郎と申します」
十「浜 五郎…」
浜「何か?」
十「いや 別に…
何の用です?
大体『人生 どの辺?』なんて雑誌知りませんよ」
浜「でしょうね そもそも天国向けの…」
十「えっ?」
浜「何でもありません
  実はクリスマス企画といたしまして12月に50才以上の誕生日を
  迎える方にサンタクロースになっていただきまして
  ある所にいる子供たちにクリスマスプレゼントを届けていただきたいのです
  そして今年は小杉さんが選ばれたわけなんですが
  小杉さん19日で52才ですよね」
十「そうですけど何故僕なんですか?」
浜「それは神様が…」
十「神様?」
浜「とにかく大変名誉あるお役目なので是非お引き受けいただきたいのですが」
十「はぁ…」
浜「イブの夜にトナカイもソリも衣装もつけ髭も私が用意してまいりますので」
十「はぁ…」
浜「ただプレゼントだけは小杉さんに用意していただきたいのです」
十「僕が?」
浜「はい」
十「一体何を?」
浜「夢です」
十「夢?」
浜「ステキな夢をたくさん用意しておいてくださいね
子供たちはとっても楽しみにしています」
十「その子供たちはどこに?」
浜「…」
十「どこにいるんですか? 教えてくださいよ」
浜「…天国です
それではイブの夜に…」
十「…」

♪〜 星に願いを

END

P.S
十「おい浜 俺ちゃんと帰って来られるんだろうな」
浜「さあ…」
十「おい!!」
by kosugi-jurota | 2009-12-17 17:57
 
どんな師匠じゃ〜!

弟子「師匠 毎晩どこへお出かけになっているのですか?」
師匠「師走だぞ 忘年会やらなにやらで色んな店を走り回っておるに
   決まっておろうが!」
弟子「師走とは本来そのような意味では・・」
師匠「馬鹿者 師はどこをどう走ろうが十二月は勝手だ
   という意味なんじゃ 今までどれだけがむしゃらに
   色んな店を走り回ってきたことか今更立ち止まることなど出来るものか」
弟子「それは一年中そうかもしれませんが
   そろそろお年をお考えになったほうがよろしいかと・・」
師匠「儂に説教するつもりか!」
弟子「滅相もございません 私が師匠に説教するなど」
師匠「儂は説教されるのが大嫌いなんじゃ 一部を除いて」
弟子「一部を除いて?」
師匠「そう 愛ある異性のアドバイスなら受けてもよい
   いや 受けたいかも」
弟子「そのような方がいらっしゃるのですか?」
師匠「あっちこっちの店におるぞ」
弟子「師匠 それで毎晩・・」
師匠「そうじゃ アドバイスを受けることは大事じゃからの
   あっそうそう 正月はハワイでアドバイスしてもらうことになった」
弟子「師匠 これからは交際費の予算をしっかり仕分けさせていただきます!」
師匠「そんな一方的に言われてもこちらといたしましては」
弟子「どうして急に口調が変わるんですか!」
師匠「いかがでしょう ご理解いただくためにも
   今夜はどこかのお店でご一緒に・・」
弟子「けっこうです!」
師匠「師走ですから〜 ねっ!」
弟子「甘えてんじゃねぇ どんな師匠じゃ〜!」


P.S 増上寺の師走は本当にお忙しいと思います。
a0093054_18392216.jpg

a0093054_18443546.jpg

by kosugi-jurota | 2009-12-11 18:44
エキサイト公式ブログ
高橋秀幸公式ブログ「Let's Get たかHappy!」
仲谷明香公式ブログ「続、駄菓子菓子、」
『AJF NEO GENERATION 2013』公式ブログ
鎌田章吾公式ブログ「俺たちスーパースター!」
海保えりか公式ブログ「ぽえりずむ」
明坂聡美ヴログ『共和国ノ進メ』
Sister MAYO Official Blog「MAYOブラボー」
Prico official blog『PricoのPrilog』
宮路一昭公式ブログ『~MY LIFE~』
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』

©copyright 2006-2015 On the Field Co.,Ltd. all rights reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム