Woman.excite
ブログトップ | ログイン
HOPE for Mothers (2011年 ザンビア) 
<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
冨永愛さんと。 ザンビア帰国報告会開催
冨永愛さんと一緒に、ザンビア帰国報告会を行いました。

c0212972_1631549.jpg

たくさんのジョイセフ支援者(企業、団体、ホワイトリボン支援リーダー、ボランティア、ジョイセフフレンズ)の方々にご参加いただきました。

c0212972_16301750.jpg

11月上旬ザンビア、マサイティ郡で見てきたものを、写真を見せながら話す冨永愛さん。

c0212972_16332442.jpg

ザンビアで出会う子どもたちを抱っこして満面な笑みの冨永さん。


c0212972_1644664.jpg

ザンビアの子どもたちと折り紙で遊ぶ冨永さん。


c0212972_16464832.jpg

妊産さんにトラウベ(胎児の心音を聴くラッパのような器具)を当てる冨永さん。


c0212972_16525136.jpg

日本からの浴衣を現地の女性に着付けする冨永さん。



c0212972_1655313.jpg

日本からの浴衣を現地の女性に着付けする冨永さん。
アルバティーナ(ジョイセフプロジェクトマネジャー)と踊る冨永さん。

c0212972_1722394.jpg



報告会には、ちょうどSafer motherhoodの研修のために日本に来日中の
アルバティーナも参加して、冨永さんと再会

c0212972_1791625.jpg



冨永愛さんのザンビアの友達(女性たち)を慕う気持ち、
そしてジョイセフの支援活動をサポートしたいという熱い気持ち。
ジョイセフにとっても、大変うれしいひと時でした。

冨永愛さん、
ご参加いただいたみなさま、
心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました!
[PR]
by joi_micchi | 2010-11-30 14:00 | イベント
【急募!!】集まったランドセルの検品ボランティア募集(12月4日)
c0212972_1231618.jpg

多くの皆様からいただいた想い出の詰まったランドセルが、いよいよ出発の準備を迎えます。
そこでジョイセフでは以下の要領でランドセル検品ボランティアを募集いたします。

出発をする前の検品ボランティアに参加して、アフガニスタンやモンゴルの子どもたちに、一緒に想いを届けませんか? 皆様のご参加をお待ちいたします。

日時
2010年12月4日(土)
10:30~16:00(予定)

場所
KK横浜貿易倉庫

詳細や参加申し込みの方法はコチラ
http://www.joicfp.or.jp/jp/2010/11/26/6607/

たくさんのお申し込みをお待ちしております。
[PR]
by joicfp | 2010-11-30 12:03 | ニュース/お知らせ
写真展「エクスポージャ -感染症の光と陰の中で生きる人々-」開催中!
c0212972_039139.jpg

ジョイセフが東京連絡事務所をつとめるIPPF(国際家族計画連盟)

日本政府の HIV/エイズ日本信託基金で実施した10年のあゆみを紹介する写真展が、
今、広尾にある JICA 地球ひろばで開催されています。


c0212972_0385851.jpg


日時: 2010年11月23日(火)~ 12月5日 (日)
場所: JICA地球ひろば 1階 イベントホール
主催: 国際家族計画連盟(IPPF)  
共催: 財団法人 ジョイセフ(家族計画国際協力財団)
後援: 国際協力機構(JICA)
入場無料


問い合わせ先: アドボカシーグループ 腰原/塩田
電話番号 03-3268-3450/3454  
FAX 03-3235-7090/9774


関連スタッフブログ
>> ミッチのブログ
[PR]
by joi_micchi | 2010-11-28 00:44 | イベント
毎日新聞にジョイセフの活動が紹介されました。
毎日新聞にザンビアの妊産婦の現状と、ザンビアでのジョイセフの活動が紹介されました。
c0212972_15592441.jpg


10月にザンビアでジョイセフのプロジェクト地区を視察した、生活家庭グループ記者、水戸健一さんのレポート上・中・下の3回連載です。

11月16日(火)
いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/上 
妊娠、死と隣り合わせ


11月17日(水)
いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/中 
安全な出産、認識芽生え


11月18日(木)
いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/下 
理解され始めたHIV


この取材には、広報グループのワカが同行いたしました。
取材の裏話はワカのブログで。
c0212972_15554351.jpg

ザンビアコッパーベルト州の農村を取材する水戸記者。
[PR]
by joicfp | 2010-11-22 16:03 | ニュース/お知らせ
全国のみなさま、「アクション宣言」にご参加くださいー!
以前にもブログでお知らせいたしましたが、
大橋マキさんらが発起人となって生まれた
ジョイセフのホワイトリボン運動を支援する新しいプロジェクト、

to Mothers ~みちのく~

より、お知らせです。

その名の通り、東北地方で展開する企画。

今年は、
12月1日のエイズデーに、
仙台のメディアテークで、イベントが開催されます。 

ですが、

みちのく(東北)エリアの方はもちろん、
国内外どこからでも参加できる
アクション宣言がスタート!



アフリカ・ザンビアのママを想い動くために、
自分の「宣言」を書くというもの。
(かならずやアクションに繋げるために!!という狙いとのこと)

たとえば、こんな風に→こちら
続々と集まっているようです。


是非、ご参加ください。


参加手順は以下の通り。

 1.A4サイズ以上の紙に、あなたのアクションを書く
 ※「blogに書きます」「ママ友に話します」etc
  出来るだけ太く、大きく!お願いします〜

 2.あなたのおなまえ(ニックネームok)を書いてください。

 3.アクション宣言を書いた紙を胸位置あたりに持って・・・

 4.カメラに向かって、スマイル!(携帯カメラ可)

 5.写真を添付して下記の専用アドレスまでお送りください♩
   アクション宣言専用アドレス
   tomothers.michinoku@gmail.com

  
  ※ご注意!
   1通につき1M(メガ)までしか受信することができません。
   1Mを超えてしまうと、メールが送れない場合があります。
   ご注意ください!


 6.to Mothers -みちのく-公式WEBに掲載されます


なお、以下には十分にご注意の上、ご参加ください。

・紙のサイズは、A4サイズ以上でお願いいたします
・紙質は、どんなものでも構いません
・おなまえは、仮名でも構いません
・写真撮影は、アクション宣言の内容が分かる距離でお願いします
・「公の秩序および善良の風俗」に反した行為をしていない写真のみの受付とします。
・このアクション宣言に参加された方は、
 例外なく顔写真のWEB掲載をご承諾いただいたものと致します。


c0212972_162536.jpg

c0212972_162335.jpg


ジョイセフでも、早速スタッフがアクション宣言はじめましたー。
(なぜか、ヤギと一緒にアクション宣言をしたがるスタッフ多い・・・??)
[PR]
by joi_micchi | 2010-11-15 16:04


woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム