Woman.excite
ブログトップ | ログイン
HOPE for Mothers (2011年 ザンビア) 
<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
トミー最終日(お疲れ様)!そして…
今日は、このジョイセフブログにも投稿していてくれたトミーの最終日。
まだ信じられませんが、トミーもこれから新しい一歩を踏み出していくわけで…
これから新しい環境での大活躍を信じています。

ありがとうトミー

そして笑顔!
c0212972_1827242.jpg


そして、見送るゲストでババカルキルさん登場!!

アフガニスタンから来日中のババカルキルさんがオフィスに
明るくて楽しい雰囲気を運んできてくれています。

ババカルキルさんの特集コンテンツもWEBサイトで
アップ予定なのでお楽しみに!!

c0212972_1834519.jpg

[PR]
by joicfp | 2010-06-25 18:33
ホワイトリボンジャパン公式サイト更新されました!
今回あらたに、VERYの編集長今尾さんと、VIRINAの代表青木さんからのメッセージが並びました!

今尾さんからのメッセージには、"女性のパワー"というキーワードが出てきますが、お2人のメッセージからは、まさにその"女性のパワー"を感じます。
もちろん既に掲載されている6つのメッセージもそうですが、20数行の文章の中から、「やるぞ!」という意気込みが伝わってくるのです!

それはもう、読んでいるこちらまでパワーがみなぎってくるような、「やるぞ!」です。

みなさんもぜひ1度読んでみてくださいね。

ホワイトリボンジャパン 公式サイト/メッセージ
http://white-ribbon.org/04message.html

今尾さんの言うように”ママたちの力をひとつにして”、青木さんの言うようにそれを”継続していく”ことができたら、すごいパワーになると思いませんか?
[PR]
by joicfp | 2010-06-25 17:28 | ニュース/お知らせ
アカチャンホンポにて「赤ちゃんの肌着をザンビアに届けよう!」という活動を開催中です!
c0212972_1483359.gif

赤ちゃん本舗さんでは、赤ちゃんの肌着とドレスオールを回収し、ジョイセフを通してアフリカのザンビア共和国へ届ける活動を行っています。
今年の4月13日(火)~5月7日(金)に大阪本町店で第1回目の回収を実施しましたが、第2回目の今回はアカチャンホンポの全国9店舗で実施しております。

下記に記載の店舗でのみ受け付けていますが、アカチャンホンポ以外で購入された肌着も回収しておりますので、ぜひたんすの中を探ってみてくださいね!


【実施期間】
6/21(月)~7/4(日)

【実施店舗】
旭川店・ララガーデン長町店・船橋ららぽーと店・北上尾店・錦糸町店・TOC店・柳津イトーヨーカドー店・リーフウォーク稲沢店・大阪本町店
アカチャンホンポ店舗情報はこちら
http://www.akachan.jp/store/index.html


【対象の衣類】
50~80㎝の肌着・ドレスオール
  ※多少のいたみ・ほつれは問題ありません。

洗濯されたものをお持ちください。
  ※マントやセレモニードレス、ベストや小物は対象外となります。
  ※アカチャンホンポで購入した以外の衣類もお受けいたします。

【受付方法】
各店サービスカウンターにお持ちください。
  ※上記実施店舗のみの受付となります

肌着・ドレスオールをお持ちいただいた方には、お礼としておしりふきを1つお渡しさせていただきます。
[PR]
by joicfp | 2010-06-25 14:09 | ニュース/お知らせ
ミレニアム開発目標(MDGs)進捗報告書 妊産婦・幼児死亡率改善のための新たなキャンペーンにはずみ
母子保健の改善を訴えるパン・ギムン総長のメッセージに関連して、下記の書き出しで始まる国連広報センターからのお知らせがきました。


G8 の指導者が今週のサミットを目前にする中で、母子保健に関する心強い最新データが発表されました。これまで国際的な開発への取り組みで後回しにされてきたと見られている母子保健問題が、このサミットで2010年の優先課題となる見込みです。

続きはこちらをご覧ください。

ひとりひとりが、何かできることをひとつひとつから、していきたいですね。
[PR]
by joi-maba | 2010-06-24 19:17
母子保健への投資が大事―サミットを前に、パン・ギムン国連事務総長!
みなさんは新聞でどの記事を先にご覧になりますか?私は、一面のコラムをまず読みます。

さて、新聞の一面は、参院選挙やら、消費税やらのニュースで賑わっていますが、今日は、数ページめくると、間近に迫ったサミットの記事が目につきました。

いよいよ、主要8カ国首脳が集まる会議(G8サミット)が、25、26日にカナダ・トロント郊外のムスコカで、開かれます。

サミットを前に、パン・ギムン国連事務総長が、失業者や飢えに苦しむ人々など危機に瀕している人々のために、私たちのとるべき責任について述べていました。ミレニアム開発目標(MDGs)の達成のためにも、「途上国に賢明な投資」を、と呼びかけています。

昨日のNHKのニュースでも、少し事務総長の言葉が聞こえてきました。

特に、女性の存在の大きさを取り上げ、最も有効な投資のひとつが母子保健の支援だと……!、ジョイセフにとって心強いことを述べています。世界人口の半分を占める女性が、健やかに、ハッピーな生活ができるように、国際機関も、先進国も、NGOも、市民社会も、もちろんジョイセフもですが、今こそさらに一歩踏み出しましょう。

実際にサミットの場で、どんな話し合いが行われ、何がスタートするか、見守っていきたいですね。そして、参加する日本の菅首相には、世界のなかでの日本としての、グローバルな視点を念頭においた発言と行動をして欲しいものです。
[PR]
by joi-maba | 2010-06-23 16:25
トミー&アマネー歓送迎会
今日のお昼はジョイセフ内でトミーの送迎会、アマネーさんの歓迎会として
ジョイセフ8階のスタッフ皆でランチパーティを開催しました。

お昼御飯はmicchiお薦めのマクロビ・デリバリーに注文。

晴天にも恵まれ、明るい光の中での昼食。
素敵な会になりました。

トミーの最終日は6月25日。
今までありがとうトミー!


ランチパーティの様子↓↓
c0212972_1432932.jpg

c0212972_142345.jpg

[PR]
by joicfp | 2010-06-17 14:14 | @ジョイセフ
妊産婦保健の国際会議Women Deliverの報告
ニューヨークのマコとワカです。
c0212972_0354133.jpg

©Sam Hurd/ Women Deliver

6月7日~9日にワシントンD.C.で行われた妊産婦保健の国際会議、Women Deliverに参加しました。
c0212972_2371627.jpg
http://www.womendeliver.org/


3年に一度の妊産婦保健をテーマにした国際会議ということで140カ国から3500人が参加しました。
国連事務総長バン・キムンを筆頭に、WHO、ユニセフ、国連人口基金など妊産婦保健に取り組む国連機関の事務局長たち、世界中のNGO、CNN、BBC、New York Timesなどのメディアが協力して開催されました。

それぞれの視点でブログに報告を載せましたので見てみてください。
072.gif1日目:マコの記録 「Women Deliverに来ています」
072.gif1日目:ワカの記録 「Women Deliver- 女性が作り出す世界」

072.gif2日目:ワカの記録① 「統計データを面白くするロスリング博士の話」
072.gif2日目:ワカの記録② 「出産キットは有効か」

072.gif3日目:ワカの記録 「日本勝った!そしてWomen Deliver最終日。涙。涙。」

072.gifその他:マコの記録 「Women in Blue」
c0212972_23215387.jpg

©Sam Hurd/ Women Deliver
[PR]
by joicfp | 2010-06-15 23:34 | 只今、出張中
TIMEマガジンにシエラレオネの出産レポートが掲載
TIMEマガジンにシエラレオネの出産の現状の記事が掲載されました。
2010年6月14日号(英文)

18歳の少女Sessayが出産し亡くなるまでの壮絶な記録です。
ぜひ機会があったら手にとってみてください。

c0212972_2205116.jpg

[PR]
by joicfp | 2010-06-15 22:01 | ニュース/お知らせ
TIMEマガジンWEBで妊産婦死亡の現状のフォトドキュメンタリーがUPされました!
ムービーは現地病院内で撮影された写真がスライドショーで映る構成で、再生すると英語による解説が聞けます。

TIMEマガジンのWEBサイトはこちら!
http://www.time.com/time/audioslide/0,32187,1843057,00.html

写真が撮影されたのはアフリカ、大西洋岸に位置するシエラレオネ共和国。
もしかしたら、国の名前すら聞いたことがない人もいるかも知れません。でも、現状を”知る”にはいいきっかけなのではないでしょうか。

以下、簡単な概要です。

※※※※※※※※※

シエラレオネ共和国は妊産婦の死亡率が世界で最も高い国のひとつです。

8月、ジャーナリストが立ち寄った国内最大規模の病院で、ちょうど出産した女性に出会いました。ところがその女性は、その直後、大量出血を起こしました。
ドクターやナースたちが輸血や、心臓マッサージなど必死の処置を施しますが、間に合わず、女性は生まれたばかりの娘がお腹をすかして泣いているすぐ横で亡くなりました。

実はこの病院には医療物資が常備されていません。
そのため親族が輸血用の血液を提供し、点滴用の薬から綿棒といった物まで手に入れなければなりません。

生まれたばかりの赤ちゃんは、同じように母親を出産でなくした多くの子どもたちのように、写真でしかその姿を見ることが出来ず、周囲から話をしてもらうことでしか、母親の面影を知ることはもうありません。

※※※※※※※※※
[PR]
by joicfp | 2010-06-15 15:09
【SHOP】 MODE for Charity Tシャツ大好評につき再入荷!
c0212972_14391342.jpg


4月5月に行われた、「MODE for Charity」オフィシャルTシャツ大好評につき再入荷しました!

これからの夏の季節にピッタリのデザインTシャツです。限定販売なので、購入はお早めに!

ご購入はこちらから↓
http://www.joicfp-shop.com/SHOP/225587423220.html

お待ちしております!!
[PR]
by joicfp | 2010-06-15 14:39 | ニュース/お知らせ


woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム