Woman.excite
ブログトップ | ログイン
HOPE for Mothers (2011年 ザンビア) 
がんばれ!!母と子の元気市(宮城県多賀城市)開催
c0212972_10283962.jpg
3月31日
宮城県多賀城市立高崎中学校に、支援物資が到着。支援物資を配布するために多賀城市と塩釜市の助産師さんらが企画した、「がんばれ!!母と子の元気市」で配布しました。トラックが中学校に到着すると、早朝から校庭に集まっていた助産師さんら20数名のボランティアさんとジョイセフスタッフが荷物を下ろし、元気市の準備を行いました。

c0212972_10362318.jpg
みぞれ混じりの空模様の下、有線や地元ラジオ、口コミ、チラシで今日のイベントを知った子どもとお母さんたちが続々と会場に詰め掛けました。また、今回のイベントの情報を聞きつけた地元企業の飛び入り参加もあり、500人以上の地域の人たちで賑わいました。震災後、ガソリンが手に入りにくくなっていて、会場に来ることが出来ない人も大勢いたそうです。

c0212972_1036363.jpg
今回届けた支援物資は、紙おむつ、マタニティウエア、おしりふき、ベビーフード、石鹸やシャンプー、赤ちゃん用のミネラルウォーターなど女性や子どもを対象にしたものでしたが、「先週も紙おむつを買うために、雪の寒い日にスーパーの開店前から6時間並んだ」、「最近では赤ちゃん用の商品はほとんど手に入らなかった」と言う声が聞かれました。

c0212972_1037593.jpg
今回のイベントを中心になって企画した地元助産師の笠松愛子さんは、震災後もすぐに被災地の妊産婦さんたちに連絡を取り、健康状態や必要な支援について聞きました。今日の届けられた支援物資は本当に要望の高かったものばかりで、皆さんが本当に喜んでくれました。初めての出産を間近に控えた多賀城市の22歳の長田麻里奈さんに「私たち助産師がついているから安心して」と声を掛けていました。

c0212972_10372035.jpg
おじいちゃんが買ってくれた兜飾りの代わりに「鯉のぼり」をもらってうれしそうな笑顔を見せてくれた1歳10ヶ月の中嶋孝史くん。この「鯉のぼり」は、子どもたちが元気に、笑顔になってくれることを願って粉ミルクや紙おむつなどと贈られたものです。

c0212972_103733100.jpg
今、被災地の妊婦さんと赤ちゃんの健康を守るために助産師さんたちが頑張っています。

一日、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
[PR]
by joicfp | 2011-04-01 10:41
<< 被災地チャリティーピンキーリン... イー・モバイルから被災地の助産... >>


woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム