カテゴリ:肩こり&腰痛解消!( 3 )

肩こり・目の下のクマ・頭痛女子急増中!☆ 解消ストレッチ

d0339704_12553946.jpg




最近女子友に会うと、

「寒くなってきたから、肩こりや腰痛が激しくなってきたー」

と体が縮こまっちゃっているみたい。



うちの愛犬も毛布の上に丸まってます{%表情ニコニコdeka%}



肩こりが重症にならないように日々できるストレッチと言えば・・・



左右の肩甲骨を寄せて!そのまま上げて!下げる

とか


イスに座ったまま正しい姿勢で首だけ右に左に行けるところまでひねる



などなど、普段から首と肩甲骨周りの筋肉を動かして柔軟さを保っておけば肩こりも解消できます{%上昇webry%}



さらに日本人は、男女ともにこの部位の筋肉が弱い人が多いので、普段からストレッチで筋肉を動かして筋肉量・血流量を増やせば、肩こりだけでなく頭痛、目の下のクマなども解消{%上昇webry%}



モデルの頃は、肩こりバリバリだったけれど、レーサーになってからは肩こりはなくなりました{%力仕事webry%}
ムチウチにはよくなっていたけれど・・・{%笑いwebry%}

「自分をデザインする」人間環境デザイン学科シンポジウム

d0339704_12554210.jpg




先週末は、「自分をデザインする」と題して、東洋大学・人間環境デザイン学科のシンポジウムで講演させていただきました。



「自分をデザインする」と言えば、こころとからだのコントロールが不可欠ですが・・・



最近すっかり寒くなってきて体調を崩したり、仕事の緊張感から体が過緊張を起こしたりして調子が悪い・・・などの声も聞きます。



大学で講演を終えた後も学生のみなさんから


「どうやったらモチベーションが上がるのか?」


などいろいろな悩みを聞きました。


寒さも精神的な緊張感や過緊張も血流を良くすれば、こころもカラダも少しずつ良い方向へ向かってくれると思います。


まずは、大きな筋肉を積極的に動かすこと!


歩いたり、階段を上ったり、積極的に太ももなどの大きな筋肉を使うことでずいぶん血流はアップ。
呼吸を大きくゆっくり吸ったり吐いたりするだけでもお腹の筋肉たくさん動かすことができます。それと共に肩の力を抜く癖をつければ、過緊張で肩や肩甲骨が固まるくせも修正できます。


心とカラダはつながっているから、心の悩みはカラダを動かすという単純なアプローチで驚くほど改善されることもあります{%表情ニコニコdeka%}

腰痛防止&太りにくい座り方☆フェラーリの美しいインテリア

d0339704_12554916.jpg




一流マシンのインテリアは、やはり美しい{%キラキラwebry%}



イタリアにあるフェラーリの本社横の工場内を見学したことがありますが、このようなフェラーリの内装に使われている美しい革も、おばちゃんたちがゆっくりゆっくりはさみできれいな曲線を描いて1枚ずつカットしています。


そしてそれを縫い合わせるのもイタリアの職人の女性。


こうして丁寧に丁寧を重ねて一流品は、美しくなるのですね{%びっくり1webry%}


ところで、みなさん車に乗っているときはどんな姿勢ですか?


きちんとシートに深く腰掛けていますか?


車のシートは人間工学の技術を使って考えに考えつくされたシートですが、正しく座らなくては腰痛や太りやすい姿勢になっちゃう。。。


どんな車種のシートでも腰とシートの間に三角の隙間ができないように、おしりと腰をしっかりシートにくっつけるのが基本です。


そうすると、大概アクセルペダルとブレーキペダルが遠くなる。
遠いと感じたらいつもより1~2ノッチシートを前に設定する。
すると、なんか窮屈な姿勢に感じることもありますが、それが実は、


長時間運転しても疲れない姿勢であり、
運転中もお腹の筋肉を使って太りにくい姿勢を脳にインプットする良い機会となります{%上昇webry%}


最初は、窮屈に感じるそのドライビングポジションも、慣れればしっかり腹筋を踏ん張れて肩の力が抜けることから、腰痛や肩こりがなくなり安全に運転できます☆
そして普段オフィッスや電車で座る椅子も同じ!


クルマもカラダも美しさは、日常ほんのちょっと積み重ねですね{%流れ星webry%}