Excite イズム Excite
都市生活者のためのライフスタイルマガジン

アゼルバイジャンでのF1開催その4 F1の歴史

f0039351_1927187.jpg


ヨーロッパ・グランプリの重要性を知ってもらうには、まずF1の歴史についてお話ししなければなりません。その起源は、1920年代から1930年代に開催されたグランプリヨーロッパ自動車レース選手権(Grand Prix European Auto Racing Championship)までさかのぼります。1946年、国際自動車レース連盟(International Federation of Motor Racing(FIA))は、いわゆるF1レースにいくつかのルールを導入し、これらのルールが発効したのが1947年のことでした。このクラスの自動車が参加する初の世界選手権は1950年に開催され、アルファ・ロメオに乗ったイタリアのドライバー、ジュゼッペ・ファリーナ(Giuseppe Farina)が優勝しました。
しかし、F1レースの「黄金時代」が始まったのは、F1チームと国際自動車連盟(FIA)との関係性を規定するいわゆる「コンコルド協定」が締結された1981年でした。この協定に基づき、F1レースのテレビ中継に関するすべての権利が、バーニー・エクレストンが代表を務めるフォーミュラ・ワン・プロモーションズ・アンド・アドミニストレーション(FOPA)(後に、フォーミュラ・ワン・マネジメントに改称)という新たに設立された会社に移譲されました。このような事実を背景に、以来、エクレストンは「F1界の支配者」と呼ばれています。現在の選手権は21のステージで構成され、そのうちの1つがバクーで開催されるのです。

アゼルバイジャンの首都で行われた最初の自動車レースは、ファンの期待を裏切らないものでした。グランプリ・オブ・カナダ(Grand Prix of Canada)が開催されていたモントリオールからすぐさま、ドライバーたちがバクーの地に降り立ちました。このため、彼らにはこの地に慣れ親しむ時間などありませんでした。バクー・ステージは今シーズン8度目のステージとなりました。最初のステージは、メルセデス・チームが有利な状況で行われました。特に、ニコ・ロズベルグは4つのレースを制覇し、ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)は2つのレースを制覇していました。ヨーロッパ・グランプリで成功を勝ち取ったとき、ハミルトンは彼のパートナーを打ち負かし、首位に輝きました。このため、とても興味深いレースが展開されたのです。
取材協力:アゼルバイジャン共和国大使館 アゼルバイジャンTAC通信社

-----続く―――――
[PR]
by ism-watch | 2016-09-12 19:26 | F1フォーミュラー1
<< アゼルバイジャンでのF1開催そ... アゼルバイジャンでのF1開催そ... >>

松田朗
フリージャーナリスト
プロフィール
プレミアム腕時計の新製品情報。名作や限定モノなども紹介します。
カテゴリ
全体
BEST新宿 ISHIDA
ISHIDA
シェルマン
アンティークの魅力
OMEGA
ROLEX
RADO
HAMILTON ハミルトン
ROLEX正規品専門店レキシア銀座
Porsche Design
安心堂
宝石の八神
カミネ
アイアイイスズ
フィリップ・デュフォー
HF-AGE
タグ・ホイヤー
パテック フィリップ
IWC
アラン・シルベスタイン
ジャン・ルソー
ウブロ
クエルボ・イ・ソブリノス
美しいストーリー
AJHH
グラスヒュッテ・オリジナル
スピーク・マリン
SEIKO
A.ランゲ&ゾーネ
ユリス・ナルダン
パネライ
バーゼル・ワールドSIHH2008
ロジェ・デュブイ
ベル&ロス
U-BOAT
ブライトリング
ジャガー・ルクルト
Fコレクション
モーリス・ラクロア
貴人館
SWATCH
ジャケ・ドロー
オーデマ ピゲ
BALL
松本零士
TiCTAC
銀座菊水
アントワーヌ・プレジウソ
Cartier カルティエ
PIAGET ピアジェ
ファーブル・ルーバ
ダイナースクラブカード
独立時計師
エベル
モーリス・ラクロア
COURTS AND HACKETT
ヌベオ NUBEO
ユーロパッション
ルイ・エラール
SIHH2010
ヴァン クリーフ&アーペル
f.collection
バーゼル・ワールド
ブランパン
Baby-G
リシャール・ミル
サン・フレイム
ZEPPLIN
ノーブルスタイリング
sihh
モンブラン
バルマン
IKEPOD
oomiya
フランク・ミュラー
ck カルバン・クライン ウォッチ
グラハム
ブレゲ
ホテルラスイート神戸
シャネル
バーゼルワールド2012
ガガ・ミラノ
オーデマピゲ
ジラール・ペルゴ
キューバシガー
ボーム&メルシエ
コルム
cuba
ショパール
松本零士
ゼニス
ラルフ・ローレン
フォルティス
ブルガリ
エポス
ロンジン
WEMPE
ジャケ・ドロー
Sinn
社長の時計
あの人の時計が視たい
バシュロン・コンスタンタン
エルメネスト・ゼニア
バーゼルワールド2015
サントノーレ
カレライカレラ
SUNTO
F1フォーミュラー1
以前の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧