Excite イズム Excite
都市生活者のためのライフスタイルマガジン

キース・リチャーズの娘も活躍 ブランパンが国連海事海洋法課(DOALOS)とこのレセプションを共同開催


f0039351_19373515.jpg

2017年6月8日、世界海洋デーを祝うレセプションが、ニューヨーク国連本部ビル スプートニクラウンジにて開催されました。ブランパンが国連海事海洋法課(DOALOS)とこのレセプションを共同開催するのも、今年で4年目となります

f0039351_1938135.jpg

左から、国連総会議長のピーター・トムソン氏、
国連海事海洋法課ディレクターのガブリエレ ゲッチェ・ワンリ氏、
ブランパン米国ブランドマネージャーのデイヴィッド・ジェリー氏、
自然資源防衛協議会の国際海洋プログラムディレクター リーザ・スピア氏、
法務部事務次長で国連の法律顧問を務めるミゲル・デ・セルパ・ソアレス氏


6 月8 日は世界海洋デー。これは、世界の海をたたえるとともに、海の重要性や海を守る方法を考える日です。1992 年に地球サミットで提案されて以来、毎年非公式で祝われてきましたが、2008 年には国連で正式に認められました。この世界海洋デーを記念する行事の一環として、国連法務部海事海洋法課がニューヨークの国連本部でレセプションを企画・開催しています。

今年のレセプションのテーマは「私たちの海、私たちの未来」で、6 月5 日から9 日まで開催された国連海洋会議に合わせて開催されました。国家の首脳、大臣、大使、スウェーデンの皇太子妃など、300 名を超えるゲストがこの世界海洋デーのレセプションに出席しました。

レセプションでは、法務部事務次長で国連の法律顧問を務めるミゲル・デ・セルパ・ソアレス氏、国連総会議長のピーター・トムソン氏、このイベントを共同開催する団体の1 つであり、High Seas Alliance(公海連盟)のメンバーでもあるNRDC(自然資源防衛協議会)の国際海洋プログラムディレクター、リーザ・スピア氏がスピーチを行いました。

ブランパン米国ブランドマネージャー、デイヴィッド・ジェリー氏は、海とブランパンとの関わりや、海洋保全と適合したブランパンのブランド価値について解説し、「ブランパンでは、ブランドのDNA の中に脈々と受け継がれる3 つの基本理念、“オプティミズム”“長期的な視点”“革新”がもたらしたブランパン オーシャン コミットメントの成果を確信しています」と述べました。

2014 年以来、ブランパンは「ブランパン オーシャン コミットメント」の名の下に海洋探査と保全の分野における企業努力を続けてきました。また同年以降、ブランパンは10 回の主要な学術調査を支援し、世界中の海洋保護区を2 倍の広さに拡大することに貢献しました。さらに、ドキュメンタリー映画、展示活動、出版物を発表し、いくつかの賞も受賞しています。


ブランパンは、2017年6月30日まで「Save our Oceans: Oceans Ecosystems(私たちの海、海洋エコシステムを守る)」をテーマに国連本部で開催されている『2017年海洋会議写真展』のスポンサーを務めています。この写真展は、日ごろ目にすることのない海洋生物の姿を記録したもので、人類の活動、生物多様性、海洋の間の繊細な関係について注目を喚起します。さらには、海洋会議および世界海洋デーにあたって、サステイナビリティの重要性に対する人々の意識をさらに高めることを目指しています。
f0039351_19383568.jpg

レセプションで、サー・リチャード・ブランソンと、ロックミュージシャン キース・リチャーズ氏の娘でプロジェクトアンバサダーを務めるアレクサンドラ・リチャーズ氏の2人のスペシャルゲストは、「La Mer Wave Walk(ラ・メール・ウェイブ・ウォーク)」のためにブランソンが制作した波の彫刻を国連総会議長に贈呈しました。ウェイブ・ウォークでは、国際海洋デー前後1か月間、世界で強い影響力を持つアーティストとカルチャーの仕掛け人が制作した彫刻作品50点をニューヨークの様々なロケーションに展示しています。
f0039351_19385734.jpg

また、国連オーケストラ、フィジー軍ドラムバンドと、ニューヨークを活動拠点とするバンドthe Vassalsのライブ演奏もレセプションの空気を盛り上げました。
f0039351_19393440.jpg

毎年恒例となりましたが、国際海洋デーの夕べには、エンパイアステートビルがブルーに照らされます。ブランパンは今年の世界海洋デー記念行事に参加できたこと、国連との絆を深め、この大切な大義を巡る意識を積極的に高める機会に恵まれたことを光栄に思います。


ブランパンは1953年に初のモダン ダイバーズウォッチ、フィフティ ファゾムスを発表して以来、積極的に海と関わりを持ってきました。この歴史を背景に、ブランパンは海洋保全及び保護に力を尽くしており、重要な学術プロジェクト、海洋探検、水中撮影、環境フォーラム、一般へ向けた展示活動、出版物や専用ウェブサイトへの支援を通じてこれらの課題への関心を高めようと取り組んでいます。こうしたすべての分野における取り組みをグローバルにまとめて、「ブランパン オーシャン コミットメント」と呼んでいます。


2017年6月8日、世界海洋デーを祝うレセプションが、ニューヨーク国連本部ビル スプートニクラウンジにて開催されました。ブランパンが国連海事海洋法課(DOALOS)とこのレセプションを共同開催するのも、今年で4年目となります


左から、国連総会議長のピーター・トムソン氏、
国連海事海洋法課ディレクターのガブリエレ ゲッチェ・ワンリ氏、
ブランパン米国ブランドマネージャーのデイヴィッド・ジェリー氏、
自然資源防衛協議会の国際海洋プログラムディレクター リーザ・スピア氏、
法務部事務次長で国連の法律顧問を務めるミゲル・デ・セルパ・ソアレス氏


6 月8 日は世界海洋デー。これは、世界の海をたたえるとともに、海の重要性や海を守る方法を考える日です。1992 年に地球サミットで提案されて以来、毎年非公式で祝われてきましたが、2008 年には国連で正式に認められました。この世界海洋デーを記念する行事の一環として、国連法務部海事海洋法課がニューヨークの国連本部でレセプションを企画・開催しています。

今年のレセプションのテーマは「私たちの海、私たちの未来」で、6 月5 日から9 日まで開催された国連海洋会議に合わせて開催されました。国家の首脳、大臣、大使、スウェーデンの皇太子妃など、300 名を超えるゲストがこの世界海洋デーのレセプションに出席しました。

レセプションでは、法務部事務次長で国連の法律顧問を務めるミゲル・デ・セルパ・ソアレス氏、国連総会議長のピーター・トムソン氏、このイベントを共同開催する団体の1 つであり、High Seas Alliance(公海連盟)のメンバーでもあるNRDC(自然資源防衛協議会)の国際海洋プログラムディレクター、リーザ・スピア氏がスピーチを行いました。

ブランパン米国ブランドマネージャー、デイヴィッド・ジェリー氏は、海とブランパンとの関わりや、海洋保全と適合したブランパンのブランド価値について解説し、「ブランパンでは、ブランドのDNA の中に脈々と受け継がれる3 つの基本理念、“オプティミズム”“長期的な視点”“革新”がもたらしたブランパン オーシャン コミットメントの成果を確信しています」と述べました。

2014 年以来、ブランパンは「ブランパン オーシャン コミットメント」の名の下に海洋探査と保全の分野における企業努力を続けてきました。また同年以降、ブランパンは10 回の主要な学術調査を支援し、世界中の海洋保護区を2 倍の広さに拡大することに貢献しました。さらに、ドキュメンタリー映画、展示活動、出版物を発表し、いくつかの賞も受賞しています。


ブランパンは、2017年6月30日まで「Save our Oceans: Oceans Ecosystems(私たちの海、海洋エコシステムを守る)」をテーマに国連本部で開催されている『2017年海洋会議写真展』のスポンサーを務めています。この写真展は、日ごろ目にすることのない海洋生物の姿を記録したもので、人類の活動、生物多様性、海洋の間の繊細な関係について注目を喚起します。さらには、海洋会議および世界海洋デーにあたって、サステイナビリティの重要性に対する人々の意識をさらに高めることを目指しています。

レセプションで、サー・リチャード・ブランソンと、ロックミュージシャン キース・リチャーズ氏の娘でプロジェクトアンバサダーを務めるアレクサンドラ・リチャーズ氏の2人のスペシャルゲストは、「La Mer Wave Walk(ラ・メール・ウェイブ・ウォーク)」のためにブランソンが制作した波の彫刻を国連総会議長に贈呈しました。ウェイブ・ウォークでは、国際海洋デー前後1か月間、世界で強い影響力を持つアーティストとカルチャーの仕掛け人が制作した彫刻作品50点をニューヨークの様々なロケーションに展示しています。

また、国連オーケストラ、フィジー軍ドラムバンドと、ニューヨークを活動拠点とするバンドthe Vassalsのライブ演奏もレセプションの空気を盛り上げました。

毎年恒例となりましたが、国際海洋デーの夕べには、エンパイアステートビルがブルーに照らされます。ブランパンは今年の世界海洋デー記念行事に参加できたこと、国連との絆を深め、この大切な大義を巡る意識を積極的に高める機会に恵まれたことを光栄に思います。


ブランパンは1953年に初のモダン ダイバーズウォッチ、フィフティ ファゾムスを発表して以来、積極的に海と関わりを持ってきました。この歴史を背景に、ブランパンは海洋保全及び保護に力を尽くしており、重要な学術プロジェクト、海洋探検、水中撮影、環境フォーラム、一般へ向けた展示活動、出版物や専用ウェブサイトへの支援を通じてこれらの課題への関心を高めようと取り組んでいます。こうしたすべての分野における取り組みをグローバルにまとめて、「ブランパン オーシャン コミットメント」と呼んでいます。
[PR]
# by ism-watch | 2017-06-27 19:40 | ブランパン

松田朗
フリージャーナリスト
プロフィール
プレミアム腕時計の新製品情報。名作や限定モノなども紹介します。
カテゴリ
全体
BEST新宿 ISHIDA
ISHIDA
シェルマン
アンティークの魅力
OMEGA
ROLEX
RADO
HAMILTON ハミルトン
ROLEX正規品専門店レキシア銀座
Porsche Design
安心堂
宝石の八神
カミネ
アイアイイスズ
フィリップ・デュフォー
HF-AGE
タグ・ホイヤー
パテック フィリップ
IWC
アラン・シルベスタイン
ジャン・ルソー
ウブロ
クエルボ・イ・ソブリノス
美しいストーリー
AJHH
グラスヒュッテ・オリジナル
スピーク・マリン
SEIKO
A.ランゲ&ゾーネ
ユリス・ナルダン
パネライ
バーゼル・ワールドSIHH2008
ロジェ・デュブイ
ベル&ロス
U-BOAT
ブライトリング
ジャガー・ルクルト
Fコレクション
モーリス・ラクロア
貴人館
SWATCH
ジャケ・ドロー
オーデマ ピゲ
BALL
松本零士
TiCTAC
銀座菊水
アントワーヌ・プレジウソ
Cartier カルティエ
PIAGET ピアジェ
ファーブル・ルーバ
ダイナースクラブカード
独立時計師
エベル
モーリス・ラクロア
COURTS AND HACKETT
ヌベオ NUBEO
ユーロパッション
ルイ・エラール
SIHH2010
ヴァン クリーフ&アーペル
f.collection
バーゼル・ワールド
ブランパン
Baby-G
リシャール・ミル
サン・フレイム
ZEPPLIN
ノーブルスタイリング
sihh
モンブラン
バルマン
IKEPOD
oomiya
フランク・ミュラー
ck カルバン・クライン ウォッチ
グラハム
ブレゲ
ホテルラスイート神戸
シャネル
バーゼルワールド2012
ガガ・ミラノ
オーデマピゲ
ジラール・ペルゴ
キューバシガー
ボーム&メルシエ
コルム
cuba
ショパール
松本零士
ゼニス
ラルフ・ローレン
フォルティス
ブルガリ
エポス
ロンジン
WEMPE
ジャケ・ドロー
Sinn
社長の時計
あの人の時計が視たい
バシュロン・コンスタンタン
エルメネスト・ゼニア
バーゼルワールド2015
サントノーレ
カレライカレラ
SUNTO
F1フォーミュラー1
以前の記事
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧