エキサイトイズム
ウィキ

ラーメン 石神秀幸 ismコンシェルジュ


石神秀幸
ラーメン王
プロフィール
ラーメン王・石神秀幸によるラーメンナビ(写真付き!)
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
味もそうですけど接客が丁..
by 見上げれば上弦の月 at 02:01
お疲れさまでした〜。 ..
by 小○さん at 11:06
初書き込みです。元浦和市..
by うひ at 23:12
白河の味が都内で味わえる..
by なぐもっち at 07:38
社会人になりたての頃、宮..
by なぐもっち at 07:26
かずおさん、あなたはよく..
by なぐもっち at 07:21
以前から石神さんが新潟の..
by なぐもっち at 07:11
最新のトラックバック
王様のブランチ
from むぅにぃの駄文戯れ言
2月27日 本日のメモ
from ラーメン大好き小○さん (1..
くまが屋_皿麺スープセット
from せいかつにっき
藤巻激場@池尻大橋
from 小麦色の風に吹かれて ラーメ..
麺処 井の庄@石神井公園..
from Gourmet&Beauty..
1月12日 本日のメモ
from ラーメン大好き小○さん (1..
らーめん こじろう526..
from 石を育てています by Ry..
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

石神本発売

 本日10月10日、ついに今年の石神本が発売になりました。ラーメンにあまり詳しくない方は「石神本?なんのこっちゃ?」という感じでしょうが、自画自賛になってしまいますが、一応ラーメン業界では信頼性の高いラーメンガイドブックとして評価されており、今年で発刊9年を迎えたロングセラーラーメンガイドブックでもあります。
f0040088_632911.jpg

 評価基準は単純に美味いかどうか。今年は新店・未食店を213軒ほど食べ歩き、32軒のニューカマー店が加わりました。掲載エリアは東京、埼玉、千葉、神奈川の一都三県で、巻末にはテキストのみですが全国の名店解説も載せています。また、有名店主との対談やコラムなども掲載しており充実した内容です。毎年毎年9年も出し続けてきましたが、ハッキリ言って今回は自信作です。新店選びは評価基準を高くして相当美味しい店も泣く泣く落とし、写真も大幅刷新、レイアウトやページ構成も9年間のノウハウを生かして見やすく実用的に仕上げています。
 さて、今回はそんな今年の石神本の中から、特に有力な新店「藤巻激場」を紹介します。世田谷区池尻の国道246沿いにあるお店ですが、外からは店内が見えず、一見客は入るのに勇気がいる店構えです。店主の藤巻氏は長年タイ料理と中国料理を学んできた方で、これまで何軒もの飲食店を立ち上げてきました。この場所でも以前は「アジアンボウル将」という、タイ風の丼とヌードルの店を出していましたが、弟子が二号店を三軒茶屋に出店したのを機に、この店舗は独自の世界を追求する場所へと方向転換。味や店構え、コンセプトを何度も変更し、現在は「藤巻激場」と店名が決まり、メニューは「赤」と「黒」の二種類に季節によって「黄」や「白」が加わるという営業スタイルに落ち着きました。藤巻氏がここで作っているのは丼一杯でタイ料理を表現しようとした料理で、結果的に麺が入っていたのであって、ラーメンを作ろうとして出来たものではありません。しかし制約のない料理であるラーメンを紹介する私のガイドブックには、これほど独創的で完成度の高い麺料理を掲載しないことは許されず、何度も足を運んでやっとの思いで取材の許可をいただきました
f0040088_10364944.jpg
 初めての人は基本的に「赤」しか食べる事を許されませんが、トムヤムクン風のスープは甘・辛・酸・鹹・苦の五味が全て詰め込まれていて圧巻の味世界です。フレッシュのハーブによる香り高さも素晴らしく、サラダ風のニンジン千切りは敢えて太さをまばらにして麺との絡みを良くしてあり、丼の縁には花も添えられて見た目にも綺麗です。視覚、嗅覚、味覚、触覚を満たしてくれる一杯は、まさに料理の理想像ともいうべき姿。ここ「藤巻激場」をはじめとして、今年の石神本の載っているラーメンは絶品揃いです。充実したラーメンライフを送るために、是非お手にとってみてください。

【藤巻激場】
住所 東京都世田谷区池尻3-19-5
営業 12:00~14:00、18:00~22:00、土日祝12:00~15:00、18:00~22:00
定休 不定休
メニュー 赤1000円(写真)、黒1000円
by ism-ramen | 2006-10-10 06:32
<< 秋の注目店 石神本新店探し5 >>