エキサイトイズム
ウィキ

河口まなぶ・イズム コンシェルジュ・インディヴィジュアルカー


河口まなぶ
日本カー・オブ・ザ・イヤー
選考委員
プロフィール
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、河口まなぶによる、個性派カー情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
タイプR復活
from kawaguchi@mana..
世界で一番美しいクルマ
from 金沢ちんさんの☆「ランラン日..
欧州仕様 HONDA シ..
from Lohas Life~ロハス..
次期CR-X登場!! か?
from kawaguchi@mana..
ユーロシビックその後
from Gachael's Plea..
タグ
イズム公式ブログ
【おことわり】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

BMW Z4 Mロードスター -究極のオープンスポーツその2-

f0040885_11494823.jpg

■最高出力343psを7900回転、最大トルク37.2kgmを4900回転で発生させる326S4型ユニットは、M3のそれと同じく極めて扱いやすいパワー・ユニットになっている。短いシフトレバーを1速に入れてクラッチをリリースすると、Mロードスターはあっけなくスルスルと動き出す。こうした瞬間には、ハイパフォーマンス・ユニットを感じさせぬドライバビリティの高さを感じる。

■街中ではアクセル・ペダルに軽く足を載せておくだけで十分な力が得られる。だから比較的高いギアを選んでも難なく走れてしまうのだ。そうしてMロードスターの鼻先を、自動車の聖地といえる箱根・芦ノ湖スカイラインへと向けたのだった。
f0040885_11491775.jpg

■コックピットはノーマルZ4と大きく変わらない。が、そこかしこにMモデルならではの演出がさりげなく施されている。例えばステアリングは青と赤のステッチが入っており、特別な1台であることを視覚的に伝えてくる。またよく見るとダッシュボードなどに使われる素材もこれまでに見たことのないもの。カーボン風の柄の入ったレザー(?)があしらわれている。
f0040885_11594440.jpg

■それにしても、いつも感心するのはBMWのインテリアのクオリティの高さ。シンプルなデザインながらも実に丁寧な仕上げがなされており、人の肌が触れる部分は気持ちよい感触に溢れている。そうした部分を感じながら、芦ノ湖スカイラインを適度なペースで流すと、この時点で既に相当に気持ちよいのだった。

■しかしMロードスターのハイライトはスポーツドライビングである。芦ノ湖スカイラインを駆け抜けた時の印象は…この続きは「その3」でお伝えすることにしよう。

■お問い合わせ:BMWジャパン
by ism-individualcar | 2006-05-31 12:03 | BMW
<< シトロエンC3 プルリエル―実... BMW Z4 Mロードスター ... >>