エキサイトイズム
ウィキ

ライフスタイルーデジタルフォト ismコンシェルジュ:伏見行介 板見浩史


伏見 行介
フォトグラファー
プロフィール

板見 浩史
フォトエディター
プロフィール
フォトグラファー伏見行介とフォトエディター板見浩史がおくるデジタルフォト情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
Бони уставил..
by Atogbutq at 01:27
Тогда они по..
by Adhhxmqb at 02:22
Он помнил сл..
by Agfosxcy at 00:22
Много поверж..
by Aguelfag at 00:12
О, вам будет..
by Afmefixk at 22:00
最新のトラックバック
イズム公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【コンパクトデジタルとデジタル一眼レフの違い】

みなさん、こんにちは「デジタルフォト」の撮影、アレンジを担当する事になった、フォトグラファーの伏見です。
ひとくちに、フォトグラファーと言っても、例えれば、お医者さんが診療科目によって分かれているように、撮影する対象によって専門に分かれています。スポーツを専門のスポーツカメラマン、風景写真家、水中写真家、等々です。
私は、そのなかで広告系の写真を中心に撮影してきました。広告系のフォトグラファーは、最も色々なジャンルの撮影をさせられるフォトグラファーだと自負しています。
まあ、総合病院といったところでしょうか・・・

さて、今回ismコンシェルジュ「デジタルフォト」を始めるにあたり、撮影には一眼レフタイプのデジタルカメラを使用する事を前提に進めて行きたいと思います。
なぜ、ちょっと高価で、ちょっと大きい一眼レフタイプのデジタルカメラを使用するのでしょうか?
画素数だけで、比較すればデジタル一眼レフカメラに匹敵するコンパクトデジタルカメラも発売されています。その理由は写真を通して何かを表現するには、一眼レフタイプのデジタルカメラが最適だからです。
では、一眼レフタイプとコンパクトタイプはどこが違うのでしょうか?
・ファインダーが光学式です。
  →レンズを通した、明るくきれいな画像がそのまま見られます。
・レンズが交換できます。
  →広角や望遠、接写専用レンズ等、様々なレンズが使用できます。
細かく見れば色々異なる点はありますが、大きな相違点はこの2つだけです。2つだけですが「表現」に使用する道具としては大きな違いなのです。


下の図は、デジタル一眼レフを簡単に図にしてみました。
被写体からの光は、レンズを通って、ミラーで反射してプリズムの中を通り、ファインダーで画像として撮影者が見ることができます。このシステムには電子的な装置は全く使用していません。レンズを通した画像が見られるので、画角の異なる、広角や望遠レンズに交換しても、レンズの捕らえた画像がそのまま見られます。
シャッターボタンを押すと、ミラーがプリズムの方に跳ね上がり、図には書いてありませんが、シャッターが開き、光が受光素子に届きます。
d0083899_1053435.jpg




d0083899_10514744.jpg

上の写真は、一眼レフタイプのデジタルカメラのミラーを写したものです。レンズを外すと見ることができます。



次に、一般的なコンパクトデジタルカメラを図にしてみました。
レンズを通った光は、受光素子で電気信号に変えられ、液晶パネルがファインダーの代りになります。
液晶パネルは、一眼レフタイプのファインダーに比べて、明るい日中では見にくかったり、オートフォーカスの反応が比較的遅かったりするので、意欲的に「表現」する道具として使用するにはチョットきついです。
d0083899_10522348.jpg

難しい事は抜きにして次回は、撮影編です。 さて、何を撮影しましょうか?
by nikondigital | 2006-08-28 10:08 | 公開予告 | Comments(17)

プロフィール

伏見 行介(ふしみ ゆきすけ)
フォトグラファー
(社)日本広告写真家協会(APA).(社)日本写真家協会(JPS)会員

【経歴】
大学在学中より、プロフェッショナルフォトグラファーのアシスタントになり、卒業後も数人のフォトグラファーのアシスタントをへて、フリーランスフォトグラファーに。その後、写真撮影プロダクション MASH設立。
広告・エディトリアル・Webで、人物、商品、ファッション、料理等、多岐にわたる撮影をこなします。
デジタル撮影に関しては早くから積極的に取り組んでおり、目的に合わせて従来のフィルムとデジタルを使い分けます。
その他、PHOTOEXPOでFUJIFILMのデジタルカメラの講師、Polaroid講師、PICTORICOの講師、写真雑誌での作品、技術解説など幅広く活動しています。
写真撮影プロダクション MASHの代表。

【近況】
MASH のプレイングマネージャーとして日々活動中!

【関連リンク】
撮影日記ブログ
写真ブログ
by nikondigital | 2006-08-08 18:39 | Comments(7)

プロフィール

板見 浩史(いたみ こうじ)
福岡県生まれ。法政大学法学部卒業。写真愛好家向けの月刊誌「日本フォトコンテスト」の編集長を約20年務めたのち2004年に独立。長い編集者生活の中で、多くの写真作家と交流を持ち、写真界やカメラ界に詳しい。フォト・エディターとして、多くのコンテストや写真の審査にも参加。また、カメラ・光学・フィルムメーカーや写真雑誌編集者などで作る「業界写真クラブ」メンバーとして自らも撮影を楽しむ。社団法人日本写真協会(PSJ)会員。
写真関連の企画・制作会社「Jophy Communications」代表。ちなみに「Jophy」は「Joy of Photography」の略で、写真の楽しさをより多くの人々に知ってもらうことを仕事の目的にするのが狙い。
by nikondigital | 2006-08-07 18:40 | Comments(7)