『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
簡単ソウル講座と【(G)old & new】入門編〜その弐〜
それでは、2曲目。(ちょっと長いですが力作です!)

『You Send Me 2009』いきます☆

これは偉大なる“Sam Cooke”先生の『You Send Me』をサンプリングしています。



もし仮に全ての授業が頭に入らなくても、この人のことだけは最低限覚えておきましょ〜。

この原曲は、当日のテストにも出ますよ〜。ハイ、ノートに書いておいて。

f0182998_2383043.jpg


セクシーかつワイルド、圧倒的な歌唱力とパフォーマンス、カリスマ性と時代を超越する名曲の数々、ソウルミュージックの創始者、システムのパイオニア、、、彼の魅力は、一言では言い難いのですが、

音楽の分岐点がここにあると言っても過言ではありません。

あのトータス松本さんも敬愛してやまない人。(ボクとHOZEは勝手にトータス松本さんは現代のサム・クックだと思っていつも憧れの眼差しで見ていますが)

てか、まずルックスが超ーカッコいいでしょ☆

ちょっとデンゼル・ワシントン似だし。

f0182998_23265821.jpg


サム・クックの自伝映画の噂は前からずっとあって、なかなか実現されていないのですが、ボクは(『マルコムX』を演じていた頃の)デンゼル・ワシントンなら絶対彼がサム役をやるべきだと勝手に思っていました。

f0182998_23283230.jpg


こうして並べて見ると、あんまり似てないかな??

でも、品の良い感じと端正な顔立ちは若干かぶる所があります。

この『You Send Me』という曲は、彼がゴスペル界からR&B界に転身して出した最初の大ヒット曲です。

こんな大ネタですが、カバーしたミュージシャンはたくさんいても、恐らく“サンプリング”しているミュージシャンは誰もいないようです。

超ー大ネタ過ぎてみんな触らないのか、理由は分かりませんがそれを調理しちゃったボクらも『No Release, Live Only』の“在り方”だからこそ恐れ多くも実現した世界初の楽曲です☆

f0182998_091149.jpg


幼い頃から聖歌隊で歌っていた彼は、兄弟達と“シンギング・チルドレンズ”というグループを結成し(まるでジャクソン5のようですね)十代の頃は“ハイウェイQC's”のリードボーカルとして活躍し、その後サム自身も憧れていた名門ゴスペルグループ“ソウル・スターラーズ”の若きリードボーカルとして異例の抜擢をされて、その才能をめきめきと発揮していきます。

(“ソウル・スターラーズ”時代の若き日のサム・クック一番左下)

f0182998_071029.jpg


このルックスと才能ですから、ゴスペル時代ですでにアイドル級の人気でした。

<ここで一つ豆知識>

当時、黒人家庭の誰もが日曜日はみんな教会に通って牧師のありがたいお話を聞いてゴスペルを歌っていました。そして、それはとても清くて神聖なものであると強く思われていました(今もそうですが)

だからゴスペルを歌っていた者が世俗のポップス界(R&B音楽)に転身するということは悪魔に魂を売る行為だと、ひどくバッシングされたのです。そして、一度そっちの世界に行った者はもう二度とゴスペル界に戻って来ることが許されず、地獄に堕ちるのだと信じられていました。

なんせ、あの偉大なるレイ・チャールズでさえも相当叩かれましたからね。

f0182998_0362861.jpg


特に、彼はゴスペルの音楽に世俗の歌詞(愛だの金だの)を混ぜちゃいましたからね〜。相当な罪人です。悪です。ま、その辺の詳しい話は映画『Ray』かデビット・リッツ著/吉岡正晴さん訳の『わが心のジョージア』をチェ毛。

f0182998_0494012.jpg


そして、レイと同時代を生き抜くサム・クックも例外ではありません。

ゴスペルの世界だけでは留まらない彼のハンパない才能は、まだ人種差別がひどかったこの時代に白人すらも取り込むクロスオーバーな楽曲を創ろうとし始めます。

しかもそれだけでなく、白人たちが牛耳る当時の(不公平な)音楽ビジネス界の中で自分の音楽は自分でちゃんとコントロールしようとのあの頃では珍しい個人レーベルを立ち上げて、音楽出版まで作ってしまうのです。

更に若手ミュージシャンの面倒まで見たり、その中にはのちに有名になる(GM大野氏も大好きな)“ボビー・ウーマック”もいました。

f0182998_111916.jpg


GM大野氏の趣味はさておき、

そんなバリバリのパイオニアのサム・クック先生でさえもR&B界に転身する時はバッシングを恐れて『デイル・クック』という偽名でデビューしています。

ラーメンマンがモンゴルマンで出場するみたいな感じかな、、、。

f0182998_3362784.jpg


でも、声でソッコーバレるんだけどね、、、。

なぜならその独特の(メリスマ唱法というんだけど)歌い回しが特徴的ですぐに分かってしまうのです。

どんな歌い方かって言うと(文章で表現するのは難しいのだけれど)

「Wow〜 Wow〜 Wow〜」ってちょっとヨーデルっぽい、母音を伸ばして幾つかの音符に渡って歌うことなんですが、ま、今で言う“EXILE”や“ケミストリー”とかR&Bシンガーがよくやる「Yeah〜Yeah〜Yeah〜」という曲間のフェイクに近いのかな〜。

ま、彼がそのパイオニアです。

因みに、『You Send Me 2009』ではその偉大なるサム先生の「Wow〜 Wow〜 Wow〜」もちゃんとサンプリングして使っています☆

めっちゃカッコいいですよ。

そして、結局は名前もちゃんともとに戻してR&B界にデビューしたサム先生ですが、有無も言わせぬヒット曲たちが教会のバッシングなど蹴散らしていきます。

そんな名曲の数々、多分みんな聴いたことがあるんじゃないかな〜。

例えばこれなんて、トータスさんもカバーしているぐらいだし。

Sam Cooke -Wonderful World-



これ、ウルフルズのオリジナルだと思っている人もいるみたいですがこうやって知ると両方の楽しみ方が出来るでしょ☆

トータスさんがサム・クックのことが大好きなのはこれでも分かります。

ウルフルズ -いつも元気-



これは、

Sam Cooke -Good Times- へのオマージュですね。



あと、これも有名です。

Sam Cooke -Cupid-



これは、『You Send Me 2009』のボクの歌詞の中でも出てきます。

とにかくヒット曲は上げたら切りがないほどあります。

そのシンプルだけれど深い歌詞の世界観と誰もが口ずさめる親しみやすいメロディーは、黒人だけに留まらず白人にも世代を超えて受け入れられ、そして世界中の人を魅了して今なお受け継がれているのです。

その証拠に、あのオバマ大統領でさえ勝利宣言でこうスピーチしています。

"It's been a long time coming, but tonight, ... change has come to America."

(ここに至るまでに長い年月を費やした、、、しかし今夜、アメリカに“チェンジ(変化)”は訪れた)

なんとこれはサム・クックの名曲 -A Change Is Gonna Come-から引用しているフレーズなのです。



この曲は、人種差別が絶頂期だった頃のアメリカに対してサムがいつか“チェンジ”は訪れるだろうと、願いを込めて創ったプロテストソング(反体制的な主張を歌詞に取り入れた歌)なのです。

つまり、オバマ大統領の名フレーズ“チェンジ”はある意味、サム先生から来ていると言ってもいいわけですね☆

残念ながら、

この楽曲がリリースされた【64年】はサムは銃で殺されてしまうので、この曲がどれほどの人たちに影響を与え、その後の世界を“変えた”のかを知らずに彼はいなくなってしまうのですが、、、でもその魂は今もこうやって生き続けているのです。

ね、音楽って素晴らしいでしょ!

サム・クックは、究極のアーティストなんです☆

だからこの『KURO&S★G』のプロジェクトを立ち上げたとき、一番最初にやりたかった楽曲がこのサム先生の『You Send Me』でした。

相当、手が震えましたが。

サム先生の歌詞をしっかり熟読し、自分なりに解釈して書いてみました。

原曲の『You Send Me』は、とにかく初々しくて初恋のように真っ直ぐな恋愛曲なんですよね。

だからボクも“大好きな人に大好きだと素直に伝える”内容にしました。トラックを創ったATSUSHIも素晴らしい仕事をしています。

以下は、ライナーノーツから。

■KURO
やはり音楽のルーツと言えばこの人でしょう!という事で、偉大なるMr. Soulことサム・クック先生に敬意を表して大胆にも名曲「You Send Me」をオマージュしてみようと思います。HOZEの、 ビートのノリ方を変えることによって原曲を踏襲したサビの解釈は素晴らしいので必聴です。甘酸っぱい一途な愛をここでは歌います。そして、良かったら原曲も聴いてみて下さい。オリジナルを知るのもこのプロジェクトの楽しみ方の一つです。


ということです。

みんなもこのプロジェクトをきっかけに、過去の素晴らしい音楽に触れることで更に親しみをもってもらい、そしてその素敵なメッセージを受け取ってもらえたらボクはもう言うことナッシングです。

よろしくね〜。

今日の授業、2曲目終了。



追伸:
サム・クック先生についてもっと知りたいと思った方は(結構、資料は少ないのですが)こんなの出てますので良かったらチェ毛。

ちょっとぶ厚いけど、ダニエル・ウルフ著の『Mr.Soul サム・クック』

f0182998_2324993.jpg


サム・クック唯一のオフィシャルDVD『Sam Cooke LEGEND』

f0182998_235283.jpg


あと、早くこれ翻訳されないかな〜。

ピーター・ギュラルニックさんの『Dream Boogie: The Triumph of Sam Cooke』

f0182998_241982.jpg






今日の額にいれたい言葉、略して“今日額”。

驚愕のお言葉をどうぞ。


ある日、HOZEがボクに対して心底羨ましそうに言った一言。

『いいな〜。さとしのミドルネームは“サム”で』
by hmk-kuro | 2010-01-06 03:16
<< 簡単ソウル講座と【(G)old... 1/29のスペシャルDJを解禁!!! >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム