ガルボ
コンシェルジュ特集ガルボトップGarbo

西任白鵠:Garboコンシェルジュ


西任白鵠
ラジオDJ・シンガー
プロフィール
ラジオDJ発、大人の女のための耳より音楽情報
カテゴリ
以前の記事
タグ
最新のコメント
昨日ClubIKSPIA..
by 888 at 14:58
音楽には やはりキャラク..
by sasuke at 22:39
今回の訃報はこちらで初め..
by hammer at 01:34
はじめまして。 マイケ..
by カルロス at 11:49
たまたまこちらを見てJB..
by 路地裏小僧 at 13:36
最新のトラックバック
Ella Fitzger..
from 1-kakaku.com
TALES FROM T..
from カルロスのにゃんきゃす通信
Men should n..
from BMW R1100RSメンテ日記
師走とJBのステップ
from 意識日記
ユニバーサルスタジオジャパン
from 旅行情報 Gメン
ガルボ公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

リニューアルのお知らせ

いつもご購読頂き、誠にありがとうございます。
Garboコンシェルジュは「ライフスタイルNewsサイト」としてリニューアル致しました。

Garboコンシェルジュ

こちらのブログは更新終了となりますが、新しい Garboコンシェルジュ をよろしくお願い申し上げます。


ウーマンエキサイト・ガルボ編集部
# by garbo-music | 2007-04-02 21:23

stevie wonder 番外編

昨日は、コンサートレポートをお届けしましたが、
今日は、その番外編です。

まず、after the show!
楽屋へ行くことができました。

ステージ上手からbackstageへ入ると、
ちゃんとguest roomが用意されていて、
そこへ数十名のゲストが。

待つこと30~40分。
stevieはやってきました!

そこでパチリ。

b0080953_13131020.jpg






じゃじゃーん。
stevie wonderと一緒に、写真を撮っちゃいました!!!!

"What's your name?"と聞かれて、
"Akiko"と答えただけの短い会話でしたが、
大きな大きな手と握手して、一緒に写真を撮りました。

しかし、スペシャルなことは実はこれだけではないのです。

コンサートの前日、なんと、stevieと一緒に食事をしたのです。
彼が宿泊しているホテルのレストランで、
スタッフや通訳の方、数名とのお食事に、
私も同席させていただいたのです。

しかも、食事の後は、stevieのお部屋へ。

それはプライベートな場だったので、
写真を撮るという雰囲気ではまったくありませんでした。
ですから画像でお伝えすることはできないのですが、
でも、お土産話はたくさんあります。

たとえば、食事をしている最中のstevie。
彼は、歌っていました。
食べたり、会話をしたりするのと同じように、
歌を歌っていました。
頭を左右へ振りながら。
みんなが会話をしていても、
ひとり子供のように歌っていました。

そしてお部屋には、キーボードとマイク、
録音機材が用意されていました。

stevieは、部屋へ戻るとすぐにそこへ座り、
今度はkeyboardを弾きながら、歌い始めました。
作曲です。

以前はそういった録音機材がなかったため、
通訳の方が、そばにつき、彼が思いついた歌詞などを、
メモしていたそうですが、
今ではstevieひとりで、クレジットなども吹き込みながら、
曲をどんどん作っていきます。

すこし離れたソファーで、私は、stevieのお兄さん、miltonや、
セールスマネージャーの人などと、話しをしていたのですが、

「こうやって、話をしてるとね、stevieには全部聞こえてるんだよ。」

なんと!
ああやって、曲を作っていると言うのに!
同時に全部聞こえている?!

聖徳太子みたいな人です。

と、ふとstevieの方へ目をやると、




あれ?寝てる?




いすに座ったまま、眠っているように見えます。

そう。stevieは、一瞬にして眠るのです。

「彼は、2,3日眠らないんだ。だからいつもぎりぎりの状態なんだよ。
音楽を作るのに忙しいからね。彼は忙しいんだ。
電話中に寝ちゃうこともよくあるんだよ。
昨日もそうだったな。受話器を手にしたまま眠っていたよ。」

最近では新作のリリースも少なく、
普段は何をしているのだろう?と思っていました。
でも、stevieは24時間、音楽とともにあったのです。
あの素晴らしい名曲の数々は、24時間、練って練って、
練りこまれた末、世に出てきたメロディーだったのです。

stevieは天才です。
でも、その天才をしても、これだけの時間とエネルギーを、
音楽に注ぎ込んでいるのです。

私は、深い感動を覚えました。
# by garbo-music | 2007-02-20 13:50 | 洋楽