ガルボ
コンシェルジュ特集ガルボトップGarbo

グルメ ‐ ランチ Garboコンシェルジュ:並木麻輝子


並木組
プロフィール
並木麻輝子さんの弟子、並木組が総力あげて取材するTOKYOランチ情報。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
SM好きは必見!隠された..
by SMチェッカー at 11:11
このテル友で実際に出会ち..
by テル友 at 11:28
出合いカフェで出会いたい..
by 出合いカフェ at 15:28
高松宮記念 2011必勝..
by 高松宮記念 2011 at 20:33
9&DX#HtR, ww..
by ギャル動画 at 14:18
最新のトラックバック
VACANZA(ヴァカン..
from デートに使えるレストラン
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
タグ
ガルボ公式ブログ
【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中華街で水餃子ランチはいかが~中華料理 山東~

休日にみんなでわいわい中華街ランチはいかが?

お洒落なラインナップのランチブログですが、あえて庶民派のご飯処をご紹介したいと思います。

庶民派から高級路線までたくさんのお店があって、楽しくもいつも食事ドコロに迷ってしまう中華街。なかなかお店選びは大変ですよね。

こちらのお店は中華街のシェフも通うという、ちょっと現地っぽい匂いのするお店。
キメ細やかなサービスは期待できないのですが、お店の雰囲気は、中国語が行きかい、厨房の中の中華鍋をゆする音、炒めもののジュワーッという音が響き、ほんとに美味しいものが食べたい人にはとってもお勧めなお店☆

昼も夜も大抵、順番待ちの列が出来ています。(お店の回転はわりにいいのでそんなに長く待つ必要はありません)

どれもこれも美味しいのですが、こちらで絶対オーダーしてほしいのは、、、もっちもちの水餃子。

ちょっと勿体ぶりたいところですが、早速ご紹介してみましょうか。

ほらっ、こちら!
f0040321_23394147.jpg

うーん、なんといってもこのもちもちの皮が美味しい~。私などは、思い出して夢にまででてくるほどです。辺りを見渡すと、ほとんど全部のテーブルでオーダーしているのですね。
飲める方は、ビールのオーダーもお忘れなく。・・・というよりも必然的にビールを頼んでしまうのですけどね(笑)

あつあつを頬張ると、もちもちの皮とともに、たっぷりの肉汁と野菜のエキスがじゅわぁぁぁっとこぼれでて、うーん、もうシアワセ☆

そのままでも美味しいのですが、美味しさの秘密はこちらのタレにあります。
f0040321_23441658.jpg

サーチャージャンベースのタレに、八角の風味、そして、なんと、ココナッツが入っていて、これが独特の風味を産みだしているようで、ほんのりと甘みを感じるとともにさくさくの食感が絶妙。

水餃子のほかにも、そのままでも美味しく、もちろんビールにも合うご飯がたくさん。
f0040321_22553431.jpg

こちらは、海老の香味揚げ。
皮までバリバリと頂きます。
f0040321_22574474.jpg

牛肉の角煮ご飯。
牛肉がごろごろと乗っていて、見た目にもボリュームあり。お肉はとろとろに煮込まれていて、とても食べやすく美味しいです。
f0040321_2394880.jpg

鶏肉とカシューナッツの炒め物。
カロリーが気になりますが^^; ジューシーなお肉とコリコリのナッツが美味しく調和したメニュー。

こうやって並べてみると、ちょっと茶色の色合いのものばかりになってしまいましたが、メニューは肉・海鮮・シンプルな野菜の炒め物など幅広く種類も多いので、楽しく迷えるはず。。。
お客さんはカップルだったり、家族連れだったり、友人同士で来ていたり、本当に様々です。

たまに、(中華街に住んでいると思われる)お母さんとお子さんが水餃子とおかずでお昼をとっている光景などを目にすると、地元の人にも愛されているお店なのだな、と思って楽しくなります。

いろいろ美味しい中華の山東。 たまにはこういう中華っぽい中華で、現地の香を感じながら美味しくワイワイとお昼を過ごしてみるのはどうでしょう。

中華料理 山東

横浜市中区山下町150
営業時間:11:30~翌2:00
定休日:無休
TEL:045-212-1198

Yasuko.Y
by garbo-lunch | 2006-09-29 23:47 | 中華 | Comments(0)

母娘ランチにオススメ!表参道のお気に入りイタリアン~ソル・レヴァンテ~

少し前の夏の日のことですが・・久しぶりに母と一緒にランチをすることに。
1日遅れですが、私の誕生日祝いをしないと、と実家の母から連絡があり、
「じゃ、お店は私が予約しとくから」
と、お互いのスケジュールの合間をぬって、待ち合わせをしたのでした。

もともと、私の、食べ物へのこだわりは、母譲り。
今でこそ、そんな暇もなくなった、と自分で苦笑いしていますが、かつては、
「にんじんのサラダは、どこそこの●●じゃないと」
とか、実に細かいこだわりをもっていて、どこへでも出かけていく人でした。
学生さんに「せんせー、美味しいお店教えてください!」と言われ、よく
連れていってあげていたとか。

そんな母も間違いなく満足してくれて、気のおけない雰囲気で、楽しく
おしゃべりできるお店といえば・・ここだ!
ということで、最近、夜お茶に昼お茶に、テイクアウトにと、私の中でも
お気に入りのお店の1つ、表参道ソル・レヴァンテに決めました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ソル・レヴァンテ、2005年11月21日のオープン以来、何かとお世話になって
いますが、実は、遅ればせながら、その日がランチデビュー。
日本にあまりなかったような、本格的なイタリア菓子が豊富で、マニア心を
くすぐられるお店なのですが、ランチやディナーもできて、友人達から
「ランチ、よかったよ~」とさんざん聞いていて、ずっと、行かなくては!
と思っていたのです。

イタリア各地をめぐり、実に博識かつこだわりの料理人、藤田統三シェフは、
生憎ご不在でしたが、予約の際に直接お願いできて、
「まかせといてください!」と、いつもの頼れる調子の関西弁で
おっしゃっていただいたのでした。

こちらは、予算や好きな食材にあわせて、色々とご相談にのってくれるのも
ありがたい。
クラス会や結婚式の二次会に、なんてパターンもおすすめですよね!

f0040321_1020185.jpg

まず、前菜は、グリッシーニに生ハムを巻いたもの。
・・こう来るとは、やられました!写真に入りきらないくらい、長いんですが~!!

メロンとかに巻くのはよくあるけど、さすが、まずサプライズからスタート。
その後にどんなものが続くのか、大いに、期待させてくれます。

f0040321_10204214.jpg

2人で、前菜を、それぞれヴィシソワーズと盛り合わせとにして、
お互いちょっとずつ味見ね、と言ってたら、お店の方で、1人分を2人用に
取り分けてきてくださいました。そんなお気遣い、嬉しいですね。

f0040321_10271137.jpg

あ、パンも自家製で、ハーブ入りのフォッカッチャと、ちょっと
黄色っぽいスコーンみたいなのは、とうもろこしの粉入りで、
ほろほろした食感が特徴。香ばしくて、これが結構、はまります♪

f0040321_10213754.jpg

手打ちパスタは、蟹を使ったトマトソースのタリアテッレ。
蟹の旨味、甘みがソースにしっかり溶け出して、しこしこした
歯応えの平麺にからんで、美味しい~!

f0040321_10223813.jpg

さて、メインディッシュ、こちらは、母が選んだ、マカジキのレアステーキ。
(でも、お互い、お肉もお魚も、どっちも選び難く、それぞれ別にしたんだけど)
本当に、中はほの温かいレアで、しっとり。マカジキって、今まで、
もっと、パサパサしたイメージがあったのですが、ごめんなさい、
こんなに美味しいなんて、知りませんでした。

f0040321_1022535.jpg

私がもう1品の、地鶏のソテー。
これがまた!カリッとした皮と、弾力たっぷりのジューシーな身がなんとも言えず、
バルサミコの、こっくりと甘く、ほのかに酸味のあるソースとよく合うこと!
母も「美味しいわね~!」と。

さて、 「デザート、ご期待くださいね」と言われて、運ばれてきたのは・・

f0040321_10232775.jpg

30cmくらいあるかも?という、背のたかーい、細身のトランペット形グラス。

すごい、何層になってるんだろう。
ゼリーの上に、皮をむいたデラウェア、半割のブルーベリー、小さなメレンゲに、
一番上のシャリシャリした赤いグラニテが、桃と、木苺のだったかな。
そこに、シュワシュワとした炭酸が注いであって。
キレイですね~!そして、清々しい・・。

ただ、これ、添えられたスプーンだと、グラスの先が細すぎて、一番下の
ゼリーまで届かないなぁ・・。
ということで、最後は直接口をつけて、あとはつるんと飲んでしまいました。

あら・・お酒効いてますね。
こちらのデザートは、いつも、結構「がつん」とお酒が効いてる。
もちろん、あらかじめ強め、弱めとリクエスト可能。
私は、結構強めが好きって、わかっていただいてるからなぁ・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

んー、大満足♪さて、最後にお茶を・・と思っていたら、なんと、
もう1種類、運ばれてきたのは・・

f0040321_10235432.jpg

ジランドーレ・ディ・ランポーニ・エ・フルッティ・デッラ・パッショーネ!

いえいえ、さすがに、この名前、そらんじて覚えてたわけではなく・・。

実は、8月号の『cafe sweets』で拝見して、ぜひとも食べたい!とお店に
問い合わせしたところ、運悪く、パッションのいいものが手に入らなくなって、
難しくなった・・と伺って、意気消沈していたのです。
ということで、帰宅してから、雑誌を引っ張り出して、名前確かめました。

なんと、国産のいいパッションフルーツを、何とか都合してくださって、
ご用意くださったのでした!
藤田シェフのお心遣いですね・・。

誕生日、ということは、お店には特にお伝えしていなかったのですが、
何て嬉しい、誕生日祝いでしょう。

こういう、自分が何気なく言ったことや、好みなど、きちんと覚えて
いてくれて、それに合わせて、ちょっと気の利いたカスタマイズを
してくださる、ここは、そういうお店なんですよね~。

母も、この綺麗さ、豪華さにびっくり!
白いムースは、フロマージュブランみたい。
クリームチーズとヨーグルト、イタリアンメレンゲのムース。

ラズベリーの粒々ソースとともに、半割パッションから流れ出る果肉が、
大胆にもそのままソースに。

ジランドーレとは、イタリア語で、「渦を巻いた」という意味だそう。
グラスの中で、ムースとラズベリーソースが渦を巻くから、だそうです♪

さらに、パッションも一緒になって、やわらかいムース食感に、フランボワーズの
種のプチプチ、パッションのカリカリが加わって、それはもう、華麗な美味しさの
渦がぐるぐると。幸せ~。

食後の飲み物、普段は、ハーブティーか紅茶が定番の私が、こちらでは
カプチーノをお願いするのは、これが楽しみだから。

f0040321_10242998.jpg

バリスタさんの、力作!
私はいるか。母は・・・くじらですね?!

「夏らしくしてみました。」と、バリスタさん。
うーん、一体、何バージョン、レパートリーをお持ちなのかしら。
毎度、素晴らしい腕前をご披露くださって、ありがとうございます!

日々、忙しい母ですが、たまにはこんなふうに、一緒にゆっくり話しながら、
ランチでもお茶でもしようね、と母と約束して、幸せな気分で、
表参道を後にしたのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【DATA】
東京都港区北青山3-10-14
Tel: 03-5464-1155
営業時間: 平日11~23時(LO21時半)、日祝11~22時(LO21時)
URL : http://www.taneya.co.jp/new/05/11/01_sol_levante.html
定休日 : 水曜不定休

(文責:平岩理緒@幸せのケーキ共和国
by garbo-lunch | 2006-09-25 09:00 | イタリアン | Comments(0)

週末京都ランチ~リストランテ カノビアーノ~

f0040321_23285244.jpg 京都の小旅行に出かけるということで、真っ先にスケジュールを組んで行ってきました!ヘルシーなイタリアンが味わえる「カノビアーノ」があるのは、レストランや雑貨店などを集合させた「KYOUEN」という施設。癒しの庭園を囲むようにモダンな建物が配置されています。
f0040321_2329979.jpg 中でも、エントランスでサービスマンが出迎えて独特の品格を漂わせているのがカノビアーノ。植竹シェフの、女性ごころをしかと掴んで離さない料理とドルチェにすっかりトリコだけに、ここ京都店も期待せずにはいられない!

 この日いただいたのは、スープ、前菜、パスタ、メイン、ドルチェ(パン、ドリンク付き)の5000円コース。

まずは、とてもおいしかった食前酒。じつは、ピーチジュースをベースにグレナデンシロップとソーダを加えたノンアルコールカクテルなんです。
f0040321_231064.jpg


スープには、「茄子の冷製ポタージュ」。みずみずしい茄子の風味が凝縮され、のど越し最高!ちょっぴり垂らしたオリーブオイルや、パルメザンチーズを焼いたつけ合わせがイタリアンらしい。
f0040321_22432235.jpg


このパンももちろん自家製。食欲がすすみます…
f0040321_22433797.jpg


前菜は北海道産ホタテに、えんどう豆、ズッキーニ、イエローズッキーニ、タマネギ、ベビーさやえんどうと野菜が盛りだくさんで、ヴィネグレットソースのジュレでいただきます。
f0040321_22435469.jpg


続いて、待ってました☆パスタは「白金豚のサルシッチャとトマトのソース」。果肉を残したトマトがたっぷりで、最後までさっぱり。白金豚のソーセージも味わい深く、夏の暑さをしばし忘れさせてくれます。
f0040321_22441587.jpg


メインには「真鯛のポワレ」を選びましたが、下のソースがカボチャのスープ仕立てというところにオリジナリティーを感じます。つけ合わせにはさっと火を通したセロリの薄切りがのっていて、これまた野菜のおいしさに魅了されてしまいました。
f0040321_22445250.jpg


良質な素材のおいしさに身体が浄化されるようだワ、なんて浸っていると我がメイン、ドルチェが運ばれてきました!
内容は基本的にお楽しみで、必ず連れと違うものにしてくれる配慮に毎回感動!ということで、せっかくだから3種類すべてのせちゃいます。

「洋梨、バナナ、アーモンド、キャラメルアイス ザバイオーネソース」
本日ナンバーワン!キャラメルのほろ苦さが大人の味
f0040321_22453149.jpg



「ほうじ茶ジェラートとグリオットのソース」
さっぱり味と甘酸っぱさが見事に同居
f0040321_22454598.jpg



「栗のムースのカプチーノ仕立て」
チョコレートと金箔でゴージャスに!
f0040321_22585553.jpg



カノビアーノ京都 CANOVIANO RISTORANTE
京都府京都市東山区大和大路通三条下ル東側大黒町137
KYOUEN 1F
TEL:075-531-9831
ランチ:11:30~14:00(LO)
ディナー:18:00~21:30(LO)
無休


Junko
by garbo-lunch | 2006-09-18 23:33 | イタリアン | Comments(0)

千駄ヶ谷~天外天~

f0040321_1513368.jpg地下鉄千代田線千駄木駅から徒歩1分。
「デリデリキッチン」でお馴染み中華の中川シェフのお店「天外天」(てんがいてん)があります。分類は「四川」。本館と別館があり、かなりのテクニックが必要だけど駐車場も完備。思ったよりカジュアルな雰囲気のお店でした。

f0040321_14594897.jpg

最初のお茶は「温かいのと冷たいのとどちらがよろしいですか?」と聞いてもらえるのがちょっと嬉しい。
今日は、酸辣湯麺(サンラータンメン)のセット1500円を注文。
ザーサイ、小皿、スープ、ご飯、酸辣湯麺のセットです。ご飯を食べ過ぎちゃうと、この後の酸辣湯麺が入らなくなってしまうので注意(><)
小皿は「チャシューと五目野菜の芥子ソースかけ」を選びました。
f0040321_1501677.jpg

若鶏の唐揚げをチョイスすることも出来ます。
塩をちょっとつけて食べます!あつあつが美味!
f0040321_1503164.jpg

「搾菜肉絲酸辣湯麺」(ザーサイルースサンラーサンメン)です。ザーサイルースーとは、ザーサイとお肉の細切りスープ。サンラータンメンとは、すっぱくて辛い麺という意味です。すっぱ辛いサンラータンは食べるとぷちっと毛穴が開く、、、そんな感覚です。
某雑誌によると、金華ハムでとったスープとのこと。
おいしぃーーーーけど辛い、おいしぃーーーーけど辛い、です!
f0040321_1504491.jpg

こちらのお店には酸辣湯麺が2種類。この「黒椒汁瑠酸辣湯麺」(ヘイジャオジーリューサンラータンメン)もあります。黒胡椒の辛さが引き立ちます。こちらは干し貝柱など7種類の具材からスープをとっているそうです。とろみがあり、ふわふわ卵が軟らかい味にさせています。
f0040321_1505868.jpg

黒椒汁瑠酸辣湯麺には、たっぷり赤酢をかけると美味しかったです。
f0040321_1511420.jpg

デザートは、杏仁豆腐。これまた2種類あって、手前がやわらか系、奥が菱形系です。私の好みでは、やわらか系が美味しかったです!
見た目はとろとろだけど、くにゅっとした食感があり、クリーミーな味が美味しかったぁ。
後からこの2つの食感の違いを聞いたら、こっそり教えてくれました。寒天+αだそうです!(知りたい方はご一報を・・・)
これだけ食べて1500円。近くにこんな良いお店が欲しいものです。
お腹いっぱい、ランチはとてもお得ですね~。

天外天
住 所:〒113-0022 東京都文京区千駄木3-33-6
TEL:03-3822-3333
ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30)
無休

shigeko♪
by garbo-lunch | 2006-09-08 15:05 | 中華 | Comments(0)

箱根 ~オーベルジュ オー・ミラドー~

f0040321_21392954.jpg箱根にある宿泊施設つきのフレンチレストラン「オーベルジュ オー・ミラドー」。
でーんと真っ白いシャトー、緑の庭に噴水、レストラン棟にはプロヴァンス柄のテーブルクロスがかかったテーブル。
まるでフランスの田舎町にある、素敵なオーベルジュに来たような気分です。

f0040321_2138455.jpgまずは、丸いブルーチーズのコロッケをパクリ。
ガラスの器の中からジャガイモのチップス、紅マスのムースをいただきました。
すると・・・

f0040321_21381687.jpgガラス器をひっくり返し冷たい野菜のスープを注いでくれます。これはカクテルグラスだったんですね!
5種類の白い野菜を使っているそうですが、お味は一筋縄じゃいきません。リンゴの甘さが際立ちます。意外!

f0040321_21382589.jpgベトラヴの温かいボルシチ。
スプーンにサワークリームが乗っていて、ボルシチに溶かしていただきます。
一皿ずつお皿が美しい!細かいお仕事されてるのがよくわかります。
「美味しい」の前に「美しい」があると食欲をそそりますね。

f0040321_2138333.jpg四角い前菜は下からレンズマメ、貝類、フォアグラ。上はキャラメリゼしてありました。
フォアグラのねっとりした甘さとレンズマメのほのかな苦味・・・色々絡み合って複雑な味でした。見た目よりボリュームがあります。
パイ、金柑、ブラックベリーのマリネが添えてあります。

f0040321_21384274.jpgメインは愛鷹(アシタカ)牛のステーキ。
ガルニチュールはジャガイモのグラタン、人参のソテー。
小さなコロッケの中に香草のソースが入っていて、とろーっと流れています。楽しさもあるお料理です。

f0040321_2138524.jpgデザートは2種類のソルベ(チョコレートと、、、、もう一種類は忘れました)とオレンジのシブスト。
大きなガラスのお皿に運ばれてきました。アートです。

f0040321_2139087.jpgいやはやデザートも終って、もうお腹いっぱいです。一息つくと、お庭のテーブルに移動。食後の飲み物とプチフールはこちらでいただきます。
フランス・アヌシー湖の湖畔にこんな雰囲気のレストランあったのを思い出しました。
f0040321_21391187.jpgプチフールはチュイル、パート・ド・フリュイ2種、生チョコ、マカロン、ガナッシュ、チョコレートケーキ、オレンジピール。写真に納まりきれません。
お腹いっぱい~と言いながら、完食。
本当に、フランスのレストランみたいで満足です。

f0040321_21392077.jpgお庭から見えた宿泊客のためのプール。温泉プールだそうです。
レストランがある「オーベルジュ オー・ミラドー」のほか、ウエディングの「パヴィヨン ミラドー」、エステも受けられるバリ調の「コロニアム ミラドー」があり、それぞれ特徴がある素敵な建物です。

実はこのレポートはウエディングの下見ランチで、少し前に行った時のものでした(^^;
誰かここでウエディングパーティーしてください。喜んで出席します♪


オーベルジュ・オー・ミラドー
〒250-0522
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根湖尻159-15
TEL:0460-4-7229(代表)
FAX:0460-4-7496
TEL:0460-5-2037(コロニアル直通)
TEL:0460-4-0030(ブライダル直通)
URL: http://www.mirador.co.jp/

shigeko♪
by garbo-lunch | 2006-09-01 12:02 | フレンチ | Comments(0)