Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2017年 02月 08日

確定拠出年金の商品選びの基本

「ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの浅川陽子です。

確定拠出年金に加入してみたいが、運用商品も多くて、どのように商品を選べばよいか悩む方も多いと思われます。かつて、企業型確定拠出年金の投資教育の講師をやっていた時の経験を基に、商品選びの基本についてお話ししてみたいと思います。

<投資の基本は分散投資>
投資は、分散投資で、値動きの違うものを組み合わせるのが基本であり、代表的なものは、債券と株式の組み合わせといわれています。さらに国内と外国のもので分散させると、国内債券+国内株式+外国債券+外国株式が、分散投資の代表になります。分散投資がなぜ投資の基本かというと、資産ごとに値動きは異なりますので、分散させることで、リターン(期待できる収益)のブレであるリスクを小さくしようということです。

<運用商品は元本確保型と投資信託>
運用商品には、定期預金や保険商品といった「元本確保型」の商品の他に、投資信託が主な運用商品になります。これらの商品をどのように組み合わせて分散投資をするかがポイントです。その時の注意点は、分散の仕方(資産配分比率)によって、リターンとリスクが変わってくるということで、一般に株式の比率が高まるとリターンは高まるといわれていますが、リターンが高くなるとリスクも高くなりますので、どの程度のリターンとリスクをとるか考えることが重要です。

企業研修の時は、質問形式の「リスク許容度診断」で、自分のリスク許容度を確認し、それにあった資産配分比率から、商品を選ぶという流れが一般的でした。個人型加入のために、金融機関やそのサイトで、「どの程度のリターンとリスクがとれるか」といったシミュレーションが用意されていると思われますので、まずはこれを活用してみましょう。

<資産配分比率が決定したら、自分で投資信託を組み立てる場合>
自分にあったリスク・リターンで、参考資産配分比率が示されたら、その比率にそって商品を組み合わせます。仮に、元本確保型10%、国内債券55%、外国債券10%、国内株式20%、外国株式5%だとすると、それにあわせて、元本確保型や、投資信託を組み合わせることになります。組み合わせに使う投資信託はまずは「インデックス運用」の投資信託です。「インデックス運用」の投資信託は、市場の動きを示す指数をベンチマークとして、それに連動するよう運用されているもので、コストも安くなっています。

<バランス型を選ぶ場合>
バランス型の投資信託は、国内外の債券や株式等で分散し運用するものですが、中に組み入れられている株式等の割合によって、リスク・リターンの程度が変わります。
また、一般的なバランス型の他に「「ターゲットイヤー型」という、経過年数によって資産配分比率を自動的に変更してくれるものもあります。まずは比較的積極運用からスタートし、年数の経過に伴い、リスクが逓減するように資産配分比率を変更していき、ターゲットイヤーの年には、ほぼリスクのない資産構成になっているというものです.

バランス型の特徴は、中に組み入れられている資産の比率が運用途中で崩れないように自動調整されている点で、自分で投資信託を複数組み合わせる場合は、自分で「リバランス」という資産配分比率の見直し(比率が高くなっているものを売り、低くなっているものを買って調整)を行う必要があります。

ここまでが基本編です。基本の組み合わせ方が理解できれば、分散の幅を広げたり、リターン(リスクも)を上げたりするために、他の商品を加えていけばよいということになります。

<アクティブ型や新興国を投資対象にしたものを組み入れる>
運用商品の投資信託の中には、「アクティブ運用」の投資信託もあり、これは、ベンチマークを上回る運用を目指すので、「インデックス運用」よりリスクやリターンは上がると考えられます。また、外国株式や外国債券というのは主に先進国を投資対象にしていますが、新興国を対象とした、新興国債券や、新興国株式で運用する投資信託もありますし、また、不動産を投資対象とするREITが組み込まれているものもあります。

確定拠出年金では、運用商品の変更はいつでも可能です。とりあえず、元本確保型の商品で運用をスタートしようという方もいるかもしれませんが、収益に対して非課税という確定拠出年金のメリットをいかすためにも、自分にあったリスクで、分散投資にチャレンジしてみましょう。
# by lifeplaning | 2017-02-08 16:01 | 浅川 陽子 | Comments(0)

2017年 02月 06日

ドラックストアで薬を買うと税金が安くなる!

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの田中尚実です。


今年の1月から、ドラックストアで買った医薬品の一定額を総所得金額から
差し引ける(=所得税と住民税が安くなる)セルフメディケーション税制が
始まったのはご存知ですか?

<セルフメディケーション税制とは>
この制度は、対象医薬品をドラックストアなどで購入した額が年間12,000円
を超えた場合、その超えた金額(上限88,000円)が総所得金額から差し引け、
その結果所得税と住民税が安くなるというもの。
購入額は本人分だけでなく生計を共にする家族の分も合計して構いません。

例えば、総所得金額400万円の人が、対象薬品を年間20,000円購入した場合、
12,000円を超えた8,000円を所得から差し引くことができます。
それにより、
所得税は1,600円(8,000円×所得税率20%)
住民税は800円(8,000円×住民税率10%)
安くなります。

<対象となる医薬品は?>
どの薬でもOKな訳ではなく、この制度の対象となるのは医療用から転用された
いわゆるスイッチOTC医薬品というものです。
風邪薬、胃腸薬、肩こり・腰痛の貼付薬など色々ありますが、対象薬かどうかは、
レシートを見ればわかるようになっています。
例えば、対象薬に★印をつけて、
「★印はセルフメディケーション対象商品です」と記載があったりします。

<適用を受けられる人は?>
セルフメディケーションは、
「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」
とWHOにて定義されているそう。つまり、この制度により、国民が自発的に
健康管理や疾病予防に取り組み、医療費の適正化にもつながることを期待
しているので、この適用を受けられるのは、健康増進や疾病予防の取り組みを
行なっている人となります。
なので、申告の際には、定期健康診断、予防接種、がん検診などを受けた
証明書が必要です。


ちなみに、従来からの医療費控除も存在しています。
併用はできないので、両方使える場合はどちらか選ぶことになります。
従来の医療費控除は、年間の医療費が10万円(総所得が200万円未満の人は
総所得の5%)を超える場合利用できるものなので、
そこまではかからないな〜という人も多いと思います。
しかし、「今回の制度は利用できるぞ!」という人は結構いらっしゃるのでは。
ドラックストアでのレシートはしっかりとっておきましょう。
# by lifeplaning | 2017-02-06 17:49 | 田中 尚実 | Comments(0)

2017年 02月 03日

こどもの英語教育

ライフプラン公式ブログ読者のみなさま、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの永柄正智です。

今回は、日本の英語教育の話題です。
文部科学省が、2020年導入予定の次期学習指導要領で、小学3年生から始まる英語教育について、指導内容の素案を示しました。


次期学習指導要領では、小3と小4の学習を外国語活動と称し、読み聞かせや絵本を活用した音による指導を重視し、小5と小6では、「三人称」や「過去形」などの現在中学校で習っている内容を学ぶこととしています。


現在の学習指導要領では、小5と小6で週1コマの「外国語活動」が必須となっており、英語を母国語とする外国人の先生が授業を行って、英語に慣れ親しむことに重きを置いているようです。
しかし、子供達に本気で英語を習得してもらうためには、週1コマの授業では余りにも学習時間が足りないような気がします。


シンガポールのインタナショナルスクールに通っている8歳になる娘は、第2外国語に中国語を選択していて、7歳(小1)の時から週5コマの中国語の授業を受けています。
その甲斐もあって、学習を始めてから2年が経った現在では、ある程度の意思疎通を中国語で出来るようになっています。

シンガポールが経済的に大きく発展した要因は、国民が公教育によって英語と中国語の2カ国語が話せるようになり、そのことが海外との貿易や海外企業の進出を促すことに大きく役立っているからです。


日本の将来を考えると、子供達にできるだけ早い段階から英語を学んでもらうことが大切で、小3といわず、小1から英語の学習をはじめてもよいのではないでしょうか。


最近、中学校の英語の授業でフィリピン人の先生とスカイプを使った英会話を取り入れている例があるようですが、英語の発音を正しく学べる方法としてはとても良い試みだと思います。


日本人が作った英語教材ではなく、オンライン教材の「Raz-Kids」など、海外の学校で多く使用されている教材を取り入れることを、日本の学校には今後検討して欲しいです。

この2年間ほどで外国人観光客が飛躍的に増加し、2020年には東京オリンピックが開催されることを考えると、益々、英語が話せることの重要性は増してきます。

いまの子供たちが大人になった時に後悔をしないよう、しっかりとした学習環境を整えてあげることが何よりも大切なことだと思います。


# by lifeplaning | 2017-02-03 00:00 | 永柄 正智 | Comments(0)

2017年 02月 01日

投資し続けることに意味がある、積立投資

「ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん。こんにちは!

マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーのの恩田雅之です。


積立投資は、毎月決まって日に決まった金額(定額)を投資続ける運用方法です。


この方法の特徴は、市場の動きを一切考えないで投資し続けることにあります。

大幅に株価が下落し、他の投資家が株式市場から逃げ出した時でも、淡々と定額

投資を行います。また、株価が大きく上昇し、他の投資家が高揚している局面

でも、投資金額を増やすことをせず定額投資を継続します。


20123月~201612月までの日経平均株価の動きがを表したのが、以下のグラフ

です。最安値は20126月の8638.08円、最高値は20156月の20403.84円です。



a0112619_13080559.png


日経平均株価を毎月50000円で積立投資をした場合、

購入金額は290万円(5万円×58ヶ月)、購入口数は205.48口です。

平均の購入単価は、14113.43円(290万円÷205.48口)になります。

ちなみに、日経平均株価58ヶ月分の平均は15047.05円です。


定額の積立投資は、投資対象の価格が安い時に多くの口数(株数)が購入でき、

価格の高い時には少ない口数の購入となります。

そのため、平均値よりも低い購入単価で購入することができます。

これを、ドルコスト平均法といいます。

ただし、投資対象の価格が上がり続けたり、下がり続けたりする市場の場合は、

上記の効果を得ることができません。


繰り返しになりますが、定額積立投資で重要なことは、市場が大きく下落し、

投資家が投げ売りをしている時でも、その市場に残り、淡々と購入し続けること

あります。


# by lifeplaning | 2017-02-01 09:00 | 恩田 雅之 | Comments(0)

2017年 01月 23日

不妊治療の助成金は各自治体でさまざま!

ファイナンシャルプランニング公式ブログ読者のみなさん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの 松原 季恵 です。
今日が楽しくなるお金の情報をお伝えしています。
*****************
以前、8月22日に投稿した「不妊治療のお金はいくら?」で簡単に触れましたが、一定の条件に当てはまれば不妊治療をした場合に助成金を受けることができます。

助成金には大きく2種類あり、
・国が定めた制度に基づき「都道府県」が実施するもの
・「市区町村」が独自に実施するもの
となっています。

「都道府県」が実施する助成金制度は、基本的に国の助成金制度に準じています。
国の不妊治療に対する助成金制度は主に
対象者:治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満
    婚姻関係にあり、夫婦合算所得が730万円以下
対象の治療:体外受精および顕微授精
給付金額:1回の治療につき15万円(初回のみ30万円、治療内容により異なる)
というものになっています。

ただ、実施都道府県によって、給付の上乗せをしている場合があります。
例えば、東京都は2回目以降も最大25万円(治療の内容によって異なる)を給付してくれます。
また和歌山県も2回名以降を治療費の半額助成で最大25万円を給付してくれます。

もっと独自性があるのが「市区町村」の支援事業です。
例えば、東京都のなかでも、港区では1年度30万円までなら何度でも、通算5年度まで申請できます。所得制限もないので国の助成金を受け取れない人も助かります。
また世田谷区では1回の治療に対して5万円または10万円の上乗せをしてくれます。
一方、新宿区では助成金が全くありません。

全国でも、例えば京都市では国の制度では対象外の人工授精や健康保険対象の治療に対して助成金が出ます。1年度一人当たり6万円を限度に、自己負担した治療費の2分の1を助成してくれます。
また宮古市(岩手)では、なんと年度100万円を上限に自己負担額を助成するものとしています。

各自治体によって給付内容はさまざまで、給付対象となる条件もさまざまです。
HPに必ず掲載されていますので確認してみましょう。
また、内容が分かりにくい時は直接電話をして聞いてみてもOK。
資料などを送ってくれる自治体もあります。

ある方はお仕事の都合で奥様だけ実家暮らしで、ご実家から通院していらっしゃいました。ご主人の住所地より助成金制度が充実しているようで、助かっているようです。

助成金の為に引越しすることはできませんが、不妊治療の計画があって引越しも検討している場合は、前もって候補地の助成金制度を調べたら検討材料の一つになるかもしれませんね。

不妊治療の助成金が受け取れることで、また受け取れなくても調べるだけでも、お金に向き合うことができます。
夫婦で調べてみたら「我が家のお金はどうするか」を考えるよい機会になるでしょう。

ファイナンシャルプランナー
松原 季恵


# by lifeplaning | 2017-01-23 00:00 | 松原 季恵 | Comments(0)
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.